« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その3(ろたりん) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その4(その他) »

2021年1月12日 (火)

「あわて酒屋」の話。

2度目の「緊急事態宣言」が「埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県」に発出されたのと同じ日、超有名企業が雁首揃えてやらかしちゃいました。

 

2021.01.08 発表資料

 

-----
2021年1月8日
サッポロビール株式会社
株式会社ファミリーマート

 

「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」発売中止について

 

サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙島英也)と株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下ファミリーマート)との共同開発商品である「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」の商品デザインの一部に、誤表記があることが判明したため、発売を中止することといたしました。
本商品は、1月5日の両社リリースで、1月12日に数量限定で発売することをご案内していました。
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000012342/

 

お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

 

 

<対象商品>
1. 商品名
 サッポロ 開拓使麦酒仕立て
2. パッケージ
 350ml缶、500ml缶
3. 品目
 ビール
4. 発売日・地域
 2021年1月12日(火)・全国のファミリーマート約16,300店
 (注)酒類取扱い店舗での取り扱い
5. アルコール分
 6%
6. 価格
 350ml缶:200円(税込 219円)
 500ml缶:260円(税込 286円)

 

<誤表記内容>
商品デザイン内に「LAGAR」とありますが、正しくは「LAGER」となります。成分・表示等には問題ございません。

 

<お問い合わせ先>
本件に関してご不明な点がございましたら、誠にお手数をおかけしますが、下記お客様センターまでご連絡いただきますようお願いいたします。
サッポロビール株式会社 お客様センター フリーダイヤル 0120-207-800
受付時間:9:30~12:30/13:00~16:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)
株式会社ファミリーマート お客様相談室 フリーダイヤル 0120-079-188
受付時間:9:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 

以上
-----

 

Sapporolagar

 

左端のちっちゃいところね。
サッポロはとんだ赤恥かくし、ファミマはすっかりおかんむり、なんだろうなあ。ツルも大笑いしつつ大変楽しく読ませていただきました、いろ~いろ😁。コロナ下の初春、初笑い的に。

 

♪春は早うからファミマの棚に
 サッポロが店出し酒屋でござる
 ショッキン ショッキン ショッキンナ

 

♪ファミマァ怒るし サッポロァ恥ョかくし
 しかたなくなく 中止でござる
 ショッキン ショッキン ショッキンナ

 

まあ、はなっからミスの内容が幼稚で救い難いが、それはもう起きてしまったことでしょうがないとしてだ。
なんかねー、文章がヘタクソなんだよね。入社3年目ぐらいの奴に書かせたんじゃないかと思うぐらい(テレワークで書かせたのかしら)。
例えば。

 

-----
商品デザイン内に「LAGAR」とありますが、正しくは「LAGER」となります。
-----

 

これ、きれいな日本語じゃないでしょ。

 

-----
商品デザイン内に「LAGAR」とありますが、正しくは「LAGER」です。
-----

 

でしょーが(cf. 2021.01.02「非にして非なるもの - 東京 vs 福岡:二驚」)。発売中止になることを勘案すれば、それでも不十分であって、最も妥当な書き方はこれしかない↓(勝手に断言)。よく読め。

 

-----
<発売中止理由>
商品デザインにおいて、正しくは「LAGER」とすべきところ、「LAGAR」と表記しておりました。内容・成分等には問題ございません。
-----

 

同じ文脈で言えば、誤謬による発売中止の発表文中に、<対象商品>の詳細など入れる必要はありません。こう書きゃ十分だろうが↓。
よく考えて書け。

 

-----
<対象商品>
1. 品目・商品名
 ビール
 サッポロ 開拓使麦酒仕立て
2. 容量・価格
 350ml缶:200円(税込 219円)
 500ml缶:260円(税込 286円)
3. 発売日・販売店舗
 2021年1月12日(火)
 全国のファミリーマート
-----

 

なんでアルコール度数なんて必要なんだよ。「約16,300店」も、「どのくらいの規模で展開する予定だったんですか」と尋ねられたら答える想定Q&Aに入れておけば済む問題です。

 

To err is human.
誤謬訂正やお詫びに関する対外的な発表資料というものは、通常のそれより何倍もの注意を払って作成しなければならない。そこは誰でも常識的にわかると思うけど、実際には、そうした状況下では既に社会的注目を集めたりしていて、非常に緊急を要する場合が多いわけです。だから、いつもはやらないようなミスを重ねてやらかすリスクが高くなる。しかも、その渦中にいる当事者はあっぷあっぷしてるからそのことに気づかなかったりもする。だから、ミスの訂正の発表資料の中でまたミスをしてしまう、恥の上塗りとなってしまうケースはとても多いと思う。ちょうど1年前の株式会社明治のミスもそうだったでしょ(cf. 2020.03.15「むすんで、つないで:第十三結節の綻び」)。

 

だからツルはこうしたお詫び案件に対しては特に注目していて、矯めつ眇めつ拝見することとしておりますです、はい。其レ他山ノ石也。文章を書き慣れるって、そういうことでもある。
率直に言って、食品業界って、前職の電機業界に比べるとこの手のミスが多い気がしている(個人の感想です;cf. 2014.01.10「ロッテ/2014/丑年で三題噺の初笑い」)。その理由はつまるところ、扱う商品の消費財と耐久消費財という性格の違いに起因するのではないかと思い始めている今日この頃。

 

ほんでもってだねえ。本件では、よほど慌てていたのかそれとも単に頭が悪いのか、サッポロのサイトにアップされたPDFのファイル名がですねえ。

 

<20210108sapporokaitakushibeerchuchi.pdf>

 

となってるんですよ。「サッポロ開拓使ビールちゅうち」!?。頭悪げでしょぉお(^_-)。

 

本件は、一義的にはサッポロ側の落ち度であって、ファミマ側はミスに気づかなかった責任があるのみだ、と理解したいんですが、発表資料上は同社に関しても変てこなとこがありまんな。冒頭の「、以下ファミリーマート」という記載。必要だとは思いませんね、略称でも愛称でもないし(つまり「、以下ファミマ」だったらちょっと話は違うけど)、その後1回しか出てこないし。そして、サッポロビール側には同様の記載はないし!
書いたらよく見ろ。

 

当初の発表内容は、現在、次のように朱書きのcautionが入っている。実はこっちの方のやり方を知りたかったんです、ツルは。

 

2021.01.05 発表資料(01.08修正後)

 

-----
2021年1月 5 日
株式会社ファミリーマート
サッポロビール株式会社

 

2021年1月8日に、本商品の発売中止をご案内しております。
お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。
https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000012363/

 

伝統的な製法を用いた濃醇なビールが登場!!
「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」新発売
~ファミリーマートとサッポロビールの共同開発~

 

株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下ファミリーマート)と、サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙島英也、以下サッポロビール)は、共同開発した「サッポロ開拓使麦酒仕立て」350ml:200円(税込 219円)、500ml:260円(税込 286円)を、全国のファミリーマート約16,300店舗限定で(注1)、2021年1月12日(火)から数量限定で発売します。(注2)
本商品は、古くから用いられていた伝統的な製法である3回煮沸法(注3)を採用した濃醇なビールです。日本人によるビール造りの原点であり、明治9年に日本人による初のビール工場として開業した「開拓使麦酒醸造所」で用いられていた伝統的な製法を採用し、しっかりとした飲みごたえのある味わいを実現しました。
パッケージの中央には「開拓使麦酒醸造所」の当時の姿をデザインし、古くからの伝統的な製法を用いたビールであることをアピールしています。また、「開拓使麦酒醸造所」のレンガを想起させるエンジ色を基調としながら、ゴールドとクリーム色で、本商品の美味しさを演出しています。
ファミリーマートとサッポロビールが多様なビールテイストをお楽しみいただくために発売した「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」をお楽しみください。

 

(注1)酒類取扱い店舗での販売となります。
(注2)地域・店舗により、発売日が異なる場合がございます。なお、一部店舗では取扱いがない場合がございます。
(注3)仕込釜において、煮沸を3度行うことで麦のうまみを引き出す、ビールで用いられる伝統的な仕込方法。

 


1. 商品名 サッポロ 開拓使麦酒仕立て
2. パッケージ 350ml缶、500ml缶
3. 品目 ビール
4. 発売日・地域 2021年1月12日(火)・全国(注2)
※1月8日に発売中止をご案内しております。
5. アルコール分 6%
6. 原材料名 麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
7. 中味特長 ・伝統的な製法である3回煮沸法(注3)を採用した、しっかりとした飲みごたえのある味わい。
      ・麦芽100%
8. 価格 350ml缶:200円(税込219円)
    500ml缶:260円(税込286円)
9. 販売店舗 全国のファミリーマート約16,300店(注 1)

 

本件に関するお問い合わせ先
サッポロビール(株) 広報部
TEL 03-5423-7407
(株)ファミリーマート 広報部
TEL 03-6436-7670
-----

 

ああ、参考になるなあ。
当初は社名の並びが逆だったのね。お詫びに至ってサッポロがファミマより前に来たわけだ。このことは冒頭の表記より、むしろ最後の問い合わせ先のところで意味を持ってくる。そこからしてもやはりサッポロ側のミスなんでしょう。
厳密には「ご案内」は「公表」or「発表」でしょうなあ。

 

それにしても、明治9年と言えば1876年である。「LAGER」の表示を製品上で誤った、なんて話、145年間に及ぶ日本の麦酒の歴史において前代未聞の空前絶後の話ぢゃないかと思いまスがどうなんでしょう(ワタシがサッポロの社長だったらそう言って怒鳴りつける)。そもそもツルは、なぜこの英単語を「ラガー」と読めるのか、昔から不思議に思ってるけど。
まあ、これっぽっちの理由で発売延期ではなく発売中止としたのは、利益性の観点からだったのか、それともファミリーマート側がむくれたからなのか、それはわかりませんけれども。よいものを出そうとして現場はがんばってたんだろうにねえ。本来なら本日発売だったのに。

 

このニュースは、あまりに初歩的なミスだったためか、メディアでも割と大きめに取り上げられた。

 

-----
(2021.01.08 22:36 まいどなニュース)

 

サッポロビールとファミマの共同開発商品、英単語のスペルミスで発売中止 「E」が「A」に
サッポロホールディングスは8日、グループ企業であるサッポロビール(東京都渋谷区)とファミリーマート(東京都港区)との共同開発商品「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」の商品デザインの一部に、誤表記があることが判明したため、発売を中止することを発表した。
デザイン内の英単語が本来なら「LAGER」のところ、スペルミスで「LAGAR」となっていた。
同商品は12日から全国のファミリーマート約16300店舗で発売予定だった。
サッポロホールディングスは「商品デザイン内に『LAGAR』とありますが、正しくは『LAGER』となります。成分・表示等には問題ございません。お客様には多大なご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます」としている。
LAGERとは、ビールを低温で長期期間発酵させる「下面発酵」の意味。
-----

 

これだからネットメディアって大嫌い。ちゃちゃっとコピペして、付け加えたのは最後の用語解説のワンセンテンスだけ。
自分の頭で書け!

 

― Inspired by;
あわて床屋
 作詞:北原白秋(1919年(大正8年)4月「赤い鳥」発表)
 作曲:山田耕筰(当初は石川養拙作曲だった)

 

♪春は早うから川邊の葦に
 蟹が店出し床屋でござる
 チョッキン チョッキン チョッキンナ

 

〔中略〕

 

♪うさぎァ怒るし かにァ恥ョかくし
 しかたなくなく 穴へと逃げる
 チョッキン チョッキン チョッキンナ

« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その3(ろたりん) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その4(その他) »

蘊蓄Field:生きてく上で別に必要じゃなかった諸々、けれど。」カテゴリの記事

仕事かよ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その3(ろたりん) | トップページ | 【加筆編】押しも押されもせぬ習作?その4(その他) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想