« 【Bulk編】叫べ、黙食よ(やなぎはらともみ 黙食/コロナ対応ポスター その後):2 | トップページ | 【加筆編】不明の闇に漂うの巻(西宮市マンホールカード) »

2021年2月20日 (土)

【加筆編】双子の謎に溺れるの巻(湯河原町・柴田町 マンホール)

(承前)

 

あれこれと各地のデザインマンホールを見てみて(といっても少し齧ったぐらいだけど)、一番不思議に思ったのはこのペアだった。

 

神奈川県足柄下郡湯河原町
マンホール蓋
Yugawaratownmanhole

 

宮城県柴田郡柴田町
マンホール蓋
Shibatatownmanhole Shibatatownmanholemonochrome

 

まるで同じ図柄なんですよ。げっそり😱。
このことはマニアの間ではつとに有名な話らしいんですが・・・。

 

-----
(日本マンホール蓋学会 抜粋)

 

・町の木サクラの木が一本描かれたカラー版です。宮城県柴田郡柴田町と同じデザインです。
汚水管マンホールの蓋
・撮影日:2010年1月5日
・撮影場所:湯河原町
・撮影者:fujisanTAROさん提供

 

--

 

・カラー版の桜の木のデザインは記念に一つだけ作ったそうです。 展示場所が役場内でなかったため、紙ベースの物を撮らせて頂きました。 このデザインは、神奈川県・湯河原町と同一の物だそうです。
・撮影日:2014年10月29日
・撮影場所:柴田町役場
・撮影者:山崎さん提供
-----

 

-----
(路上の美術館 抜粋)

 

撮影:藤木川沿いの遊歩道/2010.7
湯河原町の木は「桜」と「椿」の二本立て。そのうちの「サクラ」を描いた汚水用カラーマンホール蓋。

 

--

 

撮影:「船岡駅前」交差点付近/2011.9
柴田町のマンホール蓋には町の木「サクラ」が描かれている。
知られた話だが、この蓋のデザインは、神奈川県湯河原町の蓋とそっくり。単に似ているだけではなく、「しばた」の文字以外は、同一と言ってよい。
-----

 

えええい、どうして誰も彼もその「理由」を見て見ぬふりしてスルーしておるのだ!?ふんっ。「学会」が聞いて呆れるぜ(もちろん、これって正式な学術組織ぢゃありませんが)。実は同一デザインでご当地グッズ作りました、なんて自己否定に等しいと思うぞ。遠く離れているからいいやんとか、そんなことじゃないでしょ。
例えば、柴田町が湯河原町のものをパクった(あるいはその逆も)というのと、業界にはマンホールデザインカタログみたいなものが存在してて(仮にですよ)そこから偶然同じものを選んだなんていうのと、姉妹提携しているから同じものにしたというのとではツッコミどころも違ってくるでしょうが。

 

-----
(2016.02.24 マンホール博物館 抜粋)

 

2015年8月31日(月) 撮影
柴田町のマンホール
これは、町の花「さくら」をマンホールいっぱいに描いたマンホールです。
このデザイン、調べていくうちに神奈川県湯河原町のデザインと同じことがわかりました。柴田町と湯河原町は姉妹都市でも友好都市でもないのにどうして同じデザインを採用したんでしょうね?実はお互い知らなかったりして!
-----

 

マンホール蓋なんて全国どこも似たり寄ったり、地味な見た目で誰も見向きもしない
 ↓
だから下水道事業も軽視されがち
 ↓
だったらご当地独自のデザインにして目立たせちゃおう
 ↓
ご当地PRも兼ねちゃえ

 

なんてところでしょ(一番問題なのはこの思考過程の行き着く先が「下水道事業・水道インフラの理解」に資するものであるとは思えないことだが、それはひとまず棚上げするとして)。なんでそこに「ご当地性」すら感じられないような双子デザインが生まれてくるわけよ??話が元に戻っちゃうだけじゃん。
「何のためにそこにそのデザインが存在するか」の点が極めて曖昧に思えるんだよね。

 

そして、上掲の日本マンホール蓋学会の柴田町の記事と、次の旅日記は同じ出来事を指していると思う。

 

-----
(2017.09.25 気ままに 外歩き 町歩き 街道歩き 抜粋)

 

3年前から旧奥州街道を歩き、現在は青森県の三戸町までたどり着いているのですが、その間に宮城県柴田郡柴田町を通過する際、役場を訪問しマンホール蓋について尋ねた事がありました。

 

〔中略〕

 

柴田町は、「船岡城址公園の桜」が宮城県内で唯一「さくら名所100選」に選ばれ、町の花も「サクラ」との事で、マンホール蓋のデザインは「サクラ」とお聞きしました。ただ、デザインカラー蓋は展示用しかなく役所にはないとの事だったので、この時はマンホール蓋の設計図を見せて頂きました。
-----

 

うへえ。町役場の人もいちいちご対応ご苦労様なこってす。

 

これらの記事を見つけたから、前々回;

 

-----
カラー版のデザインマンホールというものは何かの(周年行事とか?)記念に1個だけ作って、実際には設置せず「展示用」として後生大事に取っておく場合もあるらしい。
-----

 

と書いたんですわ。

 

どちらが先にできたのか、どちらが正当な権利者なのかは結局わからずじまい。というより、柴田町ではご当地マンホールがご当地のどこに行っても敷設されていないって、それじゃ存在していないのと同じ(モノクロ版は実際に設置されているけど)。

 

♪さくら さくら
 いつまで待っても 来ぬひとと
 死んだひととは おなじこと
 さくら さくら はな吹雪

 

因みに、湯河原町・柴田町ともマンホールカードは発行されていない。もっとはっきり言えば、どちらもこのデザインでマンホールカードを申請するわけにはいかんだろうな。
けれども原付バイク用デザインナンバープレートは、柴田町には塩キャラ「はなみちゃん」を用いたものがあるし(2017.12.18【Derivative Five】)、湯河原町にもマスコットキャラクター「ゆがわら戦隊 ゆたぽんファイブ」入りのが存在している。つまりはどちらもありがちなご当地キャラ推し😅。
もう、柴田町なんてお隣の大河原町に住むエラいデザイナー女史に依頼すりゃよかったのに。塩分濃度満点のマンホール蓋作ってくれたはずヨ。

 

― Inspired by「夜桜お七」坂本冬美(1994.09.07リリース:作詞 林あまり:作曲 三木たかし)―

« 【Bulk編】叫べ、黙食よ(やなぎはらともみ 黙食/コロナ対応ポスター その後):2 | トップページ | 【加筆編】不明の闇に漂うの巻(西宮市マンホールカード) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【Bulk編】叫べ、黙食よ(やなぎはらともみ 黙食/コロナ対応ポスター その後):2 | トップページ | 【加筆編】不明の闇に漂うの巻(西宮市マンホールカード) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想