« 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:四本目(しすいちゃん・シュシュタン・しすぴー・しすい丸・しすい姫) | トップページ | I’ve Never Been to Me/愛はかげろうのように(34年目の宿題):2番 »

2020年11月20日 (金)

I’ve Never Been to Me/愛はかげろうのように(34年目の宿題):1番

まだ米国大統領選は完全に決着がついたとは言えないようだけど、それにこと寄せて、古い古いこの歌を斬りませう。

 

-----

I've Never Been to Me
(邦題:愛はかげろうのように)
Music: Ronald Norman Miller & Kenneth William Hirsch
Vocal: Charlene

 

Hey lady, you, lady,
cursin' at your life
You're a discontented mother
and a regimented wife

 

I've no doubt you dream about
the things you'll never do
But I wish someone had a talk to me
like I wanna talk to you

 

Ooh I've been to Georgia and California,
oh, anywhere I could run
Took the hand of a preacher man
and we made love in the sun

 

But I ran out of places and friendly faces
because I had to be free
I've been to paradise,
but I've never been to me

 

Please lady, please, lady
Don't just walk away
Cause I have this need to tell you
why I'm all alone today

 

I can see so much of me
still living in your eyes
Won't you share a part of a weary heart
that has lived a million lies

 

Oh I've been to Nice and the isle of Greece
While I sipped champagne on a yacht
I moved like Harlow in Monte Carlo
and showed 'em what I've got

 

I've been undressed by kings
and I've seen some things
That a woman ain't supposed to see
I've been to paradise,
but I've never been to me

 

(monologue)
Hey, you know what paradise is?
It's a lie.
A fantasy we create about
People and places as we'd like them to be.
But you know what truth is?
It's that little baby you're holding,
and it's that man you fought with this morning,
the same one you're going to make love with tonight.
That's truth, that's love.

 

Sometimes I've been to cryin' for unborn children
That might have made me complete
But I, I took the sweet life
and never knew I'd be bitter from the sweet
I spent my life exploring the subtle whoring
that cost too much to be free
Hey lady, I've been to paradise,
but I've never been to me

 

I've been to paradise, never been to me
(I've been to Georgia and California,
and anywhere I could run)
I've been to paradise, never been to me
(I've been to Nice and the isle of Greece
While I sipped champagne on a yacht)
I've been to paradise, never been to me…
-----

 

ツルはこの歌、大嫌いでした。魅力的なメロディだとは思うけど、歌唱が過剰にナヨナヨしてて。椎名 恵の日本語カバーも腑抜けててもっと嫌いだった。

 

Charlene版が有名ですが、調べてみるとこの歌、1979年の “Street Life” のヒットで知られる Randy Crawford の1976年のアルバムに入ったものが最初らしい。ただし、男性目線に置き換えたバージョンもあって、そちらが本当のオリジナルなのをMotownのヒットメーカー Ron Miller が書き直したという説もあり。

Charleneが出したのは1977年だけれど当時はあまり注目されず、1982年になってフロリダのラジオ番組のリクエストバトルで Olivia Newton-John のメガヒット “Physical” を負かしちゃったことから火がついて世界的なヒットとなった。その時彼女は既に芸能界から引退しており、3度目の結婚をしてイギリスに移り住みロンドンの「街角の小さな菓子屋の店員として働きながら、ごく平凡な主婦として暮らしていた」のだそうな(店員やってるんならその時点で主婦とは言えないと思うが)。Motownに呼び戻されて再デビューを果たしたものの、その後はパッとしなかったようです。

 

歌詞を読むと、Wikipediaの同曲の項に「歌詞の内容は、老境にさしかかった孤独な女性が、親を呪い己の不幸を嘆く若い女性にむけて、真実とは何かを教えている」と書かれているのが明らかな誤訳であるとわかる。「親を呪い」じゃありません。「あなたは不満だらけの母親かもしれない、夫からの束縛に辟易している妻かもしれない」と歌っているんです。
そしてもう還暦に近い(@_@)ツルに言わせりゃ、「老境にさしかかった」ではなく「もう若くはない」だと思う。その方がかえってリアルでしょう。極論すれば、語りかけている女性と語りかけられている女性とが同年代であってもいいわけで。

 

案外過激な歌詞なので驚きます。敢えて訳は載せないけど、“Harlow” はハリウッドの伝説のセックスシンボル、私生活でもスキャンダラスな話題に事欠かなかった元祖「プラチナ・ブロンド」、Jean Harlow(1911.03.03~1937.06.07;享年26!)のこと。Kim Carnesの1981年のビッグヒット “Bette Davis Eyes”(邦題:ベティ・デイビスの瞳)の歌い出しにも “Her hair is Harlow gold ...” と出てきます。

“whore” は「売春婦」の意で、“preacher” との対比が図られているはず。「淫売まがいのことまでして」といったところだろう。(インターネットには「高級娼婦の歌である」と断定したものもあるが承服しかねます。もしもそうならば、“subtle” はないでしょ。)

 

このほどYouTubeでRandy版を聴いてみて、ツルはやっとこの歌に対して納得がいきました。“Took the hand of a preacher man and we made love in the sun” なんて突拍子もないところも「並の女が見るはずもない夢も」(とツルは解釈した)というところも、パワフル姐さんRandy版で初めてリアルに迫ってきた次第。
まあ、いずれにせよ保守的な、1980年代的(いや1970年代的?)「真実の愛」像であることは間違いないと思うけれど。

 

で、ですね。
“I've been to Georgia and California” というのは、多分アメリカ人ならすぐにピンとくるものがあるだろうと思うんですわ。南東部のジョージア州は伝統的に共和党の強い保守王国の土地柄であり、1984~2016年の9回の大統領選で共和党が負けたのは1992年(クリントン vs ブッシュ(父))だけだったんだそうな。片や西部のカリフォルニア州はいうまでもなくリベラルの風吹く民主党の牙城。
そこへもってきて黒人女性シンガーの Randy Crawford が歌うとなると、このフレーズはまた別の意味合いも持つと思うんだけど。「規律も差別も厳しいジョージアだって自由奔放なカリフォルニアだって見てきたわ」な感じで。その意味では “preacher man” はジョージアの、“made love in the sun” はカリフォルニアの暗喩かもしれない。
因みにこの曲はMotown(発祥の地ミシガン州デトロイトの通称から来ている)から出ていて、このレーベルでこんな曲調で白人女性アーティストという取り合わせがまたすっっごく意外です。

 

そして、遂に探し出してまいりました、男性版。

 

-----
I've Never Been to Me
Vocal: The Temptations

 

Hey mister, hey mister, I just want a dime
'Cause I need a cup of coffee
And a moment of your time
I can see you're raisin' hell the way I used to do

 

But I wish someone had a talk to me
Like I wanna talk to you

 

Listen...

 

I've been to Georgia, California
Any place I could run
Stole a woman in Tennessee
And we made love in the sun

 

But I ran out of places with friendly faces
Because I had to be free
I've been to paradise,
but I've never been to me

 

Thank you mister, thank you kindly
Please don't walk away
'Cause I have this need to tell you
Why I'm all alone today

 

I can see so much of me
Still livin' in your eyes
Won't you share a part of an old man's heart
Just the once before he dies

 

I've been to China and Asia Minor
On any ship that could sail
Made some noise with some good old boys
And we wrecked the county jail

 

I've seen the best men crawl
and some teardrops fall
There ain't nothing I didn't see
I've been to paradise,
but I've never been to me

 

I've even been to marriage
Had children cryin'
for someone they couldn't find
Never knowin' that I was searchin'
For things I left behind

 

I thought my heart could wait
But I learned too late
Only love can make people free
I've been to paradise
But I've never been to me

 

I've been to paradise... I've been to paradise
But I've never been to me

 

I've been to Georgia, California (oh yeah)
Any place I could run (can't you see?)
Stole a woman in Tennessee
And we made love in the sun

 

But I ran out of places with friendly faces
Because I had to be free
I've been to paradise,
but I've never been to me
I've been to paradise
But I've never been to me
-----

 

あはは、ニースやギリシャが中国や小アジアになってるんだ。

 

比較すると、男性版の方は確かに「老境にさしかかった」、いやはっきりと「老境」の男の歌で、ある意味ライバルは Frank Sinatra の “My Way”、みたいな立ち位置かな。“a weary heart” ↔ “an old man's heart”、“lived a million lies” ↔ “before he dies” からしても、それぞれで想定されている主人公の年齢には差があると思う。
堅物の “preacher man” と太陽の下で愛を交わすという唐突さも、テネシー女を盗み取る話になっているので、ジョージア、カリフォルニア、そして南部のテネシーでも、てな女泣かせで家庭を顧みなかったちょい悪男の末路という文脈になるんだろう。やはり多分、男性版が先にできたもの、という気がするけどどうでしょう。

 

(続く)

« 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:四本目(しすいちゃん・シュシュタン・しすぴー・しすい丸・しすい姫) | トップページ | I’ve Never Been to Me/愛はかげろうのように(34年目の宿題):2番 »

文化Field:詩歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】草の根分けて探し出してまいりました:四本目(しすいちゃん・シュシュタン・しすぴー・しすい丸・しすい姫) | トップページ | I’ve Never Been to Me/愛はかげろうのように(34年目の宿題):2番 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想