Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ

2018年7月18日 (水)

【加筆編】Even After the Afterglow; 3(福ちゃん・炭焼きレストラン さわやか・コスモテクニカル)

cf.
2016.01.06「Even After the Afterglow; 1」【2018.01.19 加筆】
2016.01.06「Even After the Afterglow; 2」【2018.02.19 加筆】

前々回に書いた内容を忘れてしまわないうちに、小ネタ一つ。

【その103】
長野県伊那市
上伊那福祉協会
ロゴマーク
塩崎アユミ
〔2009年1月発表〕
上伊那福祉協会(最終版)

これ↑と同時に発表されたのがこれ↓である。

長野県伊那市
上伊那福祉協会
イメージキャラクター
福ちゃん
井口やすひさ(東京都文京区)
福ちゃん

-----
上伊那福祉協会の頭文字[上]・[い]をモチーフに、頭部に上伊那地域の[アルプス]、両手に[桜]や周辺の[川]などを組み合わせ、社会福祉に協力するイメージキャラクターとしてデザイン化し、多くの市民に親しまれ、愛され、信頼され、心優しい社会福祉に積極的に参画し、平和な市民生活の将来へ向かって郡内を走る明るい元気な活気にあふれる様子を力強くアピールしています。
-----

全国どこのどんな団体であっても使えるIcon (& Naming) です。一体、「うちには[桜]の名所はありません」などという市町村が存在するだろうか。そして、[白抜きハート]は井口のこの手のデザインがとりわけ多用するアイテム。

これらはともに同協会の創立50周年で公募されたもので、2009年1月30日、50周年記念式典で表彰を受けている(両名が出席したかどうかは不明だが)。それ以上の詳細は調べる気にもならない。

君、昔日ノ話ト謂フ勿レ。
このところ、嫌味や皮肉ではなく、井口のデザインに遭遇すると気が滅入る。ましてやこんな最近の書き込みを見つけると。

-----
(2018.04.19 同協会 Facebook)

大変ご無沙汰をいたしております。
貴福祉協会様のキャラクターデザイン作者の井口やすひさです。
デザイン制作当時は、東京文京区に45年住んでおりましたが、
現在は群馬県高崎市箕郷町に移住して、8年目になりました。
久しぶりで、元気で活躍している“我が子(キャラクター)”を拝見し、・・・〔後略〕
-----

ああ、もう嫌。

さりながら、これまでも何度か参照してきた日本タイポグラフィ協会のサイトをチェックしてみると、井口やすひさの項がまた更新されてました。

静岡県浜松市
焼肉レストラン さわやか
マスコットイメージキャラクター
AD:井口デザイン研究室
D:井口やすひさ
炭焼きレストラン さわやか

またこのパターンかよ・・・。

これは、浜松市中区に本社を置くさわやか株式会社が経営する「炭焼きレストラン さわやか」のことだと思う。静岡県内で31店舗を展開するステーキとハンバーグのレストランチェーンで、もともとコーヒーショップだったためにこんな名前だそうです。主力メニューは「げんこつハンバーグ」。横浜市を中心に展開する「ハングリータイガー」とか、北関東中心の「フライングガーデン」とかとおんなじコンセプトのハンバーグ出してるわけ。いずれにせよKorean BBQのレストランではないと思いまス。

そして、もう一つ載っているのが極めつけ。

静岡県浜松市浜北区平口
有限会社コスモテクニカル
ロゴマーク
AD:井口デザイン研究室
D:井口やすひさ
コスモテクニカル

調べてみると、上下水道や受水槽等の工事屋さんのようですが、それはまあどうでもよろしい。2015年11月、出身校の浜松市立浜名中学校で「井口やすひさデザイン展」が開かれた際のやすひさのプロフィールに、「昭和20年に浜松市浜北区(旧 浜北市)平口法師軒に生まれる」とあったんだよね。
これ、どういうことだろう?懐かしき産土の地にある会社のロゴを作ってあげたとか?公募サイトに出ていたから矢も盾もたまらず作っちゃったとか?↑の展覧会がきっかけで話が舞い込んだとか?それとも単に地縁血縁親類縁者とか?でもそれがこれもんな素性のわけですよ↓。

【2015.01.16「Free Lancerの栄光と残照 二:不誠実」】
東京太陽法律事務所
ロゴ
(提案作品)
iguchi7
〔2012年12月Lancers掲載〕
2012.12.10提案

株式会社トライアークエスト
ロゴマーク
(提案作品)
iguchi7
〔2013年3月Lancers掲載〕
2013.03.22提案

【2017.05.22「公募ガイド」の大罪;実証1】
徳島県勝浦郡勝浦町
公益社団法人 徳島県理学療法士会
ロゴマーク
井口やすひさ
〔2017年4〜5月発表〕
徳島県理学療法士会

どういう神経してんだろ。こんなものにArt Directionもへったくれもない。こんなことを平気でやる輩が長年Designerを名乗っていることがツルには理解できない。でも、本人の頭の中では違うんでしょう。
やはり、挑戦状を叩きつけられている気がする。ま、それを厭うていたら愚blogの管理人も務まるまいが。

やれやれ、ちっとも小ネタじゃなくなっちゃったぜsad

2018年7月15日 (日)

【加筆編】ものやなぞると 人の問ふまで(福岡県介護保険広域連合・須崎総合高校)

(承前)

直近でも丸ブーやってる奴はいる。見果てぬ夢。

福岡県
福岡県介護保険広域連合
広域連合章
駒井 瞭(大阪府)
福岡県介護保険広域連合

「広域連合」の意味については【その55】を参照されたし。

うげえ、ツルの出身地の福岡で、ですばいshockshock。名称からすると県全体をカバーしていそうに思えるけど、実際にはそうではなく;

〔粕屋支部〕
宇美町・篠栗町・志免町(しめまち)・須恵町・新宮町・久山町

〔遠賀支部〕
芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町(おんがちょう)

〔鞍手支部〕
宮若市・小竹町・鞍手町

〔朝倉支部〕
筑前町・東峰村

〔うきは・大刀洗支部〕
うきは市・大刀洗町

〔柳川・大木・広川支部〕
柳川市・大木町・広川町

〔田川・桂川支部〕
田川市・桂川町・香春町(かわらまち)・添田町・糸田町・川崎町・大任町(おおとうまち)・福智町・赤村

〔豊築支部〕
豊前市・吉富町・上毛町(こうげまち)・築上町(ちくじょうまち)

の計33市町村が加盟しているのみ。同種の広域連合で全国最大規模とは言え、政令指定都市の福岡市(人口約150万人)や北九州市(約90万人)は入っとりません(本部は福岡市に置かれてるのに)。一方で、それらの周辺自治体や、中核市の久留米市(約30万人)の周辺自治体はいろいろ加盟しているというモザイク的状況・・・。

で、この連合のシンボルとなるマークを今年1月に作ったわけだけど、これのどこが「ふくおかけんかいごほけんこういきれんごう」を表しとるのか、さっぱりわからんとですよ。
この老ガイダーの特徴の一つに、「ひらがなをこんな風に描き込んだ」と称する暗号解読処方をつけるという「駒井式Cryptography Method」がある。けれども本例ではそれが明らかにされていない。そうした処方自体、毎回およそ納得性に欠けるものなので、制定側で公表を控えたのだと思うけど。
でもねえ。そうなると福岡県介護保険広域連合が何を考えて何を求めてこのマークに決めたのかすら不明ってことになっちゃうんだよ。実際、サイトに載っているのは単に決定の事実だけで理由等はナシ。それじゃまるで意味がないやろ。

そしてもう1点、次点ながら。

高知県須崎市
高知県立須崎総合高等学校
校章
(優秀)
駒井 瞭(82歳:大阪府:グラフィックデザイナー)
須崎総合高校(駒井案)

(最優秀)
伊藤勝則(57歳:岩手県:会社員)

(優秀)
江渕玲也(18歳:高知県:高知県立須崎工業高等学校3年)
駒井 瞭
小川清勇(51歳:東京都:グラフィックデザイナー)

須崎高等学校と須崎工業高等学校、二つの県立高校を統合して2019年春に開校予定のところです、例によって。決定されたのは2017年11月。

ああ、後生。地域性などもう問わん、けど私は駒井をクリエイターとして認めない。

【2014.10.03「配達されない三通の手紙:四通目 第二葉」】
滋賀県草津市
人と地域が輝く常盤協議会
シンボルマーク
(優秀賞)
駒井 瞭
〔2013年2月決定〕
常盤協議会(駒井案)

因みに、同時に公募された高知県立高知国際中学校・高等学校の校章(by 千葉重徳:北海道:イラストレーター)では、結果発表の中に「男子・女子・LGBT全ての生徒さんを排除しない未来志向のデザイン」なんて出ていて、さすがにたまげました。時代はそこまで来てるんだな。しかし、ってことは逆に言えば、須崎総合高校ではLGBTを排除しない方針を持っていないということになりそうだsmile
何か、ぱっと見のよいところばかりが前面に押し出されている気もする。土佐ではsexual minorityの子は高知国際へ行けってこと?まさかね、高知県教育委員会さん。

おまけ。
高知県須崎市と言えばニホンカワウソ最後の目撃地として日本の歴史に残る土地である(cf. 2014.11.12「失われた友を求めて」)。これがニホンオオカミなら奈良県吉野郡東吉野村(cf. 2017.07.06「世界から狼が消えたなら」)。
長崎の対馬に朝鮮半島からカワウソ(ニホンカワウソの基本種とされるユーラシアカワウソらしい)が3個体流れ着いた、じゃなかった泳ぎ着いたというニュース(2017年2月 琉球大学のグループが動画撮影)は、須崎市「しんじょう君」にとっては羨ましくてたまらないに違いない。でも、リアル「しんじょう君」がいたわけだから、移籍いや委譲した方がいいかもね。対馬市「つしにゃん」(cf.【その86】)とのバーターも可、須崎市にも茶トラのネコぐらいいるだろうし。

― Title Inspired by;
忍ぶれど 色に出にけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで
   平 兼盛

2018年7月14日 (土)

【加筆編】忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは(淡路島くにうみ協会・埼玉県住まいづくり協議会・川崎市生涯学習財団)

ずいぶんと古いところじゃあるけれど、このまま埋もれさせるには惜しい逸品を2点、いや3点ほど(* ̄ー ̄)。

兵庫県洲本市
財団法人 淡路花博記念事業協会 → 一般財団法人 淡路島くにうみ協会
シンボルマーク
林再恵美(福岡県北九州市:イラストレータ)
淡路島くにうみ協会

-----
淡路の[あ]をモチーフにし、[赤](熱い夢と活力)、[緑](葉っぱ)、[ピンク](花)、[紫](波)、[青](躍動)の五色で描き、自然(花・緑・広がる海)に囲まれる中央、未来に向かって躍動する[人]の姿を表現し、「人と自然が豊かに調和する環境立島『公園島淡路』づくり」や淡路の地域活性化に寄与する「淡路島くにうみ協会」の理念を表現しています。
-----

2001年11月に「財団法人 淡路花博記念事業協会」が公募により制定したもので、その後同協会は2009年4月に「財団法人 淡路21世紀協会」と統合されて現在の名称になった(「一般財団法人」に移行したのは2013年4月)。
なんか、微妙に違和感ありですよね。「くにうみ」は「国生み」のことだと思うけど、上記のコンセプトはあくまで、当時の津名郡淡路町・同 東浦町で開かれた淡路花博(国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」;2000.03.18〜09.17)のみを表している印象で、淡路島に因むこの神話にはそっぽを向いている気がする。旧い文章を適当に直しただけなのね。

このデザイン、ツルは塩崎一族の丸ブー作品ではないかとかなり強く疑っていた。小さ目の[赤丸]と、無理くりな細長い[ハート]が用いられていたからです。

【その103】
長野県伊那市
上伊那福祉協会
ロゴマーク
塩崎アユミ
〔2009年1月発表〕
上伊那福祉協会(最終版)

【その45】
神奈川県藤沢市
藤沢市民病院
シンボルマーク
(優秀賞)
今井弘実(大阪市)
〔2011年10月発表〕
藤沢市民病院(今井弘実案)

「林再恵美」についての詳細はまるでわかりません。

でももっと気になるのはこの辺りとの関係性。

【2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」】・【2018.04.17「通り過ぎる風がアナタの若さを奪い去る:4/5」】
鹿児島県奄美市
市章
(優秀賞)
彦根 正
〔2005年11月決定〕
奄美市章(彦根案)

何だかね、この既視感。ま、[あ]を用いた類似品は他にも多いけど。

とっとと次、いってみよう。

埼玉県
埼玉県住まいづくり協議会
シンボルマーク
彦根 正(東京都町田市:グラフィックデザイナー)
埼玉県住まいづくり協議会

さっすが丸ブーの帝王、どこぞの市章もかくやの○○○○っぷりです(失笑)。
2005年7月頃に「彩の国豊かな住まいづくり推進協議会」から改称したことを受けて、また2007年に設立10周年を迎えた記念として、「シンボルマーク及びロゴタイプ作品コンペティション」を行ったもの。募集時の要綱にも「シンボルマークとロゴタイプはセット」とまで明記してあったのに、後者は結局どっかへいっちゃったみたい。
応募資格不問だったので、実質的には単なる公募だったと思われます。2007年5月15日の年次総会終了後に彦根本人が出席して表彰が行われた旨、ニューズレターに出ている。

-----
(2007.06 smile通信 vol.28 抜粋)

彦根さんの作品は、埼玉の[さ]の字をモチーフに、未来に向かって両手を広げる[人]の形をデザインしたものです。
彦根さんは「デザイン公募は、一つ一つが記念となっており、私にさらなる活力を与えてくれました。」との、言葉を寄せてくださいました。
-----

否。彦根に真の活力を与えたのは、『いわゆる公募のデザインでも』『「丸ブー」ばかりではない』ところの、『デザイン年鑑等で業界に評価されたもの』である(cf. 2018.04.16「通り過ぎる風がアナタの若さを奪い去る:3/5」)。
しかし、「未来に向かって躍動する[人]」vs「未来に向かって両手を広げる[人]」。ケッ。

さらにもう1点。

神奈川県川崎市
財団法人 川崎市生涯学習財団 → 公益財団法人 川崎市生涯学習財団
ロゴマーク
彦根 正(東京都:グラフィックデザイナー)
川崎市生涯学習財団

こちらは2008年元日発行のニューズレターに掲載されてます。

------
(2008.01.01 Kパル 04号 抜粋)

Kawasakiの[K]をモチーフに、生涯学習をイメージする[本]を組み合わせ、いきいきと学習する市民と、それを支える川崎市生涯学習財団の姿を表現しています。また、[本]はひとり一人の「成長と向上心」を、[K]は発展する川崎市の躍動感と広がりを象徴しています。
------

ほ、ここでは[本]=大学ではないのネ。でも結局は丸にブーメラン、依って件の如し。何か意味がありそうで実は何も語っていないコンセプト。

因みに、書き添えられたアルファベットについては、ちょっと驚くようなことがサイトに出ている。

-----
ロゴマークにある「KPAL=Kパル」とは財団の愛称で、発足当時の川崎市生涯学習振興事業団(Kawasaki Promotion Agency Lifelong learning)の略称です。
-----

調べてみると、「財団法人 川崎市生涯学習振興事業団」と「財団法人 川崎市博物館振興財団」を統合して「財団法人 川崎市生涯学習財団」が設立されたのは2005年のこと。新法人の英文名は "Kawasaki Lifelong Learning Foundation" なので、「KPAL」にはならない。で、ロゴマーク制定はこれより後。でも旧略称をそのまま「愛称」と称して継続使用してるわけ。ま、縁起のよい(?) "pal" の語をどうしても残したかったんでせう。

(優秀作品)
岸本 楓(川崎市:川崎市立川崎総合科学高校3年)
(優良作品)
東 信慶(福岡県北九州市:会社員)

(入賞作品)
小柴雅樹(兵庫県:デザイナー)
工藤和久(青森県:自営業)

//

さすがに十年一昔、組織体もいろいろ変遷がありますな。いや、二昔ぐらい前のもあるのか。
平成大合併に伴う自治体章制定のピークが2005年頃だから、そのざわつきが収まってからその他団体に丸ブーデザインが波及していった、そんな印象を基本的に持っているのだけれども。

(続く)

2018年7月11日 (水)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(はち〜わた)

(承前)

●八谷(はちや)早希子(北海道江別市)

cf.
2013.09.08「下ぶくれの神様」
2013.10.13「下ぶくれの神様 再び」
2014.01.24【その78】
2015.01.03「かわたん縁起ばなし:下」
2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」
2015.12.12〜20「下ぶくれなる謎の神々」
2015.12.22「★の瞳に希望の光」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2016.08.08〜10「アナタのムラの公募の不実?」
2016.08.22「ゆるキャラ(R) 再生処理装置」
2016.08.26「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute One」
2016.09.30「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute Two ⇒ 不発。」
2017.02.11「Symbols of Jinsekikogen Town」
2017.06.28「北の駅から ― その4」
2017.07.06「世界から狼が消えたなら」
2017.07.08「たまにはご当地キャラクターの運用というものを」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.09.25「みほのさとには おうまがおってさ」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」
2018.06.23〜24「公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後――」


●濱口温男(はるお)/浜口温男(高知市)

cf.
2014.11.10「丸ブーtyphoon艶競べheart [5]」
2016.01.29〜31「tulip花めかしたりや、shineきらめかしたりや」
2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.05「ガイダー十字架遺産指定の件:第2回」


●彦根 正(ただし)(東京都町田市)

cf.
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05〜07「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]〜[8c]」
2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」
2016.01.28「丸ブーtyphoon艶競べheart [14b]」
2016.03.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [15]」
2017.05.22「「公募ガイド」の大罪;実証1」
2017.06.09「その公募の投票1位は正に盗作ではないのか」
2017.08.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [47]」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.11.01〜02「顔入りマークと丸ブーの時代」
2017.12.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [61]」
2018.04.14〜18「通り過ぎる風がアナタの若さを奪い去る」


●平山陽一・加代子(鹿児島市)

cf.
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2014.02.13〜17「白昼堂々、Evil Under the Sun」
2014.11.10「丸ブーtyphoon艶競べheart [5]」
2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」
2015.05.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [6]」
2015.05.06・10「Again, Evil Under the Sun」
2015.06.10【その139】
2015.06.14「一筆啓上 ストックあります」
2015.07.25「Provinceの海と陸と山と空と陽」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2017.03.14「採用はアナタへの復讐」
2017.09.15「Moral Hazardは続く」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」


●深川重一(しげかず)(東京都杉並区/大阪府堺市/大阪府和泉市)(註17)

(註17)
広島県福山市出身。1998年4月頃まで東京在住であったことが確認でき、その後2000年11月頃には堺市に転居し、2003年5月頃までに和泉市に移っている。

cf.
2013.01.03〜05「その川は本当に深く淀んでいないのか」
2014.08.13「配達されない三通の手紙:三通目」
2014.08.17〜23「果てなく重く深い闇」
2015.12.28「思ったより悪夢、まさかの正夢?:その1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.07.29〜31「丸ブーtyphoon艶競べheart [21]」
2016.08.20「♪輪廻は続くよどこまでも」
2016.10.02「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 二番」
2017.03.17「民進党ゆるキャラ、決定の件:各論Ⅱ」
2017.05.19「丸ブーtyphoon艶競べheart [40]」
2017.06.04「因縁の渕ぞ積りて海となりぬる」
2017.06.27「北の駅から ― その3」
2017.08.29「More Cutting Edgebudなとんがり塩キャラsign02:中編」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.10.04「細身の剣で深く一突き」
2017.12.01〜02「丸ブーtyphoon艶競べheart [59]」
2017.12.23「大御所厳選!Countdown, 6!!」
2017.12.31「Discommunication in Design!?」


●堀江 豊(広島県廿日市市)

cf.
2013.02.07「キャラ自ずと似るとは聞きしかど」
2014.01.29「運気呼び込むキャラの弥栄」
2014.11.12「失われた友を求めて」
2015.04.05〜07「十年に一度の逢瀬:3〜4」
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2016.01.27「丸ブーtyphoon艶競べheart [14]」
2016.03.02「小壁画に嵌め込まれたものども ― 3」
2016.04.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [16]」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2017.06.01「二兎を追う者二兎を獲て、の巻」
2017.06.14「お上にはお上の事情と紋章:ニ」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」


●前田昌克/まさかつ(大阪市北区/東京都目黒区)(註18)

(註18)
元パナソニック社員。2011年9月頃から、東京在住とするものが混じる。大阪在住の場合は昌克名義、東京在住の場合はまさかつ名義とする傾向。

cf.
2013.01.05「泣きキャラ そして 大阪−東京、漢字−ひらがな」
2013.12.01〜02「ああ、お手上げpapersadpaper
2013.12.14「狸にダマサれる前に、克つ!」
2014.01.26〜02.03「泣きキャラ評定記」
2014.03.23【その87】
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2016.10.27【その171】
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.07.21〜25「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:起〜転」
2018.04.08「槍の誉れは数々ござる;キャラのカブりも数々ござる」


●増田繭美 → 海山 幸


●三巻(みまき)保征・靖子(新潟県三条市)(註19)

(註19)「得征」と表記された例がある。

cf.
2013.01.04「その川は本当に深く淀んでいないのか − 中」
2014.05.12【その96】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.04.14「丸ブー市章と地図キャラの力学」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.23〜27「法三条 ――盗ル勿レ 騙ル勿レ 偽ル勿レ――」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」


●宮川ヒロミ・詳子(群馬県前橋市/長野県北佐久郡軽井沢町)(註20)

(註20)
ヒロミ(本名 宏美)は男性だが、詳子(妻か)とのユニット名としても使われている模様。(少なくともヒロミは)2014年4月頃までに前橋から軽井沢へ本拠を移している。なお、宮川さやか(長野市)との関係・続柄は不詳。

cf.
2013.01.12「すべてが金になる」
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2015.03.13【その132】


●三好健一(福岡市西区)

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2013.12.26〜28「さよなら三角、まねしてまん丸」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2013.12.30「新たな疑惑か、偶然の為せる技か」
2017.01.26「大御所の罪:その4」
2017.10.11「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 一番」


●本山清数(兵庫県神戸市西区)

cf.
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2017.01.05「Les Liaisons Dangereuses; Whistleblowerとキャラクターとの」
2017.01.07「金糸雀と海猫と怪獣と朱鷺の話」


●盛(もり) 秀雄(青森市)

cf.
2013.07.13【その43】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.12.12「下ぶくれなる謎の神々:1粒目」


●渡辺光お/光仰/光(福岡市)

cf.
2013.01.22「Pakuri Goes Round & Round...」
2015.06.22「鳥たちに光を」
2017.03.10「必殺!海老固め」

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(さと〜なか)

(承前)

●佐藤弘子(千葉県茂原市)

cf.
2016.03.31「4年次進級検定【正解&解説編:2】」
2016.04.01「この期に及んで新たな問題; so sweet, so bitter」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.12「ふじみん・うさみん因縁譚 (and more!)」


●信貴(しぎ)正明・美和(みわ)(新潟県燕市)

cf.
2013.12.27「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪二≫」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2016.10.11「Proud & Happy Geopark Stories」
2017.03.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [32]」
2017.09.03「丸ブーtyphoon艶競べheart [48]」
2017.10.07「丸ブーtyphoon艶競べheart [54] 後段」
2017.11.11〜16「ガイダー縁起絵巻」
2017.12.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [64]」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」


●重田 修・律子(のりこ)(神奈川県川崎市宮前区)(註10)

(註10)
修は長野県出身。年齢関係からして夫婦と考えられる。

cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一ノ一≫」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.01.31「tulip花めかしたりや、shineきらめかしたりや:ロゴマークの帖」
2016.07.05「きょうのわだい」
2017.05.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [39]」
2017.09.24「みほどこさ いばらきさ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.10.28「丸ブーtyphoon艶競べheart [57]」
2017.11.26「重き霧の晴れて後」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」


●清水浩美(大阪市阿倍野区)

cf.
2012.12.23〜24「その水は本当に清く澄んでいるのか」
2012.12.26【その16】
2013.07.02【その40】
2014.05.05「最強の悪夢、増殖拡大(十六茶 2014)忘れ物」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」


●神保(じんぼ)米雄(千葉県松戸市)

cf.
2014.06.05「公募ガイダーのモチベーション:5」
2014.07.02「偶然か蓋然か 神のみぞ知る」
2017.10.10「丸ブーtyphoon艶競べheart [55]」


●須賀裕明(東京都千代田区)

cf.
2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」
2014.02.12「行け!補整の向こう側へ」
2015.05.24「灼けるような戯れの後に」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」


●高柳順子(静岡県三島市)(註11)

(註11)
静岡県裾野市出身。本業は外食チェーン運営会社に勤務し宣伝企画を担当。

cf.
2013.02.18〜22「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける」
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2014.03.21「新しい才能も」
2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」
2015.04.11「知立乱立杜若」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2016.10.24「愛称問題、奥深し」
2016.10.25「愛称ならで、課題は渦高く山積み」
2017.12.30「大御所厳選!Countdown, 1!!」
2018.05.20「闇を払う若者たちとの対話:Session B」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」


●立志(たてし)哲洋(東京都江東区)(註12)

(註12)
熊本県牛深市(現 天草市牛深町)出身。

cf.
2013.11.19〜20「志とは裏腹に」
2014.09.13「酒と魚と女とハイヤ」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.05.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [6]」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.05.10「記憶のミンチからの復活再生」
2017.06.06「校章M&A方程式:第1式」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.08.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [44]」
2017.08.20〜09.03「丸ブーtyphoon艶競べheart [47]〜[48]」
2017.09.27〜29「丸ブーtyphoon艶競べheart [51]〜[52]」
2017.12.20「大御所厳選!Countdown, 9!!」


●田中博士(愛知県豊橋市)(註13)

(註13)
平成大合併に伴う自治体章公募において、杜多利夫&・利香、工藤和久とともに最多レベルの採用数を誇った。現在公募への応募は行っていない模様。

cf.
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」
2017.01.11〜26「大御所の罪」
2017.01.18〜20「丸ブーtyphoon艶競べheart [26]〜[27]」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.02.15〜16「天からの恵みの重さ」
2017.10.28「丸ブーtyphoon艶競べheart [57]」


●垂水秀行(香川県丸亀市)(註14)

(註14)
元電子工学系エンジニア。2011年にグラフィックデザイナーに転身。

cf.
2015.10.21〜31「いはばしる バイクの臀の プレートの」
2015.11.03「〆の後はドルチェ」
2015.11.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;再び」
2016.01.01〜03「遠い祭りの音と 郷土の匂いと」
2016.01.04「さわらびの もえいづる はつはるに」
2016.11.28「一生に一度の(?)デザイン」
2016.12.22「むらの紋章?」
2017.11.27「♪天国じゃなくても ♪信号はなくても」
2017.12.03「バイクをクルマに乗り換えて('_'?)」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」


●杜多(とだ)利夫・利香(兵庫県神戸市西区)(註15)

(註15)
親子関係(父ー長女)にある。現在公募への応募は行っていない模様。利夫は京都市下京区出身。なお、杜多利樹(兵庫県)との関係・続柄は不詳。

cf.
2013.09.26「Les Enfants Terribles(下)」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」
2015.05.26「永遠に独りでいることを知る」
2015.07.03〜07「丸ブーtyphoon艶競べheart [8]」
2016.05.30〜06.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2017.01.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [27]」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.02.23〜03.07「大御所劇場」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.23〜29「大御所の父の罪と十字架」
2017.05.04〜07「ガイダー十字架遺産指定の件」


●中本竹識(たけし)/竹織/長流(たける)(福岡県北九州市小倉北区/広島市東区/山口県)(註16)

(註16)
2013年3月頃に福岡から広島に転居。2014年には広島から山口に転居した模様だが詳かでない。「竹織」は誤記と考えられるも確かでない。

cf.
2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」
2012.12.26【その16】
2013.01.23「AND Pakuri Goes Round & Round & Round...」
2013.06.08「Family... Business?? Part 3」
2013.06.12「盗作のロンド」
2013.07.01【その39】
2013.11.01〜03「今様竹取物語」
2013.12.02「ああ、お手上げpapersadpaper〔おまけ〕」
2014.01.08「リサイクル品の作り方」
2014.03.17「配達されない三通の手紙:一通目」
2014.09.25「それって許されるの?:Recycle 1」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.09.05「丸ブーであろうがなかろうが。」
2015.09.29「コピーライトがあろうがなかろうが。」
2015.12.08「垂れ耳と黒眼鏡のNice Couples」
2016.06.18〜19「夏草や しれものどもが 夢のあと」
2016.07.11「アナタのウチのキャラの不都合?」
2016.07.13「みみ、はな、はげ、GO!!」
2017.06.06〜07「校章M&A方程式」
2017.07.31「後付けの姉弟たち」
2017.08.03「伝統産業のゆるキャラですって? 下」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.26「大御所厳選!Countdown, 5!!」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(きた〜こや)

(承前)

●北野公一(和歌山県田辺市)

cf.
2014.10.12「丸ブーtyphoon艶競べheart [1]」
2016.02.09〜17「“サルでも採用されるtechnique”の嘘」
2017.01.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [25]」
2017.04.02「破れかぶれの名前かぶりに」
2017.08.19〜20「丸ブーtyphoon艶競べheart [46〜47]」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」


●草野敬一(長崎市)

cf.
2013.08.08「誰も彼も踊る官兵衛」
2014.05.16「様々なる意匠? 中」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.10.17「お花のchapeauの妖精たち」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」


●工藤和久・元市(もといち)・ハツネ(青森県弘前市)(註7)

(註7)
家業のリンゴ農家を手伝いながらの公募活動。「総合芸術家」を名乗る和久が息子、元市がその父親、ハツネが母親と考えられる。工藤仁美(青森県)との関係・続柄は不詳。表彰式においては津軽刺子のちゃんちゃんこにオレンジ色のネクタイを多く着用。

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.06.02〜08「Family... Business??」
2013.07.03「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上」
2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」
2013.11.05【その63】
2014.01.21〜23「総合芸術家の作り方」
2015.01.20「Free Lancerの栄光と残照 のおまけ」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.23「十年に一度の逢瀬:7」
2015.06.07「深く果てしなくあなたを知りたい」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.07.03〜05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8a]〜[8b]」
2015.12.17〜19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 5〜6」
2016.01.25〜28「丸ブーtyphoon艶競べheart [13]〜[14]」
2016.02.03「画像なんかはなくっても」
2016.02.05「画像見たならなおも仰天」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.06.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [17b]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [24]」
2016.12.02「十年の執念:上」
2017.01.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [25]」
2017.02.09「丸ブーtyphoon艶競べheart [31]」
2017.03.31「丸ブーtyphoon艶競べheart [35]」
2017.05.04〜05「ガイダー十字架遺産指定の件:第1〜2回」
2017.05.15〜19「丸ブーtyphoon艶競べheart [38]〜[40]」
2017.05.24「Hのし過ぎは教育上よくないざーます!!」
2017.08.07「淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:南の帖」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.19〜20「みさとの夢の その果ての:2〜3」
2017.11.04「墜ちていく翼」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.01〜02「丸ブーtyphoon艶競べheart [59]」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「公募の畔、百年河清を待ちながら」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」


●栗山照州(てるくに)(福岡市城南区)

cf.
2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」
2015.05.17「そこに蟠り渦を巻くモノ」
2015.07.03「丸ブーtyphoon艶競べheart [8a]」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.04.03「掟破りの公募荒らしに」
2017.12.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [64]」


●小池友基(ゆうき)(群馬県高崎市)

cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一≫」
2014.10.14「新旧校章typhoon艶姿heart
2014.11.04「有友自高崎来不亦楽乎」
2015.05.16「十年に一度の逢瀬:12」
2016.12.02〜04「十年の執念」
2016.12.11「やっちゃば生まれの双子ロゴ」
2016.12.12「趣向を凝らして双子ロゴ」
2016.12.16「類似は友を呼ぶ?」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.19「丸ブーtyphoon艶競べheart [40]」
2017.10.07「丸ブーtyphoon艶競べheart [54] 後段」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」


●小柴雅樹(兵庫県宍粟市/しそうし)

cf.
2013.11.06〜08「宍栗?穴栗?穴粟?宍粟!」
2014.04.22「最強の悪夢、増殖拡大 PART 7」
2015.05.20「百年に一度の邂逅:B」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.06.25〜29「青空に燕が おどって・・・」
2017.01.03「空を飛ぶ者、海を跳ぶもの」
2017.03.20〜29「丸ブーtyphoon艶競べheart [32]〜[33]」
2017.06.02「まことの姿はどこに?の巻」
2017.06.03「屹立、礼、着用!の巻」
2017.11.16「ガイダー縁起絵巻:残闕」
2017.12.29「大御所厳選!Countdown, 2!!」


●駒井 瞭(りょう)(大阪府東大阪市)(註8)

(註8)
キャラクター・シンボル・ロゴに加え、作詞・スローガン・キャッチコピーの公募仕事も手がける。

cf.
2013.01.31「校歌自ずと似るとは聞きしかど − 第一試合」
2013.02.03「咲いた桜になぜ駒つなぐ」
2013.02.04「駒が勇めば花が散る」
2013.02.05「瓢箪から駒」
2013.11.01「今様竹取物語:上の巻」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.23「光輝く夢と未来へ:2」
2014.01.16「マルチな才能の行く末」
2014.04.11「配達されない三通の手紙:二通目」
2014.09.27「それって許されるの?:Recycle 0」
2014.10.01〜05「配達されない三通の手紙:四通目」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.15「なんとなく、リサイクル」
2015.04.17「限りなく闇黒に近いブルー」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.09.01「福島県大型観光キャンペーンのこと」
2015.09.07「sunshine朝陽のうた、nightshine夢のうた」
2015.11.28「実は悲劇ではなく喜劇、ドタバタ調の」
2016.05.12〜13「アナタのマチのUDってなぁに?」
2016.05.14「21世紀をリードする?翁神 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.15〜16「繰り返す 繰り返す さざなみのように 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.17「波の来ぬ間に潮干狩り 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.24「問題の本質は何処に・・・」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.07.09〜10「アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup」
2016.10.23「デザイン文化に対する暴挙を許すな」
2017.03.22「桜の起源は桔梗?の怪」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [65]」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2018.02.20〜22「未来へと噴き出す血潮」


●小山朝子(こやま ともこ)/柿沼朝子(群馬県太田市)(註9)

(註9)
小山名義はペンネームであることが明らかにされている。

cf.
2013.05.25〜26「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。」
2015.01.12「無明の闇(その2)」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.14「安楽椅子ハンターが追い詰める:後編」
2016.11.12「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第七声」
2016.11.26「・・・うす紅の花びら こぼれた:3番」
2016.12.31「「く〜みん」に関する誤り等について」

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(あす〜かや)

-----
(2012.12.10【その13】)
キャラクター公募界が一握りの大御所の先生方に牛耳られていることも知りました。下の名前が違ってたりするのもよくあること。
-----

そのことにて候。

5年以上ちんたらチンタラ書いてきて、やはり特定の名前にぶつかることはとても多い。「一族」を形成していたり、住所が変わったり戻ったりcatfaceと、かなり知見も得ましたので、ちょっくらアップデート。五十音順です。
別に、このリストに載っけた大御所陣を全て斬りまくろうなんて考えちゃいません。けど、行き当たっちゃうんですよね、調べているとどうしても。それをつなげていくとびっくりするような事実が見えてくる、そんなこともままあるもので。(今後も随時書き足してまいります)
リンクは敢えて貼りません、てか貼れません、だってただのガラ系携帯mobilephoneblogだもん(滝汗)。


●東(あずま) 信慶(福岡市博多区/福岡県北九州市小倉北区)

cf.
2013.05.26〜06.12「公募ガイダーのモチベーション」
2015.03.29「十年に一度の逢瀬:2」
2015.07.03「丸ブーtyphoon艶競べheart [8a]」
2015.09.14「ゆるキャラとは何の謂ぞ:2」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.19「水は高きより低きに流れる、とかや」
2016.05.20「公募ガイダーの甘えと傲り:承」
2016.11.14「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第八声」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [44]」


●井口やすひさ/靖久・千鶴子(東京都文京区/群馬県高崎市)(註1)

(註1)
夫婦関係にある。やすひさは静岡県浜松市出身。2010年に東京から群馬に転居。

cf.
2013.07.03〜04「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可)」
2013.12.02「ああ、お手上げpapersadpaper〔おまけ〕」
2015.01.14〜18「Free Lancerの栄光と残照」
2015.05.18「百年に一度の邂逅:A」
2015.10.07〜09「One of Those "類似" Preventive Measures?」
2015.12.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [10]」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.05「Glorious Days, Afterglow」
2016.01.06「Even After the Afterglow」
2016.01.07「妻を娶らば才長けて 毒を食らわば皿までも」
2016.01.28「丸ブーtyphoon艶競べheart [14]:続編」
2016.03.07【その157】
2016.05.19〜22「公募ガイダーの甘えと傲り」
2016.05.30〜06.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2016.09.04「頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.20「ツルりんはご機嫌ななめ」
2017.01.22「大御所の罪:その3」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.02.18「変わるはずのないものもいつしか・・・?」
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.11「公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠」
2017.04.13〜15「丸ブーtyphoon艶競べheart [36]」
2017.05.21〜23「「公募ガイド」の大罪」
2017.06.07「校章M&A方程式:第2式」
2017.08.01「双子たちの見た夢」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.18「みさとの夢の その果ての:1」
2017.11.23「能書きも筆書きもテンプレ」
2017.11.24「Dual Oval, Double-Crossers」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」
2017.12.16「丸ブーtyphoon艶競べheart [63]」
2017.12.22「大御所厳選!Countdown, 7!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」


●池田克也(埼玉県狭山市)

cf.
2013.07.16「Spellbinder in Sayama, Saitama」
2015.10.13〜15「Enter the Spellbinder, Scene 2〜3」
2015.11.07「男性性・女性性・父性性・母性性」
2016.04.08「Spellbinderの隠し球?」
2017.02.16「天からの恵みの重さ ― 第弐陣」
2017.07.27「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:結」


●居関孝男(京都市)(註2)

(註2)福井県出身。「井関」と表記された例がある。

cf.
2014.10.03「配達されない三通の手紙:四通目 第二葉」
2014.11.28【その120】
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2016.11.06「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第五声」
2017.08.22「Derivative Four」
2017.08.23「珍説弓張板/Lunatic Bow」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.04.29「田舎公募は伝染るんです。」


●市原麻奈美(東京都町田市/稲城市)

cf.
2013.05.23「直立不動で御神楽舞える?」
2013.06.09「『@niftyよりご連絡いたします』」
2013.06.17「『@niftyよりご連絡いたします』Part 2」
2016.05.08「ミンチになるまで斬り刻め!」
2016.07.03「まちのうわさ」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」


●海山 幸(さち)/増田繭美(宮城県仙台市)(註3)

(註3)
海山名義はペンネームであることが明らかにされている。

cf.
2015.02.03「PNまつり 第10弾」
2015.06.30「キャラに幸あれ」
2015.06.28「とんぼのめがねは色眼鏡」
2015.07.27「Super Trooper, Templa Trooper」
2015.07.29「プロヴァンスの海と陸と山と空の幸」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.09〜10「栗の実 Goin' Nuts!」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」


●梅村元彦・登美子・貴子(愛知県春日井市)

cf.
2015.03.27〜29「十年に一度の逢瀬:1〜2」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.21「十年に一度の逢瀬:6」
2016.07.05「きょうのわだい」
2016.12.17「友は類似を招ぶ。」
2016.12.28「ふにゃふにゃのおうさま」
2016.12.29「おうさまのなやみごと」
2016.12.30「みごとなふにゃふにゃ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.07.01「其の村は戦後の平和と共に在り」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」


●尾浦孝夫(神奈川県横浜市栄区)

(註4)
香川県高松市(現)出身。元電機メーカーデザイナー。

cf.
2013.10.18〜19「I am the Alpha and the Omega」
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.12.09〜11「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1〜2」
2017.11.22「丸ブーtyphoon艶競べheart [58]」
2017.11.25「幾久しく御栄えあれ」


●柿沼朝子 → 小山(こやま)朝子


●金津(かなづ) 博(新潟県上越市)(註5)

(註5)
本業は看板業。

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.08.26【その50】
2014.02.13「白昼堂々、Evil Under the Sun; 1st」
2015.03.09「最強の悪夢の名残り:分析5」
2015.08.12〜16「丸ブーtyphoon艶競べheart [9]」
2016.03.29「4年次進級検定【正解&解説編:1】」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.13〜14「安楽椅子ハンターが追い詰める」
2017.03.01「幕間狂言ノ一:春のわかれ」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.24「Tall, Dark & Salty」
2017.12.28「大御所厳選!Countdown, 3!!」


●萱野光俊(熊本市北区)(註6)

(註6)
本名は栄吉。

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2014.10.16「丸ブーtyphoon艶競べheart [2a]」
2014.11.02「丸ブーtyphoon艶競べheart [4]」
2016.07.15〜19「公募ガイダーはS字固めがお好き?再び」
2016.07.17「老ガイダーが怠った配慮」
2016.07.23「丸ブーtyphoon艶競べheart [20]」
2016.07.31「丸ブーtyphoon艶競べheart [21] のおまけ」
2016.08.18「Eかナ、と思ったらtyphoon
2017.01.22「大御所の罪:その3」

(続く)

2018年7月10日 (火)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その203の2:タワラモトン 追補)

(承前)

タヌキの因縁話の後は、ブタの後日譚につきまして。

昨年末の発表以来、今まで何くれとなく愚blogに話題を提供してくれている奈良の塩キャラ、タワラモトンにちょっとびっくりする異変が起きていた。

奈良県磯城郡田原本町(しきぐん たわらもとちょう)
公式キャラクター
タワラモトン
塩崎榮一
〔2017年12月発表〕
タワラモトンタワラモトン2

こともあろうに、法被に盛ったアイテム、[柿の葉寿司]・[柿の葉?]・[桃]・[町章]がみんな消されてたんです(@_@;)。代わりにつけられたのは小さ目の[名札]のみ。

実はなかなか立ち上げイベントの多いキャラクターで;

2017.12.27 入賞者表彰式(榮一出席heart
2018.03.29 辞令交付式・特別住民票交付
2018.04.20 「道の駅 レスティ唐古・鍵」グランドオープンに登場
2018.06.04 「道の駅 レスティ唐古・鍵」でタワラモトン石像除幕式(奈良中央信用金庫寄贈heart

とてんこ盛りに盛り上がってた様子。着ぐるみは3月の辞令交付式から登場しており、これが補整後の姿なので、三次元化に際しての修整だったことになる。

うーんthink、【2017.12.25「その203」】でこう書いたのに↓。

-----
来春に「道の駅 レスティ唐古・鍵」がオープンするので、ここで一気に攻勢に転じたい。新しい名物作りを狙って、この夏には「田原本町お土産(特産品)コンテスト」てのもやったんですね。
キャラ公募もその文脈で捉えるべきなのだと思う。従って今後、盛りアイテムの入れ替えもあり得るのじゃないかしらん。
-----

しかし引き算の発想できましたか(そういうことじゃねえだろ)。

決定時の新聞記事の見出しも「町キャラ、デザイン決定 特産品身に着ける」だったんだぜ。今年2月のあのFRIDAY記事でも当初案のデザインで載ってたんだぜ(cf. 2018.03.03「It's so FRIDAY, FRIDAY Chinatown」・2018.03.04「Oh It's a FRIDAY Night」)。特産品コンテスト↓のその後の経過が思わしくないんじゃ、なんて大きなお世話の余計な心配をしちゃうではないか。

〔金賞〕
唐古・鍵遺跡のめちゃ美味しい索餅(さくべい)スナック
本間文子(奈良雑貨 ならいろは)

〔銀賞(食品部門)〕
いもぼた
安田淑子

〔銀賞(一般部門)〕
カラーハンドタオル
森田淅男

〔銅賞(食品部門)〕
奈良黒田 古代桃ビール
片岡慎治(桃花会)

〔銅賞(一般部門)〕
陶鐸土鈴
橋本寿一

これらの品は、「道の駅 レスティ唐古・鍵」での販売が予定されていた。実際どうなってるかは知りません。
「奈良雑貨 ならいろは」は大阪市中央区の「デザインオフィス リバティ」が展開するブランド/ショップで、「マニアックさんがそそられる オリジナル商品を企画デザイン」というのが売り。一昨年の秋に奈良を訪ねた時、ご当地の土産物屋がずいぶん垢抜けてきたと感じたけど、そういう部分の仕掛人の一人ってことかな。でもま、新しい奈良ブランドは大阪船場で創られておるわけよ(笑)。

閑話休題。
石像が道の駅に鎮座するってなことにもなれば、特定の物産を盛りにくいということはあったろう。一方で、ツルの勘繰りも杞憂とばかりは言えないのかもしれない。同町によるタワラモトンの公式のプロフィールはこうなっている。

-----
氏名:タワラモトン
生年月日:9月30日
好きな食べ物:おにぎり、味間いも、イチゴ
性格:活発で明るい、超ポジティブ
特徴:町のPRのために、長い眠りから目覚めた。
語尾に「トン」をつける。
気が向いたら飴を配る。
-----

「好きな食べ物」が特産品コンテスト入賞品とほとんど全くかぶってないんですねえ、意外にも。ここでも連動は図られなかったわけです。
因みに「味間いも」はサトイモのご当地品種。里芋でぼた餅を作れるとはあまり思えないんだけど、町サイトでは同コンテスト入賞品の画像掲載だけで説明はない(それもいかがなものかと思うが)ので詳細は不明。

ツルが「田舎公募」のいの一番の特徴として書いた「制定/公募する目的が明確化されていない」という欠点は、三次元化に際しても引き継がれちゃったようです。

既に1,100箇所を超えた全国各地の「道の駅」で「何」を売り物にしていくのか、何を発信していくのか。海山の幸と地ビール売ってます、コミュニティセンターや防災拠点としての役割も果たしていきます(そこは副次的なものかも)、ご当地キャラもいます、てなことだけではそれこそ全国道の駅総金太郎飴化計画である。
民間のドライブインや物産センターの巻き返し、あるいはコンビニ業界の新たなビジネスチャンス、てなことにはなっていかんのかしら。無理か。

2018年7月 9日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その216:とくぽん) Mission C

(承前)

いささか驚くのは、同大学/同機構のクラウドソーシングに対する考え方。

-----
(2017.07.02 大学支援機構サイト 抜粋)

〔前略〕

例えば、東京で開催されるオリンピックのエンブレムを公募して、「組市松紋」が採用されましたが、これも一つのクラウドソーシングです。この場合は、デザインでしたが、「データの入力」などの仕事から、「新商品(新薬なども)の開発」まで様々な仕事を全世界に向けて発注が可能なので、仕事に最適な人あるいは団体が見つかる可能性が高くなります。そのための、プラットフォームとして、おつくる・クラウドソーシングを設置しました。

〔中略〕

大学・企業・自治体などの課題解決にご利用ください。なお、良い解決者に遭遇するためには、課題に相当な賞金あるいは研究費を用意してください。

例1:Tシャツのデザインコンテスト。勝者は投票で決定、勝者のデザインしたTシャツは制作され、ネットで販売。
例2:新商品などの開発。開発に必要な技術・知識の提供を公募。
例3:代謝産物などの解析。解析に必要な技術・知識の提供を公募。
例4:プラスミドの構築、化合物の合成など多種類の仕事を依頼可能。

課題提案者のメリット
1.想像できなかった良い解決案を安価に迅速に得ることができます。
2.新規の共同研究がスタートできる可能性があります。
3.人件費のコスト削減になります。

課題を解決して、賞金や研究費を獲得してください
一般の人々に加えて、是非、多くの大学の教職員と学生・大学院生に「解決者」として登録していただき、大学、企業、自治体などが抱える課題を解決する「解決者」になっていただきたいと思っています。

解決者としてのメリット
1.選ばれた解決者は、賞金あるいは研究費を獲得することができます。
2.共同研究のスタートになります。
3.都合の良い時間に得意な仕事を行い、収入を得ることができます。
4.特許化・製品化できれば、将来の収入が増加します。

〔後略〕
-----

Tシャツデザインから新薬開発から、まさに糞も味噌も一緒くた、絵に描いた薔薇色の餅なprimitive感。五輪エンブレム公募までクラウドソーシングの例として挙げられるとはねえ。

クラウドファンディングの方も然り。「¥592,600 食用コオロギの飼育装置の開発」なんて実績を挙げられても、おいそれと賛同はできかねます(世界の食糧難の解決に資するであろう研究ですがね)。

食用コオロギの飼育装置の開発

「とくぽん」公募もこの文脈上にあったわけだ。甘い言葉ばかりが囁かれている、ただ1点dollarを除いては。かくて知は劇場型に流れる。

≪そうか、これこそあの「Spec Work」だったんだsign03

-----
(2017.09.16 科学コミュニケーション研究会 第14回年次大会「科学とクラウドファンディングのよりよい関係を求めて」)

「徳島大学の先行事例 〜 大学共通プラットフォームに向けて」
徳島大学 副学長
斉藤卓也

資料 P.24
見えてきた課題
・プロジェクトに多数からの共感が得られること、訴求力が必要(病気の克服、社会問題の解決、新たなテクノロジー・大きな夢の実現等)
・本人が情報発信等を積極的に行い、支援者がサイトを訪れ共感しなければ、絶対にネット決済に結びつかない
・支援者への連絡と社会への情報発信が必須(研究者個人の連絡できる範囲は全て、学会、同窓会組織、関連産業界、地域社会)
・一般社会には新聞(一般紙・業界紙)、放送などマスメディアはじめ、FACEBOOK、TWITTERなど大学側からも応援
・購入型CFは特定商取引法や消費者契約法の管轄分野であり、国立大学の直営は不可
・多くの大学が寄り添って、それぞれの支援層を一か所に集めることで、支援者がクロスオーバーでき、さらに新たな支援者層を呼び込むため大学専用的支援サイトが重要
・個人からの支援では、ネットでのカード決済でなく現金への対応も検討課題。ネット視聴→カード決済は現実的にはハードルが高い
・学生案件:学生同士に情報が発信出来ても、若年層からの財政的な支援は期待薄い
-----

当たり前じゃん。

その後、2018.04.03に理事長は佐野から小田に交代した(キャラクターの発表は当初今年2月に予定されていたところ、結局5月1日までずれ込んだようである。何か関係があるのかしら)。が。

-----
(2018.05.02 大学支援機構サイト 抜粋)

〔前略〕

運営経費の削減については、人件費の削減と物件費の削減などがあり、どちらも継続していますが、問題はそれが研究費の削減に繋がっていることです。これにより、多くの研究者が研究を継続できない状況に追い込まれています。この状況が日本の学問レベルを低下させていると考えています。特に、中国などの状況と比較すると非常に危機的な状況であり、このままだと日本の学問が沈没するにそんなに時間はかからないと思います。我々は、それを黙って見過ごすわけにはいかないでしょう。この状況を打開するためには、大学間で連携し、さらに大学が企業と連携し、業務を効率化し、外部資金を増加することしか方法は無いと考えています。この大学支援機構のプラットフォームを是非ご利用いただき、所有から共有へのコンセプトのもとで、業務の効率化を行うとともに、クラウドファンディングやクラウドソーシングにより外部資金を増加することに取り組んで、いただけませんでしょうか。

〔後略〕
-----

趣旨はわかるがね。
「応募してして」とおっしゃりまくるのはよろしいけれど、なんか、Beneficialなところがひどく軽視されてる気がするんだよ、「解決者」あるいは「解決案を提示する者」の側の。それが率直な感想です。

そもそも政府が大ナタを振るっているのは、経費がどうこうといったレベルではなく、知の生産や所有のあり方に対してのはずで、そこを変革しようという国策だろう(ツルがそこに賛成してるわけじゃないが)。であれば、(特に地方の大学が)それに対抗していくためには、またマクロな視点を要するはずです。

結局、内側だけで回しているからこういうシステムになってしまうのではないの??

2018年7月 8日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その216:とくぽん) Mission B

(承前)

で、さすがにまずいと思ってコンタクトをかけた(厳密には、かけさせたgawk)んです、徳島大学と木更津市に。

前者からは次の回答だったという。

・作者に再度照会し、自作・未発表であることを確認した
・類似調査ではきさポンも対象となったが、弁理士は「区別可能」との判断であった
・よって大学ではきさポンの著作権等を侵害しているとの認識はない
・従って、採用/入賞を取り消す考えはない

常連ガイダーの場合、「作者への確認」が有効とは思えない(∵そこをすり抜けられるように作品自体が作られているのだから)けど、(一応は)誠実な回答だったということで。

後者はなしのつぶて、残念。

しょうがないので本公募の経緯を調べ上げてみると、何やらもやもやしたもたれ合いの世界が見えてきました・・・。
「Otsucle」サイトを運営しているのは「大学支援機構」。どんな団体かと思ったら、なんと所在地が徳島大学と同じ↓(@_@;)。

-----
名称
一般社団法人 大学支援機構
(Organization For People With Universities)

設立
平成28年10月3日

事業内容
・研究・教育・社会貢献などのためのクラウドファンディングサイトの運営
・企業や大学の課題解決のためのクラウドソーシングサイトの運営
・アカデミックネットショップ:大学の知識、知恵、技術の販売、地域の企業の販売支援など
・大学産業院と連携した稼ぐシステムの構築
・アカデミックプラットフォームによる大学運営支援

所在地
〒770-8501
徳島県徳島市新蔵町二丁目24番地

役員
理事長 小田威司
-----

カッコいいことを並べ立ててあっても、一気に胡散臭さ上昇。

ついでながら、サイト上では理事長が「佐野正孝」となっている箇所や、英文名が「Organization For and By Universities」となっている箇所があったりもした(いずれも旧い情報らしい。直させましたがpunch)。
かと思うと「新規サービスの提供予定:安全保証輸出管理システムを共有します」なんて記事もあって┐( ̄ヘ ̄)┌、いうまでもなくこれは「安全保障輸出管理」が正しい(今もそのまんま)。
クラウドファンディング/クラウドソーシングのサイト運営者にして、その管理がきちんとできていない、キャラクターの類似調査云々以前に。

となれば本公募も、集合知をもって最適解を叩き出すはずのクラウドソーシングではなくて、ただのアウトソーシングではないのか。

機構設立時から追いかけてみますと。

-----
(2016.10.06 徳島新聞 抜粋)

徳島大が、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングのサービスなどを学内外に提供する一般社団法人「大学支援機構」を設立した。学内や他大学研究者の研究費を募るほか、学外の人が地域の課題を解決するために資金集めをする際にも活用してもらう。

〔中略〕

代表理事には、学長補佐の佐野正孝氏が就任し、野地澄晴学長や高石喜久副学長ら同大役員を中心とした7人が理事に名を連ねた。

〔後略〕
-----

同学の役員(有志)等が資金を出し合ったんだそうです。各サイトにはそんな経緯は出てませんけど。
まずファンディングからスタートし、半年ほどしてソーシングが開始された。

-----
(2017.06.12 大学支援機構サイト)

クラウドソーシングのシステムが7月初旬にスタート予定です
現在、各大学、企業、自治体、各研究者からの課題(賞金または研究費付き)を募集しています。例えば、「学生の成績評価システムの改良法」「製品のデザイン募集」、「ロボットの性能向上について技術の募集」、研究の補助」など、ご提案を「問い合わせ」に投稿していただければ、こちらから連絡します。
-----

微妙に上から目線なpull戦術と曖昧さ。そしてtypoの多さ。

-----
(2017.06.20 大学支援機構サイト 抜粋)

2017年6月14日に、一般社団法人 国立大学協会の第1回通常総会が、東京の学士会館にて開催されました。この総会は全国の国立大学法人の学長が出席する総会です。

〔中略〕

総会の最後のほうで、徳島大学からの発言が許可され、一般社団法人 大学支援機構がおこなっている「おつくる」のクラウドファンディングについて紹介しました。その紹介の内容を下記に掲載します。総会後の情報交換会においては、良い反響がありました。

〔中略〕

これまて・、「おつくる」(Otsucle)て・は、7つのCFにチャレンシ・して、総額約1,000万円の資金調達に成功しています。予備的なフ・ロシ・ェクトを含めると、11件のCFて・約2,100万円の資金調達に成功しています。また・、小額て・すか・、CFにより資金調達か・可能て・す。右図は、その一部を紹介しています。学生か・ソーラーカーのコンテストに出場するための資金集めにおいては、当の教員か・予算を管理します。このフ・ロシ・ェクトにおいては、その後スホ・ンサーか・付いてくれるなと・、新たな展開も生し・ています。

〔中略〕

現在、国立大学法人は、運営費交付金の削減により、財政的に非常に厳しい状況になっています。このままて・は、日本の教育基盤か・失われ、科学技術の発展か・阻害されてしまう可能性か・あり、実際、その傾向か・すて・に顕著になっています。そこて・、各大学か・孤立的に奮闘するのて・はなく、共有て・きるものは共有して、まさにsharing economyにより、この危機を乗り越える必要か・あると感し・ています。大学の活動を支援するシステムとして、最初に「おつくる」を設置しました。これは、くらうと・(crowd)からの支援を受けるための、クラウト・への支援をするためのフ・ラットフォームて・、クラウト・ファンテ・ィンク・とクラウト・ソーシンク・と大学支援のためのネットショッフ・により構成されています。
共有していたた・けるシステムか・こ・さ・いましたら、お知らせいたた・けれは・幸いて・す。
-----

記事の後半、何故かANSIではなくunicodeテキストが用いてあって、閲覧デバイスにより(ガラ系携帯とかsweat01)文字の濁点・半濁点が表示されないんです。プレゼンのPDFからコピペしてきたのかねえ。にしても何故にひらがななのだ、一番のkeywordがsmile
そしてやはり、自ら営業活動はやらないらしい。営利が絡むからわざわざ別の法人格まで作ったんでしょ?だったらもっと気合い入れて仕事取ってきなはれ。

(続く)

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想