« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その32:しすたん・しすりん) | トップページ | 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:五本目(にっこりーな) »

2020年11月23日 (月)

【加筆編】Who wants a cheap Rhinoceros?(いんザイ君・さかサイ君)

(承前)

 

Kusanoshisuichanfinal

 

-----
制定側/行政/役場が「隣町のあんなキャラクター/ロゴマークがウチも欲しい」だけで走ってしまうことにも関係しているでしょう。
-----

 

2012年の酒々井町キャラ公募は、その北西に隣接する自治体で前年に行われたこの公募↓を強く意識していたろうと思う。募集の期間や方法、選考プロセス、賞の構成などがほとんど同じだからです。

 

千葉県印西市
マスコットキャラクター
いんザイ君
小林あゆみ(印西市:34歳:主婦)
Kobayashiayumiinzaikun

 

震災後の2011年6月に募集告知され、同年末に表彰式が行われている。
無論、印旛沼の西、である。
が。

 

-----
(2011.12.14 千葉日報 抜粋)

 

〔前略〕

 

「いんザイ君」は、市名の[頭文字]を刻んだ[印鑑]を手にしたかわいらしい[サイ]をイメージ。しっぽの先端は市の花[コスモス]で、体の色も花色のピンクが中心となっている。
-----

 

(優秀賞)
ぬまっち
清水 修(千葉県船橋市)
いんざい門
石井朋子(千葉県成田市)

 

(ユニーク賞)
大なまずくん
中山 俊(千葉県成田市)

 

ぶっちゃけ、全国区での印旛沼のイメージは決してよくはない。長いこと「水質が悪い、汚い」という汚名を着せられ続けているこの沼(現在でも COD/Chemical Oxygen Demand は全国湖沼中ワースト1か2という惨状である)、ないしはそれにゆかりのアイテムを盛ったキャラを軽々しく採用するわけにはいかなかったというのが、並のご当地とは違う特徴だと思う。斯くしてハンコ絵キャラにしてハンコキャラの登場となった(*_*)。それがご当地の戦略だったということか。

因みに、サイの角はかつて漢方で「犀角」として涼血解熱目的で処方されたが(サイ激減の理由の一つである)、印材として利用されることはなかった(^^;)。現在はむろんワシントン条約で貿易取引禁止です。

 

しかしねえ。新政権のデジタル庁だのデジタル省だのの関係で、印鑑というモノが無用の長物の烙印を捺され、このいんザイ君もこれから辛酸を舐めるんでしょうなあ。いや、むしろ珍重されるのかな?(ツルが身を置くカブヌシソウカイ業界も、このところやれ議決権行使の電子化促進だの、やれ総会提供書類の電子化法制化だの、やれバーチャル総会の検討だの、ほんに五月蝿いことでありんす。この流れに棹さすのが新型コロナウイルス禍であったり、先日取り上げた三井住友信託銀行ほかの「不適切な」議決権行使集計問題であったりすることは間違いないと思う。)

 

サイをモチーフにしたご当地キャラクターというのも珍しいと思うけど(そりゃ、兵庫県の加西市とか愛知県の旧 尾西市とか、東京メトロ東西線の葛西駅とか京都市の西院駅(阪急京都線は「さいいん」、京福嵐山線は「さい」)とか同じく京都市の洛西ニュータウンとか、いっそ埼玉県とか、あるいはどこぞの地裁とか家裁とかにあるかもしれんがね)、パッと思いつくのはこれぐらい。

 

千葉県柏市
逆井商店会
キャラクター
さかサイ君
Sakasaikun Sakasaikun2

 

Wikipediaには2006年3月登場と出ているけれども、同商店会サイトによれば、この年の7月の中元セールの時に地名に因んで[サイ]の着ぐるみをレンタルしてきたのが始まり。同年の歳末セールの後には着ぐるみを買い取りww、デザインイラストを作成したのは2007年4月ということなので、ゆるキャラブームの中で作られていった多数のキャラクター(いんザイ君を含め!)とは成立過程がだいぶ異なるようです。因みにあの滋賀県彦根市「ひこにゃん」がコンペにより2006年2月にデザイン決定された(cf. 2015.06.03「やけに色のない夢を見る」)のとほぼ同時期。

その後も地道に活動を続け、2010年6月には地域キャラクターとして市長の公認を得て、ご当地的には「カシワニ」(cf. 2014.04.05「最強の悪夢、増殖拡大 PART 4:東奔編」)との二枚看板になるまで育った由。2012年の正月には嫁キャラ(「さかサイちゃん(仮称)」→「あいサイちゃん」)が登場し(+_+)、7月にはデザインリニューアル(by はためぐみ:イラストレーター)をかけたそうだけど、詳細は不明です。さらに、2014年1月からは柏市消防局の災害ゼロ啓発キャラクターを兼ねている由、「サイ」つながりで(マジで)。手作り手探りの叩き上げキャラクターなのだろうと思える。

 

しかしここで、印西市が柏市と境界を接していることに気がついて何やらヒンヤリします。酒々井町がお手本にした(であろう)印西市は、5年も前からあるお近くのキャラとネタかぶりすることを知っててサイのモチーフを選んでたわけだ(知らなかったはずはないでしょ)。もっとも、印西市は柏市の東隣にあるので、柏市南西部の逆井・藤心(ふじごころ)両地区を商圏とする逆井商店会からはさほど近くもないんだけどね。

 

戦略上どのように考えていたのだろう。「このサイいいね、けど近郷にサイキャラいるから」とはならなかったのだろうか。地元商店街のキャラクターであるさかサイ君はむしろ「内向き」でもよくって、自治体肝煎りのいんザイ君の方が「外向き」だったろうにという気がするんですが。

 

おまけ。
さいたま市北区盆栽町には「ぼんサイくん」by あらい太朗が存在するそうな。ダブルサイです。

 

― Title Inspired by;
「おとくなサイは いかがです?」(1988.01.20)
さく・え シェル・シルヴァスタイン / やく よしかわ みちお / 篠崎書林
「めっけもののサイ」(2011.09.01)
作 シェル・シルヴァスタイン / 訳 長田(おさだ) 弘 / BL出版社 ―

 

(続く)

« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その32:しすたん・しすりん) | トップページ | 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:五本目(にっこりーな) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その32:しすたん・しすりん) | トップページ | 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:五本目(にっこりーな) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想