« ステキな 故意の 忘れ方(一番) | トップページ | ステキな 故意の 忘れ方(三番) »

2020年7月16日 (木)

ステキな 故意の 忘れ方(二番)

(承前)

 

その後、案の定勝海叩きは激化し、防禦し切れなくなって2019年のゴールデンウィーク直前wwにはとうとう第二の謝罪を行った。所属芸能事務所のサイトに掲載された文章は次のとおりである。

 

20190426katsumiapology

 

-----
(2019.04.26(金))

 

私、勝海麻衣は、平成31年3月24日に開催された渋谷でのライブアートイベントにおいて、猫将軍様の作品をご本人の許可を取ることなく、猫将軍様の作品の構図をそのままに無断使用して制作を行ったこと、そしてこのことが猫将軍様、802メディアワークス様、本イベント関係各位にご迷惑をおかけしただけでなく、猫将軍様と大切な作品、そしてそのファンの皆様を深く傷つけてしまいましたことを心より深くお詫び申し上げます。
今回、私の一連の行為には、技量の低さ、制作に対する意識の低さや権利関係の認識の甘さなど、数えきれない要因が私自身にあり、不見識で軽率な配慮に欠ける行為であったことを真摯に受け止め、心より反省しております。アーティスト以前に1人の人間としても取り返しのつかない過ちを犯したと思っております。
今回の私の軽率な行動は、これまで期待してくださっていた皆様を裏切り、簡単に許されることではありません。本件に限らずその他作品等に関しても、沢山の厳しいご意見を真摯に受け止め、私自身のとるべき責任を果たしていきたいと思います。
また、これから関係各位及び私が関係する諸方面に対し、私の不見識が招いた事の顛末を正直にお話しし、802メディアワークス様のご理解を頂いたことを、頭を下げて説明して回るつもりでおります。
尚、本件イベント及び今回ご指摘を受けた作品に関しましては、丸山清人絵師は全くの無関係であり、すべては私自身の問題であり、丸山清人絵師には一切責任はございません。
改めまして、この度は、大変申し訳ございませんでした。

 

勝海麻衣

                  以上

-----

 

やっと「自署」が出てきたか。しかしこの期に及んでも、猫将軍へのメッセージにあった「盗作」「模倣」の語を公式の謝罪文に使うことは避けたわけです。ツルに言わせれば、勝海のあり方は「不見識」ではなく「不誠実」。でも一番重要なのは、第一の謝罪にあった「今後精進していく」という趣旨が消えていることだと思ったww。

 

同時に出された事務所の謝罪文は次のとおり。

 

-----
(2019.04.26)

 

合同会社 Cruva management・HelaHela(以下「Cruva」とします。)、勝海麻衣は、以下の通り、お知らせいたします。

 

Cruvaは、今回、弊社所属の勝海麻衣の件について、802メディアワークス様及び猫将軍様にご迷惑をおかけしたことを心からお詫びを申し上げます。また、ご迷惑をおかけした関係各社様に対して心からお詫びを申し上げます。
平成31年4月16日、勝海麻衣は、猫将軍様がアート作家として所属している802メディアワークス様に直接伺い、猫将軍様の作品の構図をそのままに無断使用して制作を行ったこと、勝海麻衣に著作権等の理解が足らず、悪意なく制作に至ってしまったことなどを説明し、謝罪をさせて頂きました。
今回の件で、勝海麻衣は、皆様からのご指導及びご批判を真摯に受けとめ、一切の言動に対して、深く反省しております。アーティストとして「未熟」という言葉では片づけられないと思っております。
今後、弊社は、勝海麻衣に対して、まずは一人の人間として、社会人としての常識は当然のことながら、法律に関しても勉強をし直させ、一から修行させて参りたいと思っております。また、弊社も事務所としての責任を感じております。
尚、今回のイベントの件は勝海麻衣が弊社所属として行った行為であり、丸山清人絵師とは一切関係がないことを申し添えます。
当時、弊社としては、勝海麻衣個人の判断で謝罪をさせられる状況ではないと判断したため、この場をお借りして、関係各社様に改めて謝罪を申し上げます。この度は、大変申し訳ございませんでした。重ねてお詫びを申し上げます。

 

合同会社Cruva management・HelaHela 代表 八谷隆晴
-----

 

当初勝海が弁明に用いていた「試行錯誤の結果似てしまった」というLogicも通用しないとなったわけである。
勝海の文章にせよHelaHelaの文章にせよ、当然弁護士のチェックを通っているとは思うけれど(コンタクト先は弁護士となっている);

 

 ・「の構図」
 ・「悪意なく」
 ・「当時、」

 

の語を用いたのはなぜだろう。むしろ燃えさかる火にガソリンを注ぐ結果になったのではないか。特に「悪意なく」が謝罪の趣旨をぶち壊し。 こういう時の文章の書き方って、ほんとリテラシーというか地あたまの良し悪しというか、そんなものがもろに顕れてくると思った次第。しかもこれ、記者会見をやったわけじゃないから、文字情報はより重要だろうに。
ま、損害賠償請求のおそれを認識してたんでしょうか。

 

因みに、この発表の翌日にはさっさと同事務所サイトから勝海のプロフィールが削除されたという。上記の謝罪文も見つからない。ツルは初め、契約が解除されたんだと思ったけど、「法律に関しても勉強をし直させ、一から修行させて参りたい」と書かれたところ(そんなの芸能事務所なぞの口出しするところではなくて大学の領分だと思うが)を信用するなら、その時点ではまだ続いていたんでしょう。「現在、私は特定の事務所には所属しておらず」と明かされたのはほぼ1年経ってからである。

 

(続く)

« ステキな 故意の 忘れ方(一番) | トップページ | ステキな 故意の 忘れ方(三番) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステキな 故意の 忘れ方(一番) | トップページ | ステキな 故意の 忘れ方(三番) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想