Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ

2017年5月22日 (月)

【超番外編】「公募ガイド」の大罪;実証(米子医療センター附属看護学校・熊本かがやきの森支援学校・串間中学校・刈谷市観光協会・北上市地域貢献活動企業)

(承前)

-----
「説明文も重要で、いかに相手を納得させられるか」なんて、彼に言わせてていいの?納得どころか、使い回しの文章を読むたびにいつも不愉快を味わわされているのに。
-----

このことを例証したいのだけれども、かといってそのために公募ガイド誌の記事に挙げられていた井口作品を載せるのもお先棒のお先棒を担ぐようで潔しとしない。なので、それ以外で彼の近作から見てみますと。

鳥取県米子市
独立行政法人国立病院機構 米子医療センター附属看護学校
校章
井口やすひさ/靖久(群馬県高崎市)
米子医療センター附属看護学校章

-----
米子医療センター附属看護学校の頭文字[Y(看護学生)]をモチーフに、自然豊かな看護、学校周辺と歴史や伝統・勉学・看護技術・地域医療のあらゆる情報交流の絆と魅力発信をイメージしています。
将来への大きな夢や希望を目標に更なる飛翔・発展・向上する「米子医療センター附属看護学校」の活気あふれる未来像をアピールしています。
-----

意味がわからんっ。

【2015.01.16「Free Lancerの栄光と残照 二:不誠実」】
会社
ロゴマーク
iguchi7
2013.03.22提案

-----
イニシアル[T]を[人の姿]と組み合わせ、会社の歴史や業務実績等のあらゆる情報交流発信の貴重な“絆”と役割りをイメージデザイン化し、多くの人達に、親しまれ、安心・信頼され、自然豊かなエコ環境にやさしい地域社会と生き生き共生し、未来に向かって更なる飛翔・発展・繁栄する明るい元気な活気にあふれる輝かしい姿を力強くアピールしています。
-----

意味がわからんっ 2。

前者は創立60周年記念で2015年8〜9月に募集され2016年4月から使用されているもの(因みに同センターのロゴマークは駒井 瞭によるものである。そういう形の連鎖もあんのねーshock;cf. 2014.01.16「マルチな才能の行く末」)。後者は2013年3月にLancersサイトで提案されたものです。

もう一組、九州から、大サービス。

熊本市
熊本県立熊本かがやきの森支援学校
校章
井口やすひさ
熊本かがやきの森支援学校章

県立熊本支援学校から重度・重複障害児教育をcurve outする形で2014年4月に開校した特別支援学校。

-----
この旗の中央にある校章は、全体の形が、熊本かがやきの森支援学校の頭文字[K]をモチーフにしており、[千原桜]と[森]、そして“夢と希望”に向かって発展する明るく元気な活気にあふれる児童生徒の[輝く]姿を表しています。
-----

宮崎県串間市
串間市立串間中学校
校章
井口やすひさ
串間中学校章

こちらはもっと新しくて、2017年4月、ご当地の市立中学全6校を一気に統合して(+_+)生まれたばかりの学校(同市にある宮崎県立福島高等学校との間で県内初の「連携型中高一貫校」となった)。

-----
串間中学校の校名から、串間の[K]をモチーフに、自然豊かな学校周辺と中学校の[中]を表しています。
統合した中学の歴史や伝統・勉学・スポーツ・芸術・文化のあらゆる情報交流の絆と魅力発信をイメージ。未来への大きな夢と希望を目標にさらなる飛翔・発展・向上する「串間中学校」の輝かしい姿をアピールしています。
-----

ああ、可哀想に・・・!

いくら新しい教育の在り方を模索しようが、この辺りは旧弊温存、何も変わっとらんわけだw。
もっと恐ろしいのは、ついこの間まで、米子と串間の両方が日本タイポグラフィ協会サイトの井口の項に麗々しく挙がっていたことで(時々内容が変わるんですよ(*_*))、つまり本人はこういうのを何とも思ってない。

もっと行こう。上掲の2点には次の2点の[顔]つきルーツがある。

愛知県刈谷市
刈谷市観光協会
シンボルマーク
井口やすひさ
刈谷市観光協会(当初案)刈谷市観光協会(最終版)

岩手県北上市
北上市地域貢献活動企業功績賞 認証マーク
(作者不明)
北上市地域貢献活動企業

ああ、不愉快。作者不明?糞食らえ。刈谷市は2008年の前半、北上市は後半に決定されたようだけど、それ以上調べようという気も起こりません。

・・・アナタの問題は、得ようとする対価に対して知的労働の密度が低過ぎることにある。世の中を舐め切ったその態度を後進に見せつけるな。

≪アナタ自身のことよ、わかってる?sagittarius

2017年5月21日 (日)

【超番外編】「公募ガイド」の大罪

(承前)

連鎖と言えば、やはりこのガイダーを挙げないわけにはいかない。

今まで幾度も名前を挙げてきたこの雑誌に、こんな記事が載ってましたようで。ネットに転がってたものです。

-----
(2015.08 公募ガイド 「あべたみおのロゴ・シンボルマークの作り方講座」より)

井口やすひささん(70歳 群馬県)
グラフィックデザイナー。1945年、静岡県浜松市生まれ。公募歴は55年。趣味感覚5%、仕事感覚95%という、生活が懸かった公募のプロ。

[主な受賞歴][引用註:画像掲載なし]
●京都新京極商店街 シンボルマーク
●鳥取日本海テレビ シンボルマーク
●ロボフェスタ神奈川2001 イメージキャラクター
●八日市市制50周年記念 シンボルマーク ほか

募集の意図をつかみ、タイプの違う3パターンを応募!

公募歴55年の井口やすひささんは、公募を始めた頃はまったく受賞できなかったという。そのときに気づいたのが、受賞するには“心理学”が必要だということ。
「いかに主催者の意図をつかむか、何を求めているかを読むかが大事です」
公募ガイド等の作品発表を見て、どのスタイルが一番流行っているかアンテナを張り巡らせ、主催者の求めているものを徹底的に調べて推理する。
そのうえで、まずアイデアを数点考え、鉛筆やサインペンでラフを描く。それをスマホに納め、パソコンに転送、トレースしてカラー仕上げをする。
しかし、募集の意図はつかめても、実際に主催者側が何を選ぶかはわからないところがあるので、「新しい現代風のデザイン」「古いデザイン」「その中間」の3パターンをセットにして応募する。
また、井口さんは、プロのデザイナーが審査をする高額賞金の公募と、審査員を立てていない比較的賞金が低い公募を区別している。前者の場合は考えに考えて最後に出てきたような今流のテクニカルデザインで応募。後者の場合は今流のデザインを出しても理解してもらえないことがあるので、最初に思いついたような作品で応募する。結果的には、そのほうが入選確率が高いそうだ。
「作品に添える説明文も重要で、いかに相手を納得させられるか。出力プリントも高解像度の用紙を使用し、相手を100%納得させられるかどうかが、勝負の分かれ目になります」

[井口やすひささんの最近の代表作][引用註:画像省略]
公立能登総合病院 シンボルマーク
安全衛生優良企業 シンボルマーク
びわこ文化公園都市 シンボルマーク
鶴ヶ城天守閣再建50周年 ロゴマーク
-----

もうお腹の皮がよじれまくるなー、おっかしくって。ほんとは「アンテナを張り巡らせ」という根幹のところをこそ深掘りしたいんだけど、とてもそこまでいかないわ。「主催者の求めているものを徹底的に調べて」って、そんなことしなくてもいつもおんなじデザインじゃんヾ(@゜▽゜@)ノ。言行不一致の極み、何遍読んでも。
70歳で55年、ってことは十五の頃からの公募暮らし、そんでもって今さら「生活が懸かった」なんて言われてもリアル感はない。

でも、♪笑い過ぎた後、ふと気が抜けて♪、それから何やら得体の知れない怒りのようなものがふつふつと沸いてくる。
こうした情報のどこが、ペーペーガイダーのどんな参考になるわけ?(この手の記事は、さぞや人気なんでしょうが。)
ほんでもって彼は「プロのデザイナーが審査をする」ようなどんな公募に、応募をしているというの?信じ難いけど。
「説明文も重要で、いかに相手を納得させられるか」なんて、彼に言わせてていいの?納得どころか、使い回しの文章を読むたびにいつも不愉快を味わわされているのに。
ここまでやるなら、ついでに便利な嫁名義の利用法のこともあけすけに書けばよろしかろう。

//

だからツルはこの雑誌を信用できないんです、どうしても。もちろんこうした情報誌の目的は、読者に道徳を説いたり説教を垂れたりすることにはない。しかし、ならば啓発という側面は蔑ろにしてもいいのか。
読んだことすらないものを毛嫌いするのもオトナゲナイけど、時々考える。この雑誌が公募界のために果たしてきた役割は何だったのでしょう。何か、世の中の役に立つことをしてきたのかな?(爆)

― Inspired by「とまどいトワイライト」豊島たづみ(1979.02.01リリース:作詞 阿木燿子:作曲 宇崎竜童)―

2017年5月19日 (金)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [40](八幡平市章応募作品・湿原の風アリーナ釧路・浜松医科大学)

(承前)

全応募作品が作者コメントつきで公開されている八幡平市章公募において、工藤和久は8点(1065〜1072)応募したものと見られる。作者名が公表されていないのにそう判断できる理由は、もはやすっかりお馴染みのあのClicheの存在です。一例を挙げると。

岩手県八幡平市
市章(応募作品1067)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品1067)

-----
八幡平市の[h]の文字を基調に豊かな自然の中で躍動する八幡平市民を象徴的に表現しました。[橙]は太陽、[緑]は大地で自然に恵まれた八幡平市を表しています。シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。さらに、縮小、単色、白黒にも耐えられ、多用途な使い方が出来ます。
-----

前回挙げた大分県由布市章はこうだったね。

-----
由布市の[Y]を基調に、豊かな自然の中でのびのびと生きる由布市民を抽象的に表現しています。
[橙]は太陽、[みどり]は大地、自然に恵まれた由布市をイメージしています。
-----

2005年7月決定、by 工藤和久。言わんこっちゃない、そっくりでしょ。

「1067」を目にして何やらdejavuを感じたので、当たってみると。

北海道釧路市
一般財団法人 釧路市スポーツ振興財団
湿原の風アリーナ釧路
ロゴマーク
深川重一(大阪府泉市:グラフィックデザイナー)
湿原の風アリーナ釧路

「泉市」とあるのは原文ママです。正しくはもちろん「和泉市」。

-----
全体のモチーフとして、釧路・根室圏の頭文字[K]と「躍動する人」を表現しながら、[赤]は「輝く太陽」、[緑]は「釧路湿原、美しい自然」、[青]は「湿原の風」をイメージしており、新体育館に相応しい意味合いを持つ。
-----

一体これのどこが体育館のイメージなんだか。

「湿原の風アリーナ釧路」とはご当地にある総合体育施設。東北海道最大の規模を誇り、釧路・根室広域圏(今じゃ「根釧」とは言わないらしい)のスポーツ活動の拠点、みたいなことらしいですが、冠フレーズまでくっつけたそのネーミングセンスのなさよ。「湿原の風」なんての、外部から見れば爽やかでも何でもないしcoldsweats01
2008年4月発表、丸ブー自治体章がほぼほぼ全国に行き渡った頃のことです。

時代がさらに下って2014年7月になっても、ふにゃふにゃ感を増幅したこんな丸ブーが現れてくる。

静岡県浜松市東区
浜松医科大学
シンボルマーク
小池友基(デザイナー)
浜松医科大学シンボルマーク

ご存じでした?意外にも、国立大学法人。

-----
本学のローマ字での頭文字[h]をデザイン化。
[水色]部分が遠州灘(下部分の曲線)、浜名湖の水面、浜松から望む富士山(右上の突起)で浜松の特色、全体の[曲線]が生命の源である自然な水のゆらぎが医療の重要キーワード「生命」を表現しています。
また、[オレンジ色の丸]と[水色部分]の両方を合わせて全体を見ると、元気、健康、躍動を表現した人(丸を頭、水色の両端を手に見立てる)に見えます。
人類の健康と福祉に貢献することをイメージしています。
-----

いんにゃ、アメーバみたいです。(核が外に飛び出しちゃってるけど。)

見立てのしかたをいちいち文章で書かなきゃならないなんて、デザインとしておしまいでしょ。駒井 瞭と変わりゃしないんだよ。
小池のコメントは、どんどん説明的に堕してきている気がします。表象として顕れた形や色を注釈するだけで、思いや理念(それがコンセプトってこと?)を語るものでは既になくなっている。

因みにこの公募、募集内容は;

-----
・浜松医科大学の特色や個性をイメージしたロゴマークとして、シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)のデザインを募集します。図と文字(日英文字)をセットで作成してください。
-----

となっており、「ロゴマーク = シンボルマーク + ロゴタイプ」と考えていたことが明らか。なのに結果はシンボルマークだけになっちゃった。理由はわかりません。

他にもいろいろツッコミ甲斐ある田舎公募です。
2013.09.02〜10.31に募集を行い、2014.06.07に40周年を迎え(てことは1974.06.07に発足したということで、4月以外に学校の歴史が始まるってなことの意味もよくわからないが)、2014.07に採用作品決定、2014.11.22に開学40周年記念式典で発表・表彰という経過。チンタラダラダラやってんじゃねーよ。

それにね。

-----
・応募作品はCMYKプロセスカラーで作成し、その際、モノクロ加工や縮小加工にも対応できるものとしてください。
・作品サイズは電子媒体での画像形式50MB以内とし、なるべく.ai、epsのいずれかの形式で任意のアプリケーションで読めるように配慮し、選考用にA4サイズ用1点をJPGやPNG、PDFで用意してください。
・電子メールの場合は、メールの件名を【ロゴマーク応募】としてください。データが大容量でメールに添付できない場合は、オンラインストレージ等を利用し、URLを記載してください。
-----

ってことで、手描きはNGだった(結果、応募総数291点)。自治体章に比べれば公共性が低いからそれで構わないってことかしら。いいえ、きっと効率性を追求しただけね(笑)。どうせそうするんならいっそai、epsも禁じちゃった方が制定側の手間は省けて話が早かったんじゃない?この程度の図柄ならGIF程度で十分、今どきカラー印刷物作る時の版下用にも実用上問題ないでしょsmile。50MB?オンラインストレージ?どんだけでっかいデータサイズの複雑系マーク作るっつうんだよhappy02

極めつけは次の注意事項。

-----
今回募集するロゴマークは、浜松医科大学校章を変更するものではありません。用途に応じて校章と使い分けます。
-----

だからさ。その具体的な棲み分けの考え方を明らかにしなきゃいかんでしょうが。とりわけ、さほど歴史のある大学じゃないわけだから、そこのとこしっかり押さえて内外にアピールしとかないと、すぐにブレちゃうと思いますよ。

//

もうおわかりでしょう。こういうものって、連鎖していくんだね。それが公募界の置かれた状況。その中に絡め取られていく若いガイダーというのも悲劇。

(続く)

2017年5月17日 (水)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [39](美作市章・身延町章・八幡平市章応募作品)

(承前)

今度はもっとスゲぇシンメトリー丸ブーを。Seeing is believing, but not trusting.

岡山県美作市
市章
安田照夫(東京都世田谷区)
美作市章

-----
この市章は、美作市の基本理念「人・自然・暮らし輝く元気なまち、真の豊かさを求める愛の美作市」をイメージして、頭文字の[M]の[緑]は豊かな自然、その上に[青]く広がるのは青空、中央の[赤い丸]は太陽を表現している。
-----

M字開脚っっsign03って言うと、すっごく妙な形に見えてくるでしょ(--;)。
2005年1月に決定されたものです。最優秀賞の賞金は20万円、自治体章公募としては平均的と言えば平均的な額なんだろうけど、なんと合併協議会の会長さんが東京に住む安田を訪問して贈呈したそうな。交通費往復で一体いくらかかったんだろ(笑)。(それとも何かの出張ついでにでも渡したの?それならそれで失礼だけれど。)

(優秀賞)
深川重一(大阪府和泉市)
尾浦孝夫(神奈川県横浜市)
信貴正明(新潟県燕市)
長澤里奈(岡山県英田郡(あいだぐん)作東町(現 美作市))

その年の年末にはこんなきょうだい分がそこから生まれている。

山梨県南巨摩郡身延町
町章
重田 修(神奈川県川崎市)
身延町章

-----
身延町のイニシャル[M]をモチーフに、身延山、富士山に囲まれた緑豊かな大地で躍動する人。[赤の円]は輝く未来を。[緑の円]は夢・希望・やすらぎを表し、ひらかれた、活力に満ち力強く躍進するまちを表現。
-----

重田ねえ・・・。いろいろありますよね、このガイダー一族も(cf. 2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」)。でも、修名義で採用されたものを取り上げてやるのは初めてかな。類似調査をどうやってパスしたんだろう??

そうしてトリはこの作品に取っていただくか。「M」ですらないんだけど。

岩手県八幡平市
市章(応募作品1072)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品1072)

-----
八幡平市の[八]の文字を基調に豊かな自然の山々の八幡平市を象徴的に表現しました。[橙]は太陽、[緑]は大地で自然に恵まれた八幡平市を表しています。シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。さらに、縮小、単色、モノクロにも耐えられ、多用途な使い方が出来ます。
-----

はい、工藤和久ですが、何か?
時期的には上掲2点のちょうど中間に来る。色彩は前回斬ったこれに似通ってんですよねcoldsweats02

大分県由布市
市章
工藤和久
〔2005年7月決定〕
由布市章

-----
由布市の[Y]を基調に、豊かな自然の中でのびのびと生きる由布市民を抽象的に表現しています。
[橙]は太陽、[みどり]は大地、自然に恵まれた由布市をイメージしています。
-----

ア、似てるのは色合いだけじゃなかった( ̄▽ ̄;)。こっちまで頭がおかしくなってくるわ。

前もちょっと書いたことがあるけど、こうしたものって、別に個別の作者を狙い撃ちしているわけではないんです(きっぱり)。でも「似てるなー」と思って調べてみるとたいてい特定の名前が現れてくる。つまり向こうから飛び込んでくる感じ。それが公募ガイダーの生態なんでしょう。

(続く)

2017年5月15日 (月)

【対決編】丸ブーtyphoon艶競べheart [38](由布市章・西脇市章)

(承前)

客観的に見て、ツルはキャラクター風味の入ったものより、純然たるシンボルマークやロゴマークといったデザインの方が好きなんだろうなとは自分でも思う(だからと言って丸ブーを礼讃してるわけではないが)。小さい時から人や動物なんか描くのは大嫌いで、代わりに幾何学模様や図案みたいなのばかり描いてた気がする、チラシの裏とかに。母親に言われたことあったもん、「なんでお母さんの顔やら描かんとね」って。

てなわけで、自治体章競艶shine、再開です。今回は丸ブーながらシンメトリーのものを取り上げてみる。(つまりは似てるぞって話なんだけど。)

大分県由布市(ゆふし)
市章
工藤和久(青森県弘前市)
由布市章

-----
由布市の[Y]を基調に、豊かな自然の中でのびのびと生きる由布市民を抽象的に表現しています。
[橙]は太陽、[みどり]は大地、自然に恵まれた由布市をイメージしています。
-----

あれ、ここでは「抽象的に」ですか。Kazuhisa's Standard Dictionaryでは「象徴的に」のはずなのに・・・bleah
瀟洒なフォルムに上品な色合いで、悪くないと思うでしょ。でもそこが曲者なんです。

兵庫県西脇市
市章
西脇市章

「西脇市」のどこに「Y」が、と君宣ふこと勿れ。

-----
二つの[シ]で「ニシ」を表し、市内を流れる加古川と杉原川の合流地にある西脇市を象徴している。
-----

のだそうで。

これはなんと東京オリンピック(前のね)開催の年、1964年4月の制定。対して由布市章は40有余年後の2005年7月決定。∴デザインの流れはあくまで一方向的ですhappy01。こーゆーのを「インスパイア」っていうんでしょうきっと。そりゃま、偶然ということもあるだろけど(と書いとかなくちゃ)。

ご当地も、平成大合併の荒波に巻き込まれなかったわけではない。2005年10月に1市1町で新設合併してるんですが、それに先立ってこんなこと↓を決めている。

-----
(2005.03.30 神戸新聞 抜粋)

西脇市と多可郡黒田庄町[引用註:くろだしょうちょう]が十月に合併して誕生する新市「西脇市」の市章に、現西脇市の市章をそのまま採用することが二十九日、合併協議会で決まった。「新設合併なので新たに作るべき」との声もあったが、デザインを決めるだけで約三百万円もかかり、「市章にかかる経費を少しでも住民サービス向上に」と判断した。県市町振興課は「(平成の大合併となる)篠山市以降の新設合併で、市章をそのまま使うケースは県内初」としている。
合併協委員ら八人でつくる市章検討委員会が協議し、二月に両市町住民計五百人にアンケート調査。二百四十九人の回答のうち、78%が「現西脇市の市章を使用」を選択。「変更すべき」も18%あったが、検討委は財政面を考慮し決めた。
黒田庄町の東野敏弘町長も「市章には加古川が表され、流域には黒田庄町も含まれ、問題はない。合併本来の目的を果たすための賢明な選択」としている。

〔後略〕
-----

歴史上、ご当地の市章が最も注目を浴びた瞬間だったわけです。まあね、多様性が保たれるならそれもありなんじゃないの。
しかし黒田庄町での賛否結果が書いてないのは気になるでしょ。実際には次のとおりの内訳だった。

(旧)西脇市・黒田庄町 新市章アンケート

〔(旧)西脇市〕
今の市章を使う 141(84.4%)
新しい市章に変更 20(12.0%)
どちらでもよい 6(3.6%)
計 167人

〔黒田庄町〕
今の市章を使う  55(67.1%)
新しい市章に変更 24(29.3%)
どちらでもよい 3(3.7%)
計  82人

〔合計〕
今の市章を使う 196(78.7%)
新しい市章に変更 44(18.7%)
どちらでもよい 9(3.6%)
計 249人

やっぱり有意の差がありますねえ。黒田庄町民にとっては「今の市章」でも何でもなくて、お仕着せの「新しい市章」だったのだから。言い換えれば、黒田庄町章を新市章に充てる選択肢は初めからなかった。
人口比に応じて母集団を抽出したそうなんだけど、新設合併、すなわち対等合併なら両自治体同数にすべきではなかったのかねえ(笑)。

ともあれ、そのあたりをすかさず拾い上げて丸ブーに仕立てて九州の山の中まで持ってきた和久の慧眼には脱帽ですcoldsweats01。因みに由布市章募集は西脇市章継続決定直後の2005.04.01〜05.09。やっぱりネ(^.^)b。

(続く)

2017年5月13日 (土)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その19:しめたもん)

(承前)

いやー、このSubseriesも実に半年ぶりです。
今回は、塩キャラ真贋判定の最も困難なやつに挑んでみましょう。これぞ究極の闇にて候。(福岡つながりでもあるけど。)

福岡県糟屋郡志免町(かすやぐん しめまち)
志免町商工会
志免町ブランド キャラクター
しめたもん
(作者不明)
しめたもん

普通は「粕屋郡」と書かれますがね。
まず「志免町ブランド」というのを立ち上げて、それからそのためのキャラを作ったんですが、より厳密には『ブランディングを行ってからキャラクター「しめたもん」を作った』のではなくて、『ブランディングを企画して「しめたもん」と名付けてからそのキャラクターを作った』ということになる。
けれど情報が少なくて、作者はもちろん、時期についても2008年頃のブランド立ち上げ、2009年のキャラクター制定、2012年11月の着ぐるみお披露目というぐらいまでしかわかりません。
-----
「ふくおか志免ブランド」のイメージアップと、志免町をもっと多くの人に知ってもらうために平成21年に誕生した永遠の3歳の男の子です。
-----

その幼児性こそ、塩崎一族の得意とするところ。しかしねー、これ、真正塩キャラなんですかね???ツルはほんとこの辺りの鑑別が苦手。
筆書きっぽい[かすれ]を塩崎一族がこんな風に表すかな?
半円形の赤い口って他にもあったっけ?
一方で、手足や全体の形、[歩み寄りポーズ]はもちろん、アルファベット遣いの[町名]、大きめの[チークカラー]などはお約束どおりではあるんだけれども。

一応、それらに対する答えもあるにはあるんです↓。

【その116】
香川県高松市
魅力ある屋島再生協議会
屋島PR シンボルマーク
今井弘実
〔2014年2月発表〕
屋島PR(応募案)

【その62】
兵庫県西宮市(当時)
夙川学院短期大学
オープンキャンパス キャラクター
シュクピー
塩崎栄一
〔2009年7月発表〕
シュクピー

【その38】
滋賀県食品自主衛生管理認証制度(セーフードしが)
認証マーク
塩崎エイイチ
〔2010年1月頃制定〕
セーフードしが

でもなー、なーんか違う感じもするんだよなー。
そもそも、[しめ]をモチーフにしたって時に、2番目の[め]ばかりが目立つのって塩崎的と言えるのかね?

それに、ぶっちゃけこんなの誰にでも描けるでしょって気もするし。
例えば。

【2014.08.23「果てなく重く深い闇 肆」】
兵庫県神戸市
地域ICT推進協議会
イメージキャラクター
コプリー
深川重一
〔2009年4〜5月募集〕
コプリー

【2014.02.13「白昼堂々、Evil Under the Sun; 1st」】
鹿児島県奄美市
奄美大島商工会議所
奄美観光桜マラソン イメージキャラクター
さくランナちゃん
平山陽一
〔2012年12月デザイン発表〕
さくランナちゃん(最終版)

ああ、歯切れが悪い。悪過ぎる。切歯扼腕、残尿感ありまくりですがこれが限界、仕方ない。だからあと一ネタかましとこう。

この手のシンボルマーク的キャラクターというか、キャラクターマークというか、すなわち少し古めなデザインは、フォルムそのものが時代を感じさせます。着ぐるみ化の時にはそれなりに苦労したと思うんだよね。脚がほとんどない、あるいは全くないからです。勢いこんな形態になる。

しめたもん 着ぐるみ

因みに「しめたもんの頭部の[め]の部分は非常に壊れやすいです。また、強い衝撃を与えると球体が破損いたしますので取り扱いにはご注意ください」なんだそうです。それはよいことを聞いたわ(こらこら何を)。

で、このキャラではナゼか「内臓」のスキャンデータが流出していてshock、こんな感じでぇすsecretww。

しめたもん 着ぐるみ透視図

サンタさんの正体はパパ、しめたもんの中身は商工会のおじさん or アルバイトのお姉さん、みたいなbleah

(続く)

2017年5月11日 (木)

【対決編】丸ブーじゃないけどsun艶競べheart:もいちど(福山町章・福岡県章・太宰府市章・福岡市西区シンボルマーク・西桂町章)

(承前)

福岡市章

ところが、福岡市章↑にまつわるまたとんでもない事実がありまして。(元)博多っ子のツルも初めて知ったとですが、堂々たるパクりがあったとげな(基本、「偶然」は認めぬ愚blogであった)。

鹿児島県姶良郡(あいらぐん)福山町
町章
福山町章

えっっっ。絶句。なしてこげなとが通ったっちゃろ。

-----
福山の[フの字9つ]を組み合わせ住民の団結を、[山の字の円]は和を意味し、本町の飛躍発展を象徴しています。
-----

でも飛躍し過ぎてw平成大合併で2005年11月に霧島市(の一部)になっちゃったので(cf. 2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」)、この町章ももう生きてはいませんが。
制定は昭和4年/1929年、∴福岡市章制定から20年も経っていた。当時だって「盗作・模倣はよくない」という社会規範がなかったわけではあるまいに、調査能力は今と較べてそりゃ著しく低かったでしょうけど。
福山町章の存在を知っている/知っていた福岡市民はやはり少ないと思う。じゃあ、逆の立場で福山町民はどうだったんですかね。町章制定当時は福岡市も片田舎だったろうけど、町民の大部分が知らないままで平成まできたなんてこと、あり得るやろうか?(博多っ子ゴーマニズム宣言。)

福岡市章は多分、福岡市民の間でも比較的好感度が高いのではないかいな(大昔は「博多じゃなくて福岡やけん好かん」なんていう狭義の生粋博多っ子もおったろうばってん)。例えば同じく家紋系アプローチながら柔弱優美な印象のこれと比べても。

福岡県
県章
福岡県章

-----
県の花[うめ]を形どり、県の発展と県民の融和を表しています。昭和41年5月10日、公募によって県が決めました。
-----

こう書かれたものもある↓。

-----
ひらがなの[ふ]と[く]を[梅の花]でかたどったものです。5枚の花弁は、平和、県勢の発展、県民の融和と躍進などを表しています。
-----

なんで県の花がウメかというと、むろん太宰府天満宮の梅にこと寄せたものです。
その天神様の鎮座まします土地の市章はこれ。

福岡県太宰府市
市章
太宰府市章

昭和57年/1982年4月に筑紫郡太宰府町から市に昇格した際に定められたもの。福岡県章の形を五匹の蛞蝓に覚え込ませて芸をさせた姿となっております(今に天罰に打たるっぞ、ワシ)。

-----
[梅の花]の中央に大宰府の[大]の字を入れ、花びらの輪郭を帯状にして無限の時の流れを表現し、中央部は筆と炎をあらわし、筆は文教、炎は市民の情熱を意味しています。
-----

へ〜え。「太宰府」やのうて歴史的地名の「大宰府」ば使うたとですか!
むしろ制定側としては、太宰府天満宮の御神紋に似過ぎらんようにすることに神経を尖らせたやろうなあ。(cf. 2009.03.07「遺遺 家紋夜話」)

梅花

一方的に福岡に肩入れするのもUnfairやから、逆パターンも出しとっちゃる。

福岡市西区
シンボルマーク
福岡市西区シンボルマーク

-----
西区の[西]を威勢のよい稲妻型にデザインし、力強く躍進する西区を表しています。
色は躍動する若い町と夕陽の美しさをイメージし、昭和63年9月28日に制定されました。
-----

これがくさ、昭和56年/1981年3月に制定されとった;

山梨県南都留郡西桂町
町章
西桂町章

-----
辺を使ってニシカツラを表現していますが、これを一つにまとめ図案化したものであり、町が一つの輪になり協力し合い進歩、発展する姿を表しています。
-----

にそっくりでびっくり。あいたー、これはこれでマズかろうもん、すごく。せめて「Westの[W]です」てしとったら逃げようもあろうけど(こらこらW)。
これが調べ出せんかったとは思えんっちゃけど、西区、どげんか横着したとやこれangry

2017年5月 9日 (火)

【対決編】丸ブーじゃないけどsun艶競べheart(日進市章・福岡市章)

〔前口上〕

今回、臆面もなくご当地贔屓が入ります。どうか皆様悪しからず。

----------

(承前)

日進市ネタからもう一つ。ご当地でも、もちろんシンボルマークとは別に市章も存在するわけである。

愛知県日進市
市章
日進市章

明治39年/1906年5月、「日進村」が誕生した時に制定されたというから、これは例えば隣接する名古屋市が明治40年/1907年10月に「丸八」市章を制定したのよりも早い。一般に、我が国で市章というものが多く制定されるようになったのは明治40年代に入ってからだそうで、旧仮名遣い「カウベ」の「カ」を丸くデザインした神戸市章(明治40年/1907年5月)や「ハマ菱」の横浜市章(明治42年/1909年6月)、正三角形ベースの福岡市章(明治42年/1909年10月)などもそう。しかしこれらとて現在のいわゆる大都市なわけで、たいていは昭和の敗戦後、新憲法下での新しい地方行政体制における制定だった。アナタの住んでる所の自治体章が「丸にウサギ耳」パターンだったら、後者でしょう。

前回触れたとおり、ご当地はその名も当時の軍艦から取ったという説があるぐらいで、1906年と言えば確かに日露戦争のすぐ後。そう言われてみればこうした武張った旭光章図案は、軍隊や警察や勲章など「権威」を必要とするところで好んで使われてきたかと(ただし、六稜パターンは陸軍に由来するらしい)。その印象が今風じゃない、さりとて歴史の重みは無視できない、よそとの合併の予定もないということで、シンボルマーク併置に至ったんだろう。(もっともこれをヒマワリの花に例えた「ニッシー」誕生ストーリーのように、より自由な見方もあろうけどeye。)

かくして市町村章は徐々に唯一性や存在意義を失っていくのね。極論すれば、もう使いたくないからこそ第二のマークに走ったのだろうし。でもこれなんて(村章、町章、市章と立場を変えながら)実に111年の星霜に耐えてきたわけで、さながら図案文化財状態。それはそれで誇りに思っていいはず。だけど、同市サイトでもアイキャッチに使われているのは既に丸ブーマークだけです。そこが文化の深浅、鼎の軽重を問われるところ( ・_・)ノΞ●~*。

日進市シンボルマーク2

両者の意義の違いについては;

-----
日進市シンボルマークは、市だけではなく、広く市民や企業、団体等の皆様にもお使いいただけます。
-----

と説明されている。
しかし、だ。当の自治体(あるいはその外郭団体・関連団体等)以外がこんなものを使おうとする場面というのがツルには想像できんのですがねえ。しかも、営利目的の場合はどうせ禁じられるんでしょ。そうなると、営利団体の非営利活動とか、NPO法人とかのケースに限られそう。あるいは「今まではデザインがダサいから使うに使えなかったけど、これならgood」なんてことですか?やっぱ想定しにくいなあ。結局、「市章があるのだからシンボルマークなど無用」という批判をかわすだけのために用意されたロジックではないのかと思えますが(だからそれを大人の世界では「棲み分け」と称するのよ)。

一方で、だ。上述の明治時代の市章中、一番カッコいいのはどれか。

それはもちろん日進市章、ではなくてm(__)m、ズバリ、これですたい。

福岡市
市章
福岡市章

-----
カタカナの[フを9個]組み合わせて、「福」をあらわしています。
-----

はーーーぁ、ため息が出る。丸ブーとは全く異なる、完成された端正な美しさを感じます。隙のない整形 & Symmetryの魅力全開。ちょっと権威主義に傾斜しているとは言えようけれど、コンパスと定規だけで描けるしーhappy01。Wikipediaにはこれが「駄ジャレだ」みたいなことが書いてあるけど、とつけむなか言いがかりばいannoyannoyannoysign03

(続く)

2017年5月 8日 (月)

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(はち〜わた)

(承前)

●八谷(はちや)早希子(北海道江別市)

cf.
2013.09.08「下ぶくれの神様」
2013.10.13「下ぶくれの神様 再び」
2014.01.24【その78】
2015.01.03「かわたん縁起ばなし:下」
2015.01.11「下ぶくれの神様 三たび」
2015.12.12〜20「下ぶくれなる謎の神々」
2015.12.22「★の瞳に希望の光」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2016.08.08〜10「アナタのムラの公募の不実?」
2016.08.22「ゆるキャラ(R) 再生処理装置」
2016.08.26「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute One」
2016.09.30「アナタのマチのごみ処理問題? Dispute Two ⇒ 不発。」
2017.02.11「Symbols of Jinsekikogen Town」


●濱口温男(はるお)/浜口温男(高知市)

cf.
2014.11.10「丸ブーtyphoon艶競べheart [5]」
2016.01.29〜31「tulip花めかしたりや、shineきらめかしたりや」
2016.12.18「そして類似に吸い寄せられてゆく。」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」
2017.05.05「ガイダー十字架遺産指定の件:第2回」


●彦根 正(ただし)(東京都町田市)

cf.
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05〜07「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]〜[8c]」
2015.12.13「アは阿呆のア,A is for Absurd ― 3」
2016.03.13「丸ブーtyphoon艶競べheart [15]」


●平山陽一・加代子(鹿児島市)

cf.
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2014.02.13〜17「白昼堂々、Evil Under the Sun」
2014.11.10「丸ブーtyphoon艶競べheart [5]」
2015.05.04「十年に一度の逢瀬:11」
2015.05.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [6]」
2015.05.06・10「Again, Evil Under the Sun」
2015.06.10【その139】
2015.06.14「一筆啓上 ストックあります」
2015.07.25「Provinceの海と陸と山と空と陽」
2016.09.03「井の中の 傲る蛙は 久しからずや」
2017.03.14「採用はアナタへの復讐」


●深川重一(しげかず)(東京都杉並区/大阪府堺市/大阪府和泉市)(註14)

(註14)
1998年4月頃まで東京在住であったことが確認でき、その後2000年11月頃には堺市に転居し、2003年5月頃までに和泉市に移っている。広島県福山市出身。

cf.
2013.01.03〜05「その川は本当に深く淀んでいないのか」
2014.08.13「配達されない三通の手紙:三通目」
2014.08.17〜23「果てなく重く深い闇」
2015.12.28「思ったより悪夢、まさかの正夢?:その1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.07.29〜31「丸ブーtyphoon艶競べheart [21]」
2016.08.20「♪輪廻は続くよどこまでも」
2016.10.02「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 二番」
2017.03.17「民進党ゆるキャラ、決定の件:各論Ⅱ」

〔近日UP予定!!〕


●堀江 豊(広島県廿日市市)

cf.
2013.02.07「キャラ自ずと似るとは聞きしかど」
2014.11.12「失われた友を求めて」
2015.04.05〜07「十年に一度の逢瀬:3〜4」
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2016.01.27「丸ブーtyphoon艶競べheart [14]」
2016.03.02「小壁画に嵌め込まれたものども ― 3」
2016.04.17「丸ブーtyphoon艶競べheart [16]」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」

〔近日UP予定!!〕


●前田昌克/まさかつ(大阪市北区/東京都目黒区)(註15)

(註15)
2011年9月頃から、東京在住とするものが混じる。大阪在住の場合は昌克名義、東京在住の場合はまさかつ名義とする傾向。

cf.
2013.01.05「泣きキャラ そして 大阪−東京、漢字−ひらがな」
2013.12.01〜02「ああ、お手上げpapersadpaper
2013.12.14「狸にダマサれる前に、克つ!」
2014.01.26〜02.03「泣きキャラ評定記」
2014.03.23【その87】
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2016.10.27【その171】
2017.02.21「田舎公募の不幸 〜Desparateなキャラたち〜」


●増田繭美 → 海山 幸


●三巻(みまき)保征・靖子(新潟県三条市)

cf.
2013.01.04「その川は本当に深く淀んでいないのか − 中」
2014.05.12【その96】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.02.21「♪たんたん丹波と丹後と伊丹」
2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」
2016.03.09「海の匂いのする野郎、火傷するほど熱い奴」
2016.04.14「丸ブー市章と地図キャラの力学」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.23〜27「法三条 ――盗ル勿レ 騙ル勿レ 偽ル勿レ――」
2016.10.31「汝 我が名を妄りに呼ぶ勿れ:第二声」
2016.12.20「Dejavuなんかこわくない」


●宮川ヒロミ・詳子(群馬県前橋市/長野県北佐久郡軽井沢町)(註16)

(註16)
ヒロミ(本名 宏美)は男性だが、詳子とのユニット名としても使われている模様。(少なくともヒロミは)2014年4月頃までに前橋から軽井沢へ本拠を移している。なお、宮川さやか(長野市)との関係・続柄は不詳。

cf.
2013.01.12「すべてが金になる」
2014.03.25「昭和 La Vie en Rose」
2015.03.13【その132】


●三好健一(福岡市西区)

cf.
2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」
2013.12.26〜28「さよなら三角、まねしてまん丸」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」


●本山清数(兵庫県神戸市西区)

cf.
2015.06.01「Fall in love 熱くくちづけるたびに」
2015.12.26「★の瞳に不実の翳り」
2017.01.05「Les Liaisons Dangereuses; Whistleblowerとキャラクターとの」
2017.01.07「金糸雀と海猫と怪獣と朱鷺の話」


●盛(もり) 秀雄(青森市)

cf.
2013.07.13【その43】
2014.12.11「2年課程修了試験【正解&解説編:2-b】」
2015.12.12「下ぶくれなる謎の神々:1粒目」


●渡辺光お/光仰/光(福岡市)

cf.
2013.01.22「Pakuri Goes Round & Round...」
2015.06.22「鳥たちに光を」
2017.03.10「必殺!海老固め」

【INDEX】総まくり!キャラ/ロゴ公募界、大御所先生リスト!!(さと〜なか)

(承前)

●佐藤弘子(千葉県茂原市)

cf.
2016.03.31「4年次進級検定【正解&解説編:2】」
2016.04.01「この期に及んで新たな問題; so sweet, so bitter」
2016.09.11「梟と雷鳥と駒鳥と目白の話」
2016.09.12「ふじみん・うさみん因縁譚 (and more!)」


●信貴(しぎ)正明・美和(みわ)(新潟県燕市)

cf.
2013.12.27「さよなら三角、まねしてまん丸≪二≫」
2014.12.07〜11「2年課程修了試験」
2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」
2016.03.29〜31「4年次進級検定【正解&解説編:1〜2】」
2016.05.17「公募ガイダーはS字固めがお好き?」
2016.10.11「Proud & Happy Geopark Stories」
2017.03.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [32]」


●清水浩美(大阪市阿倍野区)

cf.
2012.12.23〜24「その水は本当に清く澄んでいるのか」
2012.12.26【その16】
2013.07.02【その40】
2014.05.05「最強の悪夢、増殖拡大(十六茶 2014)忘れ物」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」


●神保(じんぼ)米雄(千葉県松戸市)

cf.
2014.06.05「公募ガイダーのモチベーション:5」
2014.07.02「偶然か蓋然か 神のみぞ知る」


●須賀裕明(東京都千代田区)

cf.
2013.12.11「アは阿漕のア,T is for Trick」
2014.02.12「行け!補整の向こう側へ」
2015.05.24「灼けるような戯れの後に」


●高柳順子(静岡県三島市)(註9)

(註9)
静岡県裾野市出身。

cf.
2013.02.18〜22「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける」
2013.04.13「環境をイメージで弄るな」
2014.03.21「新しい才能も」
2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」
2015.04.11「知立乱立杜若」
2015.12.24「聖夜に深く不実はうずもれ」
2016.10.24「愛称問題、奥深し」
2016.10.25「愛称ならで、課題は渦高く山積み」


●立志(たてし)哲洋(東京都江東区)(註10)

(註10)
熊本県牛深市(現 天草市牛深町)出身。

cf.
2013.11.19〜20「志とは裏腹に」
2014.09.13「酒と魚と女とハイヤ」
2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」
2015.05.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [6]」
2015.11.13「ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目」
2016.05.10「記憶のミンチからの復活再生」


●田中博士(愛知県豊橋市)(註11)

(註11)
平成大合併に伴う自治体章公募において、杜多利夫&・利香、工藤和久とともに最高レベルの採用数を誇った。現在公募への応募は行っていない模様。

cf.
2013.12.10「誰だ?言葉をパクる者は!」
2015.07.05「丸ブーtyphoon艶競べheart [8b]」
2017.01.11〜26「大御所の罪」
2017.01.18〜20「丸ブーtyphoon艶競べheart [26]〜[27]」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.02.15〜16「天からの恵みの重さ」


●垂水秀行(香川県丸亀市)

cf.
2015.10.21〜31「いはばしる バイクの臀の プレートの」
2015.11.03「〆の後はドルチェ」
2015.11.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;再び」
2016.01.01〜03「遠い祭りの音と 郷土の匂いと」
2016.01.04「さわらびの もえいづる はつはるに」
2016.11.28「一生に一度の(?)デザイン」
2016.12.22「むらの紋章?」


●杜多(とだ)利夫・利香(兵庫県神戸市西区)(註12)

(註12)
親子関係(父ー長女)にある。現在公募への応募は行っていない模様。利夫は京都市下京区出身。なお、杜多利樹(兵庫県)との関係・続柄は不詳。

cf.
2013.09.26「Les Enfants Terribles(下)」
2013.11.28「平成の世に 多き不訶思議」
2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」
2015.05.02「十年に一度の逢瀬:9」
2015.05.26「永遠に独りでいることを知る」
2015.07.03〜07「丸ブーtyphoon艶競べheart [8]」
2016.05.30〜06.01「丸ブーtyphoon艶競べheart [17]」
2016.06.03「丸ブー黄金時代」
2016.09.05「ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs」
2016.09.06「素人の裏を掻いて ―― Guiders Strike Back」
2016.10.06「丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?」
2017.01.20「丸ブーtyphoon艶競べheart [27]」
2017.02.08「丸ブーtyphoon艶競べheart [30]」
2017.02.23〜03.07「大御所劇場」
2017.04.08「マスコミの罪:Intermission」
2017.04.23〜29「大御所の父の罪と十字架」
2017.05.04〜07「ガイダー十字架遺産指定の件」


●中本竹識(たけし)/竹織/長流(たける)(福岡県北九州市小倉北区/広島市東区/山口県)(註13)

(註13)
2013年3月頃に福岡から広島に転居。2014年には広島から山口に転居した模様だが詳かでない。「竹織」は誤記と考えられるも確かでない。

cf.
2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」
2012.12.26【その16】
2013.01.23「AND Pakuri Goes Round & Round & Round...」
2013.06.08「Family... Business?? Part 3」
2013.06.12「盗作のロンド」
2013.07.01【その39】
2013.11.01〜03「今様竹取物語」
2013.12.02「ああ、お手上げpapersadpaper〔おまけ〕」
2014.01.08「リサイクル品の作り方」
2014.03.17「配達されない三通の手紙:一通目」
2014.09.25「それって許されるの?:Recycle 1」
2015.02.17「In Quest of the Complete Recycle」
2015.09.05「丸ブーであろうがなかろうが。」
2015.09.29「コピーライトがあろうがなかろうが。」
2015.12.08「垂れ耳と黒眼鏡のNice Couples」
2016.06.18〜19「夏草や しれものどもが 夢のあと」
2016.07.11「アナタのウチのキャラの不都合?」
2016.07.13「みみ、はな、はげ、GO!!」

(続く)

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想