« ネット上の犯罪行為 (iii) | トップページ | 【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその2 »

2020年10月24日 (土)

【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその1

cf.
2020.08.29「デザインと再パロディの関係/手抜きと直感の境界」

 

(2020.08.29 河北新報)
20200829kahokushimpolarge

 

(2020.08.29 FNN)
20200829fnn

 

夏に書いたこの落書きの件、下手人が捕まったそうです。

 

-----
(2020.10.05 21:28 時事通信)

 

東日本大震災で被災した店が集まって2017年にオープンした宮城県南三陸町の「南三陸さんさん商店街」で8月、新型コロナウイルスを連想させるような落書きをしたとして、県警南三陸署は5日、建造物損壊と器物損壊容疑で、会社員阿部大和容疑者(29)=同県登米市中田町=を逮捕した。容疑を認め、「ただのイタズラです」と話しているという。
逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、同商店街の公衆トイレや店の壁、看板など計9カ所に黒色塗料で「COVID19」などと落書きした疑い。
同商店街は震災後の12年に仮設店舗でオープン。17年にかさ上げした現在の場所に移り、復興の象徴的存在となっている。
-----

 

あらあら、今度はアラサーのリーマンかよ(´ヘ`;)=3。
因みに刑法上、「損壊」とは切ったり叩いたり燃やしたりして物理的にこわす(破壊する、破損する)ことに限られない。確か、刑法の教科書には飲食店の食器に小便をかける行為が載ってたような。

 

しかし「新型コロナウイルスを連想させるような落書き」というのはどういう書き方なんだ(苦)。ツルのお下劣な品性では「女性器を連想させるような落書き」なんていうのを「連想」しちゃったじゃないか。画像がなかったらモヤモヤ感だけが残るだろう。

 

-----
(2020.10.05 21:32 共同通信 抜粋)

 

〔前略〕

 

逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、商店街内の共用トイレの壁や食事スペースの柱など9カ所にCOVID19などと黒いスプレーのようなもので落書きした疑い。署によると、損害額は約15万円。「いたずらでやった」と容疑を認めている。
商店街の防犯カメラに阿部容疑者に似た男が写っており、浮上した。
-----

 

「ただのイタズラです」と書くのと「いたずらでやった」と書くのとでは、受ける印象が随分違ってくるなあ、この場合(笑)。

 

しかしよく見つけられましたねえ!いくら防犯カメラが作動していたといってもだよ。商店街のシャッターにスプレーで落書きするのなんか普通に見かけるでしょ。ああいうのってたいてい犯人捕まってないんじゃないかと思ってたんだけど、どうなんでせう。前があったんかね。

 

毎日新聞はここでも毎日は非顕名としている。

 

-----
(2020.10.05 23:34 毎日新聞)

 

東日本大震災で被災した商店が集まる宮城県南三陸町の「南三陸さんさん商店街」で8月、新型コロナウイルスを連想させる落書きが見つかった事件で、県警南三陸署は5日、建造物損壊と器物損壊の疑いで同県登米市に住む会社員の男(29)を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は8月28日午前0時ごろ、同商店街のトイレの壁やフードコートの柱など複数箇所に、黒いスプレーで落書きをしたとしている。
新型コロナを意味する「COVID-19」の文字や、ウイルスとみられるイラストなどが計9カ所に書かれていたが、同商店街の関係者から新型コロナへの感染は確認されていない。【藤田 花】
-----

 

そして翌日昼になると、地元テレビ局の報道では「送検」が加わる。

 

-----
(2020.10.06 12:08 KHB東日本放送(テレビ朝日系列) 抜粋)

 

宮城県の南三陸さんさん商店街で、新型コロナウイルスに関する落書きをしたとして、登米市の29歳の男が逮捕・送検されました。建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕・送検されたのは、登米市中田町石森の会社員、阿部大和容疑者(29)です。

 

〔後略〕
-----

 

-----
(2020.10.06 20:33 OX仙台放送(フジテレビ系列) 抜粋)

 

今年8月、宮城県南三陸町の復興商店街で、「新型コロナウイルスに関連した落書き」をした疑いで、登米市に住む29歳の男が逮捕・送検されました。
建造物損壊などの疑いで逮捕・送検されたのは、登米市中田町石森の会社員・阿部大和容疑者(29)です。
警察によりますと、阿部容疑者は今年8月、南三陸さんさん商店街の柱やテーブルなど9カ所に、新型コロナウイルスの国際的な名称などを落書きした疑いがもたれています。

 

〔後略〕
-----

 

「新型コロナウイルスの国際的な名称」っちゅうのは、「COVID-19」という単語を使わない決まりごとでもあったんでしょうかね。しかしいつかは「新型」ではなくなるのよ。

 

これら2つの地元テレビ局だけが、「登米市中田町石森」という詳細な地名まで出している。と言ってもピンと来る人はあまりいないだろうが、ルビを振れば「とめし なかだちょう いしのもり」で、つまり漫画家の石森章太郎 改め 石ノ森章太郎(1938.01.25~1998.01.28:本名 小野寺章太郎)の生地です。

登米市は南三陸町の西(つまり内陸側)に接していて、軽く調べてみると、登米市中田町石森(← 旧 登米郡中田町石森 ← 旧旧 登米郡石森町)は本吉郡南三陸町志津川(← 旧 本吉郡志津川町)の南三陸さんさん商店街までは20kmほど離れている。真夜中に車でわざわざ出張ったんですねえ。8月28日の午前0時頃ということは27日(木)の深夜ということだから、ハナモクに夜更かししたんやね。

 

小人閑居して不善を為す

 

(続く)

« ネット上の犯罪行為 (iii) | トップページ | 【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその2 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネット上の犯罪行為 (iii) | トップページ | 【顚末編】表現と犯罪の境界(南三陸さんさん商店街落書きのその後)のその2 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想