« じょうきゃくにけが;「バスの座席から転落」は是か否か | トップページ | じゃがいもにけが;「はれときどきぶた」英語版の快挙 »

2020年9月27日 (日)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Variation(独眼竜ねこまさむね・仙台弁こけし 新しい生活様式)

cf.
2013.08.08「誰も彼も踊る官兵衛」

 

簡単には THE END とせんのが愚blogのヤらしいとこでして。

 

やなぎはらともみ天帝が政府方針をひたすら忠実に遵守して(でもないか)全国のご当地でコロナ対応ポスターを画一的に作っていったのに対し、違うアプローチをかけたのがこのご当地。

 

Nekomasamunesendailifestylej

 

宮城県仙台市
仙台伊達なキャラクター製作委員会
ご当地戦国武将キャラクター
独眼竜ねこまさむね

 

Coronaポスター問題を掘り下げるようになってから[ネコ]キャラを取り上げることが増えたように思うのは、きっとともみ天帝がネコ好きということと無関係ではあるまい(笑)。
「せんだい生活スタイル」というのは、 “With Corona” ということで5月4日に公表された政府の『「新しい生活様式」の実践例』を受けて仙台市が提唱したもの。

 

20200504mhlwnewlifestyle_1 Sendailifestyle

 

-----
(2020.05.16 河北新報 抜粋)

 

郡 和子仙台市長は15日、新型コロナウイルス感染を防ぐ「新しい生活様式」を浸透させようと、仙台藩祖伊達政宗の名前を頭文字に使った「あいうえお作文」を披露し、「せんだい生活スタイル」と銘打って市民に協力を呼び掛けた。

 

〔後略〕
-----

 

一ひねり入れて、政府方針からエッセンスを抽出した Code of Conduct になってるわけです。つまり引き算。
程なくして、これにキャラクターを取り込んで(自主的に?)作られたのがねこまさむね版ポスターであるらしい。ねこまさむねサイトには「仙台市にご許可いただき作成し」とある。今度は足し算。

 

7月には英語版も作られた。

 

Nekomasamunesendailifestylee

 

でもアレ?「3密」の英訳が文法的にちょっと変だぞ。

 

Closed spaces
Crowded places
Close-contact

 

政府版もそうだったっけか??

 

Avoid3cs_english

 

Closed spaces
Crowded places
Close-contact settings

 

ほうら。政府版をコピーした上で、長過ぎるってんで “settings” を取っちゃって、その時に “-” を取りそびれたんだ。このハイフン、余計です。

 

でもほんとにダサいのはそこじゃないですね。日本語版は「あいうえお作文」で冠を取ると「だてまさむね」になるのがポイントなのに、英語版ではそのしかけが全くないもん。和英併記で日本人としてはごまかされてしまうけど、日本語を全部取り去ってみると変てこ加減がはっきりします。

 

Nekomasamunesendailifestyleefake

 

ま、それ言ったら、文字を拾っていって完成する “da te ma sa mu ne” だって、何を意味するかわかるご当地の外国人なんてほとんどいないのじゃないかしらん。

 

インバウンド対応のことは目下のご時世でまず問題にならないだろう。考えなきゃいけないのは日本に来て仕事/学校行くとかしてて帰国もままならない人たちのことだと思うけど、だったら他にやることがあるはず。このポスターも日本語部分を漢字不使用にするところから始めるべきだろうし、「3密」の意味だっていちいち説明してやらなきゃいかんのじゃない?本当に彼らのことを考えるのならば。その視点がないなら単なる自己満足。
ちょうどつい先日の9月22日、共同通信が「群馬県内で今月10〜16日に確認された、新型コロナウイルス新規感染者90人の7割程度が外国籍とみられる」旨報じていた。「ペルー、ブラジル国籍の人が目立つ」とまで。ご当地は9月に入ってから感染率が急上昇し、この時は1週間の人口10万人当たり感染者数が東京都・沖縄県に次ぐ第3位となっていた。もともとご当地は外国人比率では東京都・愛知県に次ぐ第3位である。
今日本(の地方)に住んでいる外国人って、花粉症やら喘息やら県外ナンバーやらの人よりもっと大変な思いをしてるんだろうなあ。共同通信の記事も差別偏見バッシングを防ぐ特段の配慮は見られないし。(県知事会見ではそこについて繰り返し強調されているのに。)

 

閑話休題。
ええと、ともみ天帝的第1波「コロナ対応」Subset(の政治的に正しい修正版)のポスター↓が作られ始めたのは4月上旬のことだから『実践例』より前で、従ってこれには「向かい合わない/don't face each other while talking」要素は入ってないわけです(しかしやっぱり変な英語だ)。

 

Yanagiharanyajirocorona

 

ともみ天帝ポスターでこの「向かい合わない」に向き合ったのは5月末~の第3波「新しい生活様式」Subsetに至ってからである(「食事」につき「対面ではなく横並びで食べる」)。

 

Yanagiharanyajironewlifestyle052801

 

そして、類似品はこのキャラクターでも作られた。仙台市サイトに載っているのはねこまさむね版ではなくこちらです。

 

Sendadialectkokeshinewlifestylels1Sendadialectkokeshinewlifestylels2

 

Sendadialectkokeshinewlifestylepo

 

宮城県
宮城のご当地キャラクター
仙台弁こけし
ジュゴ
〔2014年12月誕生〕

 

こちらはだいぶ遅れて8月中旬に公開されたようです。前に取り上げたポスター since 5月中旬↓が業務用だったのに対し、こちらは一般向け。

 

Jugosendadialectkokeshicorona1

 

一般用の方がこなれている気はする。一部図柄が業務用とかぶってて使い回しじゃねーかよなんてことはww言わないとしてだ、よく見ると絵と言葉が微妙にズレていて、例えば「3密避けて」のところは「定期的な換気/部屋の換気」を表したビジュアルだし、「向かい合わない」のところには「Social Distance」と書かれている。それでも全体的に、これが一番がスルッと頭に入ってくる気がするんだけど。
そうか。絵と言葉を分離することで、情報量は落とさずに文字量を減らすという clever な技に出たんだ。ご当地言葉の台詞を入れてマンガ化したことも親しみを持たせた勝因だろう。贔屓目ですか?Should I be fairer? No, I'm pretty fair already. I have never criticized Tomomi on this point.

 

ねこまさむね版との先後関係では、ねこまさむね → 仙台弁こけしだったことになる。問題はそこで、同じご当地で(少なくとも仙台市内では)同じ内容のポスター作ったわけぇ?とまず思った。「みんなやっているから」ということであれば、それこそ同調圧力じゃんと思いかけたんですが・・・。
しかし、何かが違う気はする。状況から見て、同じデザイナーが手がけたとは考えにくいし、ねこまさむね版を見て仙台市がジュゴ側に仙台弁こけし版の作成依頼をかけたように思える(確認未済よ)から、ここで疑問符がつくのはむしろ仙台市の態度じゃないのかとも思える。でも・・・。

 

いずれにせよ、ともみ天帝作品において、例えば長野県上田市で真田幸丸と六文戦士ウェイダーが、あるいは宮城県大崎市で岩出山おっちとイワデヤマスクとパタ崎さんが、同じご当地で同じデザインのポスターになっているのと同じ状況なので、そこをばんばん批判してきた愚blogとしては大変具合が悪いんですけどね。
実は仙台弁こけしには愛着を覚え始めていたので(ツル的には超レアケース!!)、なんか残念な感じです。

 

P.S.

次回は遂に本編「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」、再開です(多分)。

« じょうきゃくにけが;「バスの座席から転落」は是か否か | トップページ | じゃがいもにけが;「はれときどきぶた」英語版の快挙 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じょうきゃくにけが;「バスの座席から転落」は是か否か | トップページ | じゃがいもにけが;「はれときどきぶた」英語版の快挙 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想