Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ

2020年9月21日 (月)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.20:後編(おしなりくん コロナ対応)

(承前)

 

GCB47のことはCD発売元の徳間ジャパンコミュニケーションズのサイトにも情報が載っているけれど、そこでの「メンバー」は;

 

-----
ボーカル・ギター・バンマス/石田洋介

 

ダンスパフォーマー・コーラス/いとうまゆ・・・元NHK「おかあさんといっしょ」4代目身体表現のおねえさん

 

ギター/スパンキー・・・本名シュピーゲル・ド・スパンキー3世、地球デビュー 2000年12月29日

 

ベース/カパル・・・(公財)志木市文化スポーツ振興公社公式キャラクター

 

キーボード/戸越銀次郎・・・戸越銀座商店街マスコットキャラクター
ドラム/ニャジロウ・・・秋田市在住秋田発の猫キャラクター

 

パーカッション(タンバリン)/すがもん・・・巣鴨地蔵通り商店街公式イメージキャラクター

 

パーカッション(ジャンベ)/たき坊・・・八王子市公認キャラクター
-----

 

となっている。
アレ? ダンスパフォーマーはなぜ Wikipedia ではハブられてたんだ?タンバリンやジャンベなんかよりずっともっと・・・おっと。ジャンベは西アフリカ発祥の手で直接打つタイプの縦長の片太鼓です(やや類似するコンガやボンゴは中米のキューバ起源)。

 

「応援キャラクター」は Wikipedia よりかなり多い。

 

-----
うなりくん(成田市観光キャラクター)、
おしなりくん(東京都墨田区おしなり商店街振興組合)、
カッパのコタロウ(株式会社ラピート)、
くもっくる(渋谷Flowerプロジェクトマスコットキャラクター、渋谷公園通商店街振興組合・公認)、
ちょうせい豆乳くん(日本豆乳協会 公式マスコットキャラクター)、
みっけ(樟葉宮表参道商店会)、
山田るま(全日本だるま研究会)、
ゾンベアー(北海道 有限会社ハシエンダインターナショナル)、
とっくりん(徳島非公式キャラクター)、
さくらちゃん【志木桜】、
きゃらガ~ル ゆっこ&お猿のくぅ(飛騨高山公認)、
ゴーヤ先生&ちびゴーヤ(福知山市みどりの親善大使)、
ペッカリー&ホセ艦長(BIZEN中南米美術館)、
有明ガタゴロウ&青木理奈、
さなせなぼな(佐世保市九十九島)、
しんじょう君(高知県須崎市)、
トチゴくん & Pearl Kids(JA全農とちぎ)、
真田幸丸(うえだ原町一番街商店会)、
せとくん(せと狛犬プロジェクト)

 

※ATD47・・・ご当地キャラクターのアテンド(お世話をする)を担当する方たちの総称
-----

 

「GCB47」の「47」は、無論47都道府県を表しているのでしょ?しかし「応援キャラクター」まで入れても総数30点弱。マイナーな地方/団体のキャラが多い中、「大都会」のご当地キャラという意味でちょっと毛色が違うのがこれだと思う。

 

Muraseoshinarikuncorona

 

東京都墨田区押上・業平地区
押上・業平橋地区活性化協議会(押上ガーデン通り商栄会・押上通り商店会・(旧)業平商盛会・(旧)業平橋融和会・業四市場商栄会)
イメージキャラクター
おしなりくん
村瀬まゆ美(岐阜県)

 

-----
【2013.04.15「最強の悪夢、さらなる追撃 下」】
「あづちゃん」と準ペアの位置づけになるはずの押上・業平橋地区「おしなりくん」は入らなかった(作者はいずれも村瀬まゆ美:おしなりくん since 2009.07.31:あづちゃん since 2011.03.03:後者は前者の縁で村瀬に委嘱されたもの)。
-----

 

この時はちゃんと調べた上で「since 2009.07.31」と書いたのだけれど、今その情報源がどうしても見つからなくて、ひょっとしたら「since 2009.08.30」かもしれません。
↓はそれから1年後、2010.08.29のショップ「おしなりくんの家」1周年記念イベントの時のキャラ作者とのツーショット。

 

20100829murasemayumi

 

同協議会は2011年に解散しており、現在は業平商盛会と業平橋融和会が同年に合併した「おしなり商店街振興組合」が運営を担っているそうな。Wikipediaの「マスコットキャラクター一覧」の項に「おしなり商店街復興組合」とあるのは明らかな誤りですww。[東京スカイツリー]開業に伴う衰退からの復興を目指して闘う[在原業平]を・・・ああいやいや。
このショップも、今やコロナ影響で休業を余儀なくされたりしているようですorz。

 

ほんでもってこないだ取り上げた2011.04.27お披露目の「向嶋言問姐さん」とは微妙ぅうにカニバっちゃう関係。思うに、押上も向島も業平橋も吾妻橋も言問橋も、東京スカイツリー開業(2012.05.22)を当て込んでゆるキャラまで競って制定して、当初は大いにもてはやされ、その後見事に当てが外れて再び沈みつつある都会の「ご当地」と捉えられよう。そう考えると、NHK大河ドラマを当て込んで作られる片田舎のキャラクターあたりとさして変わりはないのかもしれないなぁ。
・・・いやいや。コロナ問題を介して考えた場合、そこにはやっぱり厳然とした差異があるんだ。

 

GCB47関係では他にも、「山田るま」「有明ガタゴロウ」「さな・せな・ぼな」でともみ天帝コロナ対応ポスターが作られていることが確認できた。ハイ、そこまで。(正体のわからないキャラだし、ポスターの中身はどうせおんなじだし、もう取り上げないけど。)

 

そして世は令和に遷り、コロナが流行り、2020年4月、青森の陸奥新報のニャモタン&おともだちのてんこ盛り広告に到る(cf.【Mov.15】;順番は 北→南 に入れ替えてます)。

 

-----
つゆヤキソバン(青森県)
たかたのゆめちゃん(岩手県)
ニャジロウ(秋田県)
こあぴょん(秋田県)
いのっぴ(秋田県)
しらかわん(福島県)
ムジナもん(埼玉県)
北春日部Q之介(埼玉県)
向嶋言問姐さん(東京都)
すわん君(東京都)
真田幸丸(長野県)
しらかばちゃん(長野県)
ズネーモン・ウェイダー(長野県)
にゃかつがわ君(岐阜県)
フランソワーズびわ(愛知県)
いが★グリオ(三重県)
龍王さくらちゃん(三重県)
ビバッチェくん(滋賀県)
ゴーヤ先生(京都府)
キララちゃん(京都府)
みくちゃん(奈良県)
星のあまん(大阪府)
しんじょうくん(高知県)
安田朗(高知県)
イーサキング(鹿児島県)
ホヌッピー(ハワイ)
-----

 

「すわん君」は「東京都」となっているけれども、一般社団法人 日本循環器学会(所在地は東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー18F)の禁煙推進委員会の禁煙啓発キャラクターなので、「ご当地キャラ」ではないだろう。奢侈贅沢が身に染みついてる感じですな😁。
海外キャラクターでともみ天帝ポスターになった例としては、「ホヌッピー」のほか、香港の「グラ/古拉」というネコキャラがあるけれども、これも詳細がわからない。

 

ふううむ。これら26+1点は全てともみ天帝によりコロナ対応ポスター化されているけど、それ以外にその1.5倍超に当たる数のコロナ対応ポスターをともみ天帝は作られたわけだ。テンプレの。

 

でもさ、やっぱり浮いてるんですよね、この広告。コロナコロナで閉塞感ばかりの世の中をなんとか明るくしたい、そこまではわかる。しかし今そこで必要なのは、等質・均質な「仲間たち」による、これまでとおんなじような、「みんなでなかよく」、的な思想ではないんじゃないの?実際のところ、それぞれのキャラクターのアイデンティティとミッションはそれぞれに違っていること、そしてそろそろそこにまともに向き合わなければならない潮時に来ていることには運営側だって気づき始めているはず。

 

(続く)

2020年9月20日 (日)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.20:前編

(承前)

 

なぜ、やなぎはらはかくも多くのご当地キャラのコロナ対応ポスター(NHKの報道によれば約70点)を作成することができたのだろう。もちろん、著作権がどうとかこうとかいった問題じゃなくてですね。

 

そりゃまあ「てんてー」「天帝」「秋田の偉いひと」なわけだし、「世界キャラクターさみっと in 羽生」やら某グランプリやらでコネクションはきっといくらでもできていっただろうけれども、そこら辺とは別にして手頃なところで、「GCB47/ご当地キャラバンド47」なるグループ活動(cf.【Mov.11】)が関係しているかもしれないと考えて調べ始めた。

 

おなじみ Wikipedia には「メンバー」として次のように出ている。

 

-----
戸越銀次郎(キーボード)。戸越銀座商店街公式マスコットキャラクター。

 

カパル(ベース)。河童の姿をしている、(公財)志木市文化スポーツ振興公社マスコットキャラクター。

 

ニャジロウ(ドラムス)。秋田発の猫キャラクター。2019.7月をもって脱退を表明。

 

ブッシャア・アズナブル(ドラムス)。ふなっしーファミリーの一員(ふなっしーの説明によれば「遠い親戚のおじさんみたいなもの」)。2015年「機動戦士ガンダム ORIGIN」アニメ化イベントの際に登場。2017年ふなっしーの Zepp Tokyo でのファンミーティングから復活。ニャジロウ脱退に伴いメンバーに(正式メンバーかどうかは2019年時点不明。暫定の可能性あり)。

 

スパンキー(ギター)。宇宙から来たデンジ犬。現在は東京都品川区大崎を拠点としている。
※ 2013年11月17日、志木市民まつり「カッパだよ!全員集合!」での初ライブよりバンドに参加。

 

石田洋介(ボーカル・ギター)。バンドマスター。作詞、作曲を担当。メンバー中、唯一の生身の人間。

 

たき坊(ギター → ジャンベ)。東京都八王子市公認マスコットキャラクター。
※ 2013年11月17日、志木市民まつり「カッパだよ!全員集合!」での初ライブからパートをジャンベに変更。
※ 2019年現在、立体での活動を事実上休止中。

 

すがもん(タンバリン)。巣鴨地蔵通り商店街公式マスコットキャラクター。
-----

 

「ブッシャア・アズナブル」なんて知らんがなと思うたら、ふなっしーの赤いカラバリだった。ツルはめっきり初代ガンダム世代ですが、嫌いでした、ガンダム。安彦(やすひこ)良和(1947.12.09~)も大嫌いでした、画風が。
そのふなっしーはともみ天帝が見出したキャラである(cf.【Mov.1】)。はーん、なるほど、そういうやり方もあるのか。天帝の体調不良で脱退した後釜を継がせたわけやね。

 

このバンドは2013年11月に石田洋介(1970.07.19~)プロデュースによるアルバム「ゆるくないうたコレクション ~ご当地キャラクター・ソングス~」でCDデビューを果たした。2013年と言えば、各地のご当地キャラが大挙して新垣結衣と共演したあの十六茶のTVCMの初回がこの年の春だったから(cf. 2013.03.27「最強の悪夢継続」)、一般社会でもゆるキャラブームが頂点に達していた頃です。因みにAKB48の活動開始は2005年12月。

 

そして、Wikipedia の記載で重視したいのは、むしろ「その他のメンバー」の部分。(それってメンバーなの?メンバーじゃないの?)

 

-----
アックマ(ギター)。北海道応援キャラクター。2015年2月28日に志木パルシティホールにて開催された「アイタイ ~ 石田洋介キャラクターコンサート」から、その後のアイタイツアー、2015年7月のナカイチ祭ヨジロック(秋田県秋田市)2015年9月のご当地キャラまつり in すさき(高知県須崎市)など、数多くのステージでGCB47と競演している。

 

しんじょう君(ギター)。高知県須崎市公式マスコットキャラクター。2014年9月13日~14日に開催された「ご当地キャラクターまつり in 須崎」(高知県須崎市)にてサプライズメンバーとして参加。「すさきすきキャラしんじょう君のうた(作詞作曲:石田洋介)」のみを演奏。

 

ATD47(コーラス)。キャラクターのアテンド担当やイベントの出演者、スタッフなどから成るコーラス隊。2013年11月17日、志木市民まつりでの初ライブでその存在がバンマス石田より明かされた。

 

ゴーヤ先生(キーボード)。福知山環境会議公式マスコットキャラクター。2014年5月5日に開催された「ご当地キャラクター大集合 in 福知山 ~ゴーヤ先生のお誕生会~」(京都府福知山市・福知山市厚生会館ホール)にて、石田・カパル・ニャジロウと共に演奏。

 

さなせなぼな(コーラス)。長崎県佐世保市九十九島非公式キャラクター。2014年5月18日に開催された「船橋市場・開設45周年記念 船橋市場だヨ!全員集合」に参加。

 

有明ガタゴロウ(コーラス)。有明海の潟ん中に住むムツゴロウ型ゆるキャラ。2014年5月18日に開催された「船橋市場・開設45周年記念 船橋市場だヨ!全員集合」などに参加。

 

与次郎(ギター)。エリアなかいちマスコットキャラクター。2014年7月26日に開催された「ナカイチ祭2 ヨジロックフェスティバル」(秋田県秋田市エリアなかいち)にて、ゴーヤ先生と共に演奏に参加。

 

おしなりくん(ドラム)。おしなり商店街振興組合のイメージキャラクター。2014年11月15日に開催された「志木市民まつり志木市民まつり2014」(埼玉県志木市)にて、別のイベント参加のため出席できなかったドラム担当ニャジロウの替りに、サプライズメンバーとして参加。

 

こにゅうどうくん(ギター)。四日市市のマスコットキャラクター。2015年10月16日に開催された「アイタイ4」(滋賀県彦根市ひこね文化プラザ)にゲスト出演。

 

お猿のくぅ(ボーカル)。岐阜県飛騨高山の非公式キャラクター。2015年10月16日に開催された「アイタイ4」以降、自身のテーマソングである「MONKEY KUU(作詞作曲:石田洋介)」のボーカルを担当。
-----

 

はーん、なるほどやっぱり。大規模でなくても、中規模のキャライベントはたくさんあって、その中で「おともだち」が増えていって2020年春~夏のコロナ対応ポスターにつながっていったというわけかね。

 

因みに、「お猿のくぅ」を「非公式」とするのは正確でないようで、2012年11月に高山市の公認を取っている。ただしこれも既に活動を停止している様子。

 

(続く)

2020年9月19日 (土)

【疫癘退散編】Intermezzo; 雑。(ニャジロウ・向嶋言問姐さん ポストカード)

(承前)

 

-----
どうもこういうところ、仕事が雑に見えてしょうがない。(他にも例があるんだけれど、回を改めて(^_-)またいずれ。)
-----

 

このことなどについて。

 

コロナ対応ポスターを作り始める前、昨年末から今年のはじめにかけて、秋田の天帝やなぎはらともみはこんなポストカードを作っていた。

 

-----
(2020.01.02 Facebook)

 

1月12日は言問姐さんの歌合戦に行ってきます!
ということで、姐さん描いてみました。

 

Yanagiharafukugaoyaki
-----

 

「ニャジロウの太鼓判グルメ」として、各地のご当地キャラクターとともにその地のご当地グルメを紹介(推薦?)していくもの。
ところが、この翌日にはこんなことに。

 

-----
(2020.01.03 Facebook)

 

ちょっと修正して加筆。
描いていると福顔焼きの香りがよみがえって来て、お腹がぐーぐーです。

 

Yanagiharafukugaoyakirevised
-----

 

〔Before〕
 一流ホテルシェフがレシピ考案
〔After〕
 墨田区で人気のパン屋さんがレシピ考案!!

 

何これ!?ほとんど「優良誤認表示」で景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)で言えばアウトな世界じゃん。
「一流ホテル」と「人気のパン屋」じゃ、そりゃ有意の差があるでしょうに。アレですかね、「○○ホテルに長く勤めたパティシエが独立して開いた・・・」的な。よくある。

 

〔Before〕
 すみだ下町珈琲も
 セットでいかがでしょう
〔After〕
 夏はアイスで
 冬はホットで
 チョコレートドリンク

 

な、何故にそんなことに(?_?)

 

ともみ天帝の場合、修正を入れると必ず情報量が増えちゃうんだよね。足し算ばかりで引き算の思想を持ってないんでしょう(冷)。つまりてんこ盛りDogma。

 

これ↑は、まず、秋田県内のうんめえもんをニャジロウが紹介するポストカードのシリーズが考案され、その番外編という位置づけだったらしい。他に福島県白河市「白河ラーメン」feat. しらかわん with ニャジロウ、長野県上田市「美味だれ(おいだれ)焼き鳥」feat. 真田幸丸 with ニャジロウ(またこれかよって言わないで)があるようです。恐るべし、天帝たるものの影響力。
・・・ただね。白河ラーメン版や美味だれ焼き鳥版に、「ニャジロウと仲良しのキャラ達の苦境を救いたい」という性格はあろうにせよ、どちらも「今ではご当地で○○軒以上の店舗が提供」となっており一応「ご当地(B級)グルメ」と呼び得るのに対して、福顔焼き版の場合は言問姐さんショップ by アポロ印刷株式会社の1店舗だけらしい(しかも現在、常設の実店舗は確認できない)。

 

愚blog書いてて時々気になるんだけれど、こういうのって、ご当地興しや地域振興じゃなくて特定の Entity の宣伝になってしまってるんとちゃうの?そこはどう考えりゃいいですか?

 

見方を変えれば、そもそも向島や白河や上田の宣伝になんで秋田のニャジロウが出てきてるのだ。外部からは理解しにくいでしょうね。ぶっちゃけそれは「秋田の偉いひと」が描いたから、でしょ。もともとはこの企画は次のような趣旨で始まったようだし。

 

-----
(2020.01.01 Facebook 抜粋)

 

〔前略〕

 

ちなみに、このシリーズはどこかの依頼?と聞かれるのですが、全くの趣味です。誰かお金にしてくれませんか(嗚咽)
そろそろポストカード集を作れるくらい作品がたまってきたので、印刷代の計算をしなければ。
-----

 

雑な議論で雑に書いてたら論旨がどこかへ飛んでいっちゃいそうなので手綱を締めてと。

 

本編の秋田グルメの方にもつまんないミスはある。

 

-----
(2019.12.15 Facebook)

 

上手な役者さんがいたら、いぶりがっこ役者!とかけ声あげましょう。

 

Yanagiharaiburigakko
-----

 

おわかり?

 

誤:バイブレーヤー
正:バイプレーヤー

 

Vibrayor?!?!
Biplayer?? Vibrator??
「主役でもあり バイブレーヤー立役者」というのもヘンテコな表現だ。
もーーー、天帝の暴走をチェックする人は誰もおらんかったとかね💨。

 

実際その後、2月には秋田グルメ版を12枚まとめたポストカード集が発売されていて、それにも当然いぶりがっこカード↑は入っているので、このままで世に出ちゃったんじゃないかと心配しとります。

 

まず情報を公開してから後でチェックをかける、というのではとんだ恥をかくだろうし、今に信用を失うと思います(煩悩まみれの公募ガイダーも心せよ)。「私、失敗しないので」と胸張って言いたいのなら一層、自分のやった仕事のシビアな自己チェックは欠かせないでしょうよ。たとえどんなに緻密に作業やったとしても。

 

(続く)

2020年9月12日 (土)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.18(ニャジロウ・ウェイダー・ズネーモン・真田幸丸 バッジ類)

(承前)

 

もともと、ツルがやなぎはらによる新型コロナウイルス感染症対応のポスター作品群をこき下ろすのは、単一のテンプレートに機械的にパーツを載せていくだけの方法論に反発を覚えるからで、そこは塩崎一族などの大御所公募ガイダー(長らくご無沙汰してますが、ちゃんとウォッチは続けているのよ。もう少しお待ちを(^_-))のご当地キャラやロゴマークに対する批判と根っこを同じくしている。けれど、それだけではない。ここからは感性とか世界観とかの問題に入り込むんですが・・・。

 

本Subseriesを書き始めるより前、同じ絵面のコロナ対応ポスターを多く見つけて、これはおかしいぞと調べ始めた頃から気になっていたのがこれ。

 

Yanagiharanyajirobadges

 

秋田県?
秋田発の猫キャラクター
ニャジロウ
やなぎはらともみ
〔2007年発表?〕

 

-----
(2020.03.11 Facebook)

 

まさかこういうバッジを作ることになるなんて。。
-----

 

製作時期としてはポスター類に先立つようです。因みに右側に描かれているのが「ニャジロウ」でやなぎはらの昔の飼い猫(~2011.05.18)の名前、左側の「ニャゴロウ」は現在の飼い猫のうちの一匹(2011.05.18~)の名前。

 

Yanagiharanyajiroasthmabadge Yanagiharanyajiropollenallergybadge Yanagiharanyajiropreventionbadge

 

ぜんそくなんだから、花粉症なんだから、咳やくしゃみしてても白い眼で見ないでねというもの。やなぎはら自身、花粉症に悩まされていることを明かしている。マスクがMUSTになる前だったから、「予防です」なんてものの需要も見込まれたんですねえ。もはや隔世の感あり。
世の中、この手のアイテムは他にも多く見かけるし(逆に「感覚過敏なのでマスクをつけられません」というものまで存在している)、同じ趣旨で、「○○県民です」と書かれたご当地外ナンバー車用のステッカーみたいなんもありますな。

 

ツルはこうしたものが嫌いなんですよねー、きれいごとかもしれないけれど。
これは、別にツルが病気になったことがないからってわけではない。その反対で、学生時代に2度も大病をして(肝臓と腎臓、肝腎なところをやられました)結構大変だった。人生に大きな影響を与えた経験です。40年近く前の話だけど、どちらも幸い治った後、社会人になってからは病気らしい病気を一つもせずに過ごしてきたことが不思議にさえ思える時がある。
かかったのは、一つは伝染しない病気、一つは伝染する病気だった。図らずも両方体験してみて、「うつる病」の方がStigmaは確かに強い、一方でTraumaが断然強いのは「うつらない病」だというのは実感したところ。人のせいにできるものじゃないので自分で葛藤して自分で闘うしかない。だからツルは、「コロナじゃなくて花粉症ですから」とか、「STDじゃなくて母子感染ですから」とか、そんなことは決して言わないと決めたんです。
病気というものの本当のしんどさは、人と全く同じように生活していたのに自分だけがなってしまった(と思い込む)悔しさにあると思う。それを背負い込まされることに比べれば、そんな Stigma なんざ屁でもないっす。正面から立ち向かってやるわ。

 

もう一つ、これは最近の話で・・・。
今年の2月半ば、ツルは私用で数日間上京していた。コロナ感染がじわじわと増え始めていた頃。それは「空中庭園」の舞台だった大田区下丸子のマンションの売却の絡みでどうしても行く必要があったからだけれど、もう一つ目的があった。都内でデザイナーをやっている旧友が一人、前から甲状腺ガンを患っており、肺に転移したため放射線治療を始めたということで、会っておかなくちゃと思ったからです。入院先に見舞いに行くことになるかと思ってたらさっさと退院してて、喫茶店で会ったのだけれど・・・。
やっぱり咳き込んじゃうんだよね、しばしば。本人は「『コロナじゃないです』って紙に書いて胸に貼っときたいぐらいだわ」なんて言ってたので、上述のような体験談を冗談めかして話したりした。「アンタ、クリエイターなんだからそんなつまんないこと考えなさんなよ」てなことも織り交ぜて。(まだやなぎはらともみ作品のことは知らなかったが。)

 

世の中から謂れのない迫害を受ける、その代償をなぜ被害者側が払わにゃならんのだ。見方を変えれば、こういうものは自分に降りかかるStigmaを他に転嫁しようとするものなんじゃないかと考えるわけですが。そして加害者側は、ぜんそくや花粉症の患者を白眼視するだけじゃなく、新型コロナウイルス感染症の患者に対しても同様に攻撃するんです(岩手県でも初感染の時に発生したでしょ)。闘うべき相手はその「自粛警察」的差別意識そのものでしょうが。その際これらのバッジは何の役にも立たない、というより、むしろ有害です。「わたしコロナじゃないもん」という思いが「うつりません」の一言に覗いている。無関心とは、(「被害者」の側からの)新たな差別の温床ではないの?ツルはこうしたものを当たり前と思う社会になって欲しくない。

 

でもこの手のものは特に今般、世の中にぞごぞご出てきたし、受けがいいんでしょう、やなぎはらはニャジロウ版以外も作成している。

 

Yanagiharauederpollenallergybadge Yanagiharazuneemonpollenallergybadge Sanadayukimalpollenallergybadge

 

-----
(2020.04.03 真田幸丸 Facebook)

 

このご時世「周囲の目が気になり、くしゃみがしづらい」という花粉症患者のみなさんに向けてこんな缶バッチ(57mm)作りました。(デザイン やなぎはらともみ)
4月4日(土)から上田市内の下記各店にて各限定20個 1個500円(税込)で販売いたします。

 

〔中略〕

 

・ウェイダー(青) 柳町屋 [URL]
・ズネーモン(緑) 原商店 [URL]
・真田幸丸(赤) 御菓子処千野 [URL]
-----

 

Yanagiharauederpollenallergybadge2 Yanagiharazuneemonpollenallergybadge2

 

長野県上田市
ご当地ヒーロー
六文戦士ウェイダー
ズネーモン
〔2012年三次元デザイン発表〕

 

悪者の行動隊長ズネーモンの両脇に描かれているのはチュックレーという手下キャラ。

 

長野県上田市
うえだ原町一番街商店会
オリジナルキャラクター
真田幸丸
〔2009年10月発表・2012年12月やなぎはらによりデザインリニューアル〕

 

文言はニャジロウ版の「くしゃみエチケットを心がけています」から「せきエチケットを心がけています」に変わっている。厚労省のご指導よろしく「せきエチケット」なる新習慣が一気に市民権を得たことに伴うものだろう。
それはまあいいのだけれど、コピーライトのクレジットには微妙な問題が。

 

誤:六文銭ウエイダー映像製作委員会
正:六文戦士ウェイダー映像製作委員会

 

のはずです。どうもこういうところ、仕事が雑に見えてしょうがない。(他にも例があるんだけれど、回を改めて(^_-)またいずれ。)

 

ああ、もう感性が違い過ぎる。

 

//////////

 

【参考データ】

 

-----
(2020.03.18 朝日新聞 抜粋)

 

花粉症によるくしゃみ、ぜんそくのせきが、新型コロナウイルスによるものと誤解されないようにするバッジが、飛ぶように売れている。川崎市中原区丸子通1丁目のハンドメイド雑貨店「エピリリ」では注文が一日千件を超え、店を臨時休業するなどして発送作業に追われている。
エピリリで取り扱っているのは、ネットでも販売されている「ぜんそくマーク」と呼ばれるバッジ。店主で消しゴムはんこ作家の牧野美和さん(38)も店で扱うことを決め、知人とともにデザインしてバッジに仕立てた。

 

〔中略〕

 

「せきがつらいが、電車の中で白い目で見られるから、途中下車する」「ヘルパーをしているので、安心してもらうためにバッジをつける」。店を訪れる客からそんな切実な訴えを聞く。牧野さんもぜんそくの症状があり、「せきがとまらず、周囲から白い目で見られるときの気持ちは、みんな分からないと思う」と話す。
ここまで注文が殺到するとは思っていなかったが、困っている人がいることは実感した。「電車内で白い目で見る人がいるのが問題。バッジが必要なくなる状態になって欲しい」

 

〔後略〕
-----

 

-----
(2020.07.02 朝日新聞)

 

新型コロナウイルスの感染者がいまだに「ゼロ」とされている岩手県。都道府県をまたぐ移動の自粛要請は解除された今も、県内の一部の飲食店には「県外者お断り」の貼り紙が残る。「県内在住者です」とのステッカーを貼った県外ナンバー車も。「県外」と「県内」を区別する意味や問題点を探った。

 

〔中略〕

 

ウイルスは県境で止まらない。「県内在住者です」という表示は「私は感染者ではありません」との趣旨を含むが、誰もが無症状感染者の可能性があり、科学的な根拠はない。表示自体が新たな差別につながる恐れがある。
「県内・県外の表示で排除されるのが、自分や自分が愛する人だったら?」。精神科医の香山リカさんはそうした想像力や違和感を大切に、と呼びかける。
感染のリスクを少しでも避け、互いの不安を和らげたいとの気持ちは理解できるとした上で、市民の「善意」や「正義」が差別につながった例としてハンセン病の歴史をあげる。自分たちの住む県内から患者を無くそうという「無らい県運動」は、官民一体で患者を収容、隔離した。元患者とその家族に対する差別は今も残る。
「県外の人かどうか調べて可視化するのはプライバシーを暴くことでもある。『命が最優先』『非常時』という正しさの前に安易に受け入れてはいないか」。香山さんは懸念する。

 

〔中略〕

 

諏訪赤十字病院の森光玲雄・臨床心理士は、実際に行動に移すのは少数だとしつつも、こうした行為には「お上のお墨付き」を得たと捉える住民の意識が背景にあるとみる。
「国や都道府県が繰り返す『ステイホーム』のメッセージで、足並みをそろえない対象を攻撃してもいいと、お墨付きを得たかのように感じる人もいる」と指摘。「自治体は感染予防をアピールしがちだが、差別を助長しないような言葉も併せて発してほしい」と話す。
-----

 

いかにも朝日が好みそうなネタではあるけど、論旨の平仄は合っていないと思う。

 

(続く)

2020年9月 6日 (日)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.17(ニャジロウ・たかたのゆめちゃん・しらかばちゃん・向嶋言問姐さん 新しい生活様式)

(承前)

 

7月も後半になると、(PCR検査数が増えてきたこともあり、)懸念されたとおり感染者数は再び大きく増え始めた。長く感染ゼロを続けて半ば日本の最後の希望となっていた(?)岩手県(言うまでもなくやなぎはらの住まう秋田県の隣県である)でも遂に感染が発生したのが7月29日。

 

そしてやなぎはらは再びポスターを拡散し始めた。

 

-----
07.25 Facebook
秋田市で感染者が出たとのことで、また心配な状況になってきました。
感染症予防よびかけにお使いください。

 

ネットワークプリント
ユーザー番号: XXXXXXXXXX
有効期限: 2020-08-02 18時頃まで

 

07.25 Twitter
また心配な状況になので、ネットワークプリントに「ニャジロウの感染症予防ポスター」を登録しました

 

ネットワークプリントにファイルを登録しました。
ユーザー番号: XXXXXXXXXX
有効期限: 2020-08-02 18時頃まで

 

07.25 Twitter
PDFデータはこちらからダウンロードください。https://firestorage.jp/download/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

07.25 Twitter
色も内容もちょっと変更してます
-----

 

またもや、ともみてんてー的第3波「新しい生活様式」Subsetにも修正版がリリースされたという話で。

 

YanagiharanyajirocoronaYanagiharanyajiroinfectioncontrolYanagiharanyajironewlifestyle052801Yanagiharanyajironewlifestyle052802fbYanagiharanyajironewlifeundercorona-0725

 

秋田県?秋田市?
秋田発の猫キャラクター
ニャジロウ
やなぎはらともみ
〔2007年発表〕

 

すなわち4ヵ月かかってこのように変遷してきたわけです。今度は一体どこを「ちょっと変更」したのかというと。

 

まず、【Mov.13】に次のように書いた;

 

-----
今回一番問題だと感じたのは「感染が流行している地域には行かない」というフレーズ。「疫病神は外からやって来る」という意識を示すものだろうし、「東京なんか行くからコロナにかかって帰ってきちゃうんだよ」といった非難や偏見に形を変えてしまいやすいと思う。

 

〔中略〕

 

とまあカリカリしてたんですが、この部分はやっぱり後に改められているので、これもまた別途。
-----

 

この問題の解決がここに至って図られている。曰く;

 

「感染が流行している地域には行かない」
 ↓
「受入れ体制が整っている地域以外行かない」

 

と。(@_@)

 

どういう観点でこの修正を加えたのだろうか。差別的に見えるから表現を政治的に正しくマイルドにしたということ?それともお上の「Go To」政策と趣旨が衝突するからそこを忖度したってことかな?つまりは記載内容が不適切と判断されたから書き直したと考えたのだけれど・・・。
あるいはそうでなく、単に記載が不十分だったから書き換えたと?前にも書いたように、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の新しい生活様式」の実践例』の中にあった文言は「感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える」であって、ポスターのフレーズは片手落ちではあったろう。しかし、それを言うなら「受入れ体制が整っている地域以外行かない」の方がより不明確・曖昧で、行動のガイドラインたり得ない気がする。どういう場合に「受入れ体制が整っている」と言えるのか、一般人には判断がつきにくいからです。
東京って「整っている」の?福岡は「整っている」の?病床の逼迫度合いが70%近い沖縄は「整っている」とは言えないだろうから行っちゃいけないということなんですね?じゃあ50%超の石川はどう?てんてーのお膝元の秋田市やお隣の北秋田郡上小阿仁村(cf.【Mov.12】)はどうなってるの?こう考えてくると、やはりこの Code はどうにも受け入れ難い。

 

他には、意義があまりわからないが各項目に新たにチェックボックスのようなものがついたりしてるし、新たな問題意識というわけか「夏場は熱中症にも注意を!」と申し訳程度に書き添えられたりしている(ただし、「食事」を「屋外空間で気持ちよく」という、よく考えるとこの時期突拍子もなく危険なフレーズはそのまま)。

 

≪毎日毎日朝昼晩にBBQばっかやってられっかよ!!≫

 

この Mark II Edition を採用したところは、ネットで見る限り、他に3ヵ所ある様子。

 

MayatakatanoyumechancoronainitialMayatakatanoyumechancoronafinalMayatakatanoyumechannewlifeundercorona

 

岩手県陸前高田市
マスコットキャラクター
たかたのゆめちゃん
北島茉也
〔2012年1月制定〕

 

ShirakabachancoronainitialShirakabachancoronafinalShirakabachaninfectioncontrolShirakabachannewlifeundercorona

 

長野県南佐久郡佐久穂町
公式キャラクター
しらかばちゃん
〔2012年夏頃発表〕

 

Kototoigirlnewlifeundercorona

 

東京都墨田区向島地区

向島観光推進プロジェクト
地域キャラクター
向嶋言問姐さん
〔2011年4月お披露目〕

 

この中で最も気になるのはやはり「向嶋言問姐さん」版だろう。登場しているのが比較的少数派の都会出身キャラであることに加え、自治体絡みでない民間キャラだからです。
運営体制にはどうも変遷があるようで、事務局が途中で株式会社ディアナボーテ(東京都墨田区亀沢:化粧品販売)→ アポロ印刷株式会社(東京都墨田区東駒形)に変わっている。一貫しているのは担当者の奇 怜子(き れいこ)なる人物。検索をかけてみるとなかなか面白いことが判明します・・・、てなことはおいとくとして。

 

-----
アポロ印刷株式会社は、デザイン、企画、販促戦略の提供、ノベルティ開発からそれらを有効活用するための新商品開発にまで取り組んでおります。
------

 

だったら自前でそのキャラ使ってコロナ対策アイテムの一つぐらい作れよ、人まかせにせずに、って感じ(苦)。いろいろ絡みや台所事情なんかもあるんでしょうけど。
でもやっぱり、スカイツリー開業を機に左褄で墨東の花街(つまりはこれも「夜の街」だ)の心意気やら下町の風情やらをPRしていくというこのキャラクター本来の役割と、「新しい生活様式」と称して雁字がらめに「適切さ」をゴリ押ししてくるこのポスターとは、どう見ても相性がいいと思えない。とともに、ゆるキャラを含めた Performing Arts がおしなべて身体性をもぎ取られつつある現状で、こうしたポスターに書かれたそれぞれの文言にはいちいち違和感を覚える。芸者衆が「大人数での会食を避ける」だの「狭い部屋での長居を避ける」だの「お酌、まわし呑みをしない」だの触れて回ってどうすんのよ。ちっとはひねりを利かせられなかったもんかね、姐さん。

 

結局、一連のポスターはFirst Aidとしての意義しか持たなかったのではないか、それをいつまでも温存することにどれほどの意義があるのかと思えてくる。
「デザインの旬」という言葉はこうした場合に使うものではないだろうが、これだけ社会情勢が短期間のうちに激変することも珍しいと思うので(その意味ではやはり東日本大震災の時に似ている。でもこの Pandemic のためにあの大震災の記憶は一気に風化が進んでしまったと感じる)、それに連れて「デザインにできること」「アートにできること」にも大きな Change と Chance があるはずだと思うわけ、門外漢なりに。
考え方次第だけど、「ゆるキャラにできること」もまた然りではないのか。そうなればやはり地域特性というものに真正面から向き合わざるを得ないと思うが、やなぎはらのポスター作品群からはいつまで経ってもその気配すら感じ取れない。秋田のネコと向島界隈のネコに今できることは何なのか。

 

(続く)

2020年9月 5日 (土)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.16(じゅうべぇ コロナ対応)

(承前)

 

・・・そして遂には。

 

NHKで取り上げられるに至った、それも全国放送と「ともみてんてー」お膝元ローカルの両方で。

 

-----
06.17 Twitter
NHK「NEWSシブ5時 」19日放送・5時台前半にコロナでゆるキャラたちは?というような特集があるらしく、感染症対策ポスターの取り組みも紹介されるそうです。
グリオ、ニャジも登場するかと!
他の取り組みでしんじょうくんとカパルも出るようですので、是非ご覧ください。

 

06.19 Facebook
今日はNHKシブ5時で感染症対策ポスターが紹介されるようですが、NHKニュースこまちでも秋田内陸線の感染症対策ニュースの中で、ポスターが紹介されるようです。偶然。
秋田のみなさん、チャンネルはそのままで!
-----

 

20200619nhkshibu5

 

他人事みたいに告知してあるけど、(少なくとも)「シブ5時」にはやなぎはら本人も出演した。この時にはなんと「約70種類!」にまで達してたんですな。6月中旬と言えば、緊急事態措置が功を奏したか、それともやなぎはら作品のおかげか、新規感染が減少してコロナ抑え込みに成功しつつあると考えられていた時期である。
やなぎはらのSNSには各キャラクター(の担当者)からの謝辞のシャワーが降り注いだ。活動の場をなくしてマスメディアからのお呼びもとんとかからなくなった -それがコロナ影響によるものかどうかは定かでない- マイナー自覚のおらがキャラがあのNHKの全国放送の電波に乗るなんて-ひな壇芸人的扱いのポスター出演のみとは言え-、大した僥倖だったでしょう。ひょっとしたら初めての経験のキャラさんもいたかもしれない。

 

ローカルの方で取り上げられたのはこれ。

 

Jubeicoronatrainposters

 

Jubeicorona

 

秋田県 北秋田市・仙北市
秋田内陸縦貫鉄道株式会社
秋田内陸線
公式キャラクター
じゅうべぇ(森吉のじゅうべぇ)
〔1989年4月制定・2010年2月頃愛称発表〕

 

思い切ったねえ。観光頼みの第三セクター鉄道が「不要不急の外出をしない」を訴えかけるんですもん。ア、そうか、「安心してご利用ください」というフレーズは東京の大手私鉄にはとてもじゃないが危険過ぎてとても吐けない台詞だろうから、その意味では地域性がちゃんと反映されているのだね(^^;)。

 

しかし一方、コロナ禍による経済の疲弊は極めて深刻で、企業への影響はもちろん、街なかの経済だって、例えばいつの間にか休業から廃業に変わってしまうお店が多いのも事実。夏祭りもロックフェスも花火大会も準絶滅種ですわ。これらを再興する目的で、政府が1.7兆円の予算をかけて-but, うち0.3兆円は事務局経費- 「Go To キャンペーン」を行うことが閣議決定されたのが4月7日。国土交通省観光庁の「Go To トラベル」、農林水産省の「Go To イート」、経済産業省の「Go To イベント」、同省中小企業庁の「Go To 商店街」からなる。
思うに、産業構造の高度化/高次化とか、観光立国の実現とか、平成期の後半あたりから日本政府が躍起になって取り組んできた政策目標の大幅な修正という側面もあるだろう。ツルに言わせれば、また一つ地方自治体の「令和の大合併」に道をつけるネタができたという感じ。

 

目玉の「Go To トラベル」は各界の批判を浴びながらも、観光関連業界の声に押し切られる形で、スタートを8月上旬予定 → 7月22日に前倒しすることが7月10日になって発表された。その一方で、感染の再拡大を受けて「東京都発着は除外」という恐ろしい裏技を後出しジャンケンで繰り出したのがその1週間後、7月17日。永田町と霞ヶ関の迷走ぶりがわかるようです。
ツルは、主に企業を対象としたこの施策で、どれだけ末端の経済が救われるかについては疑問を持ってますが。都市圏の大手ホテルは潤っても、体力の弱い片田舎の宿屋や民宿はさっぱり、みたいな。
「Go To イート」はまだ始まっていないし、「Go To イベント」も8月1日開始予定だったのが見送りになったままである。「Go To 商店街」?知りまっしぇん。
ここらへんの政策は、安倍政権後も継承されるのだろうなあ。

 

やなぎはらはこの状況に対しては再び懸念を募らせていた様子。

 

-----
07.11 Facebook
徐々にイベント解禁となってますが、この感染者拡大の中で危機感を覚えています。
ファン、スタッフ、キャラを守るために、ニャジロウは当面集客イベントへの出演はしません。
撮影などの登場も、充分感染症対策をし、万が一通りかかった方にふれあいを求められても、心苦しいのですがお断りさせていただきます。
もしこのPOPが必要なキャラ団体さんはお知らせください。無償で制作します。

 

07.12 Twitter
キャラを本業としている団体も人も少ないというのもあって、キャライベントは経済的な背景でやらないといけない事態ではないと思ってます。ぶっちゃけ、活動するほど赤字のところも多いし、予算で翻弄するイベント主催者も多いんだし。

 

07.12 Twitter
「思い」や「感動」は安全が確保されてから。今この状況で「思い」や「感動」を優先する正論は論理的か疑問です。
安全が確保できない状況で感動は生まれない。強行突破で生まれた感動は美談ではない。②

 

07.12 Twitter
どうか安全な世界になりますように。
私たちもそのために日々話し合っています。
共にがんばりましょうね。
しっかり今自分ができることをしましょう。③

 

というのを今日ちょっと話してましたんで要約してツイートしますね(‘-‘)/
-----

 

「ふれあい」というのは業界用語でお客さんとハグやら握手やらをすることを意味するらしい。そんなの知るかいな💨。ついでに言えばこの時期に生身の人間を着ぐるみに入らせること自体、「時差3密」を作り出すに等しいことではないの?毎度消毒するから大丈夫?ふーん。「POP」というのは、キャラクターないしはアテンドがちらつかせていて、上記「ふれあい」を求められた時に呈示してお断りするという代物で、つまり黄門様の印籠状態。

 

Mayatakatanoyumechannopetting

 

ツルは、こんな↓ネタの方がなんぼか好みですがね。

 

-----
(2020.07.06 Jタウンネット 抜粋)

 

新型コロナウイルスの感染者が連日100人を超えている東京で、2020年7月5日、次のような看板を見かけたというツイートが、話題となっている。

 

一見、どこにでもあるカラオケスナックの看板のようだが......。

 

- Ryoz(Ryosuke Nomura) (@Ryoz)
広尾商店街にあるスナック、店名をコロナ対応してた

 

20200705fureai

 

July 5, 2020

 

〔中略〕

 

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

 

「店主さん、センス良いなぁ!」
「ビル看板の方は敢えて残したんですね。やるなぁ」
「文字の傾きに、お店のセンスを感じる」

 

Ryoz(Ryosuke Nomura)(@Ryoz)さんのツイートより

 

Jタウンネット編集部の取材に対して、店主からは「現在、完全予約制で、ご新規さんはお断りさせていただいております」と記載してほしいとの返答が。ただ、それ以上の質問に対しては、答えられないとのことだった。

 

残念ながら、店名を「ふれない」に変更したきっかけや、コロナ仕様にした理由など、他にどんなコロナ対応しているかについては聞くことができなかった。

 

「ご新規さんはお断り」ということなので、客として行って確かめるわけにもいかない。

 

......ということで、これについては「ふれない」ことにしたい。
-----

 

道草はこの程度にしてと。

 

しかしロジックが弱いなー。「規制」と「振興」の両立を図ることが既に世間で明確に意識されていた段階で、周回遅れに見えちゃう。例えば同じ番組で紹介された高知県須崎市の場合、5月には速攻で「しんじょう君」グッズ通販サイトを地元産品直販サイト「高知かわうそ市場」に作り替えたり、販路をなくした地元養殖カンパチ20万匹のブランドネーミングを募集したりしてるわけでしょ(7月1日、「須崎勘八」と発表)。守時社長の頑張りはやはりすごいと思うわけ。それはもう「ご当地キャラ」の活動の範囲を超えているのかもしれないが、もしそうだったら、社会と時代の求めるものが変わってきているということではないかな。

「安全が確保されてから」というのは、東京や大阪などの大都市で感染が収まってからという心理を表しているのだろうと思う。個人の生命身体を守るのはもちろん大切なことだが、それだけでは社会は存立していかない。経済活動もその他諸々のあらゆる人類の活動も含めての最良解を叩き出していくことが求められているはずです。コロナがいつまで長引くのかわからない、というのがもし本当ならば特に。
政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による『「新しい生活様式」の実践例』の中に、「業種ごとの感染拡大予防ガイドラインは、関係団体が別途作成」としゃらっと書いてあったのが今さらながらに思い出される。
行動力を示せとまでは思わないが、せめてキャラクターのデザイナー/アドバイザーとしてのそこら辺の展望が知りたいんです。

 

因みに、やなぎはらがキャラクターアドバイザーを務める「世界キャラクターさみっと in 羽生」が本年の不開催を公表したのは7月28日になってからである。

 

(続く)

2020年8月30日 (日)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.15(ビバッチェくん・星のあまん・みーやちゃん コロナ対応)

(承前)

 

ツルは前から、ゆるキャラという極度に戯画化された存在がこうした特定の「機能」を持つこと、というよりゆるキャラに特定の「機能」を持たせようとすることに対しては、慎重であるべきだと考えてきた(cf. 2013.08.07「宍粟市も踊る官兵衛」・2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」)。劇場型政治に恰好のツールを与えてしまう気がするからです。ゆるキャラのそうした機能の有効性自体に疑問を感じてもいたけれども、今般のコロナショックの緊急性に鑑みると、何が適切で何が効果的なのかもう訳のわからん感じで事態が進んでいるところが一番の気がかり。
そこを考えさせないようにする力が何か働いているのではないか、一連のポスター(やなぎはら作品群にとどまらず)を見ていてそう感じます。

 

COVID-19は本当に今後長きにわたって社会に影響を及ぼしていくのだろうか?そこのところを医学や疫学だけの狭い知見に任せておくわけにはいかないと思う。(そりゃ、ワクチンはがんばって作ってもらわにゃいかんが。)
過去の例を引き合いに出せば、「インターネットは世界を変えるか」という問いについてもまだはっきりとした答えは出せてないわけでしょう。ツルはそのように理解している。世の中の新規ビジネスが猫も杓子もEコマースに走っているのは事実だし、今般ツルもテレワークの恩恵をだいぶ受けました。しかし、今後来るものの姿が明確でないだけに、現在の自分たちがどんな段階に到達しているのかは(ツルには)見えにくい。
「東日本大震災は日本の社会を変えるか」という問題も、ひところかなり論じられていたけれども、結局、ほとんど何も変わらなかったと思うわけです。原子力発電は今も国内発電量の5%内外あって直近では増加傾向を示す一方、太陽光や風力等のいわゆる自然エネルギー発電は2割に満たず、国際的に見て低い水準にとどまっている。ほんでもって今度は「室温28度以下に設定しつつ換気も怠るな」ですもんね。

 

現象面を見てみれば、有効とされる対策はマスクとか手洗いとか、そんな小手先ばかり。人類五千年の歴史の行く末がそれかよと思っちゃう。そんなもの、少なくともアナタが思い描いていた21世紀の姿ではないはずだ。(そりゃ、よその国ではロックダウンというドラスティックな飛び道具も持ち出されたけどね。)
「密閉・密集・密接」になろうが、毎日都会で満員電車に揺られて通勤していようが、毎晩「夜の街」で盛り上がっていようがコロナの脅威からはフリーだ、というのが人類共通の究極目標であるはずです。

 

Danmitsuavoid3cs Danmitsuavoid3csfake2

 

ちょっとばかし、【2020.05.05「断密の街、博多から」】で出したところからさらに修正改良を試みました😜。

 

えーと、だから今回、某府知事が「ポビドンヨードうがい液が予防に有効」とトンデモ話を宣い始めた時にも、おやおや、やなぎはらがポスターの「うがいもね!」のところに「イソジンで」と書き足してくるんじゃあないかと半ば本気で懸念してましたww。

 

一方、内容は別として、やなぎはらのポスター群は当然のようにメディアが注目するところとなった。テレビつければコロナゴロゴロ、でしたからね。各キャラのご当地の地元紙などもこぞって取り上げたことであろう(いちいち調べ上げないけど)。

 

4月には青森の陸奥新報にこんなすし詰め広告が集中掲載されていた。

 

Nyamotanad1

 

「3密」どころか・・・・・・ いやいや💨。

 

-----
(2020.04.17 Facebook)

 

ニャモタンがコロナで暗いニュースばかりだから、キャラの友情を明るいニュースとして届けるために、新聞広告にしようと言ってくれて、キャラのみんなも快諾。月に11回も掲載になるとかで、なかなか出来ることじゃないです。ありがとう!ニャモタン!!!
描いた全部のキャラさんを掲載したい気持ちなのですが、この広告を作成していた当時のキャラさんで、許諾が早かったという選出です。何卒ご了承くださいー!
-----

 

いやいやいやいや、違うでしょ。
ニャモタン(cf.【Mov.4】)を擁する青森の自動車学校が地元紙に載っけるコロナ対応の広告作るのに、なんで(自分がポスター作ったとは言え)これだけ多くの全国各地のゆるキャラが必要だったんですか??ひところの十六茶CMじゃあるまいし。まさかホントに「キャラさんたちはこんなに仲良くしていますよ」とだけアピールしたかったわけ🌀?ならばいっそのこと、「月に11回も」おやりになるような大がかりなものであればなおのこと、1回当たりの頭数減らして、毎回登場キャラがリレー方式で変わっていくなんて凝った仕掛けがあった方が話題を買い占められてよかったのじゃ?なんて考えたりもするわなw。

 

その後、校名等を消す微修整が入って、同校のブログサイトでもバナー的に多少用いられてます。

 

Nyamotanad2

 

登場した「ニャモタンのおともだち」は次の26点(左上から右下へ)。

 

龍王さくらちゃん(三重県)
フランソワーズびわ(愛知県)
北春日部Q之介(埼玉県)
キララちゃん(京都府)
しんじょうくん(高知県)
ビバッチェくん(滋賀県)
たかたのゆめちゃん(岩手県)
向嶋言問姐さん(東京都)
いのっぴ(秋田県)
しらかわん(福島県)
こあぴょん(秋田県)
ズネーモン・ウェイダー(長野県)
イーサキング(鹿児島県)
にゃかつがわ君(岐阜県)
ホヌッピー(ハワイ)
つゆヤキソバン(青森県)
星のあまん(大阪府)
すわん君(東京都)
ニャジロウ(秋田県)
ムジナもん(埼玉県)
いが★グリオ(三重県)
ゴーヤ先生(京都府)
みくちゃん(奈良県)
しらかばちゃん(長野県)
真田幸丸(長野県)
安田朗(高知県)

 

全てのキャラが各ご当地でやなぎはらのコロナポスターにされているが、このうち「ビバッチェくん」と「こあぴょん」はどうやらこの広告の初版には間に合わなかったことが窺える↓。

 

Nyamotanfriends

 

(これも初めはマスクを触ってるテンプレートだったんですねぇ。いちいち修正方、ほんにご苦労様なこってす)

 

Vivaccekuncorona

 

滋賀県彦根市
ショッピングセンター ビバシティ彦根 専門店街
マスコットキャラクター
ビバッチェくん

 

意外にも企業キャラだったんだ!ご当地に本社を置く株式会社平和堂の子会社、南彦根都市開発株式会社が運営するショッピングセンターで、中核店舗はもちろんスーパーマーケット平和堂。∴ハトとは遠縁に当たる[ビーバー]です。

 

【2016.09.09「軍港と平和」】
滋賀県彦根市
株式会社平和堂
イメージキャラクター
はとっぴー
大阪府女性
Osakawomanhatoppy

 

なぜ、感染予防に一肌脱いだのがはとっぴーではなかったんでしょうね。

 

【Mov.12】
Koapyoninfectioncontrol

 

秋田県北秋田郡上小阿仁村
上小阿仁村PRキャラクター
こあぴょん

 

ええと、何だったっけ。そうそう、ウサギの格好をしたクマ。なぜ許諾が間に合わなかったんでしょうね、秋田市の隣にあるのに。ああいや、逆なのかな。無医村になろうが医療崩壊が起きようが、隣町を頼っていけば済む・・・・・??(こらこら滅多なことを)

 

また、「星のあまん」は広告初版では「星野あまん」と表記されてますが、これは「満天の星」をひっくり返したネーミングなので、「星の」でなければならんはず(後に訂正された)。

 

HoshinoamancoronainitialHoshinoamancoronafinal

 

大阪府交野市(かたのし)
交野市星のまち観光協会
観光キャラクター
星のあまん(星の天満)
〔2005年7月制定〕

大阪人やったら「ほしのてんま」て読んでまうで。

 

5月には全国紙(の西日本版?)にこんな記事も。

 

-----
(2020.05.05 産経新聞WEST 抜粋)

 

新型コロナウイルスの影響で社会に不安や疲労感が広がる中、工夫を凝らした各種オリジナルポスターが話題だ。2025年大阪・関西万博の柱として認知度が高まる「SDGs(持続可能な開発目標)」を模したデザイン、地域の独自キャラクターを押し出したインパクト重視の作品…。時には癒やされたり、笑ったりしながら感染予防を目指したい。(杉 侑里香)

 

〔中略〕

 

ご当地キャラを活用した啓発ポスターも増加している。和歌山県御坊市が起用したのは聖武天皇の母で、地元ゆかりの人物として知られる宮子姫をモデルにしたゆるキャラ「みーやちゃん」。マスク着用やうがいの重要性を訴えるポスターを市のホームページで公開し、店舗や施設での活用を呼びかけている。
手掛けたのは秋田県のデザイナー、やなぎはらともみさん。各地のご当地キャラを使った感染予防ポスターを作成しており、市側が依頼した。担当者は「地域になじみのあるキャラの呼びかけで、感染予防を改めて意識してもらえれば」。

 

〔後略〕
-----

 

これですな。第1波Subsetしか見つからないけど。

 

Mieyachancorona

 

和歌山県御坊市
宮子姫顕彰会・御坊市観光協会
ゆるキャラ
みーやちゃん
〔2013年制定〕

 

2020.04.27の日高新報にも載ってたみゃ。

 

「地域の独自キャラクターを押し出したインパクト重視の作品」とするのは記者の不見識でしょ。固定テンプレート使用で地域の特性など完全に殺がれているのだから。
ついでに言うと、SDGs/Sustainable Development Goalsに「2025年大阪・関西万博の柱として認知度が高まる」という枕詞、いや序詞がつき得るなんて知らなかったー、あっはっは。

 

「コロナ禍に対してゆるキャラが果たす役割」が、「ゆるキャラは今」の姿だとして好意的に捉えられたわけです。東日本大震災の後にゆるキャラが盛大に持ち上げられたのとちょっとだけ似ている。違うのは今回「絆」という大義を強調できないことだろう。

 

そして遂には・・・

 

(続く)

2020年8月29日 (土)

【緊急投下編】デザインと再パロディの関係/手抜きと直感の境界(南三陸さんさん商店街の落書きについて)

【2020.08.30 改稿】

 

さっき、こんなニュースを見つけた。

 

-----
(2020.08.29 河北新報)

 

壁や柱など9ヵ所にコロナの落書き 宮城・南三陸さんさん商店街

 

20200829kahokushimpolarge
トイレで見つかった落書き

 

宮城県南三陸町志津川の南三陸さんさん商店街で28日、新型コロナウイルスに関連した内容の落書きが見つかった。商店街の運営会社「南三陸まちづくり未来」は同日、南三陸署に被害届を出した。
同社によると、落書きはトイレの壁やフードコートの柱など9カ所にあり、商店街の関係者が28日朝に発見した。このうち7カ所は、新型コロナ感染症の国際的な名称「COVID 19」の文字に加え、ウイルスとみられるイラストが、黒いスプレーのようなもので描かれていた。大きさは7カ所とも縦約30センチ、横約20センチほどだった。
施設内で落書きが見つかったのは初めて。落書きされた場所は、夜間も自由に人が出入りできる状態だったという。
同社の三浦洋昭社長は「心ないいたずらを残念に思う。今後も商店街全体で感染防止に努めていくしかない」と話した。
-----

 

これって明らかにこれ↓の再パロディだよねえ?違う??

 

【2020.05.23~24「デザインとパロディの関係/批判と忖度の境界」】・【2020.06.07「デザインとパロディの関係/批判と忖度の境界:その後」】・【2020.07.22「デザインとパロディの関係/批判と忖度の境界:その後のその後」】
日本外国特派員協会
NUMBER 1 SHIMBUN
April 2020 Vol. 52 No. 4 表紙
Andrew Pothecary
Pothecaryno1shimbuncover 20200829kahokushimpo

 

内周には白と黒が原図とは逆転してるところがあるけど、ピースの形や配置は基本同じだもん。フォントも似せてあるっぽい。まさかまた見ることになろうとは思わなかった、しかもこんな形で。

 

株式会社南三陸まちづくり未来や南三陸警察署では気づいているのだろうか。

 

Pothecaryセンセ、アナタどう思います?
てか、どう感じます??このパロディに対して。

 

尋ねる相手が違っているだろうか。
ねえ、野老センセ。

 

-----
【2020.08.30 追記】
「南三陸さんさん商店街」は東日本大震災の津波被害により大きな被害を受けた同商店街が高台に場所を移して再建されたもので、5年間の仮設営業の後、2017年3月3日に本設オープンした。設計は建築家の隈 研吾。あの、東京五輪の競技場(一旦白紙に戻った後の)の設計者です。ここでまた五輪つながりになるのか。
犯人は知っていたのかな。
-----

 

2020年8月23日 (日)

【疫癘退散編】COVID狂想曲 Op.19 Mov.14(ゴーヤ先生・いが☆グリオ・ツヨインジャー・つつみん・龍王ちゃん 新しい生活様式:龍王さくらちゃん コロナ対応)

(承前)

 

6月になると、新規感染の拡大が一旦落ち着いたこともあり、やなぎはらともみのポスター新作はやや影を潜めたようである。そこには「出尽くし感」もあったろうし、有償化も絡んでいると思う。

 

でもまあ、今度もともみてんてー信奉者に対しては第3波「新しい生活様式」Subsetがいくらか提供された様子。

 

GoyateachercoronaGoyateachernewlifeundercorona

 

京都府福知山市
福知山環境会議マスコットキャラクター
みどりのカーテンPRキャラクター
福知山市みどりの親善大使
ゴーヤ先生
(デザイン)エスペック株式会社 社員
〔2007年(?)制定〕

 

割と有名なやつですな、沖縄じゃなくて京都のキャラクターであることの認知度は別にすりゃ。

ご当地では2007年から官民でこの「みどりのカーテン」活動を推進している。ニガウリって、アサガオなんかより繁りがよくって、グリーンカーテンには最適なんだよね。切れ込みの入った葉も美しくて、夜、庭から見ると部屋の明かりを透かしてとてもいい感じ。
エスペック社は環境試験機の会社(大阪市北区)で、昔タバイエスペックという名前だったところです(東大証一部上場:2002年から現社名:旧社名は創業者の故 田葉井五郎に因む)。ご当地に工場を持っている関係でサポートしているらしい。

 

前にも書いたけど(cf.【Mov.1】)、こんなこと↓も出ていた。

 

-----
04.03 Twitter
〔前略〕

 

実はゴーヤ先生経由で取材もあったのですが、主役はキャラ、運営する皆さん、応援するファンの皆さんとして、恐縮してお受けしました。
-----

 

もう1点、実は↑と同じく今まで愚blogで取り上げたことのない有名キャラを用いた例から。

 

IgagriocoronainitialIgagriocoronafinalIgagrionewlifeundercorona

 

三重県伊賀市
伊賀青年会議所
マスコットキャラクター
観光大使
いが☆グリオ
榊 太基(伊賀青年会議所 地域革新委員長)
〔2008年6月制定〕

 

何を隠そう、キャラクター作者はあの書家、バクザン先生こと榊 莫山(本名 榊 齊(はじむ):1926.02.01~2010.10.03)の孫である(@_@)。
一連のコロナポスターが制作される一方で、感染第1波のただ中にあった4月末から「いが☆グリオの山暮らし」なる動画がシリーズ展開されており、「3密になりやすい大都会よりご当地で暮らそう!」的な視点を持っていたようで、ツルにはそっちの方がよっぽど興味をそそられます・・・。もし本当に「with Corona」が今後長く続いていくものならば、地域社会の将来を考えた場合、過密すぎる都会のデメリットを叩くネガティブキャンペーンを張る(田舎暮らしの魅力を語る、ではなく)ぐらいのことをやらないと、と考え始めていたので。

 

こんな中で一際目を惹いたのがこれ。

 

TsuyoingercoronaTsuyoingerinfectioncontrolTsuyoingeretcnewlifeundercorona

 

で、初めはピン立ちだったのがバルク出演になっちゃった例。
やなぎはらの作ったポスター群は、メジャーなキャラクターよりむしろマイナーなものが多い印象で、よく考えると、①ゆるキャラブームが去った上に、②コロナ影響によるイベント軒並み中止でますますお茶を挽いてるご当地キャラを救済したい思いがあったのではないかと推測できる。自己目的化していたのは否めない気がするわけです。

 

三重県津市
観光PRヒーロー
津に来て戦隊 ツヨインジャー
〔2005年4月お披露目〕

 

無論、「強いんじゃー」と「津、良いんじゃー」をかけたものでせう。2006年元日に新設合併して一緒になった10市町村に因んで、一時は10人編成の大部隊となる目論みもあったらしい、トホホ。

 

-----
(2020.06.08 ツヨインジャー Facebook アカウント)

 

緊急事態宣言も解除され、自粛から新型コロナウイルス感染症とうまく共存しながら社会活動を再開していく新たな生活スタイルが求められるようになってきました。
そこで新しい「新型コロナウイルス感染対策」ポスターを作成いたしました。
今回はツヨインジャーだけでなく、津ぅキャラの津ぎょうざの精霊つつみんと、津市芸濃町の龍王ちゃんも新たに加わりました
通常どおりの通勤・通勤やお出かけする機会も増えることから、皆さんも新しい生活スタイルで新型コロナウイルス感染症とうまく付き合って、感染の拡大を防いでいきましょうね!
-----

 

三重県津市
津ぎょうざ協会(津市ホテル旅館料理組合内)
津ぎょうざマスコットキャラクター
津ぎょうざの精霊
つつみん
(愛称)たなはし(津市)
〔2010年11月命名〕

 

①直径15cmの皮を使用していること、②揚げ餃子であること、の2点を定義に持つ鬼のような[餃子]です。そもそもは35年ほど前にご当地の小学校給食として考案されたメニューを、2008年からご当地グルメとして売り出したもの。2019年11月に4年ぶりに開催された「第11回B-1グランプリ」では優勝を果たしていて、キャラもある意味もう「上がっちゃった」わけですね。

身にまとったのは[チャイナドレス]で、ということは何と女の子である(^_-)。Oh, boy!!

 

三重県津市芸濃町(げいのうちょう)
夢工房「集」マスコットキャラクター
龍王桜マラソンPRキャラクター
龍王ちゃん

 

芸濃町は三重県安芸郡にあった町で、上記の平成大合併で自治体としては姿を消した。龍王桜マラソンは合併前から毎年4月に行われており今年は第30回大会になるはずだったところ、コロナ禍により中止されている😢。

 

-----
長徳寺さんの前の淵に住んでいたと言われる龍が天に帰る時にお礼にと、うろこと共に残した桜の種から育ったと言われる龍王桜の伝説。龍王桜と呼ばれるこの桜は三重県の天然記念物に指定されています。
-----

 

キャラクターについてはマイナー過ぎて詳細がよくわからないが、遅くとも2011年12月には存在していたことが辛うじて確認できた。『ゆるキャラ百科事典「ゆるペディア」』サイトには;

 

-----
攻略難易度 ★★★★★難。ほぼほぼ個人保有に近く、登場頻度はかなり稀。
-----

 

とあるので、ははーん、年に一度のはりきり時のマラソンもおじゃんになって、だからポスターなりと出番を作ってやったのかぁとも思えてくる。

 

そして、これとは別にですねえ。

 

RyuosakurachancoronainitialRyuosakurachancoronafinal

 

三重県津市芸濃町
有限会社ネオアート内 クローバーポケット
芸濃町PRキャラクター
龍王さくらちゃん
〔2013年12月制定〕

 

てのもあったんですわ、ややこしい。こちらは第1波「コロナ対応」Subsetの頃のものしか見つからないので、その後前述のツヨインジャー等バルク版に吸収され、かつ「龍王さくらちゃん」→「龍王ちゃん」に差し替えられたという推測が成り立ちます。ま、何らか大人の事情もあるんでしょう。

 

しかしそんなところより、『ご当地キャラ情報局』サイトには;

-----
同じく芸濃町には龍王さくらちゃんの母親の龍王ちゃんも元気に活動しています。
-----

 

と出ていて、すんごく驚いた。ええー、龍王ちゃんも♀だったの!?!?全くの想定外でしたとさ。

 

これらの第3波ポスターにも、「感染が流行している地域には行かない」の問題フレーズは用いられている(伏線)。

さらにご丁寧なことに、ツヨインジャー等版では;

 

-----
※新型コロナウイルスは、持病などをもっている方が感染すると「重症化」するおそれがあります。
-----

 

というお節介だか脅しだかまで書き添えられて、ともみてんてーてんこ盛りDogmaが一層炸裂してみえます。

 

(続く)

2020年8月15日 (土)

【疫癘退散編のおまけ】新しい生活様式の変遷

(承前)

 

前回書いた、このことについて。

 

-----
政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議から『「新しい生活様式」の実践例』の情報が出ており(これについてはまた別の機会に)
-----

 

これは、05.04に同会議が公表した「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」の中に入っていたもの。

 

内容を見る前に、会議のメンバーを一瞥しておくと。

 

座長
脇田隆字(たかじ)(国立感染症研究所所長)

 

副座長
尾身 茂(地域医療機能推進機構理事長・基本的対処方針等諮問委員会会長)

 

構成員
岡部信彦(川崎市健康安全研究所所長)
押谷 仁(東北大学大学院医学系研究科教授)
釜萢(かまやち) 敏(日本医師会常任理事)
河岡義裕 (東京大学医科学研究所感染症国際研究センターセンター長)
川名明彦(防衛医科大学校医学教育部教授)
鈴木 基(国立感染症研究所感染症疫学センターセンター長)
舘田一博(東邦大学医学部教授)
中山ひとみ(霞ヶ関総合法律事務所弁護士)
武藤香織(東京大学医科学研究所教授)
吉田正樹(東京慈恵会医科大学医学部教授)

 

錚々たる医学界の重鎮、てなことなんでしょう(1人だけ法曹界から入ってるけど)。ツルは迂闊にもこの会議はてっきり厚生労働省の諮問機関か何かだと思ってたんですが、それは前身の厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード。これが本年2月に改組されたのが同会議で、内閣官房が仕切っていたようです。

 

で、この「実践例」、実はその後06.19に内容が変更されており、同会議はその後1度も開催されることなく07.03に廃止され、改めて新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長 尾身:会長代理 脇田)が設置されるとともに、厚労省アドバイザリーボードが再開されるという変則的な経緯を辿った。
思えばこの会議、審議内容よりあれこれ場外乱闘の方で注目を集めてましたよねぇ。誰がどの発言をしたかが記載される正式な議事録を作成していなかったことも結構な驚きをもって迎えられたと思うし(コーポレート・ガバナンスのイロハを叩き込んでやりてーわ)、廃止される時にもメンバーが廃止の事実を認識していなかったという体たらく。グダグダだから厚労省管掌だろと思ってたんだけどネ😜。

 

で、Before/Afterを併記してみる。〔Before〕=2020.05.04公表分、〔After〕=2020.06.19公表分。

 

20200504mhlwnewlifestyle_1 20200619mhlwnewlifestyle_2

 

まあ、なんと言いましょうか、「専門家」に期待されるものは本当にこんなところだったのだろうか??箸の上げ下ろしまでとやかくというか、ビジネスセンスのなさというか。「対面ではなく横並びで座ろう」「料理に集中、おしゃべりは控えめに」など下らないものが幅を利かせる中でも、一番腑に落ちなかったのは「(4)働き方の新しいスタイル」です。こんなもん「生活様式」じゃなくて社会様式の範疇じゃん、「テレワークやローテーション勤務」なんてしゃらっと書かれても、そんなの勤め人が個人で勝手に決められるわけないでしょ、と思った。なんで厚労省なんかがそこまで口出すんだよって感じで(だから厚労省なんかじゃないってば)。

 

で、愚blogとして気になるのは、一月半でどのような変更が加えられたかという点です。

 

-----
〔Before〕
□遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ
〔After〕

 

〔Before〕
□外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用
〔After〕
□外出時や屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用する。ただし、夏場は、熱中症に十分注意する。

 

〔Before〕
□帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に。
〔After〕

 

〔Before〕
□発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。
〔After〕
□発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。接触確認アプリの利用も。

 

〔Before〕
□こまめに換気
〔After〕
□こまめに換気(エアコン併用で室温を28℃以下に)

 

〔Before〕

〔After〕
□一人ひとりの健康状態に応じた運動や食事、禁煙等、適切な生活習慣の理解・実行

 

〔Before〕
□毎朝で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で
〔After〕
□毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で

 

〔Before〕
(ピクトグラム) 外出控え 密集回避 密接回避 密閉回避 換気 咳エチケット 手洗い
〔After〕
(ピクトグラム) 密集回避 密接回避 密閉回避 換気 咳エチケット 手洗い

 

〔Before〕
□筋トレやヨガは自宅で動画を活用
〔After〕
□筋トレやヨガは、十分に人との間隔を
 もしくは自宅で動画を活用

 

〔Before〕
冠婚葬祭などの親族行事
□多人数での会食は避けて
□発熱や風邪の症状がある場合は参加しない
〔After〕
イベント等への参加
□接触確認アプリの活用を
□発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

 

〔Before〕
名刺交換はオンライン
〔After〕

-----

 

大雑把に言うと;
 ①下らな過ぎる項目が外された
 ②夏の高温期に対応した
 ③外出規制が脇に回った
てとこですかね。スポーツジムやヨガ教室あたりから突き上げ食らったんだろうなあ。GO TOトラベル政策と相性の悪い「帰省や旅行はひかえめに」も削られた。

 

この「実践例」を基本的にそのままご当地キャラポスターに落とし込んだのがやなぎはら作品群の第3波だったわけですが、変えられた部分ももちろんある。見過ごしにできないのが、「感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える」→「感染が流行している地域には行かない」というもの。前回指弾したやつです。

 

Yanagiharanyajironewlifestyle052802fb

 

双方向だったところをやなぎはらが一方向に端折ってたんだ!┓( ̄∇ ̄;)┏

 

≪意味合いがまるで違っちゃうじゃん!≫

 

しかし、あれこれ考えているとだんだん、「実践例」という言葉の意味するところがよくわからなってくる。「こんなことを実践して下さいね」だと思っていたけど、「こんなことやってるところもありますよ」程度のものなのかしらん。

 

-----
今回の提言では、5 月 1 日の提言を踏まえ、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を具体的にイメージいただけるよう、今後、日常生活の中で取り入れていただきたい実践例を「別添」のとおり、整理した。
-----

 

冒頭に述べた、05.04の「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」に出ている↑の記載からして、やっぱり前者でいいんだけどね。

 

結局、特定の分野の専門家「だけ」による審議の限界であったかという気もします。

 

(続く)

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想