« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(Derivative 10:海津市・富田林市・泉大津市・矢板市 マンホール) | トップページ | 【Derivative編】「黙食」の子供たち:後編(游心の湯・真岡市 黙●対応) »

2021年2月 5日 (金)

【Derivative編】「黙食」の子供たち:前編(京都市・館山市・宮城県 黙●対応)

(承前)

 

つい先日、批判的な文脈で「黙食」Derivativeを取り上げたばかりだけれど、ちょっと面白い現象に気づきかけているので、少し。

 

Masalakitchensilentmealspop2

 

カレー店 Masala Kitchen @福岡市南区向野(エリアとしては大橋w)が「黙食」POPをSNSで公開してから今日で3週間経つ。相当取材が立て込んだみたいです。

1月27日、Twitterには次なる画像が載った。傍若無人のメディアや自治体への対応、大変だったでしょうねえ。

 

Masalakitchensilentapproval

 

うははは。この時のツイートもすんごく傑作です。

 

コロナの閉塞状況の中で瞬く間に燎原の火のように広がり、既に店主三辻氏の手を離れて独り歩きを始めていると言っていいんだろう。
1月30日には何とあの朝日新聞天声人語でもちょこっと取り上げられたという↓。

 

-----
▼「個食」に加え、飛沫(ひまつ)防止のため会話せずに食べる「黙食(もくしょく)」なる言葉も耳にするようになった。京都市が黙食と書かれたポスターをつくり、希望する飲食店に提供していると本紙京都府版にある。元々は福岡のお店から始まり、注目された動きのようだ
-----

 

近々NHKのクローズアップ現代にも出るそうですよ(デマ😜)。

 

その京都では;

 

-----
(2021.01.25 京都市サイト)

 

新型コロナウイルス感染拡大防止 「黙食」のススメ
京都における新型コロナウイルスの厳しい感染状況を踏まえ,国により緊急事態宣言が発出されています。
京都市新型コロナウイルス感染症対策本部では,福岡市の飲食店が考案され,今話題となっている「黙食(もくしょく)」※について,公益社団法人京都市観光協会,関係団体と連携し,飲食店・宿泊施設等でのPOP掲示を促すなど,食事をとっていただく際の感染防止の取組を進めてまいりますのでお知らせします。

 

※ 飲食店等で食事をとっていただく際の感染防止のため,福岡市の飲食店の店主が考案されたPOPデザイン

 

周知POP
別紙のとおり

 

※ 黙食のPOPをデザインした福岡市の飲食店店主の許可を得て,改変し,公開しています。
※ 店舗の形態に合わせたサイズに印刷して使用することができます。
-----

 

Kyotocitysilentmeals

 

と出ていて、地の文はちょっと軽いノリですが、POPの文言は僅かに説教臭くなっている。しかしまあ全面採用になったと取っていいんでしょう。「福岡市の飲食店店主」氏のFacebookには、この話が舞い込んだ時、行政がこれを推進すべきでない理由と危険性を伝えたものの、それでも使いたいという京都市側のたっての希望だった、という話が出ている。
アンタはん、他でもない京の都の市長さんにえろう気に入られとるんやで。平成大合併によってやっと市になったようなどこぞの田舎町の親方とは違うのんえww。

 

少し東に飛んで、千葉の館山では「福岡市の飲食店」のことは一切出てこず(その点ではこちらの方が Masala Kitchen経営者の意思に沿っている)、他方、「京都市」とか「宮城県/Miyagi Prefecture Government」(後述)とかのお墨付き表示もされていない(そこは意思と違いますね)。

 

Tateyamasilentmealsa3 Tateyamasilentmealsa4

 

-----
(2021.01.27 館山市サイト 抜粋)

 

新型コロナウイルス感染症の防止対策を行っている飲食店を対象に、「黙食」をPRするポスターを配布します。
飲食に伴う感染リスクを抑制し、安心して飲食ができる環境づくりの一環として、「黙食」のポスターを掲示することで、感染防止対策の促進を図ります。
ポスターは、下記の窓口にて、受け取れますので、飲食店を経営されている方は、積極的な活用をお願いします。

 

〔後略〕
-----

 

こちらはオリジナル文言に手をつけずに作られている。しかしA3用とA4用が用意され、前者には下部に空白部が設けてあるので、店名入れたり独自のメッセージを書き込んだりして使ってねということだろう。

 

都道府県レベルでもこんなものが!

 

-----
(2021.02.01 河北新報 抜粋)

 

年が明け、宮城県内の高校で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が相次いだ。感染者は利府高(宮城県利府町)で49人、石巻高(宮城県石巻市)で25人に達した。マスクを外す運動の部活動、教員の監督下にない自主的な活動も多く、小中学校に比べて感染が広がりやすいとみられる。受験シーズンに入り、生徒も教員も保護者も不安は尽きない。
県内の学校のクラスターは計6件で、内訳は中学校1件、高校5件。利府高、石巻高とも最初の感染者確認から徐々に感染が拡大した。臨時休校も継ぎはぎのように延長され、利府高が今月14~31日の18日間、石巻高が18~31日の14日間に及んだ。

 

〔中略〕

 

県教委は29日、県立の全校に対し、3月の公立高入試に影響が出ないよう、部活動を極力小規模にするよう通知を出した。部活動や昼食の際、会話をしないよう呼び掛ける「黙トレ」「黙食」ポスターも配布した。
-----

 

「今月」は実際には1月のことですな😁。
第1波の頃、比較的感染発生の少なかった地域の方が後々やばくなるんじゃないかなあと懸念していたけれど、ほんとにそうなってきてる感じがします。
で、県のサイトを覗いてみると、不思議なものも作られていてびっくりする。

 

-----
(2021.01.29 宮城県サイト)

 

本県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する広報用のチラシを作成しています。
ご自由にダウンロードしていただき、新型コロナウイルス感染症拡大防止の広報にご活用ください。

 

「黙食」シリーズ
Miyagiprefecturesilentmeals Miyagiprefecturesilentexercise Miyagiprefecturesilentapplause
-----

 

明らかに、以前挙げた民間バージョン(cf. 2020.01.22「「黙食」という言葉の強み」)にインスパイアされたものwwと思われますな。

 

Silentexercise Silentapplause

 

こっちの「黙トレ」は名古屋のフィットネスクラブのだったはず。「黙楽」までは辛うじて許せるけど、「黙カラ」なんてほとんどギャグというかタチの悪いジョークだよ。カラオケが感染リスクになる理由は、「歓声」ではなく大きな声を出して歌うことそのものにあるでしょ(それぞれマスクを装着していようがいまいが)。高齢者の憩いの場となっていたという昼カラで一時次々にCluster発生と相なったのも、それがただ単に酒を呑んでダベるより危険な行為だからではないのか。

 

年寄りよ、そんなに歌を歌いたいなら、そして命も惜しいなら、早朝誰もいない時分のウォーキングの時にでも存分にやりたまえ(今は寒いけどね)。ゆめ「若者ばかりが夜の街で遊び呆けてコロナをまき散らしよる」などと思うてはなりませぬ。

 

(まだここまでは話の枕だ、続けねば)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(Derivative 10:海津市・富田林市・泉大津市・矢板市 マンホール) | トップページ | 【Derivative編】「黙食」の子供たち:後編(游心の湯・真岡市 黙●対応) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(Derivative 10:海津市・富田林市・泉大津市・矢板市 マンホール) | トップページ | 【Derivative編】「黙食」の子供たち:後編(游心の湯・真岡市 黙●対応) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想