« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月28日 (日)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(九)(上野原市15周年・刈谷市マンホール・うすぃ&おすぃ・ふわっぴー)

(承前)

 

天野作品、真四角ばっかじゃなくて、丸っこいのも見ていこう。

 

山梨県上野原市
市制施行15周年 記念ロゴマーク
天野穂積(静岡県)
Amanouenoharacity15thanniv

 

------
[グリーンの山]は、八重山、高柄山などの豊かな森、自然、[グレーの円弧]は中央自動車道、甲州街道を意味し、都心とのアクセスの良さ、[ブルーの円弧]は不動の滝、桂川などの豊かな清流を表し、市の花木[リンドウ]、[ヤマモミジ]、数字[15]と組み合わせ、魅力ある上野原市を表現しました。
-----

 

あー、伝統的な感じね、盛り具合が。

 

【2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」】
宮崎県・鹿児島県
霧島ジオパーク推進連絡協議会
霧島ジオパーク
ロゴマーク
平山陽一
〔2009年10月決定〕
霧島ジオパーク

 

熊本県・大分県
阿蘇くじゅう国立公園
指定80周年 ロゴマーク
(作者不明)
〔2014年3月決定〕
阿蘇くじゅう国立公園80周年

 

でもこちらは2019年12月発表なんですけどねえ💨💨。他にも似たのがあったような、だけどもう思い出せないや。
対価は不明(広報紙にも「詳しくは市ホームページをご覧ください」との記述があったのみ)。応募総数は19点と振るわなかったことから、ここでも無対価が疑われる。
周年記念の冠事業などは2020年1月~12月の1年間にわたって予定されていたのが、ご当地でもやはりPandemicの影響をモロにかぶってしまったようです。

 

丸いと言えばこれだろう。

 

愛知県刈谷市
マンホール
天野穂積(67歳:静岡市:グラフィックデザイナー)
Amanokariyacitymanhole

 

こちらは市制施行70周年を記念して2020年8月に作られたもの。これまた対価は不明(広報紙にはやはり「詳しくは、市HPをご覧ください」とのみ)にして、応募は186点。

 

-----
刈谷市の代表的なモチーフとしては、遊びも、買い物も、リーズナブルな[刈谷ハイウェイオアシス]ははずせません。また刈谷市の花[カキツバタ]も有名で、天下の奇祭[万燈祭]などもあり、魅力ある刈谷らしさを表現しました。
-----

 

空に浮かんだ丸いモノがまるでBeardsleyの月である。(わかるかな?)

 

-----
(2020.08.05 中日新聞 抜粋)

 

〔前略〕

 

天野さんは「車で西へ向かう際に休憩で利用し、印象に残っていた」という刈谷ハイウェイオアシスの象徴的存在の[観覧車]を作品右側に置き、[伊勢湾岸自動車道]を中央に走らせた。水辺に群生する市の花[カキツバタ]、県無形民俗文化財「万燈(まんど)祭」の[張り子人形]「万燈」の顔、特産の[スイカ]もバランス良く配置した。
これまでもマンホールふたをデザインしたが、全方向から見やすいようにと天地は決めず、左右対称で構成してきた。受賞作は「訪れた人に刈谷に来た実感を抱いてほしい」と[KARIYA]のロゴを入れたことから、初めて天地を定め描いた。雨天時に滑りにくくなればと、全体に細かい線や柄を入れる工夫もした。
市は色付きでふたを作り、刈谷駅前など五カ所に十月上旬ごろに設置予定。天野さんは「ずっと残っていく物なのでうれしい。今回調べたことで、珍しいお祭りがあることを知ることができた。ふたとともにいつか見に行...

 

ログインして続きを読む
-----

 

いーえ、ログインなんかしないってば。テンプレのリップサービスぐらい、次に何が出てくるかは予想がつくから。
「刈谷に来た実感」をマンホールで得ようなんて、ゆるキャラ以上にナンセンスです(バッサリ)。ご当地を訪れた観光客がこれ探して下ばっか向いて歩いてたら、むしろ不幸でしょ。(なお、オフィシャルなマスコットキャラクター「かつなりくん」の使用は禁じられていた。その理由が知りたい。)
ま、あれこれ盛られたアイテムの全てを知らなかったツルの不明は恥じるべきなんでしょうが。

 

地元の秋葉社・松秀寺の夏祭り、万燈祭(まんどまつり/まんとうまつり)が「天下の奇祭」と呼ばれる理由については、調べてみたけど今一つピンとこない。小型のねぶたみたいな燈籠を若衆が一人一人交替で担ぐからということのようなんですが、それって「奇祭」と形容するほどじゃない。因みにこの年2020年は中止、2021年は規模を縮小しての開催となった。

 

マンホールは、2020年10月には実物がご当地の路上に設置され、半年後の2021年4月には早くもあのマンホールカードになったそうな。それどころじゃない、マンホールクリアファイルだのマンホールマグネットだのマンホール缶バッジだのBigマンホールステッカーだのができている。果てはマンホールサブレ(御菓子所 みづ乃謹製;1枚 150円)にマンホールふやきせんべい(1枚 100円)まで!!(さすがに「おすい」バージョンはないようです😓)

 

Amanokariyacitymanholsabl

 

やれやれ、70周年でそれですか。たかが5基を埋め込んだだけでどんな訴求力強化になるのだろう。しかもだ、それまでご当地にデザインマンホールがなかったわけではない。既にちゃんとカラーのがある↓ので、上掲のは2代目ということらしいっす🌀。

 

Kariyacitymanholeiris

 

そこそこ近隣の地域、ほぼ近接した時期、似たような分野、同じ趣旨のものでは、2020年11月にこんなのが発表された・・・。

 

愛知県春日井市
公共下水道事業マスコットキャラクター
うすぃ&おすぃ
天野穂積(静岡市葵区:グラフィックデザイナー)
Amanousuiosui

 

こちらは市制施行40周年記念で、ここも募集要領には「最優秀賞(1点)、優秀賞(2点)を選出し、表彰式を⾏う予定です」とあっただけ😱。しかし応募は494点に達した。子供の作品と覚しい色鉛筆描きのものがかなり多数あるので(全応募作品が公開されている)、地元の小中学校あたりと連携したのではないかと思う。
対価を明らかにせずに公募をかけるの、増えているんですかねえ😔??要検証。

 

-----
水([しずく])をモチーフとし擬人化しました。また[マンホール柄]に使用されている、春日井市の花・[サクラ](おすぃ)木・[ケヤキ]の葉(うすぃ)と組合せ春日井市らしさを強調するとともに、市民から親しまれるマスコットキャラクターを制作しました。
-----

 

出たー、擬人化。
名古屋造形大学造形学部造形学科情報表現領域 准教授の江津匡士(ごうづ ただし)、講評して曰く。

 

-----
[水滴]をモチーフにした表現に新鮮さはないものの[水玉模様]がとても可愛らしいく被り物のような表現になっているところが良いです。春日井市を意識し[ケヤキ]と[サクラ]をそれぞれを識別するシンボルとしてあしらった点、フォルムもバランスよくまとまっており好感が持てます。
-----

 

(優秀作品)
田中千裕(神奈川県横浜市港北区)
竹浪かおる(埼玉県所沢市)

 

2体1対のペアキャラに作ることと、愛称を「うすぃ」&「おすぃ」とすることは初めから決められていた御題。しかし、下水道キャラで「うすい」・「おすい」のペアというの自体、ごくありふれた発想ではある。だから、例えばこんなの↓と見分けがつかなくなったりします。

 

埼玉県富士見市
マスコットキャラクター
ふわっぴー
石田裕子(富士見市:イラストレーター兼ウェブデザイナー)
Fujimicitymanholecard

 

これも40周年記念モノ。2012年1月決定だからそこそこ先輩に当たる双子😞。

 

-----
「ふわっぴー」は、富士見市に住む4才の双子の兄妹。一家は農業をしていて、野菜や果物をたくさん作っています。なかでも夏のみずみずしい梨を食べるのが大好きです。自然の中で遊んだり、とれたての野菜でお友達とバーベキューをしたり……富士見市育ちの子どもとして、楽しい毎日を過ごしています。
-----

 

一気に目が覚めます、悪夢に襲われたようで。[富士山]を盛ったことで静岡や山梨の自治体とも互換性が生じているというww。
ややこしいけど、「ふわっぴー」は下水道キャラというわけじゃなく自治体のオフィシャルなキャラで、それがマンホール蓋にも使われてマンホールカードまでできている。「うすぃ&おすぃ」は下水道キャラだがデザインマンホールには(今のところ)されていない、んですがね。

 

私見ながら、下水道に親しみを持ってもらうためには、キャラクターだのマンホールカードだのよりまず、「おすい」という呼び方を変えなきゃいけないんじゃないかと思う次第。それって結局「汚水」だもん。

 

(続く)

2021年11月27日 (土)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(八)(日本アグーナリー)

(承前)

 

返す刀で、こんなものを斬ってみる。2019年4月、前回のYAMASTAよりごく僅かに遅れて決定されたところから。

 

公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟
第13回日本アグーナリー(国際障がいスカウトキャンプ大会) 大会シンボルマーク/ロゴデザイン
天野穂積(グラフィックデザイナー)
Amano13thnipponagoonoree

 

[正方形]で囲んだのはYAMASTAと同じ趣向ww。

 

-----
[男の子]と[女の子]が手をひろげる仕草をモチーフとし、テーマである「We Can! ふかめよう友情! ひろげよう絆!」を表現しました。また男の子と女の子がかかげる[山]は磐梯山、[湖]は苗代湖等をイメージし、開催地の特徴を強調してみました。
-----

 

おおーー、男女共同参画的には、正しいィーー(爆)。アグーナリー/Agoonoreeとは、障害を持つボーイ/ガールスカウトのキャンプ大会のことである。
この第13回は、2016年8月に開かれたこれ↓の翌回に当たるもので、2020年8月に東京オリンピックと東京パラリンピックの谷間で開催される予定だった。

 

【その233】
公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟
第12回日本アグーナリー シンボルマーク
山口 類(ペンネーム:大阪府:グラフィックデザイナー)
〔2015年10月決定〕
Ry12thnipponagoonoree

 

塩崎から天野へ、これも時流の為せる技。第13回へと(そしてYAMASTAへと!)続く真四角のテンプレートはここに起源があったのだね。
「山口 類」は塩崎一族の別名義と愚blogで考えているものです、念のため。(あ。そう言や最近、一族の新しいペンネーム見つけたんだ。「月見夜空」wwww。詳しくはまたいずれ。)

 

機関誌には;

 

-----
制作者の了承を得て[スカウト章]等の追加をしています。
-----

 

との記載があるから、第12回の時の[スカウト章]も、事後的に描き込まれたものだったのかもしれない。

 

前にも書いたけど、「障害」を表すアイテムは[点字]しかない。突き詰めればそれは、「アグーナリー」でも「ジャンボリー」でもこのデザインが成立するということだ。NormalizationとかUniversal Designとかの観点から言えば、健常者スカウトの大会であるJamboreeのマークに点字が入っていてもおかしくないわけで。

 

-----
(2019.10.08 第13回日本アグーナリー基本実施要領 抜粋)

 

ボーイスカウト日本連盟は、1972年に組織的な活動を始め、「福祉元年」と言われた1973年には、早くも第1回日本アグーナリーを開催したり、指導者対象のセミナーを行うなど、積極的にかつ継続的にこの分野に取り組んできた。
-----

 

第1回日本アグーンナリー シンボルマーク
1stnipponagoonoree

 

-----
ビーバースカウトの敬礼は、人差指と中指をつけ、ビーバースカウトの2つの「やくそく」を表します。ビーバースカウト年代が無理せずに作れる指の形が考えられています。
カブスカウトは、人差指と中指を離し、ピースのような指を作って敬礼します。カブスカウトの2つの「やくそく」を表し、いつも注意を怠らない動物の耳の形を表しています。
ボーイスカウト以上は、人差指・中指・薬指の三指をつけて敬礼します。「三指の敬礼」といい、スカウトの3つの「ちかい」を意味します。
-----

 

あー、思い出した、それな。
ツルは短期間、小4だったっけ、カブスカウトに入ってたんですわ。途中で福岡市から福岡県大牟田市に引っ越したので、そのままうやむやにしちゃったけどww。黒歴史。
ボーイスカウトが長期凋落傾向にある、団員数が10年間で半分にまで激減しているといったことは一時盛んに喧伝されたと思う。減少の理由は、子供の「余暇」が減少していること、競合するアクティビティが増えたことなどあれこれ取り沙汰されている。けれど本質はやはり、社会奉仕したりキャンプしに行ったりといった行動が、裕福な家の子息にのみ許されたもの、憧れの対象であったものがそうではなくなっていった、というところにあると思う。結局は価値観の変化ね。
ツルが入っていた1970年代だってもう既に、ロープの結び方覚えたり、手旗信号やったりすることにこの先どんな意味があるんだろうと感じてましたもん。少なくとも特権意識はなかった。

 

おっと脱線。
点字は第1回時からデザインに取り入れられている(この時は点字でも「アグーンナリー」と書かれていた)。
それは誠によろしいこととされているんだろうけれども、その「点字」は本当に物理的な突起をもって表されているのだろうか?調べてみてもわからなかったので、答は多分「否」なのだと思う。もしそうならば、単なるポーズに過ぎないことになるが(-.-)。
そもそも、マーク類の図柄の中に点字を描き込むというのは、(たとえ「突起加工を施すこと」といった使用条件をつけるとしても)むしろやってはいけないことなのではないかと思う。ポスターだのワッペンだの使用されるサイズは拡大縮小様々だから、大き過ぎても小さ過ぎても指先では読み取りにくいわけで。やはり、健常者や一般社会へのアピールという以上の意義はないと見ます。

 

第13回福島大会は、このデザインを決定した後の2020年5月になって、ご多分に漏れずCOVID-19禍のため2024年8月への延期(もともと4年に1度の持ち回り開催である)が決まった。同じ会場で開かれるとは言え、実質的には「中止」と取って差し支えないものだろう。“We Can!” とはいかなかったわけです。マークの修正等はまだ行われていません。
そして ――― 、コロナ禍はこの先この団体の活動全体にどんな悪影響を及ぼすのだろう?

 

本公募の対価は;

 

(入選)(1点) 賞状・副賞
(佳作)(数点) 賞状・記念品

 

と抽象的な書き方がされており、実質的には詐欺的な「公募ランティア」状態だった可能性も否定し切れない。応募は50点あったとされている。

 

更に言うと、第13回の次点と;

 

(佳作)
中嶋広志(岐阜・可児第1団団委員)
木村夏歩(大学生)

 

第12回の次点は;

 

(佳作)
中嶋広志(岐阜県連盟美濃加茂第1団団委員)

 

同じ人物が入っていて、ヒンヤリしまくりです。

 

(続く)

2021年11月23日 (火)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(七)(YAMASTAデザインスタンプ)

(承前)

 

これまでは天野の底辺の作品を見てきましたが、今度はノって画いていたと思われる(笑笑笑)ケースを取り上げてみます。
まず、これ。

 

東京都千代田区神田神保町
株式会社山と溪谷社
アプリ「YAMASTA」 デザインスタンプ

 

YAMASTAとは、ヤマケイが運営する「スマートフォンのGPSを利用し、記念のデジタルスタンプを発行し収集するアプリ」なる由。「YAMA Stadium」でも「YAMA Studio」でもありません。
登山でスタンプラリー!!あったらしー。まあ、遭難等を避けるために開発されたソフトウェアの一環なんでしょう。いろんな山のものが作られていて、いわばマンホールカードだのダムカードだののデジタル版らしい。いずれも、ゲットするためには現地まで行かなければならないところが共通している。

 

-----
スタンプイベントの対象の山に登り、山頂や山小屋などの所定の場所でチェックイン!
チェックインをすると、記念のスタンプを取得することができます。
-----

 

ああ、なるほど、さすがにアナログのカードを現地で交付するわけにはいかんのか。

 

-----
大賞・・・100,000円
学生大賞・・・50,000円
山と溪谷賞・・・10,000円
ワンダーフォーゲル賞・・・10,000円
ヤマケイオンライン賞・・・10,000円
デザイン賞 (※)・・・QUOカード500円
※ 他の受賞者を除く、 スタンプが採用された方すべて
-----

 

2015年に始まった企画だそうで、2019年5月に要望が高かった145山分を追加しており、天野は4点出したらしい。・・・しかしいろいろ、予想とはちょっと違うところもありまして。

 

〔Ⅰ〕
(デザイン賞)
「弧峰 六国見山(ろっこくけんさん)」
天野穂積
Amanomtrokkokukensan

 

-----
デザイン意図:
六国見山の[展望台]をモチーフとしました。
相模、武蔵、安房、上総、下総、伊豆の六国が見える事を[富士山]などの山々で表現してみました。

 

デザインした山への想い:
北鎌倉から円覚寺までは行ったことがあります。
展望台までは徒歩30分くらいで行けると聞きます。ぜひ行きたいと思っています。
-----

 

え?147m!?
あ!「デザインした山への想い」といっても、登ったことはないんだ!
「弧峰」は「孤峰」の誤りだと思う(^_-)。一体誰が間違ったんだろう?(願わくば天野のミスではないことを。)
同社サイトにはこんな解説も載っている。

 

-----
都道府県:神奈川県
標高:147m

 

北鎌倉駅および円覚寺の背後にそびえる山。鎌倉の三大アジサイ名所のひとつである明月院を訪ね、山道をひと登りすれば山頂に着く。山頂は展望が開け、特に海側の眺めがよい。
大仏山から源氏山へのハイキングコースを合わせれば、成就院、長谷寺と合わせて三大アジサイ名所を古刹とともに楽しめる。
-----

 

山高きが故に貴からず、さりとは言え。

 

解説↑に出てくる源氏山についてはこんな作品が。

 

〔Ⅱ〕
(応募作品)
「旗立山こと 源氏山」
天野穂積
Amanomtgenjiyamaoffered

 

-----
デザイン意図:
源 頼朝像や、頼朝の祖先 源 義家が白旗を立てて、戦戦を祈願した伝説から別名旗立山の由来から[旗]を持つ[武将]をモチーフにしました。また4月[サクラ]、6月[アジサイ]の名所としても有名な源氏山です。

 

デザインした山への想い:
北鎌倉から銭洗弁天、佐助稲荷、源氏山、大仏までハイキングしました。駅前や、鶴岡八幡宮と違い人も少なく、ゆったりした時間を過ごせました。ぜひまた行きたいと思っています。
-----

 

出たー、キャラクター入り!!
「戦戦を祈願」って、何だろう?「戦勝」か「戦捷」だろうなあww。(願わくば天野のミスではないことを。)

 

♪今日のあの街は 人影少なく
 想い出に浸るには 十分過ぎて
 源氏山から 北鎌倉へ
 あの日と同じ 道のりで
 たどり着いたのは 縁切寺

 

歌どおりの世界が拡がっていたわけだ(いつの時代の話だよ)。
縁切寺はその名を松岡山東慶寺という臨済宗の寺院(歴史的には尼寺だった)。お別れのデートにどうぞ。

 

-----
都道府県:神奈川県
標高:93m

 

源氏山の由来は、源 頼義・義家父子が奥州遠征の際に、この山の頂に白い旗を立てて戦勝祈願をしたことによるとも、代々源氏の屋敷があったことに由来するとも言われている。周辺は源氏山公園として整備されていて、鎌倉史跡めぐりの人気コースのひとつとなっている。
-----

 

ほとんど、岡である。ヤマケイだから当然、登山愛好家を対象にした企画だと思っていたら、それはこっちの先入観に過ぎなかったらしい。

 

キャラネタ、もう一丁。

 

〔Ⅲ〕
(応募作品)
「天下の秀峰 金時山」
天野穂積
Amanomtkintokiyamaoffered

 

-----
デザイン意図:
金太郎伝説から[金太郎]、[まさかり]をメインモチーフとし、山頂の[金太郎茶屋]、絶景ポイントの[富士山]、[スミレ]と組み合わせ金時山を表現しました。

 

デザインした山への想い:
箱根方面には年数回でかけます。家内と子供は登った経験もあり、時々金太郎茶屋の話もでます。金時娘さんにぜひ一度お目にかかりたいと思っています。
-----

 

アンタは登らんかったんかいっ!だったらツルも「金時娘」のことは調べんでおこう。
スミレを回転対称に適当に画いたというのは、チングルマをシレトコスミレに訂正した知床版ナンバープレートのケースを思い出させます(cf. 2018.12.10「知床菫と稚児車の秘密」・2018.12.14「シレトコスミレとチングルマの顛末」)。

 

-----
都道府県:静岡県 神奈川県
標高:1,212m

 

箱根火山の外輪山の最高峰。神奈川県南足柄市、箱根町、そして静岡県小山町との境にある。外輪山の中では最も北にあり、北に足柄峠へ続く尾根を分けている。
金時山の南東に続く明神ヶ岳や明星ヶ岳は内側が陥没しているが、山頂はなだらか。しかし金時山は外輪山の上にさらに側火山が、粘性の安山岩質溶岩を噴出させたため、山頂は丸く盛り上がった険しい山容になっている。

 

金時山とは「まさかりかついだ金太郎」に由来する山名で、坂田金時が住んでいたという伝説による。また、山頂の形が丸くとがって、イノシシの鼻に似ているところから「猪鼻ヶ岳」とも呼ばれてきた。
乙女峠から2時間で山頂。ほかに伊豆箱根鉄道大雄山駅下車、地蔵堂から3時間30分。またJR御殿場線足柄駅下車、足柄峠経由3時間など。
-----

 

まあここまでは微笑ましいで済ませられたのであるが。

 

〔Ⅳ〕
(応募作品)
「筑後富士 由布岳」
天野穂積
Amanomtyufudakeoffered

 

-----
デザイン意図:
由布岳をメインモチーフとし中央にレイアウト、[久大本線(ゆふ高原線)]、山頂に咲く[ミヤマキリシマ]と組み合わせました。湯布院温泉のイメージから由布岳のロゴも[湯煙]の中に入れ、おおらかで、のんびり、ゆったりとした雰囲気を表現しました。

 

デザインした山への想い:
別府温泉から熊本まで車で横断した時に由布岳の近くを通りました。ゆったりとしておおらかな山だと思いました。ぜひ湯布院温泉に宿泊し、由布岳に登りたいと思っています。
-----

 

うーん、由布岳じゃなくて湯布院温泉のコンセプトになっている気もする。
言っとくけど、六国見山や源氏山とおんなじようなハイキング気分、観光気分で登る山ではないと思いますよ。

 

-----
都道府県:大分県
標高:1,583m

 

大分県湯布院町(現・由布市湯布院町)と別府市との境にある山。
双耳の岩峰を東西に突き上げるようにして屹立する姿は、古代から神います山としてあがめられ、数多くの伝説や物語が残されている。また『豊後風土記』には「柚富峰」として記され、『万葉集』には「木綿山」として詠われている。そのシンボリックな山容から、「豊後富士」の愛称がある。大分県の名峰の1つで、登りやすいこともあって、九重連峰に次いで根強い人気がある。

 

独立峰だが、由布・鶴見火山群に属すトロイデ火山で角閃石安山岩からなる。由布岳の最新の活動は2000年前ごろだが、鶴見岳(1375m)は『日本三代実録』によれば貞観9年(867)の記録がある。ともに豊富な温泉を提供している。
山頂からの展望はよく、火口跡や美しい由布院盆地、さらに九重連峰や祖母・傾山地、耶馬渓山地などが遠望できる。また、ミヤマキリシマや霧氷の美しさも見逃せない。
やまなみハイウェイ(九州横断道路)の正面登山口から取り付くのが一般コースで、山頂まで2時間。西登山口から寄生火山である飯盛ガ城(1067m)を経由するコースは3時間。猪ノ瀬戸の東登山口からは2時間。
-----

 

最大の問題がおわかりですかね。

 

≪筑後じゃねーんだよ😠💢👊≫

 

大分県は基本、「豊前」と「豊後」なんですよ。つまり「ちくご」じゃなくて「ぶんご」。
一体誰が間違ったんだろう?多分、ヤマケイ側だと思う。責任者、出てこいっっ!!!(願わくば天野のミスではないことを。)

 

ついでにお勉強いたしますと、「豊前国」は現在の大分県北部と福岡県東部になっている(ややこしいんですが、「豊前市」は福岡県)。
福岡県は基本的に「筑紫」を南北に分けた「筑前」および「筑後」、ならびに県東部の「豊前」に分かれており;

 

・「筑前」は県北部の福岡市や北九州市(の西部)、一般に知られたところでは太宰府市などが含まれ
・「筑後」は県南部の久留米市や柳川市、大牟田市、筑後市(これも広域地名だわ)などが入る

 

ことになる。
もっと細かいこと言うと、北九州市の東部は豊前です。

 

因みに;
「豊後富士」すなわち大分の由布岳に対応する「豊前富士」は存在しません。
「筑後富士」と呼ばれるものもないが(筑後は平野ですからね)、「筑前富士」or「筑紫富士」と呼ばれるものに、福岡県糸島市の可也山(かやさん)がある(標高365m;地元ではむしろ「小富士」と呼び慣わされていると思う。「糸島富士」の名前もあるそうな)。
「筑豊富士」は福岡県飯塚市(筑前だが、この辺りは筑前と豊前の境目でむしろ「筑豊地方」として認識される)にある旧住友忠隈炭鉱(1965年閉山)のボタ山(1972年時点で標高141m)を指す。つまり人口富士です。

 

//

 

以上、六国見山以外、山を周囲から見たデザインになっている。苦労して登って山頂に着いて、そこで初めて見られる景色の感動を表したものではないんですね(山登りをしないツルが言うのもおこがましいか)。これは「山の形をできるだけデザインに盛り込むこと」という御題が出ていたからだろうから、天野に限ったことではないけれど、そこもいささか意外です。
また、若年層と男性が山登りをしなくなったと言われて久しい。山で行き合うのは元気印の中高年のおばちゃん連中ばかりという話も聞く。募集側としてはそこら辺を意識した企画なんでしょうか?コレクションアイテムとしての性格は男性の方にアピールするだろうし。
その辺り、応募側が気にしてたとは思われないけど。

 

以上、登山とはもっと知的にして哲学的な行為だと信じていたツルの雑言でした。

 

― Inspired by「縁切寺」グレープ(1975.11.25リリース アルバム「コミュニケーション」より:作詞・作曲・編曲 さだまさし) ・バンバン(1976.08.21シングルリリース)―

 

(続く)

2021年11月21日 (日)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(六)(豊山町50周年・鎌ケ谷市50周年)

(承前)

 

菅野と金津の作品をちょっと見たところで(実は菅野も破竹の勢いでもっと出しまくっているのだがそれはいずれ追い追い)、天野の話に戻ろう。今度こそ、「気合が入らない」「気分が乗らない」であろう時の作品を。双子テンプレ三つ巴の謎、+α。

 

愛知県西春日井郡豊山町
豊山町町制50周年 記念ロゴマーク
(投票候補B)
(作者不明)
_amano_toyoyamatown50thannivcandidate

 

盛りアイテムについては、後ほど。
「小さくてキラリと輝くまち」ないしはそれに類似したフレーズは、ご当地以外にも;

 

北海道上川郡下川町
北海道夕張郡由仁町
神奈川県足柄上郡松田町
茨城県猿島郡五霞町
茨城県結城郡八千代町
滋賀県犬上郡豊郷町
奈良県生駒郡安堵町
岡山県久米郡美咲町

 

など、全国各地の町で使われてきている。「日本で最も美しい村」連合の「町」版状態だけれど (maybe nothin' like that, though)、見方を変えればつまりはこの概念自体が手垢のついたものかもしれないわけだよ。

 

-----
(2021.04.06 中日新聞 抜粋)

 

豊山町は二〇二二年の町制五十周年を町内外に広くPRし、盛り上げるためのロゴマークを、候補作品五点の中から一般投票で決定する。投票(一人一票)は誰でもでき、四月三十日まで。結果は来年六月に発表する。

 

〔後略〕
-----

 

誤報ですね。どこが間違いかわかるかな?(この答合わせも後ほど。)

 

(最優秀作品)
冨永明日香(32歳:長崎県西海市)

 

〔対価〕
最優秀賞 商品券 10万円相当
優秀賞(2点)商品券 3万円相当

 

結果的に次点がどうなったのかはわかりません😵。まさか選ばなかったわけではあるまいが。

 

これとよーく似た双子は、関東にも現れとるわけですわ。

 

千葉県鎌ケ谷市
市制施行50周年 記念ロゴマーク
(応募作品)
(作者不明)
_amano_kamagayacity50thannivoffered

 

市の花は[ナシ]の花と[キキョウ]です。

 

最近の公募にしては珍しく「応募作品一覧」がサイトに掲載されているので、この作品を発見し得た次第。2021年3月前後に公開されたらしい。(ただし「重複作品等を一部除いています。」とあって、また微妙にひんやり。)

 

本公募では「全国から多くのご応募をいただいたことから、」2点を採用するという荒技に出た。

 

(優秀作品)
西村貴之(鎌ケ谷市)
居関孝男(京都市)

 

ただし、何だかその後活用されているようには見えない(特に居関作品は)。これは予定されていた記念イベントや冠事業の多くがCOVID-19のために中止/延期になったことと関係しているものと思われ、この状況はご当地のみならず、昨年から今年にかけて○周年を迎えた全国の自治体で多く見られるところである(中には、周年記念期間そのものを来年あたりまで延長するケースも出ている)。
因みに「優秀賞」が最高位で、次点は設定されなかった様子です。

 

〔対価〕
賞金 5万円 + ふるさと産品 3千円相当

 

豊山町が2020.12.01~2021.01.15募集、鎌ケ谷市が2021.01.15~02.26募集と、前者の締切と後者の開始が同じ日だったという絶妙なタイミング感。どちらも作者不明で、ガイダーテイスト満点にして既視感十二分、ツルもこうしたタイプの作者鑑定は非常に苦手なわけです。

 

しかーし!!
愚blogではこんなものを取り上げたことがあるのだよ。

 

【2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」】
長崎県西彼杵郡長与町
町制施行50周年 記念ロゴマーク
天野穂積
〔2018年9月発表〕
長与町50周年

 

まあ、はっきり言って、ぱっと見はまるで同じなわけだ。

 

-----
50周年の[50]をモチーフとし擬人化、腕を組み笑顔で重ねる事で、町民の住んでよかった。と思える町への誇り、愛着を表現しました。また町花木[梅]特産物[みかん]を組合せ長与町らしさを強調してあります。
-----

 

(優秀賞)
居関孝男(京都市)
田中 勉(大阪府池田市)
立志哲洋(東京都江東区)
小柴雅樹(兵庫県宍粟市)
浦川 紫(長与町)

 

ア、ここにも居関が(笑)。

 

〔対価〕
最優秀賞 賞金2万円 + 特産品等 5千円相当
優秀賞(5点) 特産品等 2千円相当

 

そして、冒頭の作品で表された[星]を指し示す指先は、ついこないだも見たばかり。

 

【2021.11.03 「義務教育期間終了 抜き打ち試験【追試】」】
宮崎県延岡市
第6次延岡市長期総合計画後期基本計画 ロゴマーク
天野穂積
〔2021年8月(?)発表〕
Amanonobeokacity6thplanlatter

 

以上の結論として、豊山町・鎌ケ谷市も天野作品であると鑑定します。そして、この長与町・豊山町・鎌ケ谷市の3点セットで、天野穂積という公募ガイダーに対する見方を変えます。作家の評価はその最高の作品ばかりではなく最低の作品で決すべきだというのがツルの基本的な考え方。(三つ巴が四つ巴・五つ巴にならねばよいけれど。)

 

しかしですねえ。自信を持って断言はしきれないのだ。豊山町では、候補作品より先に次の採用作を見つけてゲッソリきてましたし。

 

愛知県西春日井郡豊山町
豊山町町制50周年 記念ロゴマーク
冨永明日香(32歳:長崎県西海市)
Tominagatoyoyamatown50thannivinitial Tominagatoyoyamatown50thannivinitial2
 ↓
Tominagatoyoyamatown50thannivfinal

 

決定の発表の時だけ色指定がひどくズレてるのが、また田舎公募らしいところ。

 

-----
作品の説明
[50]で青い空や緑、その中に[スマイル]を配置して笑顔のあふれるまちを表し、町の花[サザンカ]で親しみやすいデザインにしました。空港のにぎわいと更なる発展を離陸していく[飛行機]で表現しています。

 

作者のコメント
この度は、豊山町50周年ロゴマークに選定していただき誠にありがとうございます。と、同時に驚きと嬉しさを感じております。
記念ロゴには、豊山町の笑顔あふれる町と空港のにぎわいとともに未来へ向かって発展し続けてほしいという想いと願いを込め、デザインにも多くの方々に親しまれ愛着を感じていただけるようなロゴマークを制作しました。
50周年という節目のお祝いを一緒に盛り上げる一役を担えてとても光栄に存じます。
最後に、豊山町50周年おめでとうございます。豊山町の益々の発展をお祈りいたします。
-----

 

一体、冒頭に挙げた作品と何が違っているというのだ??何も変わりはしないじゃないか。そもそも出発点から、なんで候補5点のうちにこんなに似通った2点を残しておいたのだ??コンセプトも冒頭のものに当てはめてもほとんど通用するじゃないか。
結局、誰でも真似できるハンコ絵のテンプレートだってこと。筋の悪い話で。

 

ご当地は町域のうち3分の1近くまでが県営名古屋空港(正式名 名古屋飛行場:通称 小牧空港)の敷地に占められているそうな。中部国際空港(愛称 セントレア)が愛知県常滑市にできてからだいぶ割を食ってるところやね。
よく考えれば、ご当地が「小さくてキラリと輝く」と言っているのもこのエアポートに負う部分が大きいのではないかと思えてきて、何か割り切れない感じは残ります。

 

なんか、ヤやなー。冨永作品も結局、ビジュアルだけでなくコンセプトやコメントまで、塩崎一族はじめ大御所ガイダー陣を研究し尽くしてそれだけで作った感じがする、などと思っていたら、投票対象5点のうちにもっとすげえのがあったというわけです・・・。

 

答え合わせ。
「来年六月に発表」じゃなくて「今年六月に発表」ですね。もう発表されてっし😅。

 

(続く)

2021年11月20日 (土)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(五)(あきる野市社協・ウーケン・宇検村100周年)

(承前)

 

前回書いたように、金津 博のことはこの2年ほど取り上げていなかった。このガイダーの場合、公募活動の中心はキャラクターだったので、ご当地キャラブームが去った後はもうほとんど活動停止状態じゃないかと勝手に思っていたんだけれど、そうでもなかった様子。
2021年9月発表の「IDETA」に至るまでのところをちょっと探してみると、なかなか昔懐かしいデザインを発見します。

 

まずはこれ。2015年9月発表と、ちょっと古いんですが。

 

東京都あきる野市
あきる野市社会福祉協議会
ロゴマーク
金津 博
Kanazuakirunocityswc

 

-----
あきる野市社協の頭文字[あ]をモチーフに、あきる野市の豊かな自然・大地と[ハート](出あい・ふれあい・ささえあい・たすけあい等々)を組み合わせ、あきる野市社協と職員・ボランティアの皆さんをイメージして表しました。
-----

 

おわっ!あまりにもがっつりな[丸にブーメラン]じゃないか!!平成大合併から10年も後のことだぜ、あーあ。

 

【2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」】
新潟県東蒲原郡阿賀町
町章 → 採用取消
ハタヤマハルオ
〔2004年11月決定 → 12月取消〕
阿賀町章(ハタヤマ案)

 

広島県安芸高田市
市章(優秀賞)
小谷義和
〔2003年11月決定〕
安芸高田市(小谷案)

 

鹿児島県奄美市
市章(優秀賞)
彦根 正
〔2005年11月決定〕
奄美市章(彦根案)

 

平成大合併時、[あ]を用いた丸ブーバリエーションの市章案は他にも数多かったけど、採用に至った例は実はあまりない。一方、ツルの調べた限り、金津が自治体章に採用された例は北海道二海郡(ふたみぐん)八雲町のものしかない(他に、埼玉県北本市でシンボルマークが採用されているが)。(cf. 2015.08.12~16「丸ブー🌀艶競べ♥ [9]」・2017.03.01「春のわかれ」)
当時、「あ」で始まる新自治体章の公募には金津も出してたろうとは思うんですね。そーゆーボツネタを10年後になって・・・ゴホゴホ😷
同社協は、1995年9月にあきる野市が誕生(秋川市と西多摩郡五日市町が新設合併)した際に発足したらしく、本ロゴマーク制定は「設立20年を記念して」と銘打たれている。キャラクターには走らなかったのネ(今にやるかもしれんけど)。

 

(優秀賞)
小林勝郎
川津葉月
山口 冴
立石駒子
松田廣志
梅村元彦

 

(特別賞)
酒井琴羽
中村駿斗

 

それから2年後の2017年6月には、これまた正統派にwwてんこ盛りDogma全開な南方系キャラクターが採用されていた。

 

鹿児島県大島郡宇検村(うけんそん)
イメージキャラクター
ウーケン
金津 博
Kanazuooken

 

-----
妖怪[ケンムン]をモチーフに、[焼内湾]や[湯湾岳]に見立てた[帽子]には、特産品の[タンカン] [マンゴー] [パッションフルーツ] [車エビ]を飾り、髪には村の花[ハイビスカス]、手には「結の心で村おこし」の[ハート]を掲げて、「宇検村」をアピールしている可愛らしいイメージキャラクターです。
-----

 

おお、昔ながら、塩キャラさながらの既視感もてんこ盛り😍。クダモノトケイソウの実の色の表現には苦労したものと見られますww。お腹についているのはもちろん[村章]。てっきり沖縄県かと思っていたら、鹿児島県の奄美大島の自治体でした💦。地名は「やけうちわん」「ゆわんだけ」と読みます。後者は島内の最高峰(標高694m)。

 

-----
ケンムンまたはケンモン(水■)とは、奄美群島に伝わる妖怪。土地ごとに相違があるものの、概ね河童や沖縄の精霊(妖怪)であるキジムナーと共通する外観や性質が伝えられている。
-----

 

えーっと、だから、この妖怪は宇検村の専売特許ということではないわけ。使ったもん勝ちってことでしょう。
「ケンムン」の名は「怪の物」の転訛らしい。「■」は虫偏に「温」の旁を書いた字「蝹」で(表示されなかったらゴメン)、「水■」は「すいいん」と読むそうです。棲み処のガジュマルの樹を伐られると怒り、戦後GHQが奄美に仮刑務所を作った際に多くのガジュマルを伐採したので、後年マッカーサーが没した時には「ケンムンがいなくなったのはアメリカに渡ってマッカーサーに祟っていたから」との噂が広まったという。
この妖怪が「善い奴か悪い奴か」については時代とともに変遷があるけれども(どちらかというと善→悪)、消えかかっていた伝承を平成の世に甦らせたわけです。

 

芋蔓式にこんなのも見ておこう。

 

本公募はご当地が2017年11月に100周年を迎える記念事業の一環として行われたもので、同年1月にはそのロゴマークやキャッチフレーズも発表されていたんですが・・・。

 

鹿児島県大島郡宇検村
村制施行100周年 記念ロゴマーク
工藤和久(青森県)
Kazuhisaukenvillage100thanniv

 

-----
宇検村の[う]の文字を基調に島に昇る[朝日]と共に輝く元気な「結いの笑顔」で宇検村・100周年を象徴的に表現しました。[赤]は太陽、[青]は海と空、[緑]は大地、[橙]は光とみのりで豊かな自然と風土と文化に恵まれた宇検村を明快にイメージしました。
-----

 

ああ、色遣い御託もテンプレートどおり。和久の狂気一歩手前のキャラクターマーク。

 

〔キャッチフレーズ〕
「先人の夢開き 子の笑顔咲く 宇検村100周年」
小田中準一(千葉県)

 

小田中は愚blogでも多少取り上げたことのあるコトバ界の公募ガイダー。すごく珍しいのは、五七調でも七五調でもないところですかね。と思ったら、七五五五六と、曲がりなりにもそれっぽくなっているんだということに気づきました。
「先人の夢」が何を意味しているのかは、Wikipediaを探ったぐらいではわかりません。ただ、「歴史」の項には、1970年代初頭から約20年にわたって続いたご当地の黒歴史についても触れられていて、地域の結束の固さと時代の変化への頑なさとの相剋みたいなものも感じた次第。

 

(続く)

2021年11月18日 (木)

【緊急投下】日本田舎遺産への「道」- 銀の馬車道・鉱石の道に立ち尽くす議員センセイ方

(承前)

 

つい十日ほど前、これ↓のことを取り上げたばかりだけれども、このプロジェクトに関連して、昨日、地元メディアで不祥事が報じられていた。

 

【2021.11.07「〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(二)」】
兵庫県 朝来市・姫路市・神崎郡福崎町・市川町・神河町・養父市
日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会
日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道 ~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~」共通ロゴマーク
天野穂積
〔2019年2月発表〕
Amanosilvercarriageroad

 

-----
(2021.11.17 神戸新聞)

 

賞品付きの写真コンテスト募集、冊子に掲載 公選法に抵触の恐れ 銀の馬車道の議連
兵庫県の中播磨や但馬の6市町の議員有志でつくる「日本遺産『銀の馬車道・鉱石の道』議員連盟」が、10月初旬に発行した活動報告の冊子に、ギフトカードを賞品とする写真コンテストの募集要項を掲載した。冊子内には連盟に所属する一部の議員名も記されていた。公職選挙法は議員が役員を務める団体の寄付行為を禁じており、県選挙管理委員会は「このまま賞品を贈れば、同法に抵触する恐れがある」と指摘する。

 

同議連は「銀の馬車道・鉱石の道」の活性化を目的に、2019年に設立された。沿線の姫路、養父、朝来、市川、福崎、神河の3市3町の議員約60人が参加している。
冊子はA4サイズで4ページ。表紙に会長や副会長、監事など役員9人の議員名を記載する。見開きで紹介する写真コンテストは10月末が募集期限で、最優秀賞や優秀賞、佳作などの計10人に賞品としてギフトカードを贈ると記す。冊子は各市町の職員や観光協会などに配布された。
公選法は、議員で構成する団体が選挙区内の住民に対し、議員名を表示したり類推されたりする方法で寄付する行為を禁止する。今回は冊子で議員名が分かり、ギフトカードを贈ると選挙区内への寄付に当たる可能性があるという。

 

議連会長の長尾克洋・市川町議は「指摘されるまで気が付かなかった。対応を考えたい」としている。作品の選考はまだ行っていないという。(田中宏樹)
-----

 

あらー。
この議員連盟はロゴマーク発表の3ヵ月後、2019年5月に設立されたもの。元記事を書いた時にはこの団体のことにも気づいていたので、入れようかどうしようか迷ったんですが、入れときゃよかったわー(苦)。

 

報道に出てくる公職選挙法の条文は以下のとおりである。

 

-----
(公職の候補者等の関係会社等の寄附の禁止)
第百九十九条の三 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)がその役職員又は構成員である会社その他の法人又は団体は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、いかなる名義をもつてするを問わず、これらの者の氏名を表示し又はこれらの者の氏名が類推されるような方法で寄附をしてはならない。ただし、政党その他の政治団体又はその支部に対し寄附をする場合は、この限りでない。
-----

 

「同法に抵触する恐れ」どころじゃない、真っ黒でしょ。「公募対価は寄附じゃない」「趣旨が違う」という理屈を正当化するのだったら、公選法は抜け穴だらけになってしまう。本条文に限らず、この法律は公職者が有権者に対して利益を与えることを厳に禁じているのであって(その逆は真ならず。やらずぶったくりとも言う)、それって政治家としては基本中の基本じゃん。
「指摘されるまで気が付かなかった」なんて言わせない。「議員連盟」なればなおさらです😠。田舎者がぁあ💢

 

もっとこわい話。
同議員連盟のFacebookを見ると、問題の冊子、『日本遺産『銀の馬車道・鉱石の道』議員連盟ニュース』 No.2は全4ページのうち2ページ分だけが載っている、「見開きで紹介する写真コンテスト」のところだけが↓。しかもPDFぢゃなくJPGで😱。

 

Silvercarriageroadassemblymembers2

 

「表紙に会長や副会長、監事など役員9人の議員名を記載」というページは入っていません。名前を売らなきゃいけないおシゴトで、それはいかにも不自然でしょ。
つまり、「議員名を表示したり類推されたりする方法」であったことはわからないしくみなんですよ😔。ひんやりを超えてぞぞぞ。(No.1は全4ページを載せてたんでっせ。)

 

≪公選法に触れる恐れがあると気がついてたから氏名のページを載せなかったんじゃねーのかよ👊≫

 

このFacebookには、過去に辛口のメディア論説(後半はかなり主観的かつ恣意的でこれ自体説得力は低いが)を踏まえたこんな記事↓も出ていたので、焦りはあったんでしょう。

 

-----
(2019.10.21)

 

日本初の高速道路「銀の馬車道」というストーリー、播但貫く銀の馬車道・鉱石の道、資源大国日本の記憶をたどる73㎞の轍~。これを構成文化財との関係で、どう見せるか。日本遺産を、どう活用するか (写真は、10月21日付け神戸新聞記事より)

 

20191021kobenewspaper
-----

 

しかし一番大切なところを踏み間違えた。盛り上げるどころか逆効果になっちゃったとは。これを田舎公募、田舎遺産と言わずしてなんとしょう(ばっさり)。
募集時の注意事項にはちゃんとこんな一文まであったのに。

 

-----
5.法令等に違反するもの、公序良俗に反したり犯罪を助長するもの、人種、民族、思想、信条等について差別しまたは差別を助長させるもの、政治・宗教活動を目的とするもの、わいせつな表現を含むもの、広告・宣伝・勧誘・営業等の活動で営利目的のものは投稿できません。見つけた場合は、当方で削除します。
-----

 

うんうん。こういうの、ブーメランって言うんですかね。コンプライアンス意識に欠けるものなど、削除されてしまえ。

 

まだ次の動きは見えてこないので、ウォッチだけはしておこう。

 

おまけです。
折しも、「銀の馬車道ネットワーク協議会」(今回の主役『日本遺産『銀の馬車道・鉱石の道』議員連盟』とも、以前書いた『日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会』とも異なる😅😅😅)による、『第4回日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」川柳コンテスト』の結果発表が11月5日に行われていた。募集対象は上述6自治体在住/通学の小学4年生~中学3年生である。
結果的に最悪のタイミングで、かわいそうに😢。

 

結果そのものは基本どうでもいいとして、ツルが深く共感したのは次の一句。

 

(審査員特別賞)
「学校へ 行くこの道は 歴史道」
堀川瑠唯(福崎町:福崎町立福崎東中学校2年)

 

うん。ツルも遥かむかし、京都で、洛東中心に銀閣寺とか真如堂とか、平安神宮とか八坂神社とかの辺りを毎日チャリで飛ばしてたから、その頃の気持ちに一気に引き戻された(清水寺周辺はさすがに修学旅行生が多過ぎて避けてたけど)。そんな思いは30年も40年も経ってから再び胸に迫ってくるものなんだよ(しみじみ)。
それに比べると、地元の大人たちが引き起こした不始末は、10年も経たぬうちに雲散霧消するものなのかも。

 

だから、ご当地生まれご当地育ちを恥じることなく生きていきなさい。その道にそのむかし馬車が走っていたことなんかも、その海にそのむかし塩廻船が来ていたことなんかも、ある意味どうでもよろしい。未来は君たちの手にあり。

2021年11月14日 (日)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(四)(熊取町70周年・出光タジマEV)

(承前)

 

今回は天野が最高に「気合が入らない」「気分が乗らない」時の作品をぶった切ろうと思ったんだけれど、気まぐれに考えを変えて(楽しみは先に取っときたい心持ち)、ちょっと道草を食ってみる。
前回取り上げた赤穂市70周年の次点に入ったガイダー陣の近況をば。

 

2020年10月の赤穂市の発表から程なくして、菅野センセは同じく70周年モノでDouble Faceタイプも作っとられまして。

 

大阪府泉南郡熊取町
町制施行70周年 記念ロゴマーク
菅野 薫(山形県)
Suganokumatoritown70thanniv

 

2021年1月発表。うふふ、これが赤穂だったら花を陣太鼓に変えて、向かって左を「たっくん」(← 藩主 浅野内匠頭長矩(あさの たくみのかみ ながのり))、右を「おっくん」(← 筆頭家老 大石内蔵助良雄(おおいし くらのすけ よしお/よしたか))とでも名づけてキャラクター化しちゃったりするところであったろう。

 

-----
熊取町の花[ひまわり]をモチーフにしています。
70周年を熊取町民とともに祝い、未来に向かって夢や希望をともに実現していくスタート台に立つ姿を明るく元気な[笑顔]で表現しました。
全体的に明るく元気なイメージのデザインにしました。
-----

 

これねえ。こんな文章、どこかで誰かのを見た気がするんだよね。でももういいや。
ご当地に名所名物が皆無というわけではないんですけどねー、何と言っても京都大学複合原子力科学研究所(旧 京都大学原子炉実験所)があるし😜。

 

(優秀作品)
阪上(さかうえ)沙也香(大阪府)
天野穂積(静岡県)

 

おお、なんとここでは天野が次点に入っているではないか!菅野は赤穂の仇を熊取で討ったわけだ。画像非公表なのが残念です(∵赤穂みたいな似たり寄ったりのデザインだったかどうかが知りたいだけ)。
現在菅野は69歳前後、天野は68歳前後で、ほぼ同年代ということになる。ネットで調べると、本格的に菅野の名が現れてくるのは2018年後半あたりから、天野はその1年前あたりからで、ともにリタイア後に趣味と実益の公募活動に精出しているということじゃないかと踏んでいるのだけれど、とにかくお互い秘かに意識し合っているに違いないww。

 

〔キャッチフレーズ〕
「ただいま、おかえり、やっぱり熊取。」
堀 卓(たく)(千葉県)

 

-----
町民(また関係者)の皆さんが安心して暮らせる、そんな町であって欲しいという願いを込め、4音×4節、そして2節目からの3節は「り」の脚韻を踏んでまとめました。
-----

 

ふむ。前々回の「灘区制90周年 なんだかんだで 灘が好き」を思い出した。
こんなのもあったっけ。

 

東京都多摩市
多摩市市制施行50周年 記念キャッチコピー
「くらし・たのし・たまし。」→「くらし・たのし・たまし」
山本(飯田)朝子(50歳:多摩市鶴牧:中央大学国際経営学部教授)

 

-----
(2020.01.22 中央大学サイト 抜粋)

 

「キャッチコピー・ネーミング論」や「広告表現研究」科目を担当し、現役のコピーライターでもある国際経営学部教授の飯田朝子が、多摩市市制50周年記念事業となる50周年キャッチコピーの公募事業に応募。作品「くらし・たのし・たまし」が選ばれました。

 

〔中略〕

 

テーマは「多摩市に誇りを持ちいつまでも住み続けたいと思えるまちのイメージを表現できるキャッチコピー」で、応募410件の中から飯田(山本)朝子が提案した「くらし・たのし・たまし」が選ばれました。

 

〔後略〕
-----

 

今年11月1日の50周年に向けて2019年6月頃に公募制定されたもの。なんで名前を変えたんですかねえww。別名義使うんなら勤め先で明かしちゃいけんでしょ(笑)。同市サイトでは職業については一切触れられてないし。
この時の市民投票候補6点はいずれも多かれ少なかれ言葉遊びの要素を持った作品だった。中には「たのしいい!多摩市いい!」なんてのもあって、愚blogでずっと前に戯れで書いた「くらしいい、いたばしい」を思い出しましたww(cf. 2012.12.24「その水は本当に清く澄んでいるのか − 下」)。どうせありきたりの発想しか詠み込めないならば、いっそ言葉遊びに走った方が印象に残るというものかもしれない。
熊取町でも(菅野に追加依頼して?)幟なんか作るんだろうかしら。

 

(優秀作品)
金田朋子(大阪府)
林 美奈子(千葉県)

 

〔対価〕
最優秀賞(各1点) 商品券 3万円相当
優秀賞(各2点) 商品券1万円相当

 

〔応募総数〕
ロゴマーク 71点
キャッチフレーズ 301点

 

対価は赤穂市より高かった、然るに応募は少なかったという。

 

一方、愚blogでは長くご無沙汰だった昔懐かしい金津センセもついこないだの9月に健在が確認されました。

 

株式会社出光タジマEV
ブランドロゴ・エンブレムデザイン
(特別賞)
金津(かなづ) 博
Kanazuidetanext

 

出光興産株式会社と株式会社タジマモーターコーポレーションの共同出資でこの4月に発足した会社で、4人乗りEVによるモビリティサービスを来年から始めるそうな。「IDETA」はそのクルマのブランドネームとして出されていた御題です。

 

[I]と[D]と[T]を組み合わせてあるのだろうけど、なんか、Lancersあたりに出されてそうなビジュアルやなー。細部がちょちょっと変えてあるのもそれっぽいしー(爆)。

 

対価は最優秀賞が30万円、優秀賞(1点)が10万円と、今どきにしちゃそれなりの大盤振る舞い。特別賞以下は明らかにされていない(というより当初は設定がなかったんだと思う)。金津は一体何がもらえたんでしょう。まさかNothingではあるまいけれど・・・
で、応募総数は1,584点に達した。でも、逆に言えば高々30万円の公募で会社の命運を決める製品エンブレムを決めちゃうのって一体どうなん?
一般に、自治体の場合と違って企業がロゴマーク作成やCI確立で公募に頼らないのは、Communication Designの手法を取れなくてリスクが高過ぎるからじゃないの?基本的に、公募ガイダーにその役割が果たせるとは思えない。
本公募でも「受賞されたデザインは使用にあたり精緻化を施す予定です」とされているけど、デザイン補整という意味だったらどこの公募でもやっていることで、意義は本質的に違うだろうし。

 

(最優秀賞)
福士成悟(せいご)(北海道旭川市)

 

(優秀賞)
藤原雅樹

 

(特別賞)
浦川 亮(りょう)
金津 博

 

(団体特別賞)
北海道立旭川高等技術専門学院
大阪府立今宮工科高等学校
東北生活文化大学高等学校
岩手県立久慈高等学校
香川県立多度津高等学校 建築科

 

今どきの石油屋がクルマ開発に(まで)打って出るのは、全国のガソリンスタンドの存立に関わる問題だからだろうなあ。
まあでも、そんなことより、これ↑が何故1,500点超の中から「特別賞」の栄に浴したのか、そこら辺の選考意図が知りたいですが。

 

(続く)

2021年11月13日 (土)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(三)(酒井家庄内入部400年・赤穂市70周年)

(承前)

 

天野作品、だんだん質を下げてまいります。

 

山形県鶴岡市
酒井家庄内入部400年記念事業実行委員会
酒井家庄内入部400年記念事業 公式ロゴマーク
天野穂積(67歳:静岡市葵区:デザイナー)
Amanosakaishonaientrance400thanniv

 

-----
[400]をモチーフとして酒井家の[家紋]と[鎧兜]を組み合わせ、[正方形]は庄内米作りの枡、[円]は交流、[かすれ]は次代への発展・勢いを表現しています。
-----

 

今年3月、発表されたもの。[片喰(かたばみ)]は確か日本で一番多く用いられている家紋。

 

でも、だから否定評価を下すって言ってるわけじゃない。

 

[鹿角]の兜について当たってみると、不思議なことがわかってきた。市サイトには「令和4(2022)年に、酒井家第3代当主 酒井忠勝公が、藩主として庄内に入部してから400年の節目を迎えます」と出ているのに、発表時の報道では;

 

-----
(2021.03.27 荘内日報 抜粋)

 

〔前略〕

 

[400]の文字をモチーフに酒井忠次公の[鎧兜]やコメを入れる[マス]などをイメージした静岡市葵区のデザイナー・天野穂積さん(67)の作品が最優秀に選ばれた。

 

〔後略〕
-----

 

と、なぜか主人公がすり変わっている奇妙感。
出羽庄内藩十三万八千石酒井家の初代とされる忠次は、家康の時代、徳川四天王の一人に数えられた人物で、ご当地に住んでいたわけではない。つまりは幕府の大立者にあやかりたかった、「入部」前の「藩祖」という扱いにした、てなとこなんでしょうが。兜は、この忠次所用の「金箔鹿角脇立朱漆塗十二間筋兜/きんぱく かづの わきだて しゅうるしぬり じゅうにけん すじかぶと」がモデルのようです(ペーパークラフトもあるでよ)。

 

でも、だから否定評価を下すって言ってるわけじゃない。

 

この記事ではこんなことも書かれている。

 

-----
(同上)

 

〔前略〕

 

26日に鶴岡市役所で行われた公式ロゴマークの表彰式には、実行委員長の皆川 治鶴岡市長、審査委員長の中山ダイスケ東北芸術工科大学学長、実行委顧問の酒井忠久18代当主が出席。皆川市長が天野さんに表彰状を手渡した。
天野さんは「鶴岡は古いものと新しいものが融合したきれいな城下町。酒井家の[家紋]などをモチーフにデザインした作品が、このように最優秀に選ばれてとてもうれしい」と話していた。
中山審査委員長は「応募点数が多く、全ての皆さんに感謝したい。天野さんの作品は、[赤]と[金]の2つの色が400年をお祝いしているように見えるし、とてもめでたい気持ちになる」と講評した。

 

〔後略〕
-----

 

殿様の末裔はこの時御年74歳、令和の今もご当地きっての名士なんでしょう(「酒井佐衛門尉家22代当主」の肩書も持つ由)。負けじと「鹿角にまつわる歴史のお話」なんかを熱く語ったそうな。有名女優を嫁に持つ学長も当然名士なんでしょう(cf. 2018.11.08「「ご当地ナンバー」なるものについて:5」)。
アレコレ柵みが多そうやの。

 

でも、だから否定評価を下すって言ってるわけじゃないんです。

 

ツルが評価を下げるのは、この半年ほど前、次のものが発表されていたから。

 

兵庫県赤穂市
市制施行70周年記念シンボルマーク
天野穂積(67歳:静岡市:グラフィックデザイナー)
Amanoakocity70thanniv

 

驚くね。メインの「殿様の紋所」発想だけじゃなく脇役の「かすれ」までが使い回しだったとは。
・・・いや。[右二つ巴]は赤穂藩家老大石家の、つまりは大石内蔵助良雄の紋所なのであって、藩主浅野家のものではない😓。

 

今年の9月1日の70周年に向けて、昨年10月に発表されたもの。作品の趣旨は;

 

-----
70周年の[70]を基本モチーフとし、赤穂浪士の[陣太鼓]、製塩の海水をまくイメージ([ブルー円])と組合せ、赤穂らしさを表現しました。また陣太鼓の勇ましさ、海水をまく勢いは新たなステップ、新しい時代への飛躍を象徴しています。
-----

 

となっていて、それに対し、選定側の講評は。

 

-----
[赤]と[青]の対比が効果的で、[陣太鼓]が赤穂らしさを表現している。[70]の「0」の部分の[かすれ]が、塩田に海水をまく動きをイメージしており、全体としてスッキリし、70周年にふさわしい。
-----

 

こんなのまるで講評にも選定理由にもなっとらんじゃん。「だからどうなのだ」をきちんと捉えていない。

 

赤穂藩と儒学者山鹿素行の間に関係があったのは事実だが、赤穂浪士が吉良邸討ち入りの時に山鹿流陣太鼓を打ち鳴らしたというのはお芝居の中の創作だそうで、考えてみればそれも道理、人ん家に押し入って家人を殺しまくってこようという時に太鼓叩いて回る馬鹿もいないだろう。そもそも「一打ち二打ち三流れ」という「山鹿流陣太鼓」なるもの自体、実在しない(従ってこの拍子の打ち方も芝居によって違うんだそうな)。

 

次点には懐かしい顔も見えます。

 

(佳作)
菅野 薫(68歳:山形県東村山郡山辺町(やまのべまち))
Suganoakocity70thannivnext

 

金津 博(76歳:新潟県上越市)
Kanazuakocity70thannivnext

 

あー、なんか見えてきたでしょ。つまりはそういうデザインが欲しかったんやね。赤穂浪士事件が起こったのは元禄時代、今の暦に直すと1701~1703年のことだから、よっぽどこっちの方が百年モノっぽい話なわけだよ、十年単位じゃなくてww。

 

同時に公募された標語は、次の作品が選ばれた。

 

〔キャッチフレーズ〕
「はばたけ未来へ ●●」
森谷晃大(もりたに こうだい)(11歳:赤穂市片浜町:赤穂市立塩屋小学校5年)

 

-----
作品の趣旨
ぼくが大人になっても、明るい●●であってほしいから。

 

【選定理由】
シンプルな中にも希望に溢れ、未来に向けて●●市がさらにジャンプアップする願いを表現している。
-----

 

(佳作)
「いい人 いい街 いい笑顔 70周年●●」
杉本湘路(74歳:神奈川県川崎市)
「つなげよう 未来の●●へ 70周年」
山本祐美子(45歳:赤穂市元沖町)

 

「●●」には「赤穂」の2文字が入る。コトバ系のご当地公募なんて9割9分こんなレベルだということはツルももう理解しているけれど・・・
それはそうかもしれない。けれどこんな結果だったら、公募する意味はあったのかとやっぱり思う。そこは児童作品であろうが容赦はしません。

 

それにしても、いい度胸してるよなあ。

 

2020.08.03~31 赤穂市募集
2020.10.30 赤穂市発表・表彰式
2020.12.25~2021.01.21 鶴岡市募集
2021.03.26 鶴岡市発表・表彰式

 

つまり鶴岡のは赤穂の採用が決まった後にそのデザインを流用して応募されていたわけ。ツルはそんなの信用しない。
鶴岡での中山(と、一般投票で天野作品に入れた人たち)は、赤穂の存在を知っていたろうか。天野は赤穂の方の表彰式には出席しなかったようなんですけどね(^_-)。

 

以上。
もっとすごいのが登場しますぜ、次回は。

 

-----

 

【参考データ】
〔対価〕
鶴岡市
 採用作品 賞金 10万円
 優秀作品(2点) 賞金 1万円
赤穂市
 優秀賞 記念品 2万5千円相当
 佳作(2点) 記念品 5千円相当

 

〔応募数〕
鶴岡市
 181点
赤穂市
 86人(市内 35人 + 市外 51人)
 168点(市内 60点 + 市外 108点)

 

〔人口〕
鶴岡市
 120,685人(2021年10月1日現在 推計人口)
 122,440人(2021年10月31日現在 住民基本台帳人口)
赤穂市
 45,226人(2021年10月1日現在 推計人口)
 46,098人(2021年10月31日現在 住民基本台帳人口)

 

「市」の基本的な条件は「人口5万人以上」だから、赤穂市は今や実質的には「町」なんですね、ちょっと驚く。(もっとも、そんなこと言ったら、東隣の兵庫県相生市は約2万8千人、西隣の岡山県備前市は約3万2千人。)
でも、意外なことはもっといろいろあるわけで、あれこれ思わされますな。天野が赤穂に出向かなかったのもなんとなくわかる気がしてくる。

 

(続く)

2021年11月 7日 (日)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(二)(長崎県測量設計コンサルタンツ協会・銀の馬車道 鉱石の道・灘区90周年)

(承前)

 

長崎県内で「島原半島うみやま街道」ロゴとペアになるのは、これです。

 

長崎県
一般社団法人 長崎県測量設計コンサルタンツ協会
ロゴマーク
天野穂積(67歳:静岡市:グラフィックデザイナー)
Amanonagasakisurveyandplannningassoc

 

2019年10月発表のうみやま街道の翌年、2020年の7月決定なんだけど・・・つまりこちらはコロナが日本を覆い尽くしてからの話。

 

-----
長崎県をイメージする[教会]、[寺院]、[眼鏡橋]などをモチーフとし[円弧]と組合せました。
また[円弧]は宇宙からの測量、ドローンによる空中写真測量、地域を守る事を表し長崎県らしさと、郷土を守り、未来をつくる協会を表現しました。
-----

 

「郷土をまもり、未来をつくる」は同協会のキャッチフレーズ。

 

画き込まれたアイテムがどうも似通ってる感じなんですよねえ。

 

Amanoshimabarascenicbiway

 

募集時の参考資料には「長崎県のみどころ(イメージ)」として、平和祈念像やグラバー邸、ハウステンボスや軍艦島、五島列島福江島の大瀬崎灯台や壱岐島(いきのしま)の筒城浜(つつきはま)、果ては長崎くんちの龍踊り(じゃおどり)なんかまで総動員されており(ただし、島原市・南島原市・雲仙市のネタは挙げられていない😅)、その意味では「サンセットロード」とさして趣旨が変わりゃせんじゃないかという気がする。
常識的に考えれば、龍踊りなんか画いたひにゃあ「測量」のイメージにはなりにくいだろうけど、そこを何とかすることを求められていたんでしょ(笑)。しかしそこら辺を攻め込むには至らず、センターを取ったのは伝統的長崎異国情緒を表した天主堂。右端の[ビル]は安易だと思う。
因みに「くんち」とは北部九州各地で行われる秋祭りで、「九日」から来ており旧暦九月九日の重陽の節句に行われるから、というのが有力説。長崎市の長崎くんちは諏訪神社の祭礼で、現在は10月7~9日に固定して開かれている。もっとも、この祭りもご多分に漏れず2年連続で行われていません。さらに諏訪神社は宮司のセクハラ問題で大揺れしているという状況です。

 

一方、「うみやま街道」と「測量設計」のロゴ募集要項には同じ記載が多いので、後者は前者の実務を真似たというところもあるのかもしれない。
大きく異なるのは採用対価で、「街道」は道の駅「みずなし本陣ふかえ」の1万円相当の商品というチープさ。「測量」は5万円相当の商品券で、これとて一昔前なら大御所ガイダーには見向きもされなかったような額だけれど、特に佐野研二郎問題以後デフレが進行して、今やこの辺りが標準レベルのようです。

 

もう一つダメ出ししとくと、「測量設計」って、「測量&設計」の意味なのか、「測量の設計」の意味なのか、一般人にはわからないです。参考資料も読み込んでみたけど、やっぱり不明。そこを一目瞭然ハッキリさせる方が、ロゴ作りなんかより重要じゃない?

 

もう一つ、類似した企画を取り上げてみる。2019年2月発表だから、長崎の「うみやま街道」や「測量設計」より少し先輩格になります。

 

兵庫県 朝来市(あさごし)・姫路市・神崎郡福崎町・市川町・神河町・養父市(やぶし)
日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会
日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道 ~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~」共通ロゴマーク
天野穂積(65歳:静岡県:グラフィックデザイナー)
Amanosilvercarriageroad

 

-----
[馬車]と[鉱山]までつなぐ道で、銀の馬車道、鉱石の道を表現。その道は播但の頭文字[B]を意味している。また、鉱山群へと続くグラデーションの背景で地域の景観、鉱物資源大国日本の記憶をイメージしている。
-----

 

また何やら新しいのが出てきました。前回紹介した「日本風景街道」が国土交通省の管轄だったのに対して、「日本遺産」というのは文化庁の所管。「海外からの観光客増加が見込まれるオリンピック開催年の2020年までに全国的に100のストーリーの認定を目指して」いたとのことで、今やまさに昔日の感がある。
「鉱物資源大国日本の記憶」というフレーズは募集側から出された御題目をそのまま鸚鵡返しした荒技だが、どうもねー、日本って産出する鉱物の種類は多いけれども大抵の場合産出量が少な目で商業ベースに乗りにくい、国際競争力なんかさらさらない、だから輸入に頼らなければ産業が立ち行かないという宿命だと理解していたので、この言い方にはかなり違和感を持った。

 

「銀の馬車道/ぎんのばしゃみち」は姫路市の飾磨(しかま)と朝来市の生野(*)を南北に結んだ旧い馬車専用道路で、正式には生野鉱山寮馬車道といい、「鉱石の道」はさらに生野から北の養父市に至る道路に、2004年になってこの名称をつけたもの。いずれも明治期に発展した当時の産業道路である。日本遺産には2016年に申請して認められず、歴史・文化寄りから観光寄りに軌道修正して再申請し、翌2017年4月に認定されたという経緯を持つ。

 

(*) 小式部内侍の「大江山 いく野の道の 遠ければ」の歌に出てくる丹波国天田郡の生野=現在の京都府福知山市字生野とは別。(cf. 2013.07.28「屈辱 → 雪辱の構図」)

 

で、共通ロゴマークはそこから2年後に;

 

-----
(2019.02.15 神戸新聞 抜粋)

 

これまでは、朝来市の生野鉱山から姫路市の飾磨津(今の姫路港)まで結んだ銀の馬車道と、生野・神子畑[引用註:みこばた]・明延[引用註:あけのべ]・中瀬の4鉱山のエリアを指す鉱石の道それぞれのロゴマークしかなかった。
-----

 

ということで制定された次第。
しかし有り体に言えば、「鉱石の道」の方はビジュアルに何も反映されていないのではないかという気もする。いや、そもそもなぜこの2つの「道」は統合してしまわないのか?だ。

 

これら諸々を経て、2021年4月、天野デザインはここに至る。

 

兵庫県神戸市灘区
灘区制90周年 記念ロゴマーク
天野穂積(静岡市)
Amanonadaward90thanniv

 

〔キャッチコピー〕
「灘区制90周年 なんだかんだで 灘が好き」
山田友子(山口県萩市)

 

-----
(2021.04.01 区長の日記 抜粋)

 

ロゴマークは、灘区の名所や瀬戸内海、[六甲山]等をモチーフに魅力満載の灘区が表現されています。濃いブルーは[瀬戸内海]、[都賀川]を表すとともに、灘区の[N]のイメージを重ねられたとのことです。
-----

 

ご当地を代表する「名所」として描かれたのは、[六甲有馬ロープウェー] + [神戸文学館] + 灘の生一本の[酒蔵]らしい。しかしやねー、酒蔵は酒蔵に見えへんのよ(杉玉でも掛ければ印象が違ったかも)。文学館は元々は関西学院のチャペルだった建物なので、今まで見てきた教会のイメージに似通っちゃうのも致し方ないとは言えようが。
「長崎」「島原」においてもそうだと思うが、多分天野の頭の中には「神戸」に対する一定のイメージというものがあって、そこからは一歩も踏み出すことなく制作したのだろうという気がする。

 

本公募で風変わりなのは、『親権者の同意のない未成年の方の応募は採用等を取り消します』とされていたことと、賞金10万円に加えて『ロゴマーク採用者には別途賞金額と同額にて「のぼり」デザインを依頼します』というおまけがついていたことです。

 

Amanonadaward90thannivflag

 

これって事実上、デザイナー限定公募だったということになりはしないかしらん??それに、キャッチコピーにカギ括弧をつけたまんま幟にしちゃった感覚って、どうなのよ。

 

ご当地が区制90周年を迎えたのは2021年9月1日だが、コロナ禍の影響を受けているのはここも同じで、このロゴマークが発表された4月には灘だんじりの記念巡行も予定されていたところ、10月に延期され、さらに来年3月に再延期されている(灘だんじりは2020年も中止されたので、2年続けて飛んだことになる)。
願わくば、長崎くんちともども来年こそ無事挙行できますことを。

 

(続く)

2021年11月 6日 (土)

【加筆編】〽️カネに恨みは数々ござる ネタに不足も数々ござる(一)(島原半島うみやま街道・ながさきサンセットロード)

(承前)

 

私見ながら、ご当地ビジュアル公募のうち、キャラクター系が影を潜め、ロゴマーク系が辛うじて残っている(自治体の周年記念モノなんて5年に1回ぐらいはやってくるからね)という状況の下、今一番精力的に活動しているのは天野穂積だと思う。「遅れてきたガイダー」ながらとにかく盛んに制作していて、採用も確かに多い(一時はその立ち位置に「★の瞳」の八谷早希子がいたように思うが、このガイダーはほぼキャラクター専門なので、今後の活躍が期待できるとも考えにくい)。
一方で、塩崎一族や井口一族や工藤一族や駒井 瞭や中本竹識や金津 博や堀江 豊といった先行する面々のやりたか放題華やかなりし時代に比べ、公募の対価額が10年前のざっと半分以下になっていることからすれば、ご当地公募への応募が実入りの少ないシゴトになってしまったというのも否定できない事実と思います。

 

そんなせいではなかろうけれど、天野作品は、率直に言って、気合いを入れて作った時とそうでない時の落差が激しい印象で、かつ、その度合いがだんだん強くなってきているように思われる。そこのところを容赦なく斬り刻んでまいります。

 

まずは、この長崎ペアから😔。

 

長崎県 島原市・南島原市・雲仙市・国土交通省九州地方整備局長崎河川国道事務所 他
島原半島うみやま街道推進協議会
日本風景街道「島原半島うみやま街道 ~歴史と水と温泉のまち~」ロゴマーク
天野穂積
Amanoshimabarascenicbiway

 

-----
[島原城]、[雲仙温泉]、[ミヤマキリシマ]、南島原の[教会]、湧き水、[鯉]をモチーフとし、3市特色ある資源と、歴史と水と温泉のまち島原半島うみやま街道を表現しました。また上昇する湧き水は島原の[し]と、市域を越えたルートと飛躍を象徴。
-----

 

日本風景街道とは、アメリカの “Scenic Byway” を真似たシステムで、まあ、国立公園とか国定公園とかジオパークとか世界ナントカ遺産とかの道路版ね、てな理解でよろしいみたい。ただ、民間主導で行政と連携しつつあれこれ地域興しをやっていくというのが21世紀風なミソです。2005年12月に始まった「日本風景街道戦略会議」の委員長はトヨタ自動車経営トップで経団連会長も務めた奥田 碩(ひろし)だった。道と車とは切っても切れない関係。【2014.12.01「PNまつり 第9弾」】で取り上げた香川県高松市の「むれ源平石あかりロード」も、2007年11月、これに認定されている(2013年10月にキャラクター「あかりちゃん」を作るより早く)。

 

ご当地のこれは長崎県南東部の島原半島を走る国道57号、251号、389号を中心とする全長194kmの「道」で、2019年3月に認定を受けたという。九州では15番目、全国では142番目だった。
3つの市の「特色ある資源」とは;

 

・南島原市の潜伏キリシタン関連の歴史
・島原市の湧水を活かしたまちづくり
・雲仙市の雲仙・小浜(おばま)温泉

 

を指すという。「市域を越えた」というけれど、そもそも島原半島に3つも自治体が存在すること自体馬ゴホゴホ・・・😷。
最大の問題は、「風景」や「うみやま」と銘打ちながら、「海」が描かれなかったことじゃなかろうか(長崎なのに!)。ご当地の魅力は、常に海とともにあると思うのだけれど。

 

ご当地と言えば、「島原半島ジオパーク」が2009年8月に日本で初めて世界ジオパークに認定され、その後2018年7月には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(*)が世界文化遺産に登録されている。現在の「雲仙天草国立公園」の元となった雲仙国立公園の指定はぐっと遡って戦前の1934年3月で、やはり日本初の国立公園だった(天草が加わって今の名称になったのは1956年7月)。その辺りをキレイになぞった企画なわけです。

 

(*) 天草四郎時貞が率いた島原の乱の決戦地、原城跡(南島原市)が構成資産に含まれている。なお、天草地方は長崎県ではなく熊本県であり、別途「あまくさ風景街道」が日本風景街道に認定されている。

 

自然と歴史と文化の特色ある故地とは確かに言えよう。ツルは子供の頃、毎年家族旅行する習わしだったので島原も雲仙も天草も割と行ってました。そう言えば小学校の修学旅行も島原と天草だったっけ。けどその割に「15番目」&「142番目」とはえらく遅かった気がしますねえ。
ロゴマークが発表されたのは認定の年の秋、2019年10月。当然「みんな来て来て」の行け行けドンドンだったはずで、インバウンド狙いか英語版まで作る予定にしていた。が、程なくして新型コロナウイルスが日本にも蔓延して現在に至っている。残念ながらプロジェクト自体アテが大きく外れた格好です。

 

「使用できる色は赤、青、白の3色」というイロイロ微妙な指定も出されていて、そこは先行するこれ↓に合わせたものだろう。

 

長崎県 長崎市・平戸市・松浦市・佐世保市・北松浦郡佐々町(さざちょう)・西海市・国土交通省九州地方整備局長崎河川国道事務所 他
ながさきサンセットロード推進協議会
日本風景街道「ながさきサンセットロード ~橋でつながる教会と歴史の道~」ロゴマーク
(作者不明)
Nagasakisunsetroad

 

2011年3月11日の14時~16時に開かれた同協議会で決定されたもの。同日14時46分、東北地方太平洋沖地震発生。

 

あー、海はこっちに使われていたんだ。どちらの方が「行ってみたくなる」「走ってみたくなる」わかりやすい訴求力に満ちているかという点で、勝負はついていると思う。ただし、こちらもFacebookは2020年4月の記事を最後に更新されていない。

 

〽️入相の鐘 切支丹の里に響くらん

 

でも、うみやま街道とペアになるのは、サンセットロードではないんです、ツル的には。

 

(続く)

2021年11月 3日 (水)

🈴連載9周年記念企画🈴 義務教育期間終了 抜き打ち試験【追試】(鳥取県立美術館と共に歩む中部地区の集い協議会・ふじ丸・第6次延岡市長期総合計画)

(承前)

 

そうだ。これのことを書きそびれていた。

 

(2)
_amano_kofuhealthycitycandidate2

 

-----
甲府の頭文字[K]をモチーフに擬人化(市民)し、[ブドウ]のイメージと重ねました。
また、下部の[オーバル]は甲府盆地、豊かな自然環境を意味し、高々と指を突き上げ宣言するポーズにより市民地域行政が一体となり健康都市を目指す事を表現しました。
-----

 

見た目の印象はめっきり塩キャラそのものなわけで、このビジュアルだけ出されたらツルも栄一/歩美の作品と思って【無明の闇】Subsdriesで取り上げたことだろう。でも熟考(「じゅくこう」ではなく「じゅっこう」と打たないと出てこないんだ!)と推論の末の結論として、これは塩崎一族作品ではないと考えている。
理由は、塩崎一族は手の表現や[No.1]ポーズをこんな風には画かないでしょというのが一点、文体が違うでしょというのが一点。

 

(10)(優秀賞③)
塩崎榮一
Ekofuhealthycitynext

 

-----
甲府市「健康都市宣言」ロゴマークで「甲府市」の頭文字をローマ字の[K]をモチーフにし、地域の人々のスポーツに浸しむ姿と子どもたちの[笑顔]と共に描きデザインしました。
-----

 

そしてもう一点。「擬人化」の語を多用するのは誰でしたっけねえ。ひょっとしたらこの辺りかなあ↓。

 

【2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」】
宮崎県西都市
市制施行60周年 記念ロゴマーク
天野穂積
〔2018年3月発表〕
西都市60周年

 

-----
西都原古墳群からイメージされる[古代人]を60周年の[6]と組合せ、市の花である[ミツバツツジ]を60周年の[0]と組合せ、60周年を表し、西都らしさを擬人化する事で親しみやすさを強調しました。
-----

 

ああ、もしそうだとすれば違和感は解消するんだけれど。
そこでググってみると、やっぱりいろいろ出てきまして。いずれも錯塩です。

 

鳥取県
県立美術館と共に歩む中部地区の集い協議会
ロゴマーク
天野穂積(静岡市)
〔2020年1月決定〕
Amanotottoriprefecturalmuseumsociety

 

-----
鳥取県の頭文字ひらがなの[と]をモチーフとし擬人化し、[グリーン楕円](中部地区を象徴)と組み合わせました。
また、[ベレー帽]をかぶり、[筆]と[パレット]を持ち、歩んで行く姿により、美術館と地域の一体感、地域の活性化を目指す親近感のあるロゴマークを表現しました。
-----

 

ベレー帽というより、あそこをこうやってここをこうやって色をこうすれば「どんぐり銀行」のキャラクターになれます。あ、楕円がかぶってますねえ、色合いもコンセプトも。
2019年8月にまずキャッチフレーズ「街と共に未来をつくる 美術がひらく希望の扉」(by 佐藤好恵@北海道稚内市)を公募で決定し、その後で --つまりフレーズに合うように-- ロゴマークを募集したもの。2024年度に開館予定の美術館のマークかと思ったらどうやらそういうわけではなく、つくづく不思議な協議会もあったものだと思う。鳥取中部ふるさと広域連合(鳥取県東伯郡北栄町)の中部創生課が事務局を務めているそうな。

 

静岡県
静岡県建設業関係労働時間適正化推進協議会
「建設現場も働き方改革@静岡」ロゴマーク
ふじ丸
天野穂積(静岡市)
(愛称)福地重範(静岡市駿河区)
〔2020年6月デザイン発表・10月愛称発表〕
Amanofujimal

 

-----
[富士山]を擬人化し、[笑顔]で元気よく建設現場で働く姿を表現しました。
またキャラクター化する事で、広く県民の皆さんに親しみを持ってもらい県民みんなで働き方改革のひろがり、応援する事を表現しました。
-----

 

その日本語、微妙に不自由につき。
「働き方改革」という言い方自体、既に少ぅし古めかしさを感じてしまうのは、With Coronaで否応なしにテレワークなどというものが幅を利かすようになったせいもあるだろう。

 

こちらは、ロゴマークなのに後で愛称をわざわざ別途募集したというビジュアル先行パターンです。名前をつけることをデザイン募集段階から想定していたかどうかは不明だけれど、ということは多分そうではなかったんだと思う。キャラクター化されたマークを選んじゃったから、なのかもしれない。

 

宮崎県延岡市
第6次延岡市長期総合計画後期基本計画 ロゴマーク
天野穂積(静岡市:グラフィックデザイナー)
〔2021年8月(?)発表〕
Amanonobeokacity6thplanlatter

 

ここでも「高々と指を突き上げ」が登場している。

 

-----
(2021.08.31 夕刊デイリー 抜粋)

 

延岡市はこのほど、第6次延岡市長期総合計画後期基本計画(計画期間2021~25年度)の公式ロゴを発表した。公募に対して市内外から61件の応募があり、外部有識者による審査の結果、静岡県静岡市のグラフィックデザイナー天野穂積さんの作品に決定した。

 

〔中略〕

 

同計画に基づくまちづくりがスタートすることを広く浸透させ、多くの市民にまちづくりに関心をもってもらうことなどを目的に、市は長期総合計画の公式ロゴマークを公募した。
市によると、採用作品は延岡市の頭文字[の]をモチーフに擬人化し、[笑顔]は延岡市民を表現。指さす[星]は輝く未来をイメージし、希望あふれる未来を目指して「市民力、地域力、都市力が躍動するまち のべおか」を表したという。
5月12~18日の1次審査で5作品に絞られ、6月8日~7月6日の最終審査で審査員12人(行政3人、審議会委員9人)による投票で採用作品が決定した。市によると、天野さんの作品について審査員からは「市民が主役であることや、輝く未来を想像しやすい」「擬人化された笑顔の人が大きく描かれているので、『あなたが主役』がよく表現されている」などの意見があったという。

 

〔後略〕
-----

 

この報道だと不明確だけれど、これも先にキャッチフレーズを募集して決めている。なんでこんなものにキャラクターマークまで必要だったのだろう、こんなマークがあれば本当に「多くの市民にまちづくりに関心をもってもらう」ことができるのだろうかといった問題はさて置き。
「外部有識者による審査」で選んだのか、「審査員12人(行政3人、審議会委員9人)による投票」で選んだのか、どっちかハッキリしとくれ。両者は並び立たないものでしょ?
まあ、審査員のコメントを見ればやっぱりポピュリズム政治だとの感を禁じ得ないが。

 

≪この計画の中にはとにかく延岡のバラ色の未来が詰まっているんですよぉ。だからこんなマーク作りましたぁ≫

 

と視線を逸らさせてしまう、危険さ。大切なのは政策の中身だ。

 

もう一つ言うと、デザインの発表は当初今年5月下旬に予定されていたので、そこからだいぶ遅れたことになる。
そして何より不可解なことには、地元紙が報じた上掲の記事以外、この結果発表に関する情報はどこにも出ていない(募集告知の情報は見つかるのに)。というよりこのマーク自体が、市のサイトにも広報紙にも一切見つからない😵(そもそも公式に結果発表していないのかも)。ご当地で一体何が起きて(?_?)いるんだろう。
因みに2018.02.06から市長を務める旧自治省官僚の読谷山洋司 (よみやま ようじ)はご当地出身ながら、愛媛県総務部長や岡山市副市長、長崎県立大学経済学部教授等を歴任してきており、2016年7月の参院選では宮崎選挙区から立ち落選している。前三重県知事鈴木英敬と経歴が似ているから(cf. 2021.08.15「見え続ける夢、令和の夢」)、今にまた国政に打って出たりすることがあるかもですな。

 

//

 

こうして見てくると、やはり冒頭の(2)は、天野作品と判定することで問題なさそうに思えます。塩キャラとの類似度の高さから考えて、平山陽一や深川重一もマークしていたんだけれども。
以上、文化の日にツル自身に対する追試でしたとさ。

 

-----

 

【参考データ】
〔第6次延岡市長期総合計画前期基本計画〕
(期間)
2016年度~2020年度

 

(都市像)
「市民力・地域力・都市力が躍動するまち」(* 第5次から踏襲)

 

(キャッチフレーズ)(* 非公募か)
小野信介(延岡市:コピーライター)
「新しい延岡を楽しもう 延joy(エンジョイ)」

 

(ロゴマーク)(* 非公募か)
上杉忠弘(延岡市出身:イラストレーター)
Uesuginobeokacity6thplanformer

 

Uesuginobeokacity6thplanformerwithphrase

 

-----
例えば、
混まない道でスイスイ出勤できること。
太平洋を見渡す砂浜に15分で立てること。
刺身も肉料理もびっくりするほど旨いこと。
ここが超一流のアウトドアフィールドであること。
そんな 延岡のあたりまえの暮らしを楽しみながら、
夢を託せる仕事に励む。
新しい延岡の、新しい幸せのかたち、
『延joy』(エンジョイ)
「しごと」と「くらし」を楽しむまちへようこそ。
-----

 

ほら、寄ってたかって元から劇場型じゃん。

 

〔第6次延岡市長期総合計画後期基本計画〕
(期間)
2021年度~2025年度

 

(都市像)
「のべおか 市民がまんなか ~ 市民力・地域力・都市力が躍動するま
ち のべおか」

 

(キャッチフレーズ)
太田敦子(44歳:延岡市:延岡学園尚学館中学校・高等部教諭)
「輝く未来へ あなたが主役 新延岡物語」

 

ロゴマーク
天野穂積
Amanonobeokacity6thplanlatter

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想