« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その5(ぱいーぐる・稲敷いなのすけ・スノーモンキー) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その6(ねこりん&ねこたん) »

2021年1月22日 (金)

【遅ればせの緊急編】「コロナ」が作り出したもの - 「黙食」という言葉の強み

この数日ネット上で注目を集めている、あるインド料理店@福岡市南区のコロナ対応ポスターの件。ツルもいたく感じ入ったので、ちょっと。

 

始まりは1週間前の今日のツィートだった。時あたかも、2回目の緊急事態措置が、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の「1都3県」に加え、栃木県・愛知県・岐阜県・京都府・大阪府・兵庫県そして福岡県で追加実施されたその翌日。

 

-----
(2021.01.15 17:11 Twitter)

 

ミツジ@マサラキッチン
@masala_mitsuji
このまま飲食店が悪者になるのも嫌なので、積極的に黙食を推奨していきます。外食がダメなわけじゃない。食事中の無防備かつ至近距離での会話がいけないのだから、黙って食べれば問題ないはず。その他の対策を行うのは必須として。
POPを作りましたのでご自由にどうぞ♪
-----

 

こういうものです。

 

Masalakitchensilentmealspop

 

マサラキッチン 黙食POP.pdf

 

わーー、強いデザインだなーーー。

 

これが全国的に大きな反響を呼び、本稿を書いている時点で;

 

-----
4.7万件のリツイート
3,798件の引用ツイート
8万件のいいね
-----

 

てなことになっている。

 

店主は三辻 忍という人。Twitterを読んでみると、視点がすごくハッキリしていて小気味よい。とてもそそられました。
以下、最初の投稿に続く1月15日のツィート抜粋です。

 

-----
たくさんのいいねやリツイート、ありがとうございます。もっと炎上してフルボッコになるかと思ってましたが想像以上に同じように感じていらっしゃる方がいるということがわかりました。
字面と印象がキツイ印象かなと思いましたが、端的なわかりやすさを最優先しました。 続く

 

--

 

手を洗え、マスクせぇ、席はここだけ、店内張り紙だらけです。これらの情報は殆どのお客様にとっては無用で無粋なものです。幼少期に家庭や社会で学ぶべきことをわざわざ言いたくないし、言われたくないでしょう。書いてない事を注意すれば怒られ、沢山書いてあれば嫌がられる。難しいですね。 続く

 

--

 

黙食POPを制作した経緯は、TLを見ていて「自分はちゃんとしてるのに隣の席の人たちが…」というツイートを沢山見たからです。ほとんどのお店では注意すると思うのですが、そういう人に限って言うことを聞かないのはどこも同じみたいですね。困ったものです。 続く

 

--

 

やっぱり「ちゃんとしている人」がちゃんとサービスを受けられるようにしなければならないと思います。お店として注意しにくい「黙って食え(言い方)」を二文字に圧縮しただけですが、POPを指し示しながら「恐れ入りますがご協力願えますでしょうか」という流れで 続く

 

--

 

なんとかマイルドかつ的確に、お店側も長々と説明しなくても伝わるかなぁ、伝わるといいなぁ。 続く

 

--

 

このPOP見て怒る人はストレスたまり過ぎだから一旦落ち着いて。言われなくてもわかってる!ってことでしょうから、これはあなたに向けて書いてない。お目汚しはごめんなさい。これ見て理解できない人はお会計は結構ですので速やかにお帰りください。他のお客様に御迷惑です。 続く

 

--

 

そんなこんなで通知が止みませんが、できるだけ目を通させていただいております。お返事は満足にできませんが、賛同してくださった多くの皆様、こっそり採用してくださった飲食店同志の皆様、まだ戦いは続きますが創意工夫で乗り越えましょう!
ありがとうございマサラ!!おしまい!!
-----

 

なんか、とても地頭のいい人なんだなと思っていたら、朝日新聞系のwebメディアにこんなことが出ていた。

 

-----
(2021.01.18 06:00 withnews 抜粋)

 

POPを製作したのは、福岡市南区にあるカレー店「マサラキッチン」です。デザイナー出身の三辻 忍店長が2014年にオープン。看板メニューのチキンカレーを始め、「博多スパイス料理」をコンセプトに新メニューの開発にも日々取り組んでいます。
-----

 

「デザイナー出身」!!そうだったのか!全て謎が解けた気がした。
ツルは常々、福岡(あるいは九州?)という土地柄は良質なデザインというものに対する意識が薄いと考えていたので(それはUターンして1年余り経った今でもあまり変わらない)、その意味でもオッと感じた。
ここで思い出したように悪ノリして、秋田のデザイナーやなぎはらともみのコロナ対応金太郎飴ポスター群から、三重県伊賀市「いが☆グリオ」と同サイズで見比べてみる。(そゆとこがまた陰湿呼ばわりされるのネ😱)

 

Masalakitchensilentmealspop2

 

【2020.08.23「COVID狂想曲 Op.19 Mov.14」】
IgagriocoronainitialIgagriocoronafinalIgagrionewlifeundercoronasmall

 

印象の強さの差は歴然。そして何を作り出し/作り出さず、何が伝わった/伝わらなかったのかも自ずと顕れている。
ちゃんと考え考えしてデザインに向き合ってる気がするんですね、カレーショップのオーナー氏は。Twitterにもブログにも、あふれる思いはきちんきちんと綴られている。デザイナー氏は政府の大本営発表を咀嚼することなくただばらまいただけ。(判断は受け手に任されているとも言えるけど。)

 

-----
(2021.01.20 11:00 まいどなニュース 抜粋)

 

中将タカノリ(以下「中将」):「黙食」の呼びかけを始められたきっかけをお聞かせください。

 

三辻:きっかけは「自分のお店、お店に来てくださるお客様、支えてくださるスタッフのため」という超狭いところです。
SNSを眺めていると、「自分はマスクや手洗いなど感染対策に気をつけてお店に行ったのに、隣の席の団体がマスクもせず、大声で喋っていて不安を感じた」という趣旨の投稿が沢山あり、私自身もそう感じる場面が沢山ありました。
当店は、感染対策として
 ・ご入店後の手洗い
 ・ノーマスク入店拒否
 ・お食事中以外のマスク着用必須
 ・座席制限
 ・1グループ1会計
という厳しいルールを徹底してきました。それでも通い続けてくださるお客様は、当店の趣旨に賛同してくださる貴重なお客様です。少なくとも先に挙げたような不安を感じさせてはいけないし、今後イートインが制限される中で生き残るためにも、ルールをより徹底するしかないという結論になりました。

 

中将:「黙食」というのは簡潔でインパクトの強いフレーズですね。

 

三辻:最初は「ノーマスクでの会話はご遠慮ください。感染対策にご協力を!」と書いていたのですが、なんとなく高速サービスエリアのトイレで見かけるような「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」に通じる「結果的に矢がどの的にも当たっていない感じ」がしていました。もうちょっと端的でわかりやすい表現はないものかと考えた結果、「黙食」というフレーズを思いつきました。
「黙って食え」というのはかなり強い口調なので「もう少しマイルドにしたほうがいいのではないか」という意見もありましたが、意味と目的を最優先しました。
-----

 

そうなんだよね。店の入口は今、こんなことになってるそうで。

 

Masalakitchen

 

「ご入店後すぐに 手洗い必須 石鹸で」!
ここまで徹底している飲食店、(福岡では)初めて見た。政府の「うがい手洗い励行」という呼びかけもいかに漠然としたものであったかと改めて思えてくる。「いつもきれいに使っていただき云々」「結果的に矢がどの的にも当たっていない感じ」のくだりは膝をハタと打ちたくなりました。

こないだお正月に書いたこととも関係するけど、「おひとり様割 -¥100」というところもグッとくる(笑)。

 

小さなカレー屋のやむにやまれぬ行動は概ね好意的な反響を呼び、マスメディアも取り上げて、ネット上のいわゆるトレンドランキングのトップ1を獲得することにもなった。制約なしに使っていいよ、ということだったので、Derivativeもわらわら出てきた次第。

 

Silentexercise Silentapplause Silentsomething

 

「デザインの展開性」ってやつネ、これがきっと(笑)。
悪ふざけで、ツルもこんなパロディまた作っちゃいました😜。(cf. 2020.05.05「断密の街、博多から」・2020.08.30「COVID狂想曲 Op.19 Mov.15」)

 

Danmitsuavoid3csfake4

 

「三密避けろよ!」から「三黙やろうぜ!」へ、もっとポジティブに!なんてね。へへ。

 

当該ツィートがバズる中、こんな想定外の事態も起きた。

 

-----
緊急事態宣言中ですが、当店でも緊急事態が発生いたしました。後ほどブログにまとめて公開します。

 

--

 

【重要なおしらせ】感染者が当店をご利用だったかもしれないので1/19~1/21は自主休業しますという話【どうしたものか】
-----

 

しかし疑いは無事晴れたそうで、今日から営業再開しているらしいっす。この時の経緯と速やかにして真摯な対応も包み隠さず出ていて、リスク管理のあり方として非の打ち所がないと感じました。

 

実はこのお店、ツルの通勤経路に当たる「西鉄大橋駅」のエリアにある。というより、ツルが大昔に通っていた三宅中学校と筑紫丘高校の中間地点ってな場所で、ツルも土地勘はあります。このエリアは今や福岡市のカレータウンなる由。マサラキッチンは確か、春先だったか、何かのネタ -巣ごもり対応のおうちレシピだったか料理教室的なものだったような- でネット上で紹介されていた気もするけど記憶が曖昧。

 

ツルは一昨年の秋に福岡に戻ってきてから、気になりながら残念ながらまだ行ったことがありません。是非行ってみよう、「通常営業」に戻る前に、てへへ。

« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その5(ぱいーぐる・稲敷いなのすけ・スノーモンキー) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その6(ねこりん&ねこたん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その5(ぱいーぐる・稲敷いなのすけ・スノーモンキー) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その6(ねこりん&ねこたん) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想