« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その242:とよっぴー・ペタゴン) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その244:薩摩川内市女性活躍推進認定企業・山陽小野田市10周年) »

2020年12月19日 (土)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その243:青森中央短期大学将来ビジョン・渋川市まちづくり財団)

(承前)

 

今や、塩崎一族の活動の主体(と言ってもご当地公募界全般に一族の名前を目にすること自体ずいぶん減ったけれど)は、娘の福添歩美/あゆみ名義に移っているわけですが、どっこい榮一/栄一名義もまだまだまだまだテンプレの海を泳ぎ続けているんである。相変わらず丸ブー全盛です、今どき🌀。

 

青森市
学校法人 青森田中学園
青森中央短期大学
将来ビジョン ロゴマーク 塩崎榮一
Eaomorichuojuniorcollege

 

主要な事実のみ並べると;
 ・2020年8月に入賞者氏名のみ発表
 ・ビジュアルは9月の開学50周年記念式典でお披露目されたらしい
 ・採用対価 10万円
 ・応募総数 64点
てなところですかね(一部伏線)。
優秀賞は居関孝男(京都府)、佳作は工藤和久(青森県)と常連がキッチリ出揃った。

 

まず、同学の「将来ビジョン」とは何か、ということになるけれど、そこが微妙にふわふわしてて明快な説得力に欠ける。

 

-----
青森中央短期大学将来ビジョン


情熱あふれるプロフェッショナルを輩出し、ともに地域といきる大学


本学では、これからの約10年間を展望した将来ビジョンとして、時代のニーズに合わせ、建学の精神「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」を具現化する「情熱(Passion)と能力(Competency)をもって、社会の幸せの達成(Well-being)をめざす」人材、すなわち、青森を愛し、青森のために、学び得た専門性を活かす人材の育成を目指すことを掲げています。
(参考資料:青森中央短期大学の将来ビジョン2018「情熱あふれるプロフェッショナルを輩出し、ともに地域といきる大学」をめざして)
-----

 

まず違和感を持つのは、「情熱あふれるプロフェッショナルを輩出し、ともに地域といきる大学」というフレーズと、「情熱(Passion)と能力(Competency)をもって、社会の幸せの達成(Well-being)をめざす」というフレーズの両建てとしていること。抽象度がほぼ同程度に高いため、ややもするとどっちが「将来ビジョン」本体なのかわからなくなる。
さらに、「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」(「真実あれ」は「まことあれ」と読むものとされている)のフレーズまで含めれば3層構造である。その各層の関係性が、わかったようでよくわからない。

 

もっと大きな問題は、地方の小規模大学にとって極めて重要な課題であるはずの「地域性/Locality」の部分が、「将来ビジョン」にも表されていながら、英語のキーワードではどこにも入っていないこと。「地域といきる」「青森を愛し、青森のために」という点がどこかへ飛んでいってしまっている。
それをそのまま、ロゴマークに仕立ててもねえ。

 

-----
採択されたロゴマークは、キーワードである「情熱(Passion)」、「能力(Competency)」「社会の幸せの達成(Well-being)」の頭文字「PCW」をベースに、日々成長する本学学生の姿をイメージしてデザインされました。また、カラーに使われている[オレンジ]は情熱、[グリーン]は青森の雄大な自然、[ブルー]は成長・飛躍、[レッド]は将来ビジョンを実現する強い決意を表しています。
-----

 

こんなことだから、「P」と「C」と「W」じゃなくって、「情熱あふれるプロフェッショナルを輩出し、ともに地域といきる大学」からして「P」と「P」と「L」をビジュアル化した方がよかったんじゃないのかねって感じもしてくる。
一方、同学の学章には「建学の精神」に由来する "LOVE" "WISDOM" "TRUTH" の3つの英単語が入っている(画像省略)。だったら「L」と「W」と「T」だろう。結局、適当なアルファベットを用いて丸ブー化して、[色使い御託]を並べ立てただけ。

 

そもそも、です。"Passion" "Competency" "Well-being" の3語を並列しても、英米人は怪訝な顔をするだろうね。前二者が "Our" つまり自己あるいは個人の話であるのに対し、後一者は "Society" つまり他者あるいは全体の話である(ことがわかりにくい)からです。"Our well-being" じゃないでしょ。
"Passion" が "LOVE" に、 "Competency" が "WISDOM" に、"Well-being" が "TRUTH" に対応しているのだろうとは推測できるけど、英語のロジックとしてちょっと無理があると思う。よしんば、個人のあり方から社会のあり方へと一貫した流れを表しているのだと説明できるとしても、だったらだったでそのように外部にもスパッと明確にわかるような工夫がなきゃね。

見方を変えれば、"Competency" なる新奇な流行り英語("Ability" や "Capability" ではなく)を使おうとしたためにそこら辺にシワ寄せが来たのではないか。ついでに言えば、この場合では "Competency" と "Competence" のどちらがより適切か、なんてところまで考えたくなる。そういう、いささかクセのある難物の言葉です。はー。

 

つまりね。どこまで突っ込んでいっても、「何か」に近づいている感じがまるでしないんですよね。だから胸に響かない。

 

上記とほぼ同時期に一族の別名義で発表されたのが、この丸ブーである。

 

群馬県渋川市
公益財団法人 渋川市まちづくり財団
財団シンボルマーク
福添歩美
Afshibukawacityfoundation

 

いやはや・・・。もっとスゲー( ´艸`)。

 

こちらは;
 ・2020年4月に一般財団法人 渋川市公共施設管理公社が改組して発足したばかり
 ・2020年10月に発表
 ・採用対価 5万円
 ・応募総数 308点
てなことになる。
対価は先ほどの例の半分なのに、応募は5倍近かったというのは一体何なんでしょう(笑)。青森中央短期大学は公募ガイド誌とか利用しなかったんでしょうかね(爆)。学生に参加させたりもしなかったのかしら。

 

-----
「公益財団法人渋川市まちづくり財団」は、渋川市における芸術文化教養事業、スポーツ・健康増進事業、市民の余暇活動に供する事業、児童に健全な遊び場を供する遊園地事業、及び地域活性化・観光振興を通してまちづくり事業をその拠点となる公共施設を中心に行うとともに、施設の効率的、効果的な管理運営により市民サービスの向上を図り、もって地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的に令和2年4月1日に発足しました。
-----

 

と説明されている。「遊園地事業」というのが目を惹きますが、これは1998年3月開業の「渋川スカイランドパーク」を指していると思われます。この財団は渋川市による指定管理者になっている(理事長は市長の高木 勉)。冬場の11月~2月はなんと入園無料になるそうッスから、伊香保温泉のお帰りにでもどうぞ。

 

-----
(2020.10.19 市長のフォトレポート)

 

〔前略〕
渋川市まちづくり財団頭文字[S]と、地域の子どもたちの健全な日々の活動がモチーフになっているそうです。素晴らしいデザインで、長く愛されるシンボルマークになりそうですね。
-----

 

は?S??これが?どこが?横浜市でも山口県でもどこでもよかったんじゃねえのとか思っちゃう。あるいは「渋川市スポーツ少年少女団」だったらまだよかったかもねww。

 

どちらにしても、ゆるキャラ全盛だった2010年代前半とか、平成大合併に伴う「丸にブーメラン」自治体章が一気にピークに達した2005年前後とか、そんな時代の話じゃないんですよ。前途多難に船出した2020年代、令和の話なんですよ、れ・い・わ、の。

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その242:とよっぴー・ペタゴン) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その244:薩摩川内市女性活躍推進認定企業・山陽小野田市10周年) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その242:とよっぴー・ペタゴン) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その244:薩摩川内市女性活躍推進認定企業・山陽小野田市10周年) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想