Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ

2019年7月14日 (日)

【加筆編】ゆるキャラ神経衰弱(マツリン・カスミン・とみっぴー・アイアイ・小美玉市キャラ・岬町キャラ):2

(承前)

だんだん遡っていくと、だんだん腹が立ってくるけど、続けます。

(4)
宮城県仙台市青葉区
冠婚葬祭互助会あいあーる(株式会社あいあーる)
あいあーるキャラクター
(優秀賞)アイアイ
里見節子(大阪府)
〔2014年8月頃発表〕

塩キャラ中心にたびたび斬ってきた[暖色系ハート]Methodの一例と位置づけられよう。採用作品はこれだしね↓。

【2015.02.03「PNまつり 第10弾」】
あいるちゃん
コスモス(大阪府)

あいるちゃん

 

「愛」=[]、という固定観念。

(5)と(6)は愚blog既出キャラ。

(5)
【2017.08.26「Cutting Edgeなとんがりキャラ」】
青森県北津軽郡中泊町
イメージキャラクター
イカりん
里見節子(大阪府泉佐野市)
〔2014年7月頃デザイン決定・12月愛称決定〕

言わずと知れた[イカ]娘。

(6)
【2014.08.31「琉風テンペスト 起章」】
神奈川県伊勢原市
伊勢原市公式イメージキャラクター
クルリン
里見節子(66歳:大阪府泉佐野市:主婦)
〔2013年8月発表〕

公表されたプロフィールは次のとおり。

-----
(2013.08.22 発表資料 抜粋)

元気でおちゃめな子ども。[こま]の帽子をかぶって大山にハイキングに行くことと伊勢原のおいしい果物が大好き。
-----

バックプリントで市の花[キキョウ]をしょってる設定なんですが、二次元界ではこの図像↓しかそれは表されていない。着ぐるみでは必ずや、レアなラッキーアイテムとして「背中のキキョウの花にタッチすると幸せになれるとか」みたいな小ネタが派生しているものと推測。

Satomikulrynback

因みに、応募総数1,061点の中から10点を選び抜いた一次選考の選考委員8名には「日産自動車デザイナー」が入っていたというのでまた仰天です。

(7)
茨城県小美玉市
小美玉観光協会
マスコットキャラクター
(優秀賞)
里見節子(大阪府)
〔2013年5月頃デザイン発表〕
(cf. 2013.05.25「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。:上」)

市の花[コスモス]+[蓮根]ポシェット+アルファベット[地名]。蓮根は5年後、(2)のカスミンに絶妙に引き継がれたわけね。

(8)
大阪府泉南郡岬町
マスコットキャラクター
(奨励賞)
(作者不明)
〔2013年2月頃投票候補発表〕
(cf. 2015.10.11「無明の闇(その9)」)

[ヨット]+[波]+アルファベット[地名]。ご当地の淡輪(たんのわ)地区にはヨットハーバーや「みさき公園」「せんなん里海公園」などの施設がある。[水着]キャラなのは、着ぐるみを海水浴させられないでしょとか、冬場はどうするのとかいった論議を呼びそうですww。素人ノリだよほとんど。

//

漂う昭和の薫り。やはり「ひなぶり」の代表格であろう。

しかし、一網打尽にしてそれでおしまいというわけにはいかない。もうちょっと遡ると、また少し様子が違ってくる。

【2014.08.31「琉風テンペスト 起章」】
沖縄市
沖縄市観光協会
エイサーのまち沖縄市PR エイサーキャラクター
(優良賞)
里見節子(54歳:大阪府泉佐野市:主婦)
〔2011年3月発表〕

沖縄市エイサーキャラ(里見)


この時は独自性もあって十分インパクトのあるデザインだったのに・・・。だんだん、ご当地アイテムをただ盛り立てるだけになっていると感じる。

ならば結局、加齢によるCreativityの涸渇としか考えられないんだけど。

しかし、里見にはもう一つ大きなツッコミポイントが。前にも書いた、年齢の問題である。
仮に、直近の(1)マツリンで72歳というところに基準を置くならば、そこから半年も遡らない(2)カスミンでは69歳ではあり得ない(募集から発表までの期間のズレも考慮の上で)。エイサーキャラの時など54歳ではなく64歳前後だったはずである。

♪時をかける老女
 キャラは類似の海よ
 過去も未来も
 パクりも越えるから
 抱きとめて

ええ、年齢非公表と年齢詐称とは違うと思います。

― Inspired by「時をかける少女」原田知世(1983.04.21リリース:作詞・作曲 松任谷由実)―

2019年7月13日 (土)

【加筆編】ゆるキャラ神経衰弱(マツリン・カスミン・とみっぴー・アイアイ・小美玉市キャラ・岬町キャラ):1

(承前)

なぜ、どうして、こうしたものを次々ととっかえひっかえ提出できるのだろう??
前から気になっていたガイダーではあるけれど、このところ入賞が続いたので取り上げます。

まあ、まずは作品だけ見てつかあさい(一部、愚blog既出のものを含む)。

(1)(審査委員特別賞)マツリン
Satomimatsulynnext


(2)(優秀賞)カスミン
Satomikasmynnext  

(3)とみっぴー
Satomitomippy

(4)(優秀賞)アイアイ
Satomiaiainext


(5)イカりん

イカりん(応募案)

 

(6)クルリン
クルリン

(7)(優秀賞)小美玉市キャラ
Satomiomitamacitycharanext


(8)(奨励賞)岬町キャラ
_satomi_misakitowncharanext


もちろん、全て同一作者(のハズ)。
すごいっすねーーー、[かぶりモノ系]オンパレード、ひたすら頭でっかちのラインダンス。いずれも二頭身未満なので、着ぐるみ化した時に印象の差が大きくなっちゃうと思うんだけどねえ。
塗りムラが露わだから手描きだろうけど(作者は若かりし日アニメの彩色の職にあったという)、デジタルで盛りアイテムをとっかえひっかえしながら作ったとしか思えないテンプレワークです(冷笑)。何なんだろこの偏差の狭さは。

トランプの神経衰弱に例えて言うなら;

・(1)マツリン & (8)岬町キャラ奨励賞
・(2)カスミン & (3)とみっぴー
・(6)クルリン & (7)小美玉市キャラ優秀賞

が正解ペアってとこ。(5)イカりんは、マツリン&岬町のひっかけだね。

この8点、実は逆時系列で並べてあります表情ひえ~表情ひえ~。制作時期には6年間の開きがあるし、「ボツネタをいじって再応募」ばかりではなくその逆もありってことを意味する。やるせないわー。

詳細を見ていこう。

(1)
山口県下松市
下松市公式マスコットキャラクター
(審査委員特別賞:No.331)マツリン
里見節子(72歳:大阪府泉佐野市)
〔2019年1月投票候補決定〕
(cf. 2019.03.29【その223:弐】)

[松]+[松ぼっくり]+[星]は「下松」の地名伝承に因む盛りアイテム。

(2)
茨城県かすみがうら市
公式キャラクター
(優秀賞:投票8位:作品No.5)カスミン
里見節子(69歳:大阪府泉佐野市)
〔2018年10月投票候補決定〕
(cf. 前回)

[帆引き船]+[ワカサギ]+[果物]イロイロ+[市章]+[蓮根]のてんこ盛り。霞ヶ浦を表そうとしたら[道化師]になった、というのはさすがに苦しい。

(3)
福島県双葉郡富岡町
公式マスコットキャラクター
とみっぴー
里見節子(大阪府)
(愛称)
利光澄子(大阪府)
〔2015年11月デザイン発表〕

Satomitomippyfrontandback_1


福島第1原発と福島第2原発の間に位置するご当地は、キャラ制定当時、震災当初の「警戒区域」から「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」に再編されていた(後二区域は2017年4月に指定解除されたものの、「帰還困難区域」は今も町内に残る)。


-----
(2015.12.15 福島民友新聞)

東電力福島第1原発事故で全町避難が続く富岡町は14日、公募していたマスコットキャラクターの愛称が「とみっぴー」に決まったと発表した。また、町のキャッチフレーズを「未来へと つながれ ひろがれ 富岡町」に決めた。同日、郡山市で開かれた12月町議会で町が明らかにした。
「とみっぴー」は町の鳥[セキレイ]の妖精で、町の幸せ(ハッピー)への願いを込め、親しみやすい愛称にした。11月6~26日に募集し、全国から427件の応募があった。
今後、着ぐるみを制作し、来年1月10日の成人式で新成人と交流するほか、同22日の賀詞交換会でお披露目される予定。
キャッチフレーズは全国から寄せられた342件から選んだ。これまでもキャッチフレーズはあったが、今回は避難生活が続く中、つながりを保ちながら一緒に頑張ろうとの思いを込めたという。
-----

キャッチフレーズは内河江美子(神奈川県)によるもの。

「郡山市で開かれた」の一言がズッシリきます。
全町避難という苦しい状況が継続していたのであれば、ゆるキャラ制定も対外的な情報発信力の強化というより、町民の帰属意識や連帯意識を強めるというところに力点を置くものであったはずと思う。

-----
(2016.01 広報とみおか No.639)

遠い昔から、大倉山にはセキレイの妖精が住んでいました。妖精は、自然豊かな町とそこで暮らす人々が大好きでした。
桜の季節やお祭りの時などは山の上から、まれに町へ降りてくることもありました。子どもたちがほおばるワタアメを羨ましく眺めたり、火祭りでは、「センドウ、センドウ」と山間に轟く勇ましい男たちの声に心躍り、森の友だちと真似をしたりして遊んでいました。とってもシャイな妖精は人々に見つかることはありませんでした。
ところがある日…麓の町の灯りが消え、人々の声が消えてしまいました。妖精はとても淋しくなりました。今までで一番悲しいことでした。
そこで、町の灯りを取り戻すため、小さな翼で散り散りになった町の人々に会いに行くことを決めたのです。もう、シャイなんて関係ありません。みんなに会いに行くためには…
-----

ああ、それなのに。

一番問題なのは、町の鳥と町の木[桜]というネタしか探し出せなかった、という点にあると思う(註:「ゆるキャラ」サイトには「町の花であるツツジを飾っています」と書かれているが、誤りである。いや、ご当地の町の花がツツジなのは正しいんですがね)。一番ありきたりで地域性も特徴もないパターンではないか。愛称もこれまた超ありがちの[ピー系]ネーム。町民の心に訴えかけるところがいかほどあったのか、という思いがする。

まずはここまで。

2019年7月12日 (金)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(ひら〜わた)

(承前)

 

●平山陽一・加代子(鹿児島市)

 

cf.
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2014.02.13〜17「白昼堂々、Evil Under the Sun」
2014.11.10「丸ブー艶競べ [5]」
2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」
2015.05.05「丸ブー艶競べ [6]」
2015.05.06・10「Again, Evil Under the Sun」
2015.06.10【その139】
2015.06.14「一筆啓上 ストックあります」
2015.07.25「Provinceの海と陸と山と空と陽」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2017.03.14「採用はアナタへの復讐」
2017.09.15「Moral Hazardは続く」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」
2019.03.13「「デザイン」という重みに耐え得るか?」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」

 

 

●深川重一(しげかず)(東京都杉並区/大阪府堺市/大阪府和泉市)(註17)

 

(註17)
広島県福山市出身。1998年4月頃まで東京在住であったことが確認でき、その後2000年11月頃には堺市に転居し、2003年5月頃までに和泉市に移っている。

 

cf.
2013.01.03〜05「その川は本当に深く淀んでいないのか」
2014.08.13「配達されない三通の手紙:三通目」
2014.08.17〜23「果てなく重く深い闇」
2015.12.28「思ったより悪夢、まさかの正夢?:その1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.07.29〜31「丸ブー艶競べ [21]」
2016.08.20「♪輪廻は続くよどこまでも」
2016.10.02「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 二番」
2017.03.17「民進党ゆるキャラ、決定の件:各論Ⅱ」
2017.05.19「丸ブー艶競べ [40]」
2017.06.04「因縁の渕ぞ積りて海となりぬる」
2017.06.27「北の駅から ― その3」
2017.08.29「More Cutting Edgeなとんがり塩キャラ:中編」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.10.04「細身の剣で深く一突き」
2017.12.01〜02「丸ブー艶競べ [59]」
2017.12.23「大御所厳選!Countdown, 6!!」
2017.12.31「Discommunication in Design!?」

 

 

●堀江 豊(広島県廿日市市)

 

cf.
2013.02.07「キャラ自ずと似るとは聞きしかど」
2014.01.29「運気呼び込むキャラの弥栄」
2014.11.12「失われた友を求めて」
2015.04.05〜07「十年に一度の逢瀬:3〜4」
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2016.01.27「丸ブー艶競べ [14]」
2016.03.02「小壁画に嵌め込まれたものども ― 3」
2016.04.17「丸ブー艶競べ [16]」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2017.06.01「二兎を追う者二兎を獲て、の巻」
2017.06.14「お上にはお上の事情と紋章:ニ」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2018.11.03「文化の継承の件」

 

 

●前田昌克/まさかつ(大阪市北区/東京都目黒区)(註18)

 

(註18)
元パナソニック社員。京都造形芸術大学非常勤講師の経験。2011年9月頃から、東京在住とするものが混じる。大阪在住の場合は昌克名義、東京在住の場合はまさかつ名義とする傾向。

 

cf.
2013.01.05「泣きキャラ そして 大阪−東京、漢字−ひらがな」
2013.12.01〜02「ああ、お手上げ
2013.12.14「狸にダマサれる前に、克つ!」
2014.01.26〜02.03「泣きキャラ評定記」
2014.03.23【その87】
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2016.10.27【その171】
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.07.21〜25「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:起〜転」
2018.04.08「槍の誉れは数々ござる;キャラのカブりも数々ござる」
2018.08.14「おどま勧進 かーんじん あん人たちゃ よか衆」
2018.10.25〜27「月曜から・・・いつまで夜ふかし?」
2018.11.05「ふたたび、月曜から夜ふかし」
2019.02.24「環境保全とリサイクルの話:その1」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」

 

 

●増田繭美 → 海山 幸

 

 

●三巻(みまき)保征・靖子(新潟県三条市)(註19)

 

(註19)「得征」と表記された例がある。

 

cf.
2013.01.04「その川は本当に深く淀んでいないのか − 中」
2014.05.12【その96】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.04.14「丸ブー市章と地図キャラの力学」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.23〜27「法三条 ――盗ル勿レ 騙ル勿レ 偽ル勿レ――」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2019.05.07「やられたらやり返せ! ?:二発目」
2019.07.01「双子の娘たち?」

 

 

●宮川ヒロミ・詳子(群馬県前橋市/長野県北佐久郡軽井沢町)(註20)

 

(註20)
ヒロミ(本名 宏美)は男性だが、詳子(妻か)とのユニット名としても使われている模様。(少なくともヒロミは)2014年4月頃までに前橋から軽井沢へ本拠を移している。なお、宮川さやか(長野市)との関係・続柄は不詳。

 

cf.
2013.01.12「すべてが金になる」
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2015.03.13【その132】

 

 

●三好健一(福岡市西区)

 

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2013.12.26〜28「さよなら三角、まねしてまん丸」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2013.12.30「新たな疑惑か、偶然の為せる技か」
2017.01.26「大御所の罪:その4」
2017.10.11「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 一番」
2018.08.11「40年後のLove & Peace?」

 

 

●本山清数(兵庫県神戸市西区)(註21)

 

(註21)
「ガガガガ」「Ga2Ga4」のペンネームも用いる。

 

cf.
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2017.01.05「Les Liaisons Dangereuses; Whistleblowerとキャラクターとの」
2017.01.07「金糸雀と海猫と怪獣と朱鷺の話」

 

 

●盛(もり) 秀雄(青森市)

 

cf.
2013.07.13【その43】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.12.12「下ぶくれなる謎の神々:1粒目」
2019.04.08「前期高齢者とて執着」

 

 

●渡辺光お/光仰/光(福岡市)

 

cf.
2013.01.22「Pakuri Goes Round & Round...」
2015.06.22「鳥たちに光を」
2017.03.10「必殺!海老固め」

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(とた〜ひこ)

(承前)

 

●杜多(とだ)利夫・利香(兵庫県神戸市西区)(註15)

 

(註15)
親子関係(父ー長女)にある。現在公募への応募は行っていない模様。利夫は京都市下京区出身。なお、杜多利樹(兵庫県)との関係・続柄は不詳。

 

cf.
2013.09.26「Les Enfants Terribles(下)」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」
2015.05.26「永遠に独りでいることを知る」
2015.07.03〜07「丸ブー艶競べ [8]」
2016.05.30〜06.01「丸ブー艶競べ [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2017.01.20「丸ブー艶競べ [27]」
2017.02.08「丸ブー艶競べ [30]」
2017.02.23〜03.07「大御所劇場」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.23〜29「大御所の父の罪と十字架」
2017.05.04〜07「ガイダー十字架遺産指定の件」

 

 

●中本竹識(たけし)/竹織/長流(たける)(福岡県北九州市小倉北区/広島市東区/山口県)(註16)

 

(註16)
2013年3月頃に福岡から広島に転居。2014年には広島から山口に転居した模様だが詳かでない。「竹織」は誤記と考えられるも確かでない。
なお、各地のご当地公募作品をシンボルマーク系とキャラクター系に分けてリスト化した;
http://park1.wakwak.com/~symbolmark-site/symbolmark.pdf
http://park1.wakwak.com/~symbolmark-site/character.pdf
の管理人であったと考えられる(2009.10.06最終更新)。

 

cf.
2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」
2012.12.26【その16】
2013.01.23「AND Pakuri Goes Round & Round & Round...」
2013.06.08「Family... Business?? Part 3」
2013.06.12「盗作のロンド」
2013.07.01【その39】
2013.11.01〜03「今様竹取物語」
2013.12.02「ああ、お手上げ〔おまけ〕」
2014.01.08「リサイクル品の作り方」
2014.03.17「配達されない三通の手紙:一通目」
2014.09.25「それって許されるの?:Recycle 1」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.09.05「丸ブーであろうがなかろうが。」
2015.09.29「コピーライトがあろうがなかろうが。」
2015.12.08「垂れ耳と黒眼鏡のNice Couples」
2016.06.18〜19「夏草や しれものどもが 夢のあと」
2016.07.11「アナタのウチのキャラの不都合?」
2016.07.13「みみ、はな、はげ、GO!!」
2017.06.06〜07「校章M&A方程式」
2017.07.31「後付けの姉弟たち」
2017.08.03「伝統産業のゆるキャラですって? 下」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.26「大御所厳選!Countdown, 5!!」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」
2018.08.17「"gender" の問題か、"sex" の問題か」
2018.09.01「佐賀は田舎だ。しかし文教県ではなかったのか?」
2018.09.15「校章による統合新設校ペアリングの試み:3」

 

 

●八谷(はちや)早希子(北海道江別市)

 

cf.
2013.09.08「下ぶくれの神様」
2013.10.13「下ぶくれの神様 再び」
2014.01.24【その78】
2015.01.03「かわたん縁起ばなし:下」
2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」
2015.12.12〜20「下ぶくれなる謎の神々」
2015.12.22「★の瞳に希望の光」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2016.08.08〜10「アナタのムラの公募の不実?」
2016.08.22「ゆるキャラ(R) 再生処理装置」
2016.08.26「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute One」
2016.09.30「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute Two ⇒ 不発。」
2017.02.11「Symbols of Jinsekikogen Town」
2017.06.28「北の駅から ― その4」
2017.07.06「世界から狼が消えたなら」
2017.07.08「たまにはご当地キャラクターの運用というものを」
2017.09.23「あんたがたどこさ みほさ」
2017.09.25「みほのさとには おうまがおってさ」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」
2018.06.23〜24「公募における「失敗」とは何か ――足利市社協、1年後――」
2018.08.18「互いに切磋琢磨・・・し合わぬ関係」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」
2019.02.24「環境保全とリサイクルの話:その1」
2019.06.23「犬と熊のどちらが医師にはふさわしいか」

 

 

●濱口温男(はるお)/浜口温男(高知市)

 

cf.
2014.11.10「丸ブー艶競べ [5]」
2016.01.29〜31「花めかしたりや、きらめかしたりや」
2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.05「ガイダー十字架遺産指定の件:第2回」
2019.01.13「大規模広域的田舎公募の話」

 

 

●彦根 正(ただし)(東京都町田市)

 

cf.
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05〜07「丸ブー艶競べ [8b]〜[8c]」
2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」
2016.01.28「丸ブー艶競べ [14b]」
2016.03.13「丸ブー艶競べ [15]」
2017.05.22「「公募ガイド」の大罪;実証1」
2017.06.09「その公募の投票1位は正に盗作ではないのか」
2017.08.20「丸ブー艶競べ [47]」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.11.01〜02「顔入りマークと丸ブーの時代」
2017.12.13「丸ブー艶競べ [61]」
2018.04.14〜18「通り過ぎる風がアナタの若さを奪い去る」
2018.07.14「忍ぶれど 色に出にけり 丸ブーは」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(こや〜たる)

(承前)

 

●小山朝子(こやま ともこ)/柿沼朝子(群馬県太田市)(註9)

 

(註9)
「小山」はペンネームであるとしたものがある。

 

cf.
2013.05.25〜26「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。」
2015.01.12「無明の闇(その2)」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.14「安楽椅子ハンターが追い詰める:後編」
2016.11.12「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第七声」
2016.11.26「・・・うす紅の花びら こぼれた:3番」
2016.12.31「「く〜みん」に関する誤り等について」

 

 

●佐藤弘子(千葉県茂原市)

 

cf.
2016.03.31「4年次進級検定【正解&解説編:2】」
2016.04.01「この期に及んで新たな問題; so sweet, so bitter」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.12「ふじみん・うさみん因縁譚 (and more!)」

 

 

●信貴(しぎ)正明・美和(みわ)(新潟県燕市)

 

cf.
2013.12.27「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪二≫」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05「丸ブー艶競べ [8b]」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2016.10.11「Proud & Happy Geopark Stories」
2017.03.20・09.03・10.07「丸ブー艶競べ [32]・[48]・[54] 後段」
2017.11.11〜16「ガイダー縁起絵巻」
2017.12.17「丸ブー艶競べ [64]」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」
2018.10.26「月曜から・・・いつまで夜ふかし?;その2」
2018.10.28「月曜から・・・日曜まで夜ふかし」
2019.04.27「やむにやまれぬやらにゃん?やるでば! その1」

 

 

●重田 修・律子(のりこ)(神奈川県川崎市宮前区)(註10)

 

(註10)
修は長野県出身。年齢から見て夫婦関係にあると考えられる。

 

cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一ノ一≫」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.01.31「花めかしたりや、きらめかしたりや:ロゴマークの帖」
2016.07.05「きょうのわだい」
2017.05.17「丸ブー艶競べ [39]」
2017.09.24「みほどこさ いばらきさ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.10.28「丸ブー艶競べ [57]」
2017.11.26「重き霧の晴れて後」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」

 

 

●清水浩美(大阪市阿倍野区)

 

cf.
2012.12.23〜24「その水は本当に清く澄んでいるのか」
2012.12.26【その16】
2013.07.02【その40】
2014.05.05「最強の悪夢、増殖拡大(十六茶 2014)忘れ物」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」

 

 

●神保(じんぼ)米雄(千葉県松戸市)

 

cf.
2014.06.05「公募ガイダーのモチベーション:5」
2014.07.02「偶然か蓋然か 神のみぞ知る」
2017.10.10「丸ブー艶競べ [55]」

 

 

●須賀裕明(東京都千代田区)

 

cf.
2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」
2014.02.12「行け!補整の向こう側へ」
2015.05.24「灼けるような戯れの後に」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」

 

 

●高柳順子(静岡県三島市)(註11)

 

(註11)
静岡県裾野市出身。本業は外食チェーン運営会社に勤務し宣伝企画を担当。

 

cf.
2013.02.18〜22「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける」
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2014.03.21「新しい才能も」
2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」
2015.04.11「知立乱立杜若」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2016.10.24「愛称問題、奥深し」
2016.10.25「愛称ならで、課題は渦高く山積み」
2017.12.30「大御所厳選!Countdown, 1!!」
2018.05.20「闇を払う若者たちとの対話:Session B」
2018.06.10「サル!サル!大いばり!!」
2019.03.29【その223】
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」
2019.05.06【無明の闇 その29】
2019.07.01「双子の娘たち?」
2019.07.02「余は如何にして盛り満載となりし乎:其の壱」

 

 

●立志(たてし)哲洋(東京都江東区)(註12)

 

(註12)
熊本県牛深市(現 天草市牛深町)出身。

 

cf.
2013.11.19〜20「志とは裏腹に」
2014.09.13「酒と魚と女とハイヤ」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.05.05「丸ブー艶競べ [6]」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.05.10「記憶のミンチからの復活再生」
2017.06.06「校章M&A方程式:第1式」
2017.07.02「疲弊してゆく、地球のイメージ」
2017.08.13「丸ブー艶競べ [44]」
2017.08.20〜09.03「丸ブー艶競べ [47]〜[48]」
2017.09.27〜29「丸ブー艶競べ [51]〜[52]」
2017.12.20「大御所厳選!Countdown, 9!!」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.09.23「Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...」

 

 

●田中博士(愛知県豊橋市)(註13)

 

(註13)
平成大合併に伴う自治体章公募において、杜多利夫&利香、工藤和久とともに最多レベルの採用数を誇った。現在公募への応募は行っていない模様。

 

cf.
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.07.05「丸ブー艶競べ [8b]」
2017.01.11〜26「大御所の罪」
2017.01.18〜20「丸ブー艶競べ [26]〜[27]」
2017.02.08「丸ブー艶競べ [30]」
2017.02.15〜16「天からの恵みの重さ」
2017.10.28「丸ブー艶競べ [57]」

 

 

●垂水秀行(香川県丸亀市)(註14)

 

(註14)
元電子工学系エンジニア。2011年にグラフィックデザイナーに転身。

 

cf.
2015.10.21〜31「いはばしる バイクの臀の プレートの」
2015.11.03「〆の後はドルチェ」
2015.11.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;再び」
2016.01.01〜03「遠い祭りの音と 郷土の匂いと」
2016.01.04「さわらびの もえいづる はつはるに」
2016.11.28「一生に一度の(?)デザイン」
2016.12.22「むらの紋章?」
2017.11.27「♪天国じゃなくても ♪信号はなくても」
2017.12.03「バイクをクルマに乗り換えて('_'?)」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.06.19「風雪の五百年、してその次は」
2018.11.22「いろいろ健在、ご当地ナンバー」
2019.03.16「イセエビロデオ!の巻」
2019.03.17「屋島再生計画のその後」
2019.03.21「人々の暮らしと智恵」
2019.03.24「地域産業と人々の暮らし」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(くと〜こま)

(承前)

 

●工藤和久・元市(もといち)・ハツネ(青森県弘前市)(註7)

 

(註7)
家業のリンゴ農家を手伝いながらの公募活動。「総合芸術家」を名乗る和久が息子、元市がその父親、ハツネが母親と考えられる。工藤仁美(青森県)との関係・続柄は不詳。表彰式においては津軽刺子のちゃんちゃんこにオレンジ色のネクタイを多く着用。

 

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.06.02〜08「Family... Business??」
2013.07.03「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上」
2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」
2013.11.05【その63】
2014.01.21〜23「総合芸術家の作り方」
2015.01.20「Free Lancerの栄光と残照 のおまけ」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.23「十年に一度の逢瀬:7」
2015.06.07「深く果てしなくあなたを知りたい」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.07.03〜05「丸ブー艶競べ [8a]〜[8b]」
2015.12.17〜19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 5〜6」
2016.01.25〜28「丸ブー艶競べ [13]〜[14]」
2016.02.03「画像なんかはなくっても」
2016.02.05「画像見たならなおも仰天」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.06.01「丸ブー艶競べ [17b]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2016.10.17「丸ブー艶競べ [24]」
2016.12.02「十年の執念:上」
2017.01.13・02.09・03.31「丸ブー艶競べ [25]・[31]・[35]」
2017.05.04〜05「ガイダー十字架遺産指定の件:第1〜2回」
2017.05.15〜19「丸ブー艶競べ [38]〜[40]」
2017.05.24「Hのし過ぎは教育上よくないざーます!!」
2017.08.07「淀みに浮かぶ泡沫の如く且つ消え且つ結びて:南の帖」
2017.10.12「全国みさと祭り 〜〜♪丸ブー囃子でシャシャンがシャン〜〜 二番」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.19〜20「みさとの夢の その果ての:2〜3」
2017.11.04「墜ちていく翼」
2017.11.05「展ばした腕のその先に」
2017.12.01〜02「丸ブー艶競べ [59]」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「公募の畔、百年河清を待ちながら」
2017.12.19「大御所厳選!Countdown, 10!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.05「剽窃か融通か、誇りなのか懼れなのか」
2018.08.12「もう一つのLove & Peace」
2018.09.01「佐賀は田舎だ。しかし文教県ではなかったのか?」
2018.09.22「校章による統合新設校ペアリングの試み:6」
2018.10.14「翼のかなしみ」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2019.01.02「正月から、ちょっとしたホラー。」
2019.01.05「みほとけの生まれ変わりとなむ 語り伝へたるとや」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」
2019.03.24「地域産業と人々の暮らし」

 

 

●小池友基(ゆうき)(群馬県高崎市)

 

cf.
2013.12.26「さよなら三角、まねしてまん丸 ≪一≫」
2014.10.14「新旧校章艶姿
2014.11.04「有友自高崎来不亦楽乎」
2015.05.16「十年に一度の逢瀬:12」
2016.12.02〜04「十年の執念」
2016.12.11「やっちゃば生まれの双子ロゴ」
2016.12.12「趣向を凝らして双子ロゴ」
2016.12.16「類似は友を呼ぶ?」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.19「丸ブー艶競べ [40]」
2017.10.07「丸ブー艶競べ [54] 後段」
2017.12.27「大御所厳選!Countdown, 4!!」
2018.08.18「互いに切磋琢磨・・・し合わぬ関係」
2018.09.16「校章による統合新設校ペアリングの試み:4」

 

 

●小柴雅樹(兵庫県宍粟市/しそうし)

 

cf.
2013.11.06〜08「宍栗?穴栗?穴粟?宍粟!」
2014.04.22「最強の悪夢、増殖拡大 PART 7」
2015.05.20「百年に一度の邂逅:B」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.06.25〜29「青空に燕が おどって・・・」
2017.01.03「空を飛ぶ者、海を跳ぶもの」
2017.03.20〜29「丸ブー艶競べ [32]〜[33]」
2017.06.02「まことの姿はどこに?の巻」
2017.06.03「屹立、礼、着用!の巻」
2017.11.16「ガイダー縁起絵巻:残闕」
2017.12.29「大御所厳選!Countdown, 2!!」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2018.12.11「荻窪と足立と知床と佐賀の接点」

 

 

●駒井 瞭(りょう)(大阪府東大阪市)(註8)

 

(註8)
キャラクター・シンボル・ロゴに加え、作詞・スローガン・キャッチコピーの公募仕事も手がける。

 

cf.
2013.01.31「校歌自ずと似るとは聞きしかど − 第一試合」
2013.02.03「咲いた桜になぜ駒つなぐ」
2013.02.04「駒が勇めば花が散る」
2013.02.05「瓢箪から駒」
2013.11.01「今様竹取物語:上の巻」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.23「光輝く夢と未来へ:2」
2014.01.16「マルチな才能の行く末」
2014.04.11「配達されない三通の手紙:二通目」
2014.09.27「それって許されるの?:Recycle 0」
2014.10.01〜05「配達されない三通の手紙:四通目」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.15「なんとなく、リサイクル」
2015.04.17「限りなく闇黒に近いブルー」
2015.06.16「掃いて捨てるほどの夢にまみれて」
2015.09.01「福島県大型観光キャンペーンのこと」
2015.09.07「朝陽のうた、夢のうた」
2015.11.28「実は悲劇ではなく喜劇、ドタバタ調の」
2016.05.12〜13「アナタのマチのUDってなぁに?」
2016.05.14「21世紀をリードする?翁神 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.15〜16「繰り返す 繰り返す さざなみのように 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.17「波の来ぬ間に潮干狩り 〜〜ただ繰り返す〜〜」
2016.05.24「問題の本質は何処に・・・」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.07.09〜10「アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup」
2016.10.23「デザイン文化に対する暴挙を許すな」
2017.03.22「桜の起源は桔梗?の怪」
2017.06.26「北の駅から ― その2」
2017.07.19「成熟に恥じないように」
2017.12.10「コピすてふ 我が名はまだき立ちにけり 人知れずトこそ思ひ初めし乎」
2017.12.17「丸ブー艶競べ [65]」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2018.02.20〜22「未来へと噴き出す血潮」
2018.07.15「ものやなぞると 人の問ふまで」
2018.10.22「校章による統合新設校ペアリングの試み:10」
2019.03.12「京風テンプレ、もひとつどうどす?」

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(いち〜くさ)

(承前)

 

●市原麻奈美(東京都町田市/稲城市)

 

cf.
2013.05.23「直立不動で御神楽舞える?」
2013.06.09「『@niftyよりご連絡いたします』」
2013.06.17「『@niftyよりご連絡いたします』Part 2」
2016.05.08「ミンチになるまで斬り刻め!」
2016.07.03「まちのうわさ」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」
2018.12.04「十文字家の一族:後段 ―― 萬古不変の謎」

 

 

●海山 幸(さち)/増田繭美(宮城県仙台市)(註3)

 

(註3)
海山名義はペンネームであることが明らかにされている。

 

cf.
2015.02.03「PNまつり 第10弾」
2015.06.30「キャラに幸あれ」
2015.06.28「とんぼのめがねは色眼鏡」
2015.07.27「Super Trooper, Templa Trooper」
2015.07.29「プロヴァンスの海と陸と山と空の幸」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.09〜10「栗の実 Goin' Nuts!」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」
2018.12.02「十文字家の一族:前段 ―― 謎の提示」

 

 

●梅村元彦・登美子・貴子(愛知県春日井市)

 

cf.
2015.03.27〜29「十年に一度の逢瀬:1〜2」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.04.21「十年に一度の逢瀬:6」
2016.07.05「きょうのわだい」
2016.12.17「友は類似を招ぶ。」
2016.12.28「ふにゃふにゃのおうさま」
2016.12.29「おうさまのなやみごと」
2016.12.30「みごとなふにゃふにゃ」
2017.10.25「ある伝説の・・・ふにゃふにゃ」
2017.12.21「大御所厳選!Countdown, 8!!」
2017.12.21「公募の畔、百年河清を待ちながら;Part 2」
2018.07.01「其の村は戦後の平和と共に在り」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の壱」

 

 

●尾浦孝夫(神奈川県横浜市栄区)

 

(註4)
香川県高松市(現)出身。元電機メーカーデザイナー。

 

cf.
2013.10.18〜19「I am the Alpha and the Omega」
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.12.09〜11「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 1〜2」
2017.11.22「丸ブー艶競べ [58]」
2017.11.25「幾久しく御栄えあれ」

 

 

奥野和夫(神奈川県横須賀市)

 

cf.
2015.05.28「甘いくちづけを交わそう」
2015.05.30「夜が全て忘れさせる前に」
2015.06.07「深く果てしなくあなたを知りたい」
2017.04.09「マスコミの罪:下」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.09.15・17・22「校章による統合新設校ペアリングの試み:3・5・6」
2018.09.24「制作と補作の差異;選考における融合のご参考」
2018.10.13・20・21・22・12.12・13「校章による統合新設校ペアリングの試み:7・8・9・10・11・12」
2018.11.10・11・17・18・25「校章エキスパートの来歴:1・2・3・4・5」
2018.12.18・19・26「校章による統合新設校ペアリングの試み:13・14・15」

 

 

●柿沼朝子 → 小山(こやま)朝子

 

 

●金津(かなづ) 博(新潟県上越市)(註5)

 

(註5)
本業は看板業。

 

cf.
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2013.08.26【その50】
2014.02.13「白昼堂々、Evil Under the Sun: 1st」
2015.03.09「最強の悪夢の名残り:分析5」
2015.08.12〜16「丸ブー艶競べ [9]」
2016.03.29「4年次進級検定【正解&解説編:1】」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」
2016.10.13〜14「安楽椅子ハンターが追い詰める」
2017.03.01「幕間狂言ノ一:春のわかれ」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.24「Tall, Dark & Salty」
2017.12.28「大御所厳選!Countdown, 3!!」
2019.05.05「やられたらやり返せ!?:一発目」

 

 

●萱野光俊(熊本市北区)(註6)

 

(註6)
本名は栄吉。

 

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2014.10.16「丸ブー艶競べ [2a]」
2014.11.02「丸ブー艶競べ [4]」
2016.07.15〜19「公募ガイダーはS字固めがお好き?再び」
2016.07.17「老ガイダーが怠った配慮」
2016.07.23「丸ブー艶競べ [20]」
2016.07.31「丸ブー艶競べ [21] のおまけ」
2016.08.18「Eかナ、と思ったら
2017.01.22「大御所の罪:その3」

 

 

●北野公一(和歌山県田辺市)

 

cf.
2014.10.12「丸ブー艶競べ [1]」
2016.02.09〜17「“サルでも採用されるtechnique”の嘘」
2017.01.13「丸ブー艶競べ [25]」
2017.04.02「破れかぶれの名前かぶりに」
2017.08.19〜20「丸ブー艶競べ [46〜47]」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.09.23「Crystal clear river with cold water, Four leaf clover in tiny garden, Twinkling star above deep forest...」
2018.10.13「校章による統合新設校ペアリングの試み:7」

 

 

●草野敬一(長崎市)

 

cf.
2013.08.08「誰も彼も踊る官兵衛」
2014.05.16「様々なる意匠? 中」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.10.17「お花のchapeauの妖精たち」
2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2017.10.15「Media-Mix, Characters Mixed-Up」
2018.02.17「未来へと流れ出でたるモノ:Part II-b」
2019.02.02「矢切渡、誰がものぞ:前編」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の弐」

 

 

(続く)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(あす〜いせ)

-----
(2012.12.10【その13】)
キャラクター公募界が一握りの大御所の先生方に牛耳られていることも知りました。下の名前が違ってたりするのもよくあること。
-----

 

そのことにて候。

 

6年を超えてちんたらチンタラ書いてきて、やはり特定の名前にぶつかることはとても多い。「一族」を形成していたり、住所が変わったり戻ったりと、かなり知見も得ましたので、ちょっくらアップデート。五十音順です。
別に、このリストに載っけた大御所陣を全て斬りまくろうなんて考えちゃいません。けど、行き当たっちゃうんですよね、調べているとどうしても。それをつなげていくとびっくりするような事実が見えてくる、そんなこともままあるもので。(今後も随時書き足してまいります)
リンクは敢えて貼りません、てか貼れません、だってただのガラ系携帯blogだもん(滝汗)。

 

 

●東(あずま) 信慶(福岡市博多区/福岡県北九州市小倉北区)

 

cf.
2013.05.26〜06.12「公募ガイダーのモチベーション」
2015.03.29「十年に一度の逢瀬:2」
2015.07.03「丸ブー艶競べ [8a]」
2015.09.14「ゆるキャラとは何の謂ぞ:2」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.19「水は高きより低きに流れる、とかや」
2016.05.20「公募ガイダーの甘えと傲り:承」
2016.11.14「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第八声」
2017.03.23「久方の光のどけき春の闇」
2017.08.13「丸ブー艶競べ [44]」

 

 

●天野穂積(静岡市)

 

cf.
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2018.12.08「特徴ある学園、「特徴のない」キャラ」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」
2019.02.02「矢切渡、誰がものぞ:前編」
2019.02.19「Phoenix vs Serpents」

 

 

●井口やすひさ/靖久・千鶴子(東京都文京区/群馬県高崎市)(註1)

 

(註1)
夫婦関係にある。やすひさは静岡県浜松市出身。2010年に東京から群馬に転居。

 

cf.
2013.07.03〜04「頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可)」
2013.12.02「ああ、お手上げ〔おまけ〕」
2015.01.14〜18「Free Lancerの栄光と残照」
2015.05.18「百年に一度の邂逅:A」
2015.10.07〜09「One of Those "類似" Preventive Measures?」
2015.12.01「丸ブー艶競べ [10]」
2015.12.19「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 6」
2016.01.05「Glorious Days, Afterglow」
2016.01.06「Even After the Afterglow: 1〜2」
2016.01.07「妻を娶らば才長けて 毒を食らわば皿までも」
2016.01.28「丸ブー艶競べ [14]:続編」
2016.03.07【その157】
2016.05.19〜22「公募ガイダーの甘えと傲り」
2016.05.30〜06.01「丸ブー艶競べ [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2016.09.04「頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.20「ツルりんはご機嫌ななめ」
2017.01.22「大御所の罪:その3」
2017.02.08「丸ブー艶競べ [30]」
2017.02.18「変わるはずのないものもいつしか・・・?」
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.11「公募界の薄闇を飛び回る蝙蝠」
2017.04.13〜15「丸ブー艶競べ [36]」
2017.05.21〜23「「公募ガイド」の大罪」
2017.06.07「校章M&A方程式:第2式」
2017.08.01「双子たちの見た夢」
2017.10.13「双子いちかわ茶番狂言 〜〜♪山あり川ありチョチョンがチョン〜〜」
2017.10.18「みさとの夢の その果ての:1」
2017.11.23「能書きも筆書きもテンプレ」
2017.11.24「Dual Oval, Double-Crossers」
2017.11.29「Wildest Coincidence!!」
2017.12.16「丸ブー艶競べ [63]」
2017.12.22「大御所厳選!Countdown, 7!!」
2018.03.18「さらに繰り返され積み重ねられていく歴史」
2018.07.02「其の村は平成の歴史と共に在り」
2018.07.20「Even After the Afterglow: 3」
2018.08.13「おどま紋切り もーんきり 盆から先ゃ いちゅんどー」
2018.08.14「おどま勧進 かーんじん あん人たちゃ よか衆」
2018.09.02・08・16「校章による統合新設校ペアリングの試み:1・2・4」
2018.10.26「月曜から・・・いつまで夜ふかし?;その2」
2018.10.28「月曜から・・・日曜まで夜ふかし」

 

 

●池田克也(埼玉県狭山市)

 

cf.
2013.07.16「Spellbinder in Sayama, Saitama」
2015.10.13〜15「Enter the Spellbinder, Scene 2〜3」
2015.11.07「男性性・女性性・父性性・母性性」
2016.04.08「Spellbinderの隠し球?」
2017.02.16「天からの恵みの重さ ― 第弐陣」
2017.07.27「前だけを見ていけ!誰ならぬ己に克つべし!:結」
2018.10.01「有難き哉、故き御寺の七五三の塔押し戴きたる」
2019.03.10「永遠の京風テンプレ、其の壱」

 

 

●居関孝男(京都市)(註2)

 

(註2)福井県出身。「井関」と表記された例がある。

 

cf.
2014.10.03「配達されない三通の手紙:四通目 第二葉」
2014.11.28【その120】
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2016.11.06「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第五声」
2017.08.22「Derivative Four」
2017.08.23「珍説弓張板/Lunatic Bow」
2017.12.28「テンプレうどん、一丁上がり!!」
2018.04.29「田舎公募は伝染るんです。」
2018.09.09「阿蘇は火の山 空の涯 何を祈って 吐く煙」
2018.11.08「「ご当地ナンバー」なるものについて:5」
2018.12.09「「特徴のない」ご当地、「特徴のない」ロゴ」

 

(続く)

2019年7月 7日 (日)

【危急存亡編】『@niftyよりご連絡いたします』 ⑩

(承前)

そして、銭湯絵師見習いに憤慨しているのはあの教授博士も。

-----
553 2019/04/07 18:34 ID:ki4ScBY40
>>519
大阪芸大の哲学科かなんか知らんが美術系じゃない教授は苦言を書いてた

581 2019/04/07 18:36 ID:0v9oGvXO0
>>519
あるよ。

https://www.cyzowoman.com/2019/04/post_227356_2.html

大阪芸術大学 哲学教授 純丘曜彰博士に問題の見解を聞いた。

箱物行政が頭打ちで、今、スポーツやアートに莫大な補助金が流れ込んでいます。
一方で、近年は「CDが売れない」と言われ、芸能人事務所は音楽で稼ぐのが難しくなっている。
そこで“文化人タレント”のマネジメントに進出し、広告代理店と組んで有名人を“ねつ造”しているのです。
勝海さんも、“ねつ造されたアーティスト”と言っていいでしょう。
企業やテレビ局は、その売り出しに利用されているというわけです。

近年、芸術系大学は急増しており、それに伴って教員の質がひどく下がっています。
現場に関わっていたというだけで、実務家教員として採用されてしまう現状がある。
彼らは残念ながら、学術的な基礎はなく、“ニセモノ”のチェックなどできないでしょう。
今回のような生徒の不正に対しては、起こってしまった時点で、過去に遡って大卒を取り消すという厳正な処分くらいしか、策はないかと思います。

582 2019/04/07 18:36 ID:pcK3zs5o0
>>531
恥ずかしいw

583 2019/04/07 18:36 ID:JksLzdMt0
>>519
一番最初に批判したのはこの先生

勝海麻衣が猫将軍をパクった件:才能無きワナビーは地獄に堕ちる
純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授
https://www.insightnow.jp/article/10441

603 2019/04/07 18:37 ID:4JVAfAIN0
>>583
大阪芸大の教授にしては真っ当な意見だな

693 2019/04/07 18:42 ID:EzEynW0n0
>>553
その人佐野のときも出てきたガス抜き要員やで

711 2019/04/07 18:43 ID:I3Q11AkW0
>>201
まだこういうこと言える人物がいるんだな
安心したわ

つーか、いっかい
有識者あつめて業界の問題点を話しあうほうがええやろもう

758 2019/04/07 18:46 ID:8CI+SLcV0
>>421
押元准教授の一言

デザインは他者と関わって成り立つものですが、
その中で自分のオリジナリティが生かすことができたら幸せだと感じられるのではないでしょうか。

836 2019/04/07 18:50 ID:02+Vn5IX0
>>553
>>581
一人だけかー
テレビとかで取り上げられたら、もっと批判ツイする人もでてくるんかね

837 2019/04/07 18:50 ID:q1iwKtrT0
>>758
自分の目の前にいる学生に言ってやれや
笑わせにきよんのかこいつは

850 2019/04/07 18:51 ID:PyIN0GRY0
>>836
小松崎拓男先生はツイッターで激怒しとる

861 2019/04/07 18:52 ID:0v9oGvXO0
>>836
佐野研とか押元はんを暗に揶揄しているのかと

>近年、芸術系大学は急増しており、それに伴って教員の質がひどく下がっています。

865 2019/04/07 18:52 ID:R4vg6Q/70
押元教授研究生ヤバすぎだろw

882 2019/04/07 18:53 ID:yrRnRajz0
元金沢美術の教授は優しいな
キッチリこれはやっちゃだめだってツイッターで言って
他の美術界の偉い人らはどうしたんだ

976 2019/04/07 18:59 ID:ki4ScBY40
>>603
しかし哲学教授ってのがね
ある意味他人事だから言えた感じがする
デザインや絵画界隈は黙殺してるのが現状だろう

672:2019/04/07 19:43 ID:0v9oGvXO0
>>650
輪島塗りとかだろ、そこ。このまいまいの中学校の美術の授業みたいな
研究室よりはましだろよ

http://m-4f607310ab5e2800-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-ec72.html

https://i.imgur.com/FhRmDqp.jpg
-----

最後に出てくる650とは、金沢美術工芸大学のランク付けに関する書き込みである。

純丘曜彰(すみおか てるあき:1962~)は愚blogで強く批判したことのある大阪芸術大学のセンセイで、ヒステリックな佐野研二郎叩きの急先鋒だった御仁(cf. 2016.05.06「野老案に目がテン! 第4回」)。ゴキブリ呼ばわりの次は「地獄に堕ちる」と来たか。
しかし「美術系じゃない」などとはとんでもない、大阪芸術大学の哲学教授にして東京藝術大学の美術博士であり、父親の版画家稲田年行(いなだ ねんこう:本名 稻田俊志/いなだ としゆき)をはじめとする芸術・学者一族の生まれです。

上掲の文章について言えば、「近年、芸術系大学は急増しており」というのは一体何年前の話だよという印象で、むしろこちら↓の方が今日的現状認識だと思えるが。

-----
2019.05.01 14:35
小松崎拓男
粗製乱造の博士号とは裏腹に、少子化と定員の厳格化に予算削減で、大学の教員や研究費削減してる現実が、この状況に拍車をかけてる。
-----

それに、少なくとも武蔵野美術大学や東京藝術大学に「学術的な基礎はなく」を当てはめるのは論点がずれとるだろと思えてならない。自身もオリンピックエンブレムの輪っかをつないでみた時の不具合を不問に付しとるじゃないかww。

銭湯絵師問題に対しては早速噛みついたわけだが、松戸ナンバープレートについてもコメントを頂戴したいものである。
まあ、勝海の行動は退学ものだとは思いますがね、ツルも。「過去に遡って」というより「将来に亘って」という視点の方がむしろ重要ではないかという気もするけれども。

【危急存亡編】『@niftyよりご連絡いたします』 ⑨

(承前)

4月7日(日)も夕方になると、新たな展開が加わってくる。銭湯絵師見習いに関するものだけれど。

-----
201 2019/04/07 18:16 ID:JksLzdMt0
金沢美術工芸大学の元教授によると

https://twitter.com/takuokomart/status/1114398746412904448?s=21

これダメですね。個展の時に出ていたのと同じものが散見されます。卒業制作まで、他人の著作物から許可なく盗用したものと判断されます。
最悪、卒業取消、退学処分、当然、芸大大学院への入学資格もなくなります。
本当に大変なことをしています。クリエーターとして世の中に出てはいけない人です。

240 2019/04/07 18:18 ID:jUCS7ne80
>>201
そりゃそうだわな
武蔵美の評価がた落ちだろ

265 2019/04/07 18:20 ID:ciBvck+90
>>201
この教授の意見にまるっと同意
藝大は退学処分だと、まだ「藝大(院)中退」でもそこそこ名前を使えるから、在籍したことすら認められない除籍か放校処分をお願いしたい
あの押元って教授じゃ無理そうだけど

291 2019/04/07 18:21 ID:JhBC/IZb0
この件に関して芸大は絶対になにもしない。芸大という大学は一般大衆に対して見下してるとこがある。一般大という事で早稲田慶応すらも見下してる部分がある。
だから2chでくだまいてる奴らの意見をはいはいと聞くわけがない。それが東京芸大だよ

353 2019/04/07 18:24 ID:9F3OLk/o0
>勝海麻衣氏(24=東京芸術大学大学院1年)

で、こいつの指導教官てのは何やってんの?
これだけパクってんのを知らなかった振り?
それともそれらの作品群マジで知らない無知無能な奴?
逃げてないでなんかコメント出せよ

382 2019/04/07 18:26 ID:NMbMgFoP0
>>353
これな
まだ学生なんだから教官のほうに非難の矛先向くわな

405 2019/04/07 18:27 ID:gvCtwefS0
>>353
ほんこれ
今回は動かなきゃ無能だと叩かれちゃうよ

421 2019/04/07 18:28 ID:rpL5uJWL0
>>370
藝大の助教[引用註:正しくは准教授]押元がコロプラの偉い人で
生徒をいろんなとこに押し込んでる
こいつのゼミはかならず毎年電通に入るやつがいるんだと

478 2019/04/07 18:30 ID:0v9oGvXO0
>>421
このヘッタクソな絵を描かせて平気で研究室教えてるのがそうなのか?

>541 2019/04/07 15:59 ID:wknefuVN0
>この研究室はすごいな
>
> http://m-4f607310ab5e2800-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-ec72.html
>
> https://i.imgur.com/FhRmDqp.jpg

502 2019/04/07 18:31 ID:2WR4RXtK0
>>421
それは違うよ
押元教授[引用註:正しくは准教授]が偉いのではなく 前教授の中島千波名誉教授が偉いの
推薦とかコネ関係もそこ由来のもの

518 2019/04/07 18:32 ID:sbcplgLT0
ムサビと藝大はなにがしかアナウンスしないとマズくないか?
学生の実力を大学が担保できなくなる
むしろパクリ癖が疑われる始末になってしまう

519 2019/04/07 18:32 ID:02+Vn5IX0
>>201
この人みたいに美術、芸大関連の先生とかのコメは他にないの?

531 2019/04/07 18:33 ID:FqQw3DBK0
>>353
この人でしょ
描画・装飾研究室 准教授
押元一敏

インタビューでオリジナル云々言ってるのが本当に草

http://design.geidai.ac.jp/about/lab/painting-decorative/
-----

201の「金沢美術工芸大学の元教授」というのは、小松崎拓男(1953~)。ずいぶんとキツい言葉を浴びせたものだけれど、Twitter上の発言を併せて読むと、示唆に富んでいる。

-----
2019.04.03 19:13
小松崎拓男
さらに問題なのは勝海が東京芸術大学の大学院生ということだ。大学は盗作と疑われる作品を制作した学生を、大学として教育上、研究上の観点から放置しておくことはできないだろう。盗作の事実審査を行い、クロなら何らかの処分が行われると考えるのが普通だ。東京芸術大学としての見識が問われる。

2019.04.07 06:12
ほげほげ
多摩美術大学の金田沙織氏作品がいわさきちひろ氏の作品の剽窃ではと騒動になりましたが不問、東京藝術大学の長谷川笙子氏著書「昆虫交尾図鑑」も本件のような模写で騒動になりましたが大学側は不問と、美大は剽窃盗用に関して対応が甘いように思えますが、東京の美大が特殊なだけでしょうか?

2019.04.07 06:54
小松崎拓男
一つは教員側の意識が低い可能性があります。またネットや写真から制作することが常態化している美大の現状もあります。そのほか反省している学生の将来を潰さないという教育的配慮も働くかもしれません。しかし、他人の権利を犯した創造性のない行為は戒められるべきです。意識を高める必要ありです。

2019.04.08 00:48
ほげほげ
ご返答頂き、誠に恐縮です。学生時代、知人に参考にと小論文を見せた所、盗用され、両成敗で停学処分となった経験から、芸術と他の学部でこうも違うのかと疑問に思っておりました。教育的配慮や学生の将来と、芸術人としての権利と尊重、芸大の教員の方々も非常に難しい立場で苦慮されているのですね。

2019.04.08 05:40
小松崎拓男
今回の勝海さんの盗用は武蔵野美術大学の卒制から常習である可能性がある。ツィートではオリジナルだと思わせるような発言が行われている。確信犯である可能性が高い。まずは本人の聞き取り、周囲の調査、指導教員の意見聴取して判断すべきでしょう。最悪学位取り消し、大学院退学処分ですかね。
-----

無駄に(でもないけれど)ダラダラ長書きしがちなツルとは違って(汗)、ズバッズバッと直球直言タイプの論客です。

あー、けれど誠に残念ながら、「確信犯」の使い方、本来のところからズレてらっしゃいますよ(最近じゃ誤用とまでは言えないらしいけど、知識人としてはいかがなものかと)。この場合は「(過失犯ではなく)故意犯」ないしは「明確な故意犯」でいいはずです。

蛇足ながら、今回改めてそのTwitterを読み返してみて、2013年に開かれたフランシス・ベーコン展の感想として「何故か売り絵のような印象」「ベーコンってもっと暴力的なのでは?」と述べていたのを初めて知り、あっと思った。これは1983年の回顧展以来30年ぶりの日本開催となったもので、ツルも83年の展示を学生時代に京都国立近代美術館で、13年の展示を東京国立近代美術館で見ていたから。後者の感想として漠然と持った印象に、今になって明確な言葉を与えられた気がした。

(続く)

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想