« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

地上庭園黒歴史

cf.
2019.06.27「校正まだまだ畏るべし」

 

(承前)

 

前々回にこう書いてて↓思い出したことがある・・・。

 

-----
しかしよく見つけられましたねえ!いくら防犯カメラが作動していたといってもだよ。商店街のシャッターにスプレーで落書きするのなんか普通に見かけるでしょ。ああいうのってたいてい犯人捕まってないんじゃないかと思ってたんだけど、どうなんでせう。
-----

 

もう10年以上前、ツルがまだ東京に住んでいて、福岡のこの家を「実家の空き家」と呼んでいた頃、裏手のはす向かい(変な表現だが)の家の住人から、当家の庭、つまり「地上庭園@福岡市南区老司」にある庭木の枝を勝手に伐られたことがあった。いつも年に3回ほどは帰省してたのだけれど、ある時帰ったら裏庭のヤブニッケイの主幹の梢の方がバッサリやられていて、すごく驚いたし凹みました((((゜д゜;))))。
これもれっきとした器物損壊ですなあ(-_-##)。元の姿に戻すのに何年かかったことか。

 

別に防犯カメラを入れてたとかいうわけじゃないけど、隣家のご主人(もちろん犯人とは別人)が気の毒がって「私も、そんなことはしなさらん方がいいですよと止めたんですけれども、裏のご主人が鋸を持ち出して・・・」と子細を教えてくれて下手人を知った次第。往時の新興分譲地も、今ではそんなコミュニティができあがってるわけです。

 

言っとくけど、枝が伸びて越境したなんてことは一切ない。植わっているのは境界から2メートルほども離れたところだし(つまり、賊は明らかに当家の庭に無断で侵入して鋸を振るったことになる(@_@))、年に2、3回帰省すると必ず真っ先に剪定をして美しい姿をキープしていたので、デカくなり過ぎたなんてことは決してありません。大きくならないようにいつも必死だったもん。現在も高さ3mもないぐらいかな。犯人は自分の家の庭の(後から建てた)温室に影を落とすからという理由で凶行に及んだらしいけど、ごく客観的に見てそういう物理的状況にも決してない。近隣トラブルがあったわけでもないので、一層理解に苦しんだ。
つまりは「空き家だからいいや」という身勝手な解釈でやったのだと考えている。だけど何より、ツルが帰省の度に汗水垂らして真面目に剪定してるのをそのジジイも目にしていたはず、この40年来。伐り落とされた芯の太枝は無造作に当家の庭に投げ捨ててあって、植物好きのツルとしてはとても心が痛んだ。切り口も汚くってさー(T^T)。

 

そしてもちろんと言うべきか、驚くことにというべきか、事前事後とも、本件に関する断りも挨拶も謝罪も全くないんです。
おそらくは当該ジジイは、犯人が自分だとツルが知っていることも知らないだろうと思う。なぜツルの態度がいつもひどく突っ慳貪なのか不思議にも思っていよう。しかしそれはアナタの播いた種。そこから生え出た、バレてないからいいやというその心根もすごく嫌。

 

ヤブニッケイなんて本来庭木にするようなものではないけれど、この地上庭園の裏庭エリアはヤブニッケイとクヌギの2本を主役に野趣を楽しむ造りとしている。花木はツバキ(鴇色の八重の百合咲き銘花「羽衣」;姪っ子の誕生木)、アジサイ、レンギョウ、クサボケ程度、草物もシュウメイギクやミズヒキ、白花シラン(斑入り葉のニ芸品)に今年の夏なら敢えて抜かずに残した雑草のツユクサやタカサゴユリとかで、もちろん洋花は一切入れていない。
中でもヤブニッケイは、この家に移ってきたばかりの中学1年の頃、クラスメイトの瓦屋の息子に誘われて近所の老松神社の裏山から小さな苗木を掘り取ってきたのが育ったもので、まあ、想い出の樹なわけね。ツルの母親は俳句(いわゆる現代俳句)を詠んでいたので、格好の題材を提供することにもなった。

 

秘密の樹持つ少年に冬夕焼 京子(昭和五十年)

 

句会でいい点数を取ったと言って喜んでいたっけ。お母さん、あの樹はまだ生きて在るんですよ。

 

ついでに言うと、全国女流俳句大会というので二席に入ったという次の句も、生まれたばかりのツルを題材に取ったもの。

 

逝く春や子の粥一匙ずつ冷ます 京子(昭和三十九年)

 

一人息子の一挙手一投足は俳人としての目に常時監視されていたのだw。

 

上述のジジイは総白髪になった今もくたばる様子もなくまだ生きている。でもそれ以来ずっと、地上庭園で作業してて顔を合わせてもツルは一切口を利かないことにしている。他のneighborhoodとはまるで違う扱い。もちろん、昨秋福岡に戻ってきて40年ぶりに再び住み始めた今もそう。毎週末、草取りにせっせせっせと精を出している時、ジジイが庭に出て何やらやってるのが視野に入ってくるとげんなりする。
いわば、「ウチはあそこの家とは金輪際付き合わん!」という不幸かつ非建設的な状況。一人相撲かもしれませんがね。決して忘れはしない。

 

小田さん、アナタのことですよ。お宅の庭のど真ん中にある橙色の花のダチュラの木を、無闇に大きく育って花もみすぼらしいからと誰かが勝手にガシガシ伐っていったりしたら、どんな気持ちがなさいます?

 

もちろんツルは神かけて、そんなことはしない。盟三五大切。
けれど、この樹に鋏を入れるたびあれを思い出して、冷静を保つのが難しいと感じることが時々ある。ヤブニッケイの剪定は、本来、甘いシナモンの香りに包まれてとても爽快で気持ちのよい体験なんですが、その香りさえ苦々しく感じられて。

 

香奠は絶対に出さんぞ。

2020年10月25日 (日)

【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその2

(承前)

 

本件に関しては、ツルは8月末に取り上げた時から気になっていたことが一つある。

 

-----
(2020.10.06 18:33 テレビ朝日 抜粋)

 

東日本大震災で被災した商店が集まる宮城県の商店街で新型コロナウイルスとみられる落書きをしたとして29歳の男が逮捕されました。

 

一瞬、カメラの方を向くもすぐに視線を外し、車に乗り込む容疑者。建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕・送検された宮城県登米市の会社員・阿部大和容疑者(29)です。東日本大震災で被災した商店が集まる「南三陸さんさん商店街」。復興に向けて歩みを進める商店街で落書きが見つかったのは今年8月のことでした。阿部容疑者は8月28日午前0時ごろ、南三陸さんさん商店街で店やトイレの壁など9カ所に黒色のスプレーで落書きをした疑いが持たれています。このうち7カ所には新型コロナウイルスとみられるイラストなどが描かれていました。さんさん商店街では訪れた人が不快な思いをしないように落書きをポスターなどで隠していました。

 

〔後略〕
-----

 

「一瞬、カメラの方を向くもすぐに視線を外し」という情報が報道するに足るものだとは思わないが、そこは軽くスルーして。

 

(2020.08.31 読売新聞)
20200831yomiuri

 

08.31に報じられた上掲の画像では、壁にテープをはがした跡が見られる。一方、前回の冒頭に掲げた画像↓は08.29の河北新報のもので、これにはその跡がついていない(同じものであることは、壁の木目の入り方からして明らか)。

 

(2020.08.29 河北新報)
20200829kahokushimpolarge

 

これ、ツルは、他社に後れを取った読売の記者が商店街側に(強引に?)頼み込んで(あるいは黙って??)、この落書きを隠す目的で貼っておいたポスターか何かをはがして撮影したものではないかとかなり強く疑ってました。ツルの下世話な品性ではそうとしか思えなかったので。報道倫理上、問題ある取材行為が行われたのではないかと。

しかし、そんなアレコレより、である。どの記事にもこれ↓との関係のことが載ってないんですよ。

 

日本外国特派員協会
NUMBER 1 SHIMBUN
April 2020 Vol. 52 No. 4 表紙
Andrew Pothecary
Pothecaryno1shimbuncover

 

やっぱり気がついてないのかな?それとも報道する価値がない?報道すべきでない?

 

この加害者を擁護するつもりは全くないけれど、これって単にスプレー缶で書き殴ったというわけではなくて、ステンシルのテンプレートをあらかじめ作っといたわけでしょう。普通わざわざそんなことまでやるだろうか。バンクシーを真似てみたわけ??しかもその図柄は外国人記者クラブで問題になったものをベースにしている(断言)。さらに大元となったのは野老朝雄の東京オリンピックエンブレムです。2020東京五輪は東日本大震災からの復興を最前面に打ち出して招致したものだし、それを丸ごと呑み込んで2021年(以降?)開催に追い込んだのがCOVID-19。今回の舞台は震災で甚大な被害を受けたご当地の復興商店街、その設計者は新国立競技場と同じ隈 研吾。そこになにがしかの主張が込められているような気がしてひっかかるんですツルは。つまりこのデザインは加害者によって「選ばれた」んですよ。

 

あおり運転の石橋和歩の内心は全く覗こうと思わないが、阿部大和の頭の中で考えていたことは知りたい気がする。同商店街が言う「心ないいたずら」というのは確かにそのとおりで、そんなもの知っても商店街側の憤懣は少しも収まらないだろうけれども、それだけで済ませるわけにはいかない感じ。その加害行為に何らかの刻印性を見出そうとするのは間違っているだろうか?

 

この加害者の氏名で検索してみると、本吉郡出身・志津川高等学校卒業・東北芸術工科大学(山形市)卒業という人物が一人ヒットしたが、それ以上のことはわからなかった。同一人物かどうかという点ももちろん不明ですが、アート分野の話ということになれば、妙に納得してしまう気もします。それはまた、ストリート系アーティストというものが嫌われる一因でもあるだろうけれど。

2020年10月24日 (土)

【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその1

cf.
2020.08.29「デザインと再パロディの関係/手抜きと直感の境界」

 

(2020.08.29 河北新報)
20200829kahokushimpolarge

 

(2020.08.29 FNN)
20200829fnn

 

夏に書いたこの落書きの件、下手人が捕まったそうです。

 

-----
(2020.10.05 21:28 時事通信)

 

東日本大震災で被災した店が集まって2017年にオープンした宮城県南三陸町の「南三陸さんさん商店街」で8月、新型コロナウイルスを連想させるような落書きをしたとして、県警南三陸署は5日、建造物損壊と器物損壊容疑で、会社員阿部大和容疑者(29)=同県登米市中田町=を逮捕した。容疑を認め、「ただのイタズラです」と話しているという。
逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、同商店街の公衆トイレや店の壁、看板など計9カ所に黒色塗料で「COVID19」などと落書きした疑い。
同商店街は震災後の12年に仮設店舗でオープン。17年にかさ上げした現在の場所に移り、復興の象徴的存在となっている。
-----

 

あらあら、今度はアラサーのリーマンかよ(´ヘ`;)=3。
因みに刑法上、「損壊」とは切ったり叩いたり燃やしたりして物理的にこわす(破壊する、破損する)ことに限られない。確か、刑法の教科書には飲食店の食器に小便をかける行為が載ってたような。

 

しかし「新型コロナウイルスを連想させるような落書き」というのはどういう書き方なんだ(苦)。ツルのお下劣な品性では「女性器を連想させるような落書き」なんていうのを「連想」しちゃったじゃないか。画像がなかったらモヤモヤ感だけが残るだろう。

 

-----
(2020.10.05 21:32 共同通信 抜粋)

 

〔前略〕

 

逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、商店街内の共用トイレの壁や食事スペースの柱など9カ所にCOVID19などと黒いスプレーのようなもので落書きした疑い。署によると、損害額は約15万円。「いたずらでやった」と容疑を認めている。
商店街の防犯カメラに阿部容疑者に似た男が写っており、浮上した。
-----

 

「ただのイタズラです」と書くのと「いたずらでやった」と書くのとでは、受ける印象が随分違ってくるなあ、この場合(笑)。

 

しかしよく見つけられましたねえ!いくら防犯カメラが作動していたといってもだよ。商店街のシャッターにスプレーで落書きするのなんか普通に見かけるでしょ。ああいうのってたいてい犯人捕まってないんじゃないかと思ってたんだけど、どうなんでせう。前があったんかね。

 

毎日新聞はここでも毎日は非顕名としている。

 

-----
(2020.10.05 23:34 毎日新聞)

 

東日本大震災で被災した商店が集まる宮城県南三陸町の「南三陸さんさん商店街」で8月、新型コロナウイルスを連想させる落書きが見つかった事件で、県警南三陸署は5日、建造物損壊と器物損壊の疑いで同県登米市に住む会社員の男(29)を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、同商店街のトイレの壁やフードコートの柱など複数箇所に、黒いスプレーで落書きをしたとしている。
新型コロナを意味する「COVID-19」の文字や、ウイルスとみられるイラストなどが計9カ所に書かれていたが、同商店街の関係者から新型コロナへの感染は確認されていない。【藤田 花】
-----

 

そして翌日昼になると、地元テレビ局の報道では「送検」が加わる。

 

-----
(2020.10.06 12:08 KHB東日本放送(テレビ朝日系列) 抜粋)

 

宮城県の南三陸さんさん商店街で、新型コロナウイルスに関する落書きをしたとして、登米市の29歳の男が逮捕・送検されました。建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕・送検されたのは、登米市中田町石森の会社員、阿部大和容疑者(29)です。

 

〔後略〕
-----

 

-----
(2020.10.06 20:33 OX仙台放送(フジテレビ系列) 抜粋)

 

今年8月、宮城県南三陸町の復興商店街で、「新型コロナウイルスに関連した落書き」をした疑いで、登米市に住む29歳の男が逮捕・送検されました。
建造物損壊などの疑いで逮捕・送検されたのは、登米市中田町石森の会社員・阿部大和容疑者(29)です。
警察によりますと、阿部容疑者は今年8月、南三陸さんさん商店街の柱やテーブルなど9カ所に、新型コロナウイルスの国際的な名称などを落書きした疑いがもたれています。

 

〔後略〕
-----

 

「新型コロナウイルスの国際的な名称」っちゅうのは、「COVID-19」という単語を使わない決まりごとでもあったんでしょうかね。しかしいつかは「新型」ではなくなるのよ。

 

これら2つの地元テレビ局だけが、「登米市中田町石森」という詳細な地名まで出している。と言ってもピンと来る人はあまりいないだろうが、ルビを振れば「とめし なかだちょう いしのもり」で、つまり漫画家の石森章太郎 改め 石ノ森章太郎(1938.01.25~1998.01.28:本名 小野寺章太郎)の生地です。

登米市は南三陸町の西(つまり内陸側)に接していて、軽く調べてみると、登米市中田町石森(← 旧 登米郡中田町石森 ← 旧旧 登米郡石森町)は本吉郡南三陸町志津川(← 旧 本吉郡志津川町)の南三陸さんさん商店街までは20kmほど離れている。真夜中に車でわざわざ出張ったんですねえ。8月28日の午前0時頃ということは27日(木)の深夜ということだから、ハナモクに夜更かししたんやね。

 

小人閑居して不善を為す

 

(続く)

2020年10月18日 (日)

ネット上の犯罪行為 (iii)

cf.
2018.10.10「ネット上の犯罪行為 (i)」
2018.10.11「ネット上の犯罪行為 (ii)」

 

3年前に起きたネット上の悪質なデマ情報拡散の事件に関して、動きがあった。

 

-----
(2020.10.02 18:44 (2020.10.02 19:05 更新) 日本経済新聞)

 

神奈川県の東名高速道路で2017年6月、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故で、インターネット上にデマ情報を投稿したとして、検察官役の指定弁護士が2日、名誉毀損罪で、福岡県春日市の無職男性(65)を在宅のまま強制起訴した。小倉検察審査会が2回、起訴すべきだと議決していた。
事故を巡るデマ投稿では、既に福岡地検小倉支部が同罪で、埼玉県の男性を在宅起訴。10月29日に福岡地裁小倉支部で初公判が開かれ、今回強制起訴された男性とは別に審理される。ほか5人が、罰金30万円の略式命令を受けている。
起訴状によると、強制起訴された男性は橋口富男被告。17年10月、ネット掲示板に、あおり事故の石橋和歩被告(28)=自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪で公判中=の勤務先が実際は違うのに、北九州市八幡西区の建設会社であるかのような書き込みをし、建設会社の名誉を傷つけたとしている。
09年5月に始まった強制起訴制度で、起訴されたのは10事件14人となった。うち有罪判決は2事件の2人(いずれも確定)にとどまる。〔共同〕
-----

 

全く無関係な者の権利が侵害されたことに対し司法が救いの手を差し伸べずに放置するという状態が続いていたところから一歩前進したことをまずは喜ぶとともに、決して諦めなかった建設会社社長の精神力に敬意を表したい。

 

しかし、本件についてのマスメディアの報道のしかたには何か不思議なものがあるようです。
テレビから見てみると。

 

-----
(2020.10.02 19:53 NHK北九州 抜粋)

 

あおり運転をきっかけに4人が死傷した事故をめぐり、ネット上に北九州市の会社を中傷するうその情報を書き込んだとして、書類送検されたあと不起訴となり、検察審査会に「起訴すべきだ」と議決された男が、名誉毀損の罪で強制的に起訴されました。
強制的に起訴されたのは、福岡県春日市の無職、橋口富男被告(65)です。
起訴状などによりますと、橋口被告は3年前、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転をきっかけにワゴン車に乗っていた一家4人が死傷した事故をめぐり、当事者と関係のない北九州市の建設会社について、インターネット上に名誉を傷つける情報を書き込んだとして名誉毀損の罪に問われています。

 

〔後略〕
-----

 

そう、「あおり運転」の脅威を世間に広く知らしめるきっかけとなった痛ましい事故です。
今回の起訴に至る経緯を含めた事実関係を最も詳細緻密に書いているのは毎日新聞である。

 

-----
(2020.10.02 20:00 毎日新聞)

 

神奈川県の東名高速道路で2017年にあおり運転を受けた夫婦が死亡した事故を巡り、無関係の会社をインターネット上で中傷したとして小倉検察審査会から「起訴議決」を受けた投稿者の無職男性(65)=福岡県春日市=について、検察官役の指定弁護士は2日、名誉毀損罪で福岡地裁に在宅のまま強制起訴した。当初11人が書類送検されたネットデマ事件の捜査は審査会を経た「市民による起訴」で区切りとなり、司法判断が注目される。
起訴状などによると、強制起訴された男性は17年10月、あおり運転をした被告男性(1審で懲役18年、控訴審で差し戻し)が逮捕された後、被告と同じ姓が会社名にあり住所も近い北九州市八幡西区の建設会社について、被告の勤務先であるかのような書き込みをネットの掲示板に投稿し、名誉を傷つけたとしている。
建設会社を経営する石橋秀文さん(50)によると、ネットには石橋さんの名前や住所、電話番号などがさらされ、会社には無言電話や中傷電話が多い日で100件以上かかってきた。

 

石橋さんから告訴を受けた福岡県警は18年6月、11人を名誉毀損容疑で書類送検したが、福岡地検小倉支部は同8月、11人全員を不起訴処分にした。うち死亡した1人と石橋さんに謝罪した1人を除く9人について、石橋さんは不起訴を不当として小倉検察審査会に審査を申し立てた。
審査会は19年10月に9人全員を「起訴相当」と議決し、再捜査した地検小倉支部はうち1人を起訴、5人を略式起訴したが、残る3人は示談や和解が成立しているなどとして再び不起訴とした。その3人について審査会は20年7月、今回強制起訴された男性を起訴すべきだとする「起訴議決」とし、残る2人は「起訴議決に至らず」と判断。審査会は「(男性の)和解はあくまで民事上で、刑事上の処分を免れさせるという意味ではない」とした。
男性の強制起訴で、名誉毀損罪の公訴時効(3年)を目前に当初書類送検された11人の捜査結果は出そろった形だ。一度は11人全員が不起訴となったが、検察審査会を経た再捜査でうち5人が略式起訴で罰金刑となり、起訴された2人の審理が法廷で始まる。石橋さんは毎日新聞の取材に「ネット上のデマや著名人への誹謗中傷がやまない中、少しでも抑止力になるような裁判所の判断を望んでいる」と話した。【成松秋穂、宗岡敬介】

 

◇強制起訴制度
検察が不起訴にした事件について、市民から無作為に選ばれた審査員11人による検察審査会が、被害者らの申し立てを受けて不起訴処分の妥当性を審査。8人以上が起訴すべきだと判断し「起訴相当」と議決した場合、検察は再捜査をする。再び不起訴としても、2度目の審査で8人以上が起訴すべきだとすると「起訴議決」となり、裁判所が指定する検察官役の弁護士が強制起訴する。2009年5月の制度開始から起訴議決されたのは延べ15人(20年8月末時点)。兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故でJR西日本の歴代3社長、東京電力福島第1原発事故で東電旧経営陣3人などが強制起訴されたが、無罪判決も相次いでいる。
-----

 

なかなか複雑ないきさつがあるわけです。検察審査会の議決は2度行われてるんですよ。
地元福岡県の地方紙では。

 

-----
(2020.10.03 06:00 西日本新聞 抜粋)

 

神奈川県の東名高速道路で2017年、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故を巡り、インターネット上に誤った情報を投稿したとして、検察官役の指定弁護士は2日、福岡県春日市の無職の男(65)を名誉毀損罪で福岡地裁に強制起訴した。

 

起訴状によると、男は同年10月、あおり事故と関係ない北九州市八幡西区の建設会社の電話番号をネット上に投稿するなどし、会社の名誉を毀損したとされる。

 

〔後略〕

 

(白波宏野)
-----

 

翌日の朝日新聞だと。

 

-----
(2020.10.03 11:55 朝日新聞 抜粋)

 

2017年に神奈川県の東名高速であった死亡事故をめぐり、あおり運転をした男が北九州市の建設会社に勤めていたなどとする虚偽の情報をインターネット上に投稿したとして、福岡県春日市の無職の男(65)が2日、名誉毀損罪で強制起訴された。検察の不起訴処分に対し、検察審査会が2度、起訴を求める議決をしていた。
検察官役の指定弁護士の起訴状によると、男は17年10月、あおり運転の事故とは無関係の建設会社の名誉を毀損しようと、ネットの掲示板に社名や電話番号、差別的な文言などを投稿したとされる。

 

〔中略〕

 

議決書は、投稿内容があおり運転の男と会社を結びつける「具体的事実の摘示とはいえない」などとする不起訴理由について「常識的観点からすると、到底受け入れられない」とした。(加治隼人)
-----

 

もうおわかりでしょう。
本件では、A.危険運転致死傷とB.(ネット上の)名誉毀損/侮辱という、2つの犯罪行為が絡んでいる。それぞれに加害者と被害者が存在しているわけですが、その実名の出し方が違うんです。

 

冒頭の日経(共同通信の配信のクレジットが入っている)は;

 

A 加害者:顕名
A 被害者:非顕名
B 加害者:顕名
B 被害者:非顕名

 

NHKは;

 

A 加害者:非顕名
A 被害者:非顕名
B 加害者:顕名
B 被害者:非顕名

 

毎日新聞は;

 

A 加害者:非顕名
A 被害者:非顕名
B 加害者:非顕名
B 被害者:顕名

 

西日本新聞と朝日新聞は;

 

A 加害者:非顕名
A 被害者:非顕名
B 加害者:非顕名
B 被害者:非顕名

 

となっている。読売と産経は記事が取れなかった。

 

ツルはこれを、AとBとを別個の案件として扱うか、それとも一連の案件として扱うかの差だと考えた。

 

遡って調べてみると、朝日はこの4月にはBの別の加害者につき一部顕名で記事を書いている。

 

-----
(2020.04.01 00:09 朝日新聞)

 

神奈川県の東名高速で2017年6月に起きたあおり運転による事故をめぐり、一審で実刑判決を受けた男=控訴審で一審判決を破棄、差し戻し=が北九州市の建設会社に勤めていたなどとするデマをネット上に投稿したとして、福岡地検小倉支部などは31日、埼玉県川越市の小売店従業員杉浦明広容疑者(53)を名誉毀損罪で起訴し、別の男5人を同罪で略式起訴し、発表した。
発表によると、杉浦容疑者ら6人は17年10月11~12日、パソコンやスマートフォンでネットの掲示板サイトにデマを転載したり、この建設会社の所在地や電話番号などが記載されたホームページのURLを書き込んだりして、同社の名誉を損なわせたとされる。
この事件では11人が書類送検されたが、同支部は18年8月、全員を不起訴にした。うち杉浦容疑者ら9人について、小倉検察審査会が19年10月に「起訴相当」と議決したのを受け、同支部が再捜査していた。
一方、同支部は男性3人を不起訴処分とした。同支部は「諸般の事情を考慮した」としている。(布田一樹)
-----

 

「諸般の事情」で済ませてしまってよいものかという気はする(この時不起訴となった3人のうちの1人が今回強制起訴されたわけです)。

 

西日本新聞はこうだった。

 

-----
(2020.04.22 06:00 西日本新聞)

 

神奈川県の東名高速道路で2017年、あおり運転でワゴン車の夫婦が死亡した追突事故を巡り、インターネット上に誤った情報を拡散させたとして、名誉毀損罪で略式起訴された北九州市小倉北区の無職の男性(51)ら5人に、小倉簡裁などは10日までに罰金30万円の略式命令を出した。
他の4人は、福岡市博多区の会社員(50)▽宮崎県三股町の派遣社員(44)▽大分市の事務員(41)▽福島県白河市の放射線測定員(47)。いずれも18年6月、名誉毀損容疑で書類送検され、同8月に不起訴処分となった。小倉検察審査会が19年10月、全員を「起訴相当」と議決したことを受け、小倉区検などが先月31日に略式起訴した。(野間あり葉)
-----

 

「福島県白河市の放射線測定員(47)」なんて、地元じゃほとんどそれで特定したことになるんじゃないですかね。
しかしなー、「小人閑居して不善を為す」というけれど、みんな仕事持ってるんですよ、橋口富男以外。しかも全員が40代以上、分別盛りのハズの。他人の批判をするなとは言わないが、するならするでよく情報を吟味した上で十二分に考え抜いてから書け。

 

でも話はそこで終われない。
前述したとおり、日経報道は共同通信の記事を引いたもののようですが、その共同通信の記事は(現在ネットに残っているものを見る限り)途中でぷつんと途切れて終わってるんです↓。

 

-----
(2020.10.02 18:59 共同通信)

 

神奈川県の東名高速道路で2017年6月、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故で、インターネット上にデマ情報を投稿したとして、検察官役の指定弁護士が2日、名誉毀損罪で、福岡県春日市の無職男性(65)を在宅のまま強制起訴した。小倉検察審査会が2回、起訴すべきだと議決していた。
事故を巡るデマ投稿では、既に福岡地検小倉支部が同罪で、埼玉県の男性を在宅起訴。10月29日に福岡地裁小倉支部で初公判が開かれ、今回強制起訴された男性とは別に審理される。ほか5人が、罰金30万円の略式命令を受けている。
起訴状によると、強制起訴された男性は橋口富男被告。
-----

 

もちろん、配信を受けた全国の地方紙も判で捺したように同じ文章。(一方、冒頭の日経記事は早々と掲載期限切れという理由で全削除されている・・・。)Bの加害者名まで削った、というのならまだわかるんですが。何があったのだろう?
やはりそれは、公判中のAの加害者の名前まで出したことに関係しているのだろうか。

 

しかし、ふと考える。
本件では全く落ち度のない第三者が巻き込まれたわけだから社会の処罰感情も大きかったろうが、what if, 仮に、Aの加害者が実際に当該建設会社社長の息子だったり、あるいは(血縁関係はなくても)社員だったりした場合であったらどうなるだろう。
その場合に「私はこの親/会社を許せません」と考えるか否かは人により態度が様々に分かれるところだろうし、もしそのように考えた場合にそのことを(名指しで)(ネット上を含めて)意見表明すること自体は、基本的には禁じられるべきものではないだろう。善悪の考えを持つことは社会的動物たる人間として当然の所為であるはずだ。「市民から無作為に選ばれた審査員11人による検察審査会」での判断も分かれるのではないか。
少し視点をずらせば、アナタがその会社の社員であった場合、「彼は彼、我は我」と毅然としていられるかということだ。

 

その意味で、特に木村 花の自殺以降、世論が「意見の表明」に対して極端に規制をかける方向に進んでいるようなのが気にかかる。行為面に縛りをかけるばかりでは、いくら啓蒙啓発に励んだところでリテラシー💦💦の向上と本質の解決にはつながらず、同様の事件は今後も後を絶たないだろう。
「ネット情報を鵜呑みにするな 」「信用するに足る情報か否か注意して弁別せよ」だけではダメで、結局は各個人が確固としたそれぞれの意見を育み持つことが大切だと思う。

 

//

 

この問題の本質を以上のように捉えるのは間違っているだろうか。
不特定多数が瞬時に閲覧可能なネットを用いて拡散したからマズいの?
「軽い気持ちで書き込んだ」にしては権利侵害の程度があまりにひどかったから?
個人情報を書き込んで被害者の生命身体財産を具体的危険に晒したから?
それとも、加害者の名前で検索をかけること自体が人の道に外れた行いってこと??

2020年10月17日 (土)

【鶏口牛後編】蜻蛉洲よ何処に(国産チキンシンボルマーク・Piece Together for Peace):尻

(承前)

 

もちろん、長井作品、特に「酉」は日本でも反響を呼び、いろいろ解読やらパロディやらが試みられたわけです。

 

Nagai12animalsroosterdecode

 

はい、地図帳片手によくがんばりました💮。改めて思うけど、日本ってそんなに小さくないんだぁ(縮尺が同じならばね)。イギリスや韓国や北朝鮮ってとっても小さいんですねえ。

 

一方、ざっくり加減に笑っちゃったのがこれ。

 

Worldforjapan

 

アフリカってこんなに細長い形じゃない気がするし、オーストラリアとアフリカ、もとい四国と九州はも少し西に移動させないと弓形列島にならんでしょ。これなっと↓ようと見なはれ(笑)。

 

Japanchicken

 

アフリカ大陸と九州の形が似ているとは意識したことなかったけど、九州と福岡県の形が似てるってことは、福岡県民の間では知られていると思う。
と思ったら、さるサイトに「大分県の形は九州に似ている」という記事が出ていて、しゃらくさいわとせせら笑ってしまった狭量な福岡県人のツルであった。(似とらんよねえ?)

 

Kyushuisland

 

しかしこう見るといかに大分県で平成大合併が進んだかということがわかるなあ。県下の市町村数は58から18に激減したそうな。それに比べて福岡県、特に福岡市周辺のなんとゴチャゴチャしていることよ。

 

閑話休題。
さらには、今年4月頭には長井はこんな新作を発表している。

 

“Piece Together for Peace” Project vs. COVID-19
Masks for All
長井健太郎
Nagaimasksforallblack

 

Age under Corona. 世界は老い、ツルもまた然り。人類はそこからまた立ち上がり飛び立つだろうが。

 

“Piece Together for Peace” Project 03
War and Peace
長井健太郎
Nagaiwar Nagaipeace

 

//

 

因みに、来年の干支はこれです。

 

“Piece Together for Peace” Project 01
十二支/Twelve Animals
丑/Cow
長井健太郎
Nagai12animalscow

 

そろそろ年賀状も考えんとなー。

 

てことで、鶏口牛後編、QED。(竜頭蛇尾とも言う)

2020年10月11日 (日)

【鶏口牛後編】蜻蛉洲よ何処に(国産チキンシンボルマーク・Piece Together for Peace):頭

(承前)

 

東京都千代田区
一般社団法人 日本食鳥協会
国産チキンシンボルマーク
Japanchicken

 

-----
これ、[日本列島]の形を模してるんですねえ。秀逸だと思ったけど、この手の見立てはよくあるんだろうか?(^_-)
-----

 

うん、そこそこあることは知ってたけど、ツルの印象に残ってるのは次の作品ぐらいです。

 

“Piece Together for Peace” Project 01
十二支/Twelve Animals
酉/Rooster
長井健太郎
Nagai12animalsrooster

 

2008年の第12回文化庁メディア芸術祭のアート部門で審査委員会推薦作品として選ばれた連作より。5年後に意外なところで反響を呼んだ作品。

 

-----
2014年1月19日、韓国紙・朝鮮日報(電子版)によると、日本のグラフィックアーティスト・Kentaro Nagai氏が2009年に発表した作品「Twelve Animals」が韓国で話題になっている。20日付でチャイナネットが伝えた。
Nagai氏は[世界地図]を国別にバラバラにし、これを再度組み合わせて、十二支の動物の姿を描き出している。今回注目を浴びたのは[ニワトリ](酉)で、頭部は南アメリカ大陸とオーストラリア大陸で構成されている。胸部と羽の部分は北アメリカ大陸とアフリカ大陸で出来ており、下半身はユーラシア大陸だ。そして韓国はちょうど肛門の部分に位置している。日本はニワトリの目の部分で、あたかも目を閉じているように見える。
-----

 

ずいぶん上品に書かれている。
「本来、ケツの部分に来るのは(韓国ではなく)日本のはずなのに、それが頭の部分に置かれているとは日本人の作品に違いない!」という拡がり方であったと思い出す。まあ、どんぴしゃ当たってたわけですけど。恨の国、汝の名は。

 

世界地図で動物を象ったこのシリーズはイラク戦争を機に始められたもので、“Piece Together for Peace” と銘打たれ、十二支のほか、WWF/World Wide Fund for Natureと組んだクジラやホッキョクグマやオットセイとか、国連開発計画関連の “Millennium Panda” とか、髑髏と鳩を表した一対 “War and Peace” などが作られてきている。

 

Nagaiwhale

 

ひっくり返すとイルカかオルカになるのがミソです(ウソですww)。

 

長井の作品が話題を呼んだのは、「思ったより細工が細かい」「詰め込み系じゃなく空白を活かしたデザイン」という意外性じゃないかと思う。手法自体は決して目新しいものじゃないと思うけれど。

下記のあたりとはアプローチが違っているわけね。

 

【2014.03.08「野獣の花輪に護られて(5)」】
大分県
豊の魚(おおいたのいお)一村一魚 シンボルマーク
(優秀賞)
幅田朱美
〔2002年発表〕
豊の魚一村一魚(幅田案)

 

そして、長井のデザインを見てずっと不思議に思っていた謎が、このたび遂に解けました。

 

-----
A-Design Award and Competition

 

Kentaro Nagai War and Peace Poster
War and Peace Poster is Silver Design Award winner in 2018 - 2019 Graphics and Visual Communication Design Award Category.

 

"War and Peace" is the third poster series for "Piece together for peace" project that started in 2007. "War" is skull, "Peace" is pigeon. The two visuals made from map of the same size with only movement and rotation. This project makes the image of nation, corporation and peace using the figure of land in the world. Then, he believe it could express the vision of every people and world become unified. "Piece together for peace" project has the meaning that assembles the parts of piece like a puzzle for peace.
-----

 

「map of the same size」というのは各ピース(各地形)の縮尺を変えていないということなんだよねえ?これはスゴいという評価にもつながってる点なんだろうけれど、ツル的に気になるのはそこよりも・・・。

 

逆説的に言えば、縮尺を変えないからこそ小さな島々まで省くことなく使われている(使うことができた)わけですよね。
でもそうすると、確かに表現の幅は飛躍的に拡がるだろうけれども、逆に Challenging/Aggressive なデザインではなくなるような気がする。あるいは、極めて純化するけどその分進化の余地を切り捨てていっちゃったというか。小さいピース(日本列島を含めて)を輪郭代わりにキャンバスに落としていけばそりゃ何だって描けるでしょうよ、とツッコミを入れたくなる感じ。
ツルが感じる微妙な居心地の悪さは、ピースの面積によって役割が固定化してしまうというところにあるのかもしれない。絶対化と相対化ということを考えたりもする。

 

-----
Kentaro Nagai
Graduate of Tokyo Zokei University. After working for Tycoon Graphics, Kentaro Nagai established Graflex Directions on July 20, 2006 (37 years after the day man set foot on the moon for the first time). With “vivid & bold” being the overall concept, he handles art direction and design for CI, VI, editorials, packages, products, he pursues the possibilities of expression through visual communications.
-----

 

野老朝雄と同じく造形大だったかあ。で、同大学のサイトを見るとインタビューが載っている(抜粋)。

 

-----
プロフィール
長井健太郎
Kentaro Nagai
(Graflex Directions)
1977年生まれ。東京造形大学造形学部視覚伝達専攻卒業。タイクーングラフィックスを経て、2006年グラフレックスディレクションズを設立。CI、BI、エディトリアル、パッケージ、プロダクト等のアートディレクション、及びデザインを手がけ、ビジュアルコミュニケーションにおける表現の可能性を追求。87th NY ADC SILVERほか、D&AD、NY ADC、東京ADC、Graphic Design in�Japan、香港ポスタートリエンナーレ、世界ポスタートリエンナーレトヤマ、文化庁メディア芸術祭等、入賞・入選多数。JAGDA、NY ADC、D&AD会員。
www.graflexdirections.com
-----

 

現在、母校の准教授のようです。

 

-----
■2006年に「グラフレックスディレクションズ」設立されましたが、会社名に込められた思いを教えて下さい

 

かなりマニアックな話になりますが…。アポロの月面着陸の映像を幼い頃に見て以来、宇宙開発にとても興味がありました。あるとき日本はなんでスペースシャトルを作らないんだろう?という疑問を持ち、調べてみると実は作ろうとした形跡があった。それが「HYFLEX (Hypersonic Flight Experiment)」という当時のNASDA(現 JAXA)が行った実験で、結局実験自体はデータ収集にとどまり、H-IIロケットに開発がシフトするのですが、その先見の明と心意気に勝手に感銘を受け、会社名の基礎にしました。グラフィックデザインにおいても、やはり実験性と革新性は必要だと思っていたので、HypersonicをGraphicに置き換え、Graflex (Graphic Flight Experiment) とし、Graflex Directions と名乗ることにしました。直訳すると「グラフィック飛行実験」という意味不明な上に読みづらい会社名ですが、自分では気に入っています。
-----

 

念のため書いとくと、アポロ11号が「静かの海/Mare Tranquillitatis/Sea of Tranquility/Sea of Tranquillity」に降り立ったのは1969年7月20日のことだから、当時まだ生まれていなかった長井は後から人類初の月面着陸映像を見たことになる。

小学校に入って初めての通知表もらって😄初めての夏休みを迎えていたツルは、その頃の社会の興奮、というより熱狂をよく覚えている。確か当日は満月かそれに近い月齢だった気がするんです。姉たちと外に出て「今あそこにいるんだー」と月を見上げた記憶があるので(いいでしょう)。

東京五輪(さすがにツルも記憶にございません)の5年後、大阪万博の1年前という年代感。日本は若く、ツルも稚かったのよ。

 

The night was young, and so was he. But the night was sweet, and he was sour.

 

・・・日本列島がどこに置かれているか、わかりました?

 

― Inspired by「幻の女/Phantom Lady」(1942)William Irish/Cornell Woolrich(1903.12.04~1968.09.25)―

2020年10月10日 (土)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その241:げんきくん)

(承前)

 

いわゆる自治体系ご当地キャラクターが往時の勢いを失って新規制定もほとんどなくなったとは言え、民間の企業や団体が販促・宣伝用に制定するキャラクターがゆるキャラテイストになるというケースはいまだにままあるようで。それは、一時は市場を席捲し、その後行き場を失った官製の「ゆるキャラ的なる要素」が「民」に流れたということもできるんじゃないかと思う。

 

そんな中、今年7月1日に満79歳におなりになったハズの塩崎栄一(cf. 2013.10.06【その58】)の存在感はすっかり低下し、その代わり(?)に公募界で地味ながら見かけるのは娘名義の「福添歩美」作品である --もっとも愚blogでは、約20に及ぶ塩崎一族の各名義(cf. 2020.05.27【PNまつり 第24弾】)は全て栄一の用いている架空名義であり従って塩崎歩美/福添歩美の実存をも強く疑うという基本的スタンスであるから、「その代わりに」というのは矛盾かもしれまへんが--。

 

最新のところでいうと、こんなものが6月に発表されていた。

 

東京都千代田区
一般社団法人 日本食鳥協会
マスコットキャラクター「2代目」
げんきくん
福添歩美
Afgenkikun

 

ああ、安全安心の国産チキン、安全安心の塩崎ブランド。

 

なかなか見どころの多い公募です。
今年1月から3月一杯まで愛称とワンセットで募集され、結果が発表されたのは6月11日。業界の(ご当地公募業界の、ではなくて鶏業界の)人たちはCOVID-19がニワトリに対しても感染力を持つんじゃないかと気が気でなかった頃でしょう。
対価は賞金10万円+鶏肉商品詰め合わせ5,000円相当というプチゴージャス版で、今どき327点の応募を集めた。
昨年12月の募集告知資料には、次のように出ている。

 

-----
一般社団法人日本食鳥協会は、創設60周年を機に “国産チキン あんしんも、おいしさも。” をコンセプトとした「国産チキンシンボルマーク」をさらに広く周知し、国産チキンの拡大をより一層推し進めるため、マスコットキャラクターの「二代目」を広く一般より公募します。

 

キャラクターコンセプト
[ニワトリ]をモチーフとし、協会のイメージを損なわず、万人に親しみやすく、着ぐるみに着させることを想定したデザイン。
-----

 

へ?「国産チキンシンボルマーク」↓の認知度向上のためにキャラクター更新をかけたというの?そりゃまたビックリだよ。

 

Japanchicken

 

2014年7月頃から使われ始めたらしい。これ、[日本列島]の形を模してるんですねえ。秀逸だと思ったけど、この手の見立てはよくあるんだろうか?(^_-)

 

「イメージを損なわず」という消極的動機と、「着ぐるみに着させる」という斬新な発想😁は、今まで見たことがない、気がする。ひょっとして、現行の初代キャラ「おっとり鶏太」↓の着ぐるみの上にまた二代目の着ぐるみを着せかけるつもりだったんでしょうかね💨。

 

Ottorikeita

 

-----
応募条件

 

〔中略〕

 

●自作かつ未発表作品で、模倣・模倣と疑われない作品
-----

 

なぜ「模倣・模倣」と繰り返したんです(*≧m≦*)?「大事なことだから2度言いました」ってやつ??💣

 

模倣模倣とチキンはつつく
模倣居よいか住みよいか

 

濁流だ濁流だと叫び流れ行く末は泥土か夜明けか知らぬ
     齋藤 史

 

冒瀆かしら。

 

本公募では(2020年の今どき珍しくも)応募された全作品327点を公開しており(^_-)、歩美の採用作品はNo.315だが、実はそのすぐ次にも同じ愛称のww作品が並んでいる。

 

東京都千代田区
一般社団法人 日本食鳥協会
マスコットキャラクター「2代目」
(応募作品 No.316)げんきくん

_af_genkikun2

 

これも当然歩美作なんでしょう。・・・いや、もしかしたら栄一作かもしれんばってん💣。

 

次点に入ったのはこの↓2点・・・。

 

Jcacharacters

 

(優秀賞)
とり侍(No.41)
田中英二

 

チキンパワーボーイ・J(No.142)
本山清数

 

アラ??どっちも「国産チキンシンボルマーク」がついてないじゃんっ!それってどげんやねん!!
(ツルもだんだん自分の地域アイデンティティを見失いよります・・・)

 

-----
結果発表
●入賞者内定を6月に発表致します。
内定者には本人へ直接連絡致します。また、同時にホームページでも発表致します。
※模倣、著作権その他第三者の権利侵害、他のコンテスト等に応募等、著作権登録が出来ないことが判明した場合は内定を取り消させて頂きます。
●10月に開催する当協会60周年創立記念パーティーでマスコミ等へ広く紹介します。
また、当協会ホームページにも掲載し広く発表致します。
-----

 

「内定」を発表するという、今どきなかなかお目にかかれない事大主義。そりゃツルだって、公表してから模倣問題が炙り出されることもあるでしょ、商標登録やら何やらが済むまで最終決定とは言えないでしょという考え方があるのは理解する。でもそれは、『最優秀賞を決定しました、でも今後諸般の手続を履行する上で万一問題が生じた場合にはその「決定」を取り消すこと/キャラクターとして採用しないこともあります』という整理でいいと思うんだけど。

 

もう10月に入ったけれど、その後創立記念パーティの件はサイトに出ていない。コロナ影響でどうなるんですかね。Let's have a remote party!! ってなこと?

 

//

 

しかしまあ、これらを見ていると、従来、一族作品の特徴と考えていた「左右非対称への傾斜」が特に現れていないことからしても、栄一とは別に歩美はやはり存在しているのではないかという妄念のようなものに取り憑かれたりもします。

 

― Inspired by;
徐州徐州と人馬は進む
徐州居よいか住みよいか
「麦と兵隊」東海林太郎(1938.12リリース:作詞 藤田まさと:作曲 大村能章)―

2020年10月 4日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その84の2:日本植物細胞分子生物学会 改め 日本植物バイオテクノロジー学会)

(承前)

 

じゃーん!!
大阪市生野区新今里の塩崎栄一と謎に包まれたその一族の手になるゆるキャラを斬って斬って斬りまくる「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」、遂にSeries本編復活っす!

 

最後に本編書いたのが2019.12.21の【その240】だから、実に9ヵ月ぶり。その間野老朝雄ややなぎはらともみのことを深掘りしてたり、コロナが起きたり五輪が中止になったりであっという間に過ぎちゃった。ちゃんと塩チェックはかけてましたがね😁。月日の経つのは誠に早いもんですが、ということはツル的には転職&転居(Uターンともいう)してから間もなく1年経つということでもある。己れの実感としてはそっちの方が “Time flies” 感が強いです。

 

と、今回は勘を取り戻す手始めに古いところからちょっと小手調べ。

 

一般社団法人 日本植物細胞分子生物学会/Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology/JSPCMB → 一般社団法人 日本植物バイオテクノロジー学会/Japanese Society for Plant Biotechnology/JSPB
ロゴマーク
塩崎榮一(グラフィックデザイナー)
EjspcmbEjspb

 

どーです、なつかしいでしょう、このシオザキ・スマイル(笑)。Minimal でも塩気たっぷり。

 

同学会の設立30周年記念でオリジナルが発表されたのは2011年6月だった。それから9年が経過して、今年の7月に学会名称が変更された際に文字部分だけ取り替えられたものです。まあ、10年近く経っても継続使用になったというのはそれなりに気に入られてるんでせう。愚blogで【その84】として取り上げたのは2014.02.26。全く、光陰矢の如しというか少年老い易く学成り難しというか、それとも百年河清を待つという方が正しいか。

 

-----
あ、「日本植物細胞分子生物学会」って、「植物細胞の分子生物学の・学会」じゃなくて「植物細胞と分子生物学の・学会」の意味なんだ、へーー。英文名称に「and」が入っている。英文で表記するメリットもあるにはあったんだ(笑)。(それとも「植物の・細胞と分子生物学の・学会」なのかな?)
-----

 

などとつらつらたらたら書いてたわけですが、その問題は解消したようです。

 

しかしなー、アンタ達さー、改名が遅過ぎん?今頃「バイオテクノロジー」なの?それに JSPCMB → JSPB じゃ代わり映えしなくてあんまり冴えないんじゃない?も少し頭使えば。

「制作者コメント」は実質的に変えられていない。

 

-----
「日本植物細胞分子生物学会」のロゴマークで頭文字をローマ字[J]をモチーフにして、[植物の芽]と健康で過ごせるように日々植物細胞分子生物学に取り組み、社会と人類に貢献する様を全体で描いています。
-----

 

 ↓

 

-----
「日本植物バイオテクノロジー学会」のロゴマークで頭文字をローマ字[J]をモチーフにして、[植物の芽]と健康で過ごせるように日々植物細胞分子生物学に取り組み、社会と人類に貢献する様を全体で描いています。
-----

 

これまた懐かしいですねえ、「全体で」のShiozaki Cliche。

 

あ。やってる内容は旧態依然として変わらんのだね?ね?いえ、榮一じゃなくてこの学会も。「植物細胞分子生物学」。つまり Plant Biotechnology ではなくて Plant Cell and Molecular Biology。こういうのって単なる言葉尻じゃなく概念上の問題だから、(面倒でも)きちんと考えて解決しておくべきだと思いますよ。も少し頭使え。

 

ちょっとビックリしたのはこんな Variation の存在。「求職ロゴマーク」という。

 

EjspcmbjobhuntingEjspbjobhunting

 

JSPCMB時代からあったけど、はづかしながらツルは漠然と、「求職」ではなく「求人」のロゴだと勘違いしてましたm(._.)m。真面目に見てませんでしたので。
Concept と Usage がまた凄い。

 

-----
作成の経緯と目的
学会設立30周年記念事業の提案に基づき設置されたキャリア支援ワーキンググループで、博士号取得者(ポスドク)や博士課程学生に、アカデミックポストに限定せず、民間企業への就職も視野に入れた幅広いキャリア・パスを考える機会を提供することが議論されました。
その一環として、大会・シンポジウムでの発表時に使用する、求職中であることを示す「求職ロゴ」が作成されました。「求職ロゴ」により、今までアカデミックポストのみを考えていた人が企業の方と直接話をすることで、幅広いキャリアの可能性に気付く可能性が考えられます。
また、大学や公的研究機関側だけでなく企業側から見ても、「求職ロゴ」は良い人材を見つけるきっかけになりうると考えられます。

 

利用方法
「求職ロゴ」は本学会の大会における発表時の、スライドあるいはポスターに付してご活用下さい。その他の目的には使用しないで下さい。なお、使用にあたっては、指導教員や所属先の上司等と事前に十分ご相談下さい。画像はこちらからダウンロードできます。
-----

 

そんなの変だよ(ばっさり)。
プレゼンスライドやポスターセッションの掲示に(だけ)こんな顔マークつけるなんてこっぱずかしくてできっかよ、成果発表の場で就活なんかすんなや、てなところもそうだけど、ポスドク対策として夢の民間企業へどーぞ、という発想がですねえ。

 

率直に言えば、民間企業において博士号取得者の採用を増やしていこうという機運はさらさらない。この数十年、人気がないという状況はちっとも変わってなくって、むしろ minimal になってきてるらしい。その一方、お国の大学院重視政策でスーパーテクノクラートの博士様はごんごん生まれている現状。その昔「オーバードクター」と呼ばれていた問題は「ポストドクター」と名前を変え、先送りされ、遂に令和の到来とともに超高齢化社会に突入して現在に到る。

 

一番気になるのは、「知」の所有(あるいは生産)の場を大学から企業に移そうとしているらしい政府の政策(だから補助金減らしてるんでしょ?違う?)がこんなところにも顔を出しているのではないかということ。
しかも「アカデミアから民間へ」と事実上限定をつけてしまったものだから、このマーク載っけて学会発表なんかしてたら一気に周囲からそーゆー色眼鏡で見られちゃいそうですね。

2020年10月 3日 (土)

三井住友信託銀行等の株主総会議決権行使集計問題についてのどこよりもわかりやすくて詳しくてためになる解説(の試み):後編

(承前)

 

本件については、経済系メディアにとどまらず一般メディアもこぞって取り上げた。

 

-----
(2020.09.24 毎日新聞 抜粋)

 

〔前略〕

 

同行[引用註:三井住友信託銀行]は20年ほど前から、株主総会が集中する繁忙期は事務処理の時間を確保するため、郵便局に本来の配達日より特例で1日早く議決権行使書を配達してもらう「先付け処理」をしていた。期限の翌日に届くはずの書類も実際には期限内に到着するが、集計の対象外としていた。だが、民法では書類は到着した時点で効力が発生すると定めているため、実際に受け取った日が期限内の議決権行使書を集計しなかったのは不適切と判断した。関係者によると、7月までに開催された株主総会では決議を左右するケースはなかったという。

 

〔後略〕
-----

 

へ?不適切であったと結論づけるために民法の一般原則を持ち出してくるわけ?微妙な違和感が。
しかし一般新聞らしいふにゃふにゃした書き方だにゃあ。

 

-----
(2020.09.24 朝日新聞 抜粋)

 

三井住友信託銀行とみずほ信託銀行は24日、株主総会の業務を請け負う計約1300社超の議決権行使書の集計に誤りがあったと発表した。10~20年前からの業務慣行で、期限までに郵送されていた書類の一部を無効と扱っていた。議決結果が覆るような影響はないと両行は説明するが、株主の権利が不当に損なわれる事態が続いていた。

 

〔中略〕

 

この運用を三井住友信託は少なくとも約20年前から、みずほ信託も約10年前から現場の慣例として続けてきたという。

 

〔後略〕
-----

 

朝日はん、「不当に」の3文字は言い過ぎです。「本来より早く」という意図に出たものを、短絡的に「本来より遅く」とするのは、解釈に幅のあり得るところだという点を理解してない論だと思う。

 

ピンとくる人はくるだろう。中央信託銀行と三井信託銀行が合併して中央三井信託銀行になったのが2000年4月(中央信託銀行を存続会社とする吸収合併)、それがさらに住友信託銀行と合併して三井住友信託銀行になったのが2012年4月(住友信託銀行を存続会社とする吸収合併)。
JaSt、すなわち日本株主データサービス株式会社が中央三井信託銀行とみずほ信託銀行の出資で設立されたのは2008年4月。両行の持分法適用会社である。
「先付け処理」が「三井住友信託は少なくとも約20年前から」というのなら、それは中央信託や三井信託の時代から行われていたのではないかという合理的な疑問が生じるわけです。一体どちらがこの手法を始めたのだろうか?

 

そして、日本の証券代行業界の最大手(ですよね?)、三菱UFJ信託銀行ではどうなのだろう?報道されてないからそんな実務はやってなかったということなんだろうけれど、それは「日本郵便から先付け処理で受領した行使期限最終日の行使書の束(受領日付は当該最終日の翌日、すなわち総会当日)までちゃんと算入していた」からではなく、「日本郵便から行使期限最終日の行使書の束(受領日付が当該最終日の翌日、すなわち総会当日となるところの)を先付け処理で受領なんかしてなかった、だからその分の算入もするわけがなかった」というだけのことに過ぎない(ハズ)。
株主/投資家側から見れば、同じX日前に行使したA社の議決権行使書葉書とB社の議決権行使書葉書とで、片や三井住友信託経由、片や三菱UFJ信託経由で会社側に届いたというケースを考えてみると、どちらも今回のようなギリギリの場合は「算入していない」という実態に変わりはなかったはずです。(You got it?)

 

証券代行業界というのは横並び意識が極めて強い(株主の扱いを統一的に保つためにという大義名分で)上に、既得権益にガチガチに守られたムラ社会なので(そこに風穴を開けようとして悪戦苦闘しているのが株式会社アイ・アール ジャパンである)、一部の証券代行業者だけが特殊な実務を執っていたということ自体が俄には信じ難い。

 

まとめますと。

 

-----
(2020.09.25 SankeiBiz 抜粋)

 

〔前略〕

 

調査の結果、三井住友信託は今年5~7月に総会を開いた975社、みずほ信託は6~7月に総会を開いた371社で有効票の未集計を確認した。ただ、いずれも議案の成否に影響はなかったと判断している。
三井住友信託によると、繁忙期にスムーズに集計作業を進める目的で、少なくとも約20年前にはこの運用方法を導入していた。顧客企業や株主はそれを知らされていなかった。
三井住友信託の西田 豊取締役専務執行役員は同日、東京都内で開いた記者会見で「証券代行業務をご委託いただいている会社や株主の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを重く受け止めている」と陳謝した。
東芝の株主であるシンガポールの投資ファンド、3D・インベストメント・パートナーズの指摘で露見した。3Dの行使書は期限の7月30日に三井住友信託側に届いていたが、翌31日の総会では無効とされた。
両行は今後、集計方法を見直し、実際に通知書を受け取った日を基準に集計業務を行うとしている。
議決権行使をめぐっては近年、スマートフォンを使った電子行使の利用が増えてきている。ただ、郵送による書面行使の比率は依然として高く、三井住友信託では今年の6月株主総会開催分で全体の約8割が書面行使だったという。
-----

 

そうなんですよ。株主数ベースでは圧倒的に多数を占める個人株主は電子行使には極めて冷淡。

 

「実際に通知書を受け取った日を基準に」というのは何を意味するんだろう???先付け処理で受領していた分も算入するというのであれば、確実に、株主名簿管理人たる三井住友信託/みずほ信託等と日本郵便との業務負担を増やします。それで実務が回るのかしらん?それとも・・・??
話はそれだけじゃない。悪くすると三菱UFJ信託なんかの実務まで一律に変えさせられることまで考えられるわけ。しかしそうでなければ投資家(や東証)は納得しないのではないかいな。

 

しかしさあ、3Dはなんで電子行使にしなかったわけ???機関投資家ならICJのプラットフォームとか使うの当たり前でしょ?今どき。
それに、なんで総会3日前の7月27日になるまで議決権行使しなかったのさ??株主総会招集通知は最低でも会日2週間前には発送することが法定されていて、今回の東芝総会では7月31日(金)の会日に対して7月16日(木)に発送されている(*)。自分で株主提案したのだし、機関投資家側が二言目には口にする「行使には熟慮期間が必要」という問題はこの際関係ないでしょう?そしていやしくも世界に名の通った巨大企業たる者(最近メタメタだけど?)として、東芝だって招集通知の英訳版は当然作成してるでしょ?一般的な日本の株主総会の議決権行使の cut-off date の観点からも、「3日前」はちっと遅過ぎない??いくら、その直前の7月23日(木)~26日(日)が(幻と消えた)2020東京オリンピックの開会式絡みで(日本じゃ)4連休になっていたとは言え。
もう、頭の中に?マークが飛びまくりです。後に尾を引く問題であることは間違いない。

 

(*) 当該発送日は法定期限ギリギリのところであり、同社の例年の日程に比べるとかなり遅い。昨年の同社の定時総会では、6月26日(水)の会日に対して6月3日(月)の発送だった。3週間以上前に出してたわけです。これは新型コロナウイルス感染拡大に伴い状況をギリギリまで見極めていたものと考えられる。そもそも、3月決算の同社が今年の定時総会を通常の6月下旬ではなく7月末に開いたのもコロナ影響によるもので、そのことは総会招集通知にも明記されている。
もう、すごく前のことのような気がするけど、僅か2ヵ月余り前のこと。

 

脱線するけど、ツルに言わせりゃ定時株主総会の前たった2~3週間の議決権行使期間のために株式会社ICJ(株式会社東京証券取引所の関係会社である)が各企業から毎回100万円も取っているのはとんでもないぼったくりだと思いますがね。東証の適時開示システム「TD-net」の会社側使用料だって年間12万円、確か。
ICJは、電子行使プラットフォームのシステム開発の負担が重いとかまだ参加企業数が十分でないから値下げできないとかの理屈を並べ立てているけれども、そんな問題じゃないでしょ??ついでに言えば、ここの開催しているセミナー(年1~2回だったと思う)も、ネタ自体に魅力がないことが多くて食指があまり動かない。ズレてるんだよなー、どこか。
そう思ってる総会担当者は多いはず(断言)。

 

でも今一番戦々兢々としているのは日本郵便かもしれない。だって、全国の株主から議決権行使葉書が私書箱に届いた後、各企業の株主名簿管理人に渡すまでに1日の余裕を持ってたことになるわけでしょ。Very time-critical な総会議決権行使という場面で、そのタイムラグが注目されたらいささかマズいことになるような気がします、民法規定の趣旨に照らしても。「実務が回るか」という問題は別にして、そのバッファが全ての問題を引き起こしているのだから。

 

・・・いや。
現行法令の解釈や規定そのものに欠陥がないと言い切れるのだろうか。当該タイムラグを正面きって認めてやることでも「株主の権利が不当に損なわれる」なんてことには当たららないだろという気が改めてしてきました。

2020年10月 2日 (金)

三井住友信託銀行等の株主総会議決権行使集計問題についてのどこよりもわかりやすくて詳しくてためになる解説(の試み):前編

このところ、総会ギョーカイはこの話題で持ちきりです。

 

-----
(2020.09.02 日本経済新聞)

 

東芝が7月末に開いた定時株主総会で、大株主らによる事前の議決権行使書の一部が無効扱いになっていたことが2日、分かった。東芝側は郵送された議決権行使書が期日までに届かなかったためだとしている。ただ同社によると大株主の3D・オポチュニティー・マスター・ファンドが、期日の3日前の消印があると主張している。
3Dは株主総会で取締役選任を求める株主提案を提出していた「物言う株主」。9月2日までに議決権行使書の一部が無効扱いになっていると東芝側に主張して、発覚した。
東芝は議決権行使書を管理する三井住友信託銀行などに調査を依頼した。無効扱いの議決権行使書は約1300通。この無効になった議決権によって、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)らの取締役選任案の議決結果に影響は出ないとみられる。
-----

 

Activist Fund が株主提案してきて、当のその株主の議決権行使がカウントされてないという事態が判明して、会社側は行使書葉書(総会会日の前日に会社側 -厳密には、その「株主名簿管理人」- に到着することが要件とされている)が届いていない、株主側はいやそんなはずはない3日も前に出したのに、と相互に主張して、株主名簿管理人を巻き込んでの大騒ぎになったわけです。
株主側はうたぐったでしょうね、会社側が何か不正な手心を加えたのではないかと。

 

しかし真実は意外なところにあった。なかなか事情が込み入っている。

 

-----
(2020.09.18 ロイター)

 

東芝は18日、株主総会前日の7月30日までに持ち込まれながら有効に集計されなかった議決権行使書は1139枚で、議決権数は5万8747個だったと明らかにした。比率では全体の1.3%で、総会議案の結果に影響は与えなかったとしている。株主名簿管理人の三井住友信託銀は、他の企業にも影響が生じる可能性があるとしている。
東芝は、一部の株主から、議決権行使書を提出期限の3日前の7月27日に郵送で発信したが議決権行使結果に反映されていなかったとの指摘を受けた。三井住友信託銀と郵便物を扱った日本郵便に、議決権行使書の配送、集計状況の調査を要請し、報告を受けた。
議決権行使書の集計業務を担う三井住友信託銀の子会社「日本株主データサービス(JaSt)」では、通常時には議決権行使書が配達されると同時に行使書の数が記載された交付書を受け取り、その配達日に受領したと扱う。3、5、6月の繁忙期は、集計時間を確保するため、通常時と異なり、本来の配達日の前日朝に受け取る「先付け処理」をしており、本来の配達日を到達日として扱っている。
今年は新型コロナウイルスの影響で総会を延期する企業が相当数あったとして東芝の総会があった7月も繁忙期として扱った。30日に持ち込まれて有効な議決権として集計されなかった議決権が5万8747個だった。郵便局から31日付の交付証を受領しており、集計対象外にした。日本郵便は、該当する行使書は遅くても30日には三井住友信託銀に到着していたと考えられ、レシートの押印は翌日の日付で得ていたとしている。

 

<三井住友信託、受託先約970社に影響も>
三井住友信託銀は、1600社の受託先のうち約970社に影響が出る可能性があるとしている。JaStに出資するみずほ信託銀行も同日、「集計締切日における郵送受付分の議決権行使書の取り扱いに関して、その集計方法の妥当性について、再度慎重な検証を要する」とし、確認を進めていると明らかにした。
東芝は、社外取締役のみで構成する同社の監査委員会が外部の法律事務所とともにその結果の相当性を検証している。三井住友信託銀と日本郵便の報告の一部に整合しない部分があり、両社に追加の確認を求めるとしている。
-----

 

先付け処理???海千山千の総会屋、じゃなかった総会担当者のツルも聞いたことないわいそんな裏技(因みに昨年11月に転職する前のツルの勤め先の株主名簿管理人は三菱UFJ信託銀行だったが、転職後のは三井住友信託銀行である)。もちろん、会社指示でやったとか、そんなんじゃないわけで。
とにかく、株主名簿管理人に落ち度あり、ということになったわけです。

 

-----
(2020.09.23 日本経済新聞 抜粋)

 

東芝の株主総会を巡り、議決権行使の集計を受託した三井住友信託銀行が適切に事務処理せず、一部の株主の意見が反映されない事態が起きたことが分かった。取締役選任の賛否などを記した海外投資ファンドの書類が期限内に届いたにもかかわらず、集計から外れていた。会社法で保障する株主の権利を損ないかねず、説明責任も問われる。

 

〔後略〕
-----

 

いやいやいやいや日経はん、「説明責任」って誰のことを指しているのよ。本件で東芝には責任は全くないではないか。当然、東芝は「はめられた」と大激怒でしょうな。情報収集してみたら、海外投資家がだいぶカリカリきとるらしい。東証も問題を重く見て、9月29日には全上場会社および証券代行機関(株主名簿管理人)向けに「大変遺憾であり深刻な事態である」的な通知文を出している。三井住友信託(&みずほ信託も?)の誰かの首が飛ぶでしょうなあ。

 

ツルの私見ですが、本件の本質は「会社法で保障する株主の権利を損なう」とかいったことではなく、専ら次の点にある(それ以上のものではない)と考えます。

 

-----
(2020.09.23 日本経済新聞)

 

〔前略〕

 

実務上の利便性を優先した措置だが、周知されず、企業や投資家など大半が実態を把握していない。電子化が遅れ、業務負担が重いために問題が生じた側面もある。

 

〔後略〕
-----

 

そう、発行会社の知らないところで、というのが問題。「周知されず」の一言が非常に重い。ツルだって東芝の総会担当者の立場だったら「信義則違反だっ!」と叫ぶだろうし、「いえいえ、できるだけ早く行使内容を集計に反映させようと、いわばよかれと思ってやっていた実務だったんですよ」とか何とか説明を受けようが納得はしません。そりゃ、6月の株主総会集中時期に株主名簿管理人がどこも大変な苦労をしていることは重々承知してますが。

 

そして結局みずほ信託にも本件は飛び火し、9月24日、両行は「謝罪」に追い込まれた。

 

-----
(2020.09.24 ロイター 抜粋)

 

東芝の株主総会で一部の議決権行使書が期限内に届いていたにもかかわらず結果に反映されていなかった問題で、集計業務を受託する三井住友信託銀行は24日、同様の問題が975社で確認されたと発表した。
同行は午後5時から会見を開く。
みずほ信託銀行もまた、371社で同様の処理がされていたと発表した。集計作業は、三井住友信託との共同出資会社である日本株主データサービスに委託していた。同行は午後6時半からオンライン会見を開く。

 

〔後略〕
-----

 

えー、謝罪までオンラインで!!あったらしー?。

 

因みに上記の三井住友信託の数字には、子会社の東京証券代行の受託分38社、日本証券代行の受託分46社を含んでいる。早い話が、証券代行ムラのうち4社がアカンことをやっとったっちゅう話になったわけ。

 

(と、ここまでやっと書き上げたと思ったら、今度は10月1日に東証がシステム障害を起こして全銘柄終日取引停止という前代未聞言語道断の椿事に立ち至った。同日夕方にはトップ以下が雁首揃えて「謝罪」です。今日は無事再開してるけど、今度は東証&富士通の責任者の首が刎ねられるに違わんやね。)

 

(続く)

2020年10月 1日 (木)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(ひら〜わた)

(承前)

 

●平山陽一・加代子(鹿児島市)
cf.
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2014.02.13〜17「白昼堂々、Evil Under the Sun」
2014.11.10「丸ブー🌀艶競べ♥ [5]」
2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」
2015.05.05「丸ブー🌀艶競べ♥ [6]」
2015.05.06・10「Again, Evil Under the Sun」
2015.06.10【その139】
2015.06.14「一筆啓上 ストックあります」
2015.07.25「Provinceの海と陸と山と空と陽」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2017.03.14「採用はアナタへの復讐」
2017.09.15「Moral Hazardは続く」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」
2019.03.13「「デザイン」という重みに耐え得るか?」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」

 

 

●深川重一(しげかず)(東京都杉並区/大阪府堺市/大阪府和泉市)
(註17)
広島県福山市出身。1998年4月頃まで東京在住であったことが確認でき、その後2000年11月頃には堺市に転居し、2003年5月頃までに和泉市に移っている。

 

cf.
2013.01.03〜05「その川は本当に深く淀んでいないのか」
2014.08.13「配達されない三通の手紙:三通目」
2014.08.17〜23「果てなく重く深い闇」
2015.12.28「思ったより悪夢、まさかの正夢?:その1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.07.29〜31「丸ブー🌀艶競べ♥ [21]」
2016.08.20「♪輪廻は続くよどこまでも」
2016.10.02「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 二番」
2017.03.17「民進党ゆるキャラ、決定の件:各論Ⅱ」
2017.05.19「丸ブー🌀艶競べ♥ [40]」
2017.06.04「因縁の渕ぞ積りて海となりぬる」
2017.06.27「北の駅から ― その3」
2017.08.29「More Cutting Edge🌱なとんがり塩キャラ⁉️:中編」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.10.04「細身の剣で深く一突き」
2017.12.01〜02「丸ブー🌀艶競べ♥ [59]」
2017.12.23「大御所厳選!Countdown, 6!!」
2017.12.31「Discommunication in Design!?」

 

 

●堀江 豊(広島県廿日市市)
cf.
2013.02.07「キャラ自ずと似るとは聞きしかど」
2014.01.29「運気呼び込むキャラの弥栄」
2014.11.12「失われた友を求めて」
2015.04.05〜07「十年に一度の逢瀬:3〜4」
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2016.01.27「丸ブー🌀艶競べ♥ [14]」
2016.03.02「小壁画に嵌め込まれたものども ― 3」
2016.04.17「丸ブー🌀艶競べ♥ [16]」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2017.06.01「二兎を追う者二兎を獲て、の巻」
2017.06.14「お上にはお上の事情と紋章:ニ」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2018.11.03「文化の継承の件」
2019.12.14「Liaisons Dangereuses entre Dessin et Politique: 第5」

 

 

●前田昌克/まさかつ(大阪市北区/東京都目黒区)
(註18)
元パナソニック社員。京都造形芸術大学非常勤講師の経験。2011年9月頃から、東京在住とするものが混じる。大阪在住の場合は昌克名義、東京在住の場合はまさかつ名義とする傾向。

 

cf.
2013.01.05「泣きキャラ そして 大阪−東京、漢字−ひらがな」
2013.12.01〜02「ああ、お手上げ✋😖✋」
2013.12.14「狸にダマサれる前に、克つ!」
2014.01.26〜02.03「泣きキャラ評定記」
2014.03.23【その87】
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2016.10.27【その171】
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.07.21〜25「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:起〜転」
2018.04.08「槍の誉れは数々ござる;キャラのカブりも数々ござる」
2018.08.14「おどま勧進 かーんじん あん人たちゃ よか衆」
2018.10.25〜27「月曜から・・・いつまで夜ふかし?」
2018.11.05「ふたたび、月曜から夜ふかし」
2019.02.24「環境保全とリサイクル🔃の話:その1」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」

 

 

●増田繭美 → 海山 幸

 

 

●三巻(みまき)保征・靖子(新潟県三条市)
(註19)「得征」と表記された例がある。

 

cf.
2013.01.04「その川は本当に深く淀んでいないのか − 中」
2014.05.12【その96】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.04.14「丸ブー市章と地図キャラの力学」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.23〜27「法三条 ――盗ル勿レ 騙ル勿レ 偽ル勿レ――」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2019.05.07「やられたらやり返せ! ?:二発目」
2019.07.01「双子の娘たち?」

 

 

●宮川ヒロミ・詳子(群馬県前橋市/長野県北佐久郡軽井沢町)
(註20)
ヒロミ(本名 宏美)は男性だが、詳子(妻か)とのユニット名としても使われている模様。(少なくともヒロミは)2014年4月頃までに前橋から軽井沢へ本拠を移している。なお、宮川さやか(長野市)との関係・続柄は不詳。

 

cf.
2013.01.12「すべてが金になる」
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2015.03.13【その132】

 

 

●三好健一(福岡市西区)
cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2013.12.26〜28「さよなら三角、まねしてまん丸」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2013.12.30「新たな疑惑か、偶然の為せる技か」
2017.01.26「大御所の罪:その4」
2017.10.11「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 一番」
2018.08.11「40年後のLove & Peace?」

 

 

●本山清数(兵庫県神戸市西区)
(註21)
「ガガガガ」「Ga2Ga4」のペンネームも用いる。

 

cf.
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2017.01.05「Les Liaisons Dangereuses; Whistleblowerとキャラクターとの」
2017.01.07「金糸雀と海猫と怪獣と朱鷺の話」

 

 

●盛(もり) 秀雄(青森市)
cf.
2013.07.13【その43】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.12.12「下ぶくれなる謎の神々:1粒目」
2019.04.08「前期高齢者とて執着」

 

 

●渡辺光お/光仰(みつお)/光(福岡市)

cf.
2013.01.22「Pakuri Goes Round & Round...」
2015.06.22「鳥たちに光を」
2017.03.10「必殺!海老固め」

 

以上

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(とた〜ひこ)

(承前)

 

●杜多(とだ)利夫・利香(兵庫県神戸市西区)
(註15)
親子関係(父ー長女)にある。現在公募への応募は行っていない模様。利夫は京都市下京区出身。なお、杜多利樹(兵庫県)との関係・続柄は不詳。

 

cf.
2013.09.26「Les Enfants Terribles(下)」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」
2015.05.26「永遠に独りでいることを知る」
2015.07.03〜07「丸ブー🌀艶競べ♥ [8]」
2016.05.30〜06.01「丸ブー🌀艶競べ♥ [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2017.01.20「丸ブー🌀艶競べ♥ [27]」
2017.02.08「丸ブー🌀艶競べ♥ [30]」
2017.02.23〜03.07「大御所劇場」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.23〜29「大御所の父の罪と十字架」
2017.05.04〜07「ガイダー十字架遺産指定の件」

 

 

●中本竹識(たけし)/竹織/長流(たける)(福岡県北九州市小倉北区/広島市東区/山口県)
(註16)
2013年3月頃に福岡から広島に転居。2014年には広島から山口に転居した模様だが詳かでない。「竹織」は誤記と考えられるも確かでない。
なお、各地のご当地公募作品をシンボルマーク系とキャラクター系に分けてリスト化した;
http://park1.wakwak.com/~symbolmark-site/symbolmark.pdf
http://park1.wakwak.com/~symbolmark-site/character.pdf
の管理人であったと考えられる(2009.10.06最終更新)。

 

cf.
2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」
2012.12.26【その16】
2013.01.23「AND Pakuri Goes Round & Round & Round...」
2013.06.08「Family... Business?? Part 3」
2013.06.12「盗作のロンド」
2013.07.01【その39】
2013.11.01〜03「今様竹取物語」
2013.12.02「ああ、お手上げ✋😖✋〔おまけ〕」
2014.01.08「リサイクル品の作り方」
2014.03.17「配達されない三通の手紙:一通目」
2014.09.25「それって許されるの?:Recycle 1」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.09.05「丸ブーであろうがなかろうが。」
2015.09.29「コピーライトがあろうがなかろうが。」
2015.12.08「垂れ耳と黒眼鏡のNice Couples」
2016.06.18〜19「夏草や しれものどもが 夢のあと」
2016.07.11「アナタのウチのキャラの不都合?」
2016.07.13「みみ、はな、はげ、GO!!」
2017.06.06〜07「校章M&A方程式」
2017.07.31「後付けの姉弟たち」
2017.08.03「伝統産業のゆるキャラですって? 下」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.26「大御所厳選!Countdown, 5!!」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」
2018.08.17「"gender" の問題か、"sex" の問題か」
2018.09.01「佐賀は田舎だ。しかし文教県ではなかったのか?」
2018.09.15「校章による統合新設校ペアリングの試み:3」

 

 

●八谷(はちや)早希子(北海道江別市)
cf.
2013.09.08「下ぶくれの神様」
2013.10.13「下ぶくれの神様 再び」
2014.01.24【その78】
2015.01.03「かわたん縁起ばなし:下」
2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」
2015.12.12〜20「下ぶくれなる謎の神々」
2015.12.22「★の瞳に希望の光」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2016.08.08〜10「アナタのムラの公募の不実?」
2016.08.22「ゆるキャラ(R) 再生処理装置」
2016.08.26「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute One」
2016.09.30「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute Two ⇒ 不発。」
2017.02.11「Symbols of Jinsekikogen Town」
2017.06.28「北の駅から ― その4」
2017.07.06「世界から狼が消えたなら」
2017.07.08「たまにはご当地キャラクターの運用というものを」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.09.25「みほのさとには おうまがおってさ」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」
2018.06.23〜24「公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後――」
2018.08.18「互いに切磋琢磨・・・し合わぬ関係」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」
2019.02.24「環境保全とリサイクル🔃の話:その1」
2019.06.23「犬と熊のどちらが医師にはふさわしいか」

 

 

●濱口温男(はるお)/浜口温男(高知市)
cf.
2014.11.10「丸ブー🌀艶競べ♥ [5]」
2016.01.29〜31「🌷花めかしたりや、✨きらめかしたりや」
2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.05「ガイダー十字架遺産指定の件:第2回」
2019.01.13「大規模広域的田舎公募の話」
2019.10.26「似て非なる、的な;ジオ vs エコ あるいは Geo vs Bio:上」

 

 

●彦根 正(ただし)(東京都町田市)
cf.
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05〜07「丸ブー🌀艶競べ♥ [8b]〜[8c]」
2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」
2016.01.28「丸ブー🌀艶競べ♥ [14b]」
2016.03.13「丸ブー🌀艶競べ♥ [15]」
2017.05.22「「公募ガイド」の大罪;実証1」
2017.06.09「その公募の投票1位は正に盗作ではないのか」
2017.08.20「丸ブー🌀艶競べ♥ [47]」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.11.01〜02「顔入りマークと丸ブーの時代」
2017.12.13「丸ブー🌀艶競べ♥ [61]」
2018.04.14〜18「通り過ぎる風がアナタの若さを奪い去る」
2018.07.14「忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは」
2019.11.16「校章と校歌に刻まれるもの」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(こや〜たる)

(承前)

 

●小山朝子(こやま ともこ)/柿沼朝子(群馬県太田市)
(註9)
「小山」はペンネームであるとしたものがある。

 

cf.
2013.05.25〜26「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。」
2015.01.12「無明の闇(その2)」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.14「安楽椅子ハンターが追い詰める:後編」
2016.11.12「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第七声」
2016.11.26「・・・うす紅の花びら こぼれた:3番」
2016.12.31「「く〜みん」に関する誤り等について」

 

 

●佐藤弘子(千葉県茂原市)
cf.
2016.03.31「4年次進級検定【正解&解説編:2】」
2016.04.01「この期に及んで新たな問題; so sweet, so bitter」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.12「ふじみん・うさみん因縁譚 (and more!)」

 

 

●信貴(しぎ)正明・美和(みわ)(新潟県燕市)
cf.
2013.12.27「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪二≫」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05「丸ブー🌀艶競べ♥ [8b]」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2016.10.11「Proud & Happy Geopark Stories」
2017.03.20・09.03・10.07「丸ブー🌀艶競べ♥ [32]・[48]・[54] 後段」
2017.11.11〜16「ガイダー縁起絵巻」
2017.12.17「丸ブー🌀艶競べ♥ [64]」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」
2018.10.26「月曜から・・・いつまで夜ふかし?;その2」
2018.10.28「月曜から・・・日曜まで夜ふかし」
2019.04.27「やむにやまれぬやらにゃん?やるでば! その1」

 

 

●重田 修・律子(のりこ)(神奈川県川崎市宮前区)
(註10)
修は長野県出身。年齢から見て夫婦関係にあると考えられる。

 

cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一ノ一≫」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.01.31「🌷花めかしたりや、✨きらめかしたりや:ロゴマークの帖」
2016.07.05「きょうのわだい」
2017.05.17「丸ブー🌀艶競べ♥ [39]」
2017.09.24「みほどこさ いばらきさ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.10.28「丸ブー🌀艶競べ♥ [57]」
017.11.26「重き霧の晴れて後」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」

 

 

●清水浩美(大阪市阿倍野区)
cf.
2012.12.23〜24「その水は本当に清く澄んでいるのか」
2012.12.26【その16】
2013.07.02【その40】
2014.05.05「最強の悪夢、増殖拡大(十六茶 2014)忘れ物」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」

 

 

●神保(じんぼ)米雄(千葉県松戸市)
cf.
2014.06.05「公募ガイダーのモチベーション:5」
2014.07.02「偶然か蓋然か 神のみぞ知る」
2017.10.10「丸ブー🌀艶競べ♥ [55]」

 

 

●須賀裕明(東京都千代田区)
cf.
2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」
2014.02.12「行け!補整の向こう側へ」
2015.05.24「灼けるような戯れの後に」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」

 

 

●高柳順子(静岡県三島市)
(註11)
静岡県裾野市出身。本業は外食チェーン運営会社に勤務し宣伝企画を担当。

 

cf.
2013.02.18〜22「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける」
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2014.03.21「新しい才能も」
2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」
2015.04.11「知立乱立杜若」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2016.10.24「愛称問題、奥深し」
2016.10.25「愛称ならで、課題は渦高く山積み」
2017.12.30「大御所厳選!Countdown, 1!!」
2018.05.20「闇を払う若者たちとの対話:Session B」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」
2019.03.29【その223】
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」
2019.05.06【無明の闇 その29】
2019.07.01「双子の娘たち?」
2019.07.02「余は如何にして盛り満載となりし乎:其の壱」
2019.07.21「うかる!もうかる!公募の極意 ― 後編」
2019.08.03「キャラクターからの回帰?」

 

 

●立志(たてし)哲洋(東京都江東区)
(註12)
熊本県牛深市(現 天草市牛深町)出身。

 

cf.
2013.11.19〜20「志とは裏腹に」
2014.09.13「酒と魚と女とハイヤ」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.05.05「丸ブー🌀艶競べ♥ [6]」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.05.10「記憶のミンチからの復活再生」
2017.06.06「校章M&A方程式:第1式」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.08.13「丸ブー🌀艶競べ♥ [44]」
2017.08.20〜09.03「丸ブー🌀艶競べ♥ [47]〜[48]」
2017.09.27〜29「丸ブー🌀艶競べ♥ [51]〜[52]」
2017.12.20「大御所厳選!Countdown, 9!!」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.09.23「Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...」

 

 

●田中博士(愛知県豊橋市)
(註13)
平成大合併に伴う自治体章公募において、杜多利夫&利香、工藤和久とともに最多レベルの採用数を誇った。現在公募への応募は行っていない模様。

 

cf.
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.07.05「丸ブー🌀艶競べ♥ [8b]」
2017.01.11〜26「大御所の罪」
2017.01.18〜20「丸ブー🌀艶競べ♥ [26]〜[27]」
2017.02.08「丸ブー🌀艶競べ♥ [30]」
2017.02.15〜16「天からの恵みの重さ」
2017.10.28「丸ブー🌀艶競べ♥ [57]」

 

 

●垂水秀行(香川県丸亀市)
(註14)
元電子工学系エンジニア。2011年にグラフィックデザイナーに転身。

 

cf.
2015.10.21〜31「いはばしる バイクの臀の プレートの」
2015.11.03「〆の後はドルチェ」
2015.11.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;再び」
2016.01.01〜03「遠い祭りの音と 郷土の匂いと」
2016.01.04「さわらびの もえいづる はつはるに」
2016.11.28「一生に一度の(?)デザイン」
2016.12.22「むらの紋章?」
2017.11.27「♪天国じゃなくても ♪信号はなくても」
2017.12.03「バイクをクルマに乗り換えて('_'?)」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」
2018.11.22「いろいろ健在、ご当地ナンバー」
2019.03.16「イセエビロデオ!の巻」
2019.03.17「屋島再生計画のその後」
2019.03.21「人々の暮らしと智恵」
2019.03.24「地域産業と人々の暮らし」
2019.09.28「令和の夜明けぜよ」
2019.09.29「令和の日暮れじゃん」
2020.02.29「ババンバ バンバンバン!はぁビバノンノン」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(くと〜こま)

(承前)

 

●工藤和久・元市(もといち)・ハツネ(青森県弘前市)
(註7)
家業のリンゴ農家を手伝いながらの公募活動。「総合芸術家」を名乗る和久が息子、元市がその父親、ハツネが母親と考えられる。工藤仁美(青森県)との関係・続柄は不詳。表彰式においては津軽刺し子のちゃんちゃんこにオレンジ色のネクタイを多く着用。

 

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.06.02〜08「Family... Business??」
2013.07.03「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上」
2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」
2013.11.05【その63】
2014.01.21〜23「総合芸術家の作り方」
2015.01.20「Free Lancerの栄光と残照 のおまけ」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.23「十年に一度の逢瀬:7」
2015.06.07「深く果てしなくあなたを知りたい」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.07.03〜05「丸ブー🌀艶競べ♥ [8a]〜[8b]」
2015.12.17〜19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 5〜6」
2016.01.25〜28「丸ブー🌀艶競べ♥ [13]〜[14]」
2016.02.03「画像なんかはなくっても」
2016.02.05「画像見たならなおも仰天」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.06.01「丸ブー🌀艶競べ♥ [17b]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.17「丸ブー🌀艶競べ♥ [24]」
2016.12.02「十年の執念:上」
2017.01.13・02.09・03.31「丸ブー🌀艶競べ♥ [25]・[31]・[35]」
2017.05.04〜05「ガイダー十字架遺産指定の件:第1〜2回」
2017.05.15〜19「丸ブー🌀艶競べ♥ [38]〜[40]」
2017.05.24「Hのし過ぎは教育上よくないざーます!!」
2017.08.07「淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:南の帖」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.19〜20「みさとの夢の その果ての:2〜3」
2017.11.04「墜ちていく翼」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.01〜02「丸ブー🌀艶競べ♥[59]」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「公募の畔、百年河清を待ちながら」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」
2018.08.12「もう一つのLove & Peace」
2018.09.01「佐賀は田舎だ。しかし文教県ではなかったのか?」
2018.09.22「校章による統合新設校ペアリングの試み:6」
2018.10.14「翼のかなしみ」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2019.01.02「正月から、ちょっとしたホラー。」
2019.01.05「みほとけの生まれ変わりとなむ 語り伝へたるとや」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」
2019.03.24「地域産業と人々の暮らし」
2019.07.20〜21「うかる!もうかる!公募の極意」
2019.07.27「ゆるキャラ伝授手習鑑」2019.10.13「その目が怖い」

 

 

●小池友基(ゆうき)(群馬県高崎市)
cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一≫」
2014.10.14「新旧校章🌀艶姿♥」
2014.11.04「有友自高崎来不亦楽乎」
2015.05.16「十年に一度の逢瀬:12」
2016.12.02〜04「十年の執念」
2016.12.11「やっちゃば生まれの双子ロゴ」
2016.12.12「趣向を凝らして双子ロゴ」
2016.12.16「類似は友を呼ぶ?」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.19「丸ブー🌀艶競べ♥ [40]」
2017.10.07「丸ブー🌀艶競べ♥ [54] 後段」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」
2018.08.18「互いに切磋琢磨・・・し合わぬ関係」
2018.09.16「校章による統合新設校ペアリングの試み:4」

 

 

●小柴雅樹(兵庫県宍粟市/しそうし)
cf.
2013.11.06〜08「宍栗?穴栗?穴粟?宍粟!」
2014.04.22「最強の悪夢、増殖拡大 PART 7」
2015.05.20「百年に一度の邂逅:B」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.06.25〜29「青空に燕が おどって・・・」
2017.01.03「空を飛ぶ者、海を跳ぶもの」
2017.03.20〜29「丸ブー🌀艶競べ♥ [32]〜[33]」
2017.06.02「まことの姿はどこに?の巻」
2017.06.03「屹立、礼、着用!の巻」
2017.11.16「ガイダー縁起絵巻:残闕」
2017.12.29「大御所厳選!Countdown, 2!!」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2018.12.11「荻窪と足立と知床と佐賀の接点」

 

 

●駒井 瞭(りょう)(大阪府東大阪市)
(註8)
キャラクター・シンボル・ロゴに加え、作詞・スローガン・キャッチコピーの公募仕事も手がける。

 

cf.
2013.01.31「校歌自ずと似るとは聞きしかど − 第一試合」
2013.02.03「咲いた桜になぜ駒つなぐ」
2013.02.04「駒が勇めば花が散る」
2013.02.05「瓢箪から駒」
2013.11.01「今様竹取物語:上の巻」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.23「光輝く夢と未来へ:2」
2014.01.16「マルチな才能の行く末」
2014.04.11「配達されない三通の手紙:二通目」
2014.09.27「それって許されるの?:Recycle 0」
2014.10.01〜05「配達されない三通の手紙:四通目」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.15「なんとなく、リサイクル」
2015.04.17「限りなく闇黒に近いブルー」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.09.01「福島県大型観光キャンペーンのこと」
2015.09.07「☀✨朝陽のうた、🌃✨夢のうた」
2015.11.28「実は悲劇ではなく喜劇、ドタバタ調の」
2016.05.12〜13「アナタのマチのUDってなぁに?」
2016.05.14「21世紀をリードする?翁神 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.15〜16「繰り返す 繰り返す さざなみのように 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.17「波の来ぬ間に潮干狩り 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.24「問題の本質は何処に・・・」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.07.09〜10「アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup」
2016.10.23「デザイン文化に対する暴挙を許すな」
2017.03.22「桜の起源は桔梗?の怪」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「丸ブー🌀艶競べ♥ [65]」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2018.02.20〜22「未来へと噴き出す血潮」
2018.07.15「ものやなぞると 人の問ふまで」
2018.10.22「校章による統合新設校ペアリングの試み:10」
2019.03.12「京風テンプレ、もひとつどうどす?」
2019.09.24「誰か老いより逃れざる —— Reprise」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(いち〜くさ)

(承前)

 

●市原麻奈美(東京都町田市/稲城市)
cf.
2013.05.23「直立不動で御神楽舞える?」
2013.06.09「『@niftyよりご連絡いたします』」
2013.06.17「『@niftyよりご連絡いたします』Part 2」
2016.05.08「ミンチになるまで斬り刻め!」
2016.07.03「まちのうわさ」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」
2018.12.04「十文字家の一族:後段 ―― 萬古不変の謎」

 

 

●海山 幸(さち)/増田繭美(宮城県仙台市)
(註3)
海山名義はペンネームであることが明らかにされている。

 

cf.
2015.02.03「PNまつり 第10弾」
2015.06.30「キャラに幸あれ」
2015.06.28「とんぼのめがねは色眼鏡」
2015.07.27「Super Trooper, Templa Trooper」
2015.07.29「プロヴァンスの海と陸と山と空の幸」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.09〜10「栗の実 Goin' Nuts!」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」
2019.08.18「浦島再生伝説」

 

 

●梅村元彦・登美子・貴子(愛知県春日井市)
cf.
2015.03.27〜29「十年に一度の逢瀬:1〜2」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.21「十年に一度の逢瀬:6」
2016.07.05「きょうのわだい」
2016.12.17「友は類似を招ぶ。」
2016.12.28「ふにゃふにゃのおうさま」
2016.12.29「おうさまのなやみごと」
2016.12.30「みごとなふにゃふにゃ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.07.01「其の村は戦後の平和と共に在り」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の壱」
2019.09.21「誰か老いより逃れざる」
2019.09.22~23「年輪を重ねるということ」
2019.10.26「似て非なる、的な;ジオ vs エコ あるいは Geo vs Bio:上」
2020.03.01~08「ふにゃふにゃの王様リターンズ」
2020.03.14「ふにゃふにゃの王様リターンズのリターンズ

 

●尾浦孝夫(神奈川県横浜市栄区)
(註4)
香川県高松市(現)出身。元電機メーカーデザイナー。

 

cf.
2013.10.18〜19「I am the Alpha and the Omega」
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.12.09〜11「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1〜2」
2017.11.22「丸ブー🌀艶競べ♥ [58]」
2017.11.25「幾久しく御栄えあれ」

 

 

●奥野和夫(神奈川県横須賀市)
cf.
2015.05.28「甘いくちづけを交わそう」
2015.05.30「夜が全て忘れさせる前に」
2015.06.07「深く果てしなくあなたを知りたい」
2017.04.09「マスコミの罪:下」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.09.15・17・22「校章による統合新設校ペアリングの試み:3・5・6」
2018.09.24「制作と補作の差異;選考における融合のご参考」
2018.10.13・20・21・22・12.12・13「校章による統合新設校ペアリングの試み:7・8・9・10・11・12」
2018.11.10・11・17・18・25「校章エキスパートの来歴:1・2・3・4・5」
2018.12.18・19・26「校章による統合新設校ペアリングの試み:13・14・15」
2019.11.09「校章と校歌の修羅 上」

 

 

●柿沼朝子 → 小山(こやま)朝子

 

 

●金津(かなづ) 博(新潟県上越市)
(註5)
本業は看板業。

 

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.08.26【その50】
2014.02.13「白昼堂々、Evil Under the Sun: 1st」
2015.03.09「最強の悪夢の名残り:分析5」
2015.08.12〜16「丸ブー🌀艶競べ♥ [9]」
2016.03.29「4年次進級検定【正解&解説編:1】」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.13〜14「安楽椅子ハンターが追い詰める」
2017.03.01「幕間狂言ノ一:春のわかれ」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.24「Tall, Dark & Salty」
2017.12.28「大御所厳選!Countdown, 3!!」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」
2019.10.12「再び隠居して再び諸国漫遊!?」

 

 

●萱野光俊(熊本市北区)
(註6)
本名は栄吉。

 

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2014.10.16「丸ブー🌀艶競べ♥ [2a]」
2014.11.02「丸ブー🌀艶競べ♥ [4]」
2016.07.15〜19「公募ガイダーはS字固めがお好き?再び」
2016.07.17「老ガイダーが怠った配慮」
2016.07.23「丸ブー🌀艶競べ♥ [20]」
2016.07.31「丸ブー🌀艶競べ♥ [21] のおまけ」
2016.08.18「Eかナ、と思ったら🌀」
2017.01.22「大御所の罪:その3」

 

 

●北野公一(和歌山県田辺市)
cf.
2014.10.12「丸ブー🌀艶競べ♥ [1]」
2016.02.09〜17「“サルでも採用されるtechnique”の嘘」
2017.01.13「丸ブー🌀艶競べ♥ [25]」
2017.04.02「破れかぶれの名前かぶりに」
2017.08.19〜20「丸ブー🌀艶競べ♥ [46〜47]」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.09.23「Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...」
2018.10.13「校章による統合新設校ペアリングの試み:7」

 

 

●草野敬一(長崎市)
cf.
2013.08.08「誰も彼も踊る官兵衛」
2014.05.16「様々なる意匠? 中」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.10.17「お花のchapeauの妖精たち」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」
2019.02.02「矢切渡、誰がものぞ:前編」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(あす〜いせ)

-----
(2012.12.10【その13】)
キャラクター公募界が一握りの大御所の先生方に牛耳られていることも知りました。下の名前が違ってたりするのもよくあること。
-----

 

そのことにて候。

 

いつの間にかもう8年近く超ちんたらチンタラ書いてきて、やはり特定の名前にぶつかることはとても多い。「一族」を形成していたり、住所が変わったり戻ったり😏と、かなり知見も得ましたので、ちょっくらアップデート。五十音順です。
別に、このリストに載っけた大御所陣を全て斬りまくろうなんて考えちゃいません。けど、行き当たっちゃうんですよね、調べているとどうしても。それをつなげていくとびっくりするような事実が見えてくる、そんなこともままあるもので。(今後も随時書き足してまいります)
リンクは敢えて貼りません、てか貼れません、だってただのガラ系携帯blogだもん(滝汗)。(註:2019年10月、遂にスマホにしちゃいました・・・)

 

 

●東(あずま) 信慶(福岡市博多区/福岡県北九州市小倉北区)
cf.
2014.05.26〜06.12「公募ガイダーのモチベーション」
2015.03.29「十年に一度の逢瀬:2」
2015.07.03「丸ブー🌀艶競べ♥ [8a]」
2015.09.14「ゆるキャラとは何の謂ぞ:2」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.19「水は高きより低きに流れる、とかや」
2016.05.20「公募ガイダーの甘えと傲り:承」
2016.11.14「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第八声」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.13「丸ブー🌀艶競べ♥ [44]」

 

 

●天野穂積(静岡市)
cf.
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2018.12.08「特徴ある学園、「特徴のない」キャラ」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2019.02.02「矢切渡、誰がものぞ:前編」
2019.02.19「Phoenix vs Serpents」

 

 

●井口やすひさ/靖久・千鶴子(東京都文京区/群馬県高崎市)
(註1)
夫婦関係にある。やすひさは静岡県浜松市出身。2010年に東京から群馬に転居。

 

cf.
2013.07.03〜04「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可)」
2013.12.02「ああ、お手上げ✋😖😖✋〔おまけ〕」
2015.01.14〜18「Free Lancerの栄光と残照」
2015.05.18「百年に一度の邂逅:A」
2015.10.07〜09「One of Those "類似" Preventive Measures?」
2015.12.01「丸ブー🌀艶競べ♥ [10]」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.05「Glorious Days, Afterglow」
2016.01.06「Even After the Afterglow: 1〜2」
2016.01.07「妻を娶らば才長けて 毒を食らわば皿までも」
2016.01.28「丸ブー🌀艶競べ♥ [14]:続編」
2016.03.07【その157】
2016.05.19〜22「公募ガイダーの甘えと傲り」
2016.05.30〜06.01「丸ブー🌀艶競べ♥ [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2016.09.04「頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.20「ツルりんはご機嫌ななめ」
2017.01.22「大御所の罪:その3」
2017.02.08「丸ブー🌀艶競べ♥ [30]」
2017.02.18「変わるはずのないものもいつしか・・・?」
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.11「公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠」
2017.04.13〜15「丸ブー🌀艶競べ♥ [36]」
2017.05.21〜23「「公募ガイド」の大罪」
2017.06.07「校章M&A方程式:第2式」
2017.08.01「双子たちの見た夢」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.18「みさとの夢の その果ての:1」
2017.11.23「能書きも筆書きもテンプレ」
2017.11.24「Dual Oval, Double-Crossers」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」
2017.12.16「丸ブー🌀艶競べ♥ [63]」
2017.12.22「大御所厳選!Countdown, 7!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2018.07.20「Even After the Afterglow: 3」
2018.08.13「おどま紋切り もーんきり 盆から先ゃ いちゅんどー」
2018.08.14「おどま勧進 かーんじん あん人たちゃ よか衆」
2018.09.02・08・16「校章による統合新設校ペアリングの試み:1・2・4」
2018.10.26「月曜から・・・いつまで夜ふかし?;その2」
2018.10.28「月曜から・・・日曜まで夜ふかし」
2019.11.17「不確実性、5%未満」
2019.11.23「いびつな冠、もしくはトマトのヘタ」

 

 

●池田克也(埼玉県狭山市)
cf.
2013.07.16「Spellbinder in Sayama, Saitama」
2015.10.13〜15「Enter the Spellbinder, Scene 2〜3」
2015.11.07「男性性・女性性・父性性・母性性」
2016.04.08「Spellbinderの隠し球?」
2017.02.16「天からの恵みの重さ ― 第弐陣」
2017.07.27「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:結」
2018.10.01「有難き哉、故き御寺の七五三の塔押し戴きたる」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の壱」

 

 

●居関孝男(京都市)
(註2)福井県出身。「井関」と表記された例がある。

 

cf.
2014.10.03「配達されない三通の手紙:四通目 第二葉」
2014.11.28【その120】
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2016.11.06「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第五声」
2017.08.22「Derivative Four」
2017.08.23「珍説弓張板/Lunatic Bow」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.04.29「田舎公募は伝染るんです。」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.11.08「「ご当地ナンバー」なるものについて:5」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2019.10.27「似て非なる、的な;ジオ vs エコ あるいは Geo vs Bio:下」
2019.11.02~03「「公募」の名に値しないとはどういう場合か」
2019.11.09「校章と校歌の修羅 上」

 

(続く)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想