« 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #8(時津町イメージイラスト&イメージキャラクター・光市おっぱい都市宣言のまちキャラ) | トップページ | 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #10(和白東校区ホームページキャラ応募作品・がん検診受診促進キャンペーンキャラクター・ロゴマーク応募作品・アジアオリエンテーリング選手権) »

2022年7月18日 (月)

【加筆編】Mauvais Sang, Partout #9(八雲町章候補・小佐野小学校)

(承前)

 

いつまでやってんだという感じになってきてるので、そろそろ締めに向かっていかねばと思いつつ、執拗に追及いや追求します。

 

駒井の作品を大別すれば、概ね;

 

・「丸にブーメラン」タイプの市町村章やロゴマーク類
・「駒井式ひらがな/アルファベットCryptography Method」と「指から血飛沫」によるキャラクターマーク類
・「通せんぼ」ポーズ&「ちょうちんブルマー」姿のキャラクター類
                                                                                                                 
ということになるだろう。
そのどのカテゴリーにおいても、このガイダーは徹頭徹尾リサイクルに腐心しているように見える(ま、丸ブーならば大抵テンプレどおりではあろうが😏)。
それはビジュアルだけの問題ではなくて、コンセプトの組立てからしてそう。曰く「少しキャラクター的にデザイン」「これは又、21世紀をリードする」「力強く飛翔発展する勇姿を象徴」等をSuper Clichéとする中身のない文章のオンパレード。

 

ついでに言うなら、愚blogではほとんど深追いしてないけど(目は通してます);

 

・校歌やご当地ソング、じゃなかった市町村民歌の類いの歌詞

 

が加わることになる。これまたテンプレ祭りです(ま、校歌である限り大概マンネリではあろうが😏)。

 

上述のキーワードで検索すればいろいろ挙がってきて、たとえ作者不明であっても駒井作品とすぐわかるってわけ(前にも書いたけど)。この傾向は決して最近始まったことじゃない。
ツル思へらく、「公募ガイド」等の公募雑誌をつぶさに読んで日常的にキャラクターやロゴマーク類の公募に応募してくるマニア層、つまり「公募ガイダー」は、2005年をピークとする平成の自治体大合併に伴う新自治体章公募から本格的に発生したと考えている(駒井作品は前回見たように少なくとも2001年から存在するし、公募ガイドの創刊は1985年だが)。
ご当地キャラ・ゆるキャラ制定の本格化は2007年の彦根城400年祭での「ひこにゃん」 活躍以降のことである(cf. 2015.06.03「やけに色のない夢を見る」)。

 

で、このClichéに注目して、平成大合併期の丸ブーマークの作文例を二つ。

 

(1)
-----
[や・く・も]の文字を組合せ、日本海・内浦湾・渡島半島・見市岳・遊楽部川・見市川・温泉の自然を図案化。[赤]は燦然と輝く希望の太陽とみなぎる活力を、[や]は町民の共働と自立を、[く]は夢と創造性を、[も]は個性と躍進を表し、これは又、21世紀をリードする八雲町が力強く飛翔発展する勇姿を象徴したものである。
-----

 

(2)
-----
小佐野小学校の頭文字の「小」をアルファベット表示した「KO」をもとにデザイン化された。[K]と[O]の二文字で、清らかな甲子川と弾む小佐野小学校の明るく元気な児童の姿を表している。
[赤い円]は燦然と輝く希望の太陽と目指す理想を示し、[青い曲線]はやさしさふれあう学び合いと、明日に向かって夢ひろげ小佐野小学校が力強く飛翔・発展する勇姿を象徴している。
-----

 

どちらも作者不明なんだけど、そうは思えないでしょ、いつものことながら。「文体って人柄を表すよね」とかいうレベルを遥かに超えている気がする。

 

正体はこのとおり。

 

(1)
北海道二海郡(ふたみぐん)八雲町
町章
(候補作品 No.94)
(作者不明)
_komai_yakumotowncandidate94

 

2005年7月決定。旧 山越郡八雲町と旧 爾志郡熊石町が新設合併して二海郡八雲町となったのは同年10月1日。応募総数345点を集めた中から5回にわたる選考の結果、最終候補として3点に絞られた中に入っていたもの(この時点で類似調査を経たという(+_+))。「見市岳/けんいちだけ」は一名「遊楽部岳/ゆうらっぷだけ」とも呼ばれる由、どちらもそこそこの難読地名です。「渡島半島」は「おしまはんとう」、「内浦湾」は普通に「うちうらわん」。
けれど、列挙された地名等がこのビジュアルで表されているとはおよそ思えない・・・。海や川を敢えて赤で表すというChallengingな目標を立てたわけでもなさそう(皮肉です)。

 

≪このどこが「やくも」なんじゃバカタレが!≫

 

と八雲町のヤン衆が騒ぐ。

 

採用作品 by 金津 博については【2015.08.12~16「丸ブー🌀 艶競べ♥ [9]」】を参照されたし。

 

(2)
岩手県釜石市
釜石市立小佐野小学校
校章
(作者不明)
_komai_kosanoelementaryschool

 

丸ブー氾濫期に現れてくる「盆踊り系」です。「小佐野」は「おさの」ではなく「こさの」、校舎のそばを流れる「甲子川」は「かつしがわ/かっしがわ」。2005年4月に(旧)小佐野小学校と尾川小学校を統合して開校したところだから、校章制定もその前後のことだろう。なお、釜石市自体は平成大合併期に他自治体との合併を行っていない。

 

ね、やっぱイラっとしてくるでしょ。「K」はまだわかるとして、「O」なんて初めから言わなきゃいいのに。

 

≪とにかく、手抜きはやめて!≫

 

と小学生のかっちゃんが叫ぶ。

 

駒井の丸ブー作品の連続的微小変化については【2014.10.01~03「配達されない三通の手紙:四通目」 】を参照されたし。

 

結局、ビジュアルと文章には関連性などなく、別途独立に作られたものではないのか、そうとしか思えない、というのがツルの結論です。

 

― Title Inspired by「石狩挽歌」北原ミレイ(1975.06.25リリース)―

 

(続く)

« 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #8(時津町イメージイラスト&イメージキャラクター・光市おっぱい都市宣言のまちキャラ) | トップページ | 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #10(和白東校区ホームページキャラ応募作品・がん検診受診促進キャンペーンキャラクター・ロゴマーク応募作品・アジアオリエンテーリング選手権) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #8(時津町イメージイラスト&イメージキャラクター・光市おっぱい都市宣言のまちキャラ) | トップページ | 【加筆編】Mauvais Sang, Partout #10(和白東校区ホームページキャラ応募作品・がん検診受診促進キャンペーンキャラクター・ロゴマーク応募作品・アジアオリエンテーリング選手権) »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想